【高校野球】<神奈川>強さランキング(2019年版)

神奈川強さランキング(2019年版)

description

過去5年間の夏の大会の戦績から、「激戦区」神奈川の各チームの強さを独自にランキングにまとめてみました。ぜひご覧ください!

高校野球アイキャッチ

スポンサーリンク

【高校野球】神奈川の強さランキング

神奈川の各チームの強さをランキングにまとめています。

順位(前年) ランク チーム ポイント
→1(1) S 横浜 99.2
→2(2) S 東海大相模 97.5
→3(3) S 慶応 91.3
→4(4) S 桐光学園 90.9
5(17) AA 日大藤沢 87.0
6(10) AA 鎌倉学園 85.8
7(5) AA 藤沢翔陵 84.0
8(14) AA 相模原 83.8
9(6) AA 横浜創学館 83.0
10(8) AA 桐蔭学園 81.8
11(8) AA 向上 81.5
12(14) AA 横浜商 81.4
13(17) AA 相洋 80.5
14(11) A 平塚学園 78.6
15(31) A 横浜商大 78.2
16(7) A 横浜隼人 77.6
17(14) A 日大 77.5
18(13) A 星槎国際湘南 77.4
19(28) A 戸塚 77.2
19(22) A 藤沢清流 77.2
19(20) A 三浦学苑 77.2
22(30) A 大師 75.6
23(33) A 湘南 75.3
23(12) A 立花学園 75.3
25(19) A 山手学院 75.0
26(21) A 74.7
27(44) A 横須賀総合 73.8
28(43) A 上溝南 72.7
29(22) A 市ヶ尾 71.3
30(34) A 武相 70.7
31(38) A 白山 70.0
32(26) BA 藤嶺藤沢 69.3
33(34) BA 弥栄 69.3
34(22) BA 神奈川工 67.9
35(28) BA 山北 67.1
36(26) BA 横浜清陵 66.9
36(37) BA 湘南学院 66.9
38(22) BA 氷取沢 65.7
39(47) BA 伊志田 65.4
40(87) BA 光明相模原 65.0
41(60) BA 綾瀬 64.6
42(75) BA 座間 64.2
43(44) BA 川崎北 63.8
44(42) BA 厚木北 63.3
44(72) BA 桜丘 63.3
46(39) BA 秦野総合 63.1
47(36) BA 橘学苑 62.5
48(56) BA 茅ヶ崎西浜 61.7
49(69) BA 大和 60.9
50(54) B 鶴嶺 59.1
50(62) B 茅ヶ崎 59.1
52(40) B 大和南 58.2
52(46) B 鶴見大付 58.2
52(49) B 麻溝台 58.2
55(32) B 厚木 57.3
56(40) B 慶応藤沢 56.4
56(54) B 保土ヶ谷 56.4
56(64) B 相模原中等教育 56.4
59(60) B 55.5
60(94) B 旭丘 55.0
60(94) B 舞岡 55.0
62(48) B 相模田名 54.5
63(82) B 逗葉 54.0
63(87) B 関東学院 54.0
63(94) B 城山 54.0
66(62) B 横浜桜陽 53.0
67(64) B 百合丘 52.0
67(91) B 県商工 52.0
69(91) B 湘南工大付 51.1
70(49) B 逗子 51.0
70(51) B 相模原総合 51.0
70(53) B 住吉 51.0
70(67) B 川和 51.0
70(72) B 生田 51.0
70(72) B 横須賀学院 51.0
76(64) B 平塚江南 50.0
76(117) B 逗子開成 50.0
78(126) C 金沢総合 48.9
79(51) C 法政二 47.8
79(59) C 藤沢総合 47.8
79(82) C 横浜翠嵐 47.8
79(94) C 瀬谷 47.8
83(69) C 川崎工科 46.7
83(77) C 海老名 46.7
83(106) C 横浜緑ヶ丘 46.7
83(109) C 座間総合 46.7
87(57) C 足柄 45.6
87(57) C 松陽 45.6
87(69) C 茅ヶ崎北陵 45.6
87(75) C 藤沢工科 45.6
87(77) C 多摩 45.6
87(80) C 西湘 45.6
93(80) C 磯子 44.4
93(82) C 城郷 44.4
95(79) C 有馬 42.5
95(143) C 麻布大付 42.5
95(115) C 大磯 42.5
95(109) C 藤沢西 42.5
95(150) C 元石川 42.5
95(126) C 横浜南陵 42.5
101(100) C 金沢 41.3
101(100) C 横須賀工 41.3
103(106) C 新城 40.0
103(126) C 柏木学園 40.0
105(82) D 橋本 38.8
105(94) D 寒川 38.8
105(100) D 横須賀大津 38.8
108(68) D 横須賀 37.5
108(82) D 上溝 37.5
108(87) D 秦野 37.5
108(87) D 横浜平沼 37.5
108(91) D 柏陽 37.5
108(106) D 大船 37.5
114(136) D 厚木東 32.9
114(136) D 生田東 32.9
114(136) D 川崎総合科学 32.9
117(109) D 小田原 31.4
117(115) D 浅野 31.4
117(126) D 瀬谷西 31.4
117(143) D 相模向陽館 31.4
117(150) D 伊勢原 31.4
117(150) D 湘南台 31.4
123(94) D 30.0
123(100) D 30.0
123(100) D 七里ガ浜 30.0
123(117) D 綾瀬西 30.0
123(117) D 津久井浜 30.0
123(117) D 平塚工科 30.0
123(150) D 希望ヶ丘 30.0
130(109) E 愛川 28.6
130(109) E アレセイア湘南 28.6
130(109) E 関東学院六浦 28.6
130(117) E 横浜学園 28.6
130(123) E 平塚湘風 28.6
130(126) E 追浜 28.6
130(126) E 光陵 28.6
130(126) E 28.6
130(126) E 大和東 28.6
139(150) E 横浜旭陵 20.0
139(171) E 港北 20.0
139(171) E 大和西 20.0
142(100) F 荏田 18.3
142(117) F 厚木西 18.3
142(136) F 釜利谷 18.3
142(136) F 岸根 18.3
142(136) F 新栄 18.3
142(136) F 横浜緑園 18.3
148(123) F 磯子工 16.7
148(123) F 上矢部 16.7
148(126) F 鶴見 16.7
148(143) F 大楠 16.7
148(143) F 秀英 16.7
148(143) F 16.7
148(143) F 深沢 16.7
148(143) F 横浜栄 16.7
148(150) F 麻生総合 16.7
148(150) F 大井 16.7
148(150) F 金井 16.7
148(150) F 鎌倉 16.7
148(150) F 相模原青陵 16.7
148(150) F 市川崎 16.7
148(150) F 高浜 16.7
148(150) F 新羽 16.7
148(150) F 二宮 16.7
148(150) F 秦野曽屋 16.7
148(150) F 向の岡工 16.7
148(150) F 横浜翠陵 16.7
168(126) G 霧が丘 0.0
168(150) G 上鶴間 0.0
168(150) G 湘南学園 0.0
168(150) G 永谷 0.0
168(150) G 横浜サイエンスフロンティア 0.0
168(171) G 相原 0.0
168(171) G 麻生 0.0
168(171) G 厚木清南 0.0
168(171) G 小田原城北工 0.0
168(171) G 海洋科学 0.0
168(171) G 神奈川総合産業 0.0
168(171) G 神奈川大付 0.0
168(171) G 県川崎 0.0
168(171) G サレジオ学院 0.0
168(171) G 高津 0.0
168(171) G 田奈 0.0
168(171) G 中央農 0.0
168(171) G 中大横浜 0.0
168(171) G 津久井 0.0
168(171) G 平塚農 0.0
168(171) G 森村学園 0.0
168(171) G 横浜立野 0.0
168(171) G 横浜明朋 0.0
168(171) G 吉田島 0.0

スポンサーリンク

【高校野球】神奈川の各チームの戦績

各チームの過去5年間の勝利数をまとめています。シード権も1勝に含んでいます。「」は優勝、「」は準優勝を表します。※2018年は第100回大会記念のため、北神奈川と南神奈川に分かれています。

’15 ’16 ’17 ’18 ’19
横浜 5
東海大相模 5 5
慶応 5 5 3
桐光学園 6 6 6 6
日大藤沢 6 3 5 1
鎌倉学園 3 4 1 5
藤沢翔陵 4 5 4 4 3
相模原 3 2 1 4 6
横浜創学館 4 3 3 5 3
桐蔭学園 2 6 2 4 3
向上 0 3 4 3 5
横浜商 3 3 3 3 4
相洋 4 0 5 1 5
平塚学園 5 4 4 1 2
横浜商大 1 0 2 5 4
横浜隼人 5 5 4 1 1
日大 1 5 6 1 2
星槎国際湘南 1 3 4 5 1
戸塚 4 1 3 1 4
藤沢清流 1 4 2 3 3
三浦学苑 2 1 4 3 3
大師 4 2 4 0 3
湘南 3 4 1 0 4
立花学園 1 0 5 4 2
山手学院 5 3 1 3 1
3 1 3 3 2
横須賀総合 3 1 3 0 4
上溝南 1 2 1 3 3
市ヶ尾 1 2 2 3 2
武相 2 1 3 2 2
白山 1 0 2 4 2
藤嶺藤沢 3 3 0 4 0
弥栄 2 1 1 3 2
神奈川工 1 2 2 3 1
山北 4 1 1 2 1
横浜清陵 1 0 2 3 2
湘南学院 0 1 2 3 2
氷取沢 1 2 4 2 0
伊志田 0 2 3 1 2
光明相模原 0 2 1 0 4
綾瀬 3 1 2 0 2
座間 2 1 0 1 3
川崎北 3 2 1 1 1
厚木北 1 2 0 2 2
桜丘 1 0 3 0 3
秦野総合 2 2 2 2 0
橘学苑 0 3 1 1 2
茅ヶ崎西浜 1 4 0 0 2
大和 0 0 2 1 3
鶴嶺 0 0 3 1 2
茅ヶ崎 0 2 0 3 1
大和南 1 1 1 2 1
鶴見大付 1 0 2 2 1
麻溝台 1 2 0 2 1
厚木 0 3 0 3 0
慶応藤沢 3 0 1 2 0
保土ヶ谷 3 0 1 2 0
相模原中等教育 1 3 1 0 1
2 3 0 1 0
旭丘 0 1 1 1 2
舞岡 1 0 1 1 2
相模田名 3 2 1 0 0
逗葉 1 0 2 0 2
関東学院 1 1 1 0 2
城山 0 0 3 0 2
横浜桜陽 0 2 0 3 0
百合丘 1 2 1 0 1
県商工 1 3 0 0 1
湘南工大付 1 0 0 0 3
逗子 1 1 2 1 0
相模原総合 2 1 1 1 0
住吉 1 3 0 1 0
川和 0 1 3 1 0
生田 1 2 1 1 0
横須賀学院 0 3 1 1 0
平塚江南 0 4 1 0 0
逗子開成 0 1 0 1 2
金沢総合 2 0 0 0 2
法政二 0 1 1 1 1
藤沢総合 1 0 1 1 1
横浜翠嵐 0 2 0 1 1
瀬谷 0 1 1 1 1
川崎工科 0 2 0 2 0
海老名 0 1 1 2 0
横浜緑ヶ丘 0 2 1 0 1
座間総合 1 2 0 0 1
足柄 1 0 2 1 0
松陽 0 1 2 1 0
茅ヶ崎北陵 0 1 2 1 0
藤沢工科 3 0 0 1 0
多摩 0 0 3 1 0
西湘 2 0 1 1 0
磯子 1 0 3 0
城郷 1 1 2 0 0
有馬 0 0 0 2 1
麻布大付 0 0 1 0 2
大磯 0 0 0 2 1
藤沢西 0 1 0 0 2
元石川 0 1 0 0 2
横浜南陵 1 0 0 0 2
金沢 1 0 0 1 1
横須賀工 1 0 0 1 1
新城 1 0 1 0 1
柏木学園 1 1 0 0 1
橋本 0 2 0 1 0
寒川 1 0 1 1 0
横須賀大津 0 2 0 1 0
横須賀 1 2 0 0 0
上溝 1 0 2 0 0
秦野 1 1 1 0 0
横浜平沼 0 2 1 0 0
柏陽 1 2 0 0 0
大船 2 0 1 0 0
厚木東 0 0 0 1 1
生田東 0 0 0 1 1
川崎総合科学 0 0 0 1 1
小田原 1 0 0 0 1
浅野 0 0 0 2 0
瀬谷西 0 1 0 0 1
相模向陽館 0 0 1 0 1
伊勢原 1 0 0 0 1
湘南台 1 0 0 0 1
0 0 1 1 0
1 0 0 1 0
七里ガ浜 0 1 0 1 0
綾瀬西 0 1 0 1 0
津久井浜 0 1 0 1 0
平塚工科 0 1 0 1 0
希望ヶ丘 0 0 1 1 0
愛川 2 0 0 0 0
アレセイア湘南 1 1 0 0 0
関東学院六浦 2 0 0 0 0
横浜学園 0 0 2 0 0
平塚湘風 1 0 1 0 0
追浜 2 0 0 0 0
光陵 2 0 0 0 0
1 1 0 0 0
大和東 2 0 0 0 0
横浜旭陵 0 0 0 0 1
港北 0 0 0 0 1
大和西 0 0 0 0 1
荏田 0 0 0 1 0
厚木西 0 0 0 1 0
釜利谷 0 0 0 1 0
岸根 0 0 0 1 0
新栄 0 0 0 1 0
横浜緑園 0 0 0 1 0
磯子工 0 0 1 0 0
上矢部 0 0 1 0 0
鶴見 1 0 0 0 0
大楠 0 0 1 0 0
秀英 0 0 1 0 0
0 0 1 0 0
深沢 0 0 1 0 0
横浜栄 0 0 1 0 0
麻生総合 0 1 0 0 0
大井 1 0 0 0 0
金井 0 1 0 0 0
鎌倉 1 0 0 0 0
相模原青陵 1 0 0 0
市川崎 1 0 0 0 0
高浜 1 0 0 0 0
新羽 1 0 0 0 0
二宮 1 0 0 0 0
秦野曽屋 0 1 0 0 0
向の岡工 0 1 0 0 0
横浜翠陵 1 0 0 0 0
霧が丘 0 0 0 0 0
上鶴間 0 0 0 0 0
湘南学園 0 0 0 0 0
永谷 0 0 0 0 0
横浜サイエンスフロンティア 0 0 0 0 0
相原 0 0 0 0 0
麻生 0 0 0 0 0
厚木清南 0 0
小田原城北工 0 0 0 0 0
海洋科学 0 0 0 0 0
神奈川総合産業 0 0 0 0 0
神奈川大付 0 0 0 0 0
県川崎 0 0 0 0 0
サレジオ学院 0 0 0 0 0
高津 0 0 0 0 0
田奈 0 0 0 0 0
中央農 0 0 0 0 0
中大横浜 0 0 0 0
津久井 0 0 0 0 0
平塚農 0 0 0 0 0
森村学園 0 0 0 0 0
横浜立野 0 0 0 0 0
横浜明朋 0 0 0 0
吉田島 0 0 0 0 0

スポンサーリンク

トミソラの漫画考察部屋の関連記事

当サイトでおすすめの記事をまとめています。興味がある方はぜひ読んでみてください!



ワンピース関連の記事

考察まとめはこちら

スポンサーリンク

【高校野球】<東・西>東京強さランキング!

<東・西>東京強さランキング

description

過去5年間の夏の大会の戦績から、西東京・東東京、それぞれのチームの強さを独自にランキングにまとめてみました。ぜひご覧ください!

高校野球アイキャッチ

スポンサーリンク

【高校野球】西東京の強さランキング

西東京の各チームの強さをランキングにまとめています。※連合チームは除外しています。

順位(前年) ランク チーム ポイント
→1(1) S 東海大菅生 92.4
→2(2) S 日大三 91.4
3(7) S 国学院久我山 90.0
4(5) AA 早稲田実業 88.9
5(3) AA 八王子 86.4
6(8) AA 創価 85.8
7(4) AA 日大鶴ケ丘 83.6
8(6) AA 国士館 80.5
9(26) A 桜美林 77.6
10(14) A 世田谷学園 76.7
11(18) A 日野 75.9
12(10) A 日大二 75.0
13(10) A 昭和 74.7
14(9) A 明大中野八王子 73.5
15(21) A 八王子北 73.1
15(24) A 明星 73.1
17(22) A 片倉 72.0
18(13) A 明大明治 71.9
19(12) A 佼成学園 70.6
20(15) BA 法政大高 69.3
21(17) BA 日本学園 68.7
22(31) BA 総合工科 68.6
23(19) BA 早大学院 68.0
23(20) BA 聖パウロ学園 68.0
25(46) BA 東村山西 67.7
26(57) BA 豊多摩 66.7
27(16) BA 駒大高 66.4
27(23) BA 専大付 66.4
29(33) BA 狛江 66.2
29(41) BA 保谷 66.2
31(50) BA 府中西 64.2
32(27) BA 拓大一 63.3
33(37) BA 中大杉並 62.5
34(33) BA 工学院大付 60.0
34(53) BA 昭和一学園 60.0
36(49) B 久留米西 59.1
37(33) B 成蹊 58.2
37(43) B 杉並 58.2
37(50) B 聖徳学園 58.2
40(25) B 駒場学園 57.3
40(33) B 桐朋 57.3
40(37) B 東京都市大高 57.3
40(37) B 富士森 57.3
44(57) B 国立 56.0
44(62) B 練馬 56.0
44(71) B 石神井 55.0
47(37) B 錦城 54.5
48(28) B 国分寺 54.0
48(56) B 府中工 54.0
48(76) B 小平西 54.0
51(43) B 調布南 53.0
51(57) B 拝島 53.0
51(61) B 八王子実践 53.0
54(29) B 田無 52.0
54(43) B 明学東村山 52.0
56(68) B 立川 51.1
57(32) B 東大和 51.0
58(50) B 私立武蔵 50.0
58(54) B 東大和南 50.0
60(86) C 帝京八王子 48.9
60(91) C 田無工 48.9
60(91) C 筑波大駒場 48.9
63(46) C 芦花 47.8
64(29) C 小平 46.7
64(76) C 福生 46.7
66(62) C 日野台 45.6
67(46) C 日大櫻丘 42.5
67(57) C 武蔵野北 42.5
67(104) C 松が谷 42.5
67(110) C 成瀬 42.5
67(86) C 府中 42.5
67(98) C 啓明学園 42.5
73(80) C 小平南 41.3
74(66) C 大成 40.0
74(68) C 千歳丘 40.0
74(73) C 明法 40.0
77(41) D 多摩大聖ヶ丘 38.8
77(71) D 中大付 38.8
79(54) D 桜町 37.5
79(66) D 成城学園 37.5
79(68) D 玉川学園 37.5
79(73) D 上水 37.5
83(91) D 秋留台 31.4
83(104) D 神代 31.4
83(104) D 南平 31.4
83(110) D 翔陽 31.4
87(80) D 大泉 30.0
87(80) D 国際基督教大高 30.0
87(80) D 永山 30.0
87(80) D 羽村 30.0
91(62) E 立川国際 28.6
91(62) E 武蔵村山 28.6
91(73) E 清瀬 28.6
91(78) E 調布北 28.6
91(80) E 三鷹中等 28.6
91(86) E 穎明館 28.6
91(86) E 松蔭 28.6
→91(91) E 深沢 28.6
→91(91) E 町田 28.6
100(110) E 小川 20.0
100(119) E 五商 20.0
100(119) E 東農大一 20.0
103(98) F 多摩工 18.3
103(98) F 学芸大国際 18.3
103(98) F 府中東 18.3
103(98) F 町田工 18.3
103(98) F 松原 18.3
108(78) F 四商 16.7
108(86) F 学芸大付 16.7
108(91) F 都立武蔵 16.7
108(104) F 都農業 16.7
108(104) F 南多摩中等 16.7
108(104) F 青梅総合 16.7
108(110) F 大東学園 16.7
108(110) F 東京電機大高 16.7
108(110) F 練馬工 16.7
108(110) F 光丘 16.7
118(91) G 東京都市大等々力 0.0
118(110) G 帝京大高 0.0
118(110) G 西 0.0
118(119) G 井草 0.0
118(119) G 杉並工 0.0
118(119) G 多摩 0.0
118(119) G 東京高専 0.0
118(119) G 八王子桑志 0.0
118(119) G 東村山 0.0
118(119) G 明星学園 0.0
118(119) G 山崎 0.0
118(119) G 和光 0.0

スポンサーリンク

【高校野球】西東京の各チームの戦績

各チームの過去5年間の勝利数をまとめています。シード権も1勝に含んでいます。※「」は優勝、「」は準優勝を表します。

’15 ’16 ’17 ’18 ’19
東海大菅生 5 5
日大三 5 5 4 4
国学院久我山 5 4 2 2
早稲田実業 4 2 4
八王子 4 5 4 1
創価 1 5 3 4
日大鶴ケ丘 2 3 2 4
国士館 4 4 3 5 1
桜美林 2 1 2 2 5
世田谷学園 3 2 3 2 3
日野 3 1 2 3 3
日大二 3 2 5 1 2
昭和 4 2 1 3 2
明大中野八王子 1 3 4 3 1
八王子北 1 2 3 3 2
明星 2 3 2 1 3
片倉 2 2 0 4 2
明大明治 3 2 2 3 1
佼成学園 3 2 4 1 1
法政大高 2 2 3 2 1
日本学園 1 3 4 1 1
総合工科 2 1 3 0 3
早大学院 3 4 1 2 0
聖パウロ学園 4 4 0 2 0
東村山西 1 2 0 2 3
豊多摩 0 1 0 2 4
駒大高 3 0 3 3 0
専大付 2 3 1 3 0
狛江 2 2 0 2 2
保谷 2 1 2 0 3
府中西 2 1 0 1 3
拓大一 0 1 1 4 1
中大杉並 1 2 1 1 2
工学院大付 1 1 0 2 2
昭和一学園 0 0 2 2 2
久留米西 1 1 1 1 2
成蹊 0 3 0 2 1
杉並 0 1 2 2 1
聖徳学園 1 1 2 0 2
駒場学園 0 3 1 1 1
桐朋 1 1 2 1 1
東京都市大高 1 2 1 1 1
富士森 2 1 1 1 1
国立 1 0 0 2 2
練馬 0 0 2 0 3
石神井 0 1 1 1 2
錦城 3 0 3 0 0
国分寺 1 0 0 4 0
府中工 0 1 1 2 1
小平西 1 1 1 0 2
調布南 2 0 0 3 0
拝島 1 0 2 1 1
八王子実践 0 2 1 1 1
田無 1 2 0 2 0
明学東村山 0 1 2 2 0
立川 0 1 0 0 3
東大和 2 2 0 1 0
私立武蔵 3 0 2 0 0
東大和南 2 2 1 0 0
帝京八王子 1 0 1 0 2
田無工 1 1 0 0 2
筑波大駒場 2 0 0 0 2
芦花 0 0 2 1 1
小平 2 0 0 2 0
福生 2 0 1 0 1
日野台 1 2 0 1 0
日大櫻丘 0 0 0 2 1
武蔵野北 0 0 0 2 1
松が谷 0 0 1 0 2
成瀬 0 1 0 0 2
府中 0 0 1 0 2
啓明学園 0 0 1 0 2
小平南 1 0 0 1 1
大成 0 1 1 0 1
千歳丘 1 1 0 0 1
明法 0 0 2 0 1
多摩大聖ヶ丘 0 2 0 1 0
中大付 1 0 1 1 0
桜町 1 1 1 0 0
成城学園 1 1 1 0 0
玉川学園 1 2 0 0 0
上水 0 1 2 0 0
秋留台 0 1 0 0 1
神代 0 0 1 0 1
南平 0 0 1 0 1
翔陽 0 1 0 0 1
大泉 1 0 0 1 0
国際基督教大高 1 0 0 1 0
永山 1 0 0 1 0
羽村 1 0 0 1 0
立川国際 0 0 2 0 0
武蔵村山 0 0 2 0 0
清瀬 0 0 2 0 0
調布北 2 0 0 0 0
三鷹中等 0 0 2 0 0
穎明館 1 0 1 0 0
松蔭 1 0 1 0 0
深沢 2 0 0 0 0
町田 0 2 0 0 0
小川 0 0 0 0 1
五商 0 0 0 0 1
東農大一 0 0 0 0 1
多摩工 0 0 0 1 0
学芸大国際 0 0 0 1 0
府中東 0 0 0 1 0
町田工 0 0 0 1 0
松原 0 0 0 1 0
四商 1 0 0 0 0
学芸大付 0 0 1 0 0
都立武蔵 0 1 0 0 0
都農業 0 0 1 0 0
南多摩中等 0 0 1 0 0
青梅総合 1 0 0 0 0
大東学園 1 0 0 0 0
東京電機大高 0 1 0 0 0
練馬工 1 0 0 0 0
光丘 0 1 0 0 0
東京都市大等々力 0 0 0 0 0
帝京大高 0 0 0 0 0
西 0 0 0 0 0
井草 0 0 0 0 0
杉並工 0 0 0 0 0
多摩 0 0 0 0 0
東京高専 0 0 0 0 0
八王子桑志 0 0 0 0 0
東村山 0 0 0 0 0
明星学園 0 0 0 0 0
山崎 0 0 0 0 0
和光 0 0 0 0 0

スポンサーリンク

【高校野球】東東京の強さランキング

東東京の各チームの強さをランキングにまとめています。※連合チームは除外しています。

順位(前年) ランク チーム ポイント
1(2) S 関東一 99.7
2(1) S 二松學舍大附 91.6
3(4) AA 小山台 88.6
4(3) AA 帝京 86.3
5(6) AA 修徳 86.2
6(7) AA 日大豊山 85.8
7(11) AA 安田学園 80.5
→8(8) A 東海大高輪台 79.5
9(12) A 高島 79.5
→10(10) A 堀越 78.9
11(26) A 上野学園 78.3
12(5) A 東亜学園 77.0
13(14) A 江戸川 74.7
14(9) A 城東 73.9
→15(15) A 紅葉川 72.0
16(26) A 日体大荏原 70.0
16(33) A 郁文館 70.0
18(20) BA 錦城学園 69.3
18(22) BA 実践学園 69.3
20(13) BA 明大中野 68.7
20(23) BA 日本ウェルネス 68.7
22(46) BA 立正大立正 67.7
23(34) BA 駒込 66.9
23(39) BA 城西大城西 66.9
25(16) BA 成立学園 66.2
25(17) BA 日大一 66.2
25(31) BA 岩倉 66.2
25(41) BA 小岩 66.2
29(18) BA 共栄学園 65.7
30(19) BA 雪谷 65.4
31(36) BA 東京実 64.6
32(60) BA 大森学園 64.2
33(25) BA 篠崎 63.8
34(38) BA 青山学院 63.3
34(51) BA 海城 63.3
36(20) BA 東京成徳大高 63.1
37(32) BA 広尾 62.5
38(24) BA 足立西 62.3
39(29) BA 順天 61.7
40(46) BA 桜修館中等 60.8
41(58) BA 板橋 60.0
42(49) B 大島 59.1
42(53) B 王子総合 59.1
44(28) B 東京 58.2
44(34) B 城北 58.2
44(42) B 足立学園 58.2
47(42) B 墨田工 57.3
47(46) B 文京 57.3
49(36) B 朋優学院 56.4
50(60) B 淑徳巣鴨 56.0
51(29) B 多摩大目黒 55.5
52(42) B 獨協 54.5
53(77) B 大森 54.0
54(53) B 芝浦工大附 53.0
54(64) B 学習院 53.0
56(51) B 成城 52.0
56(64) B 青山 52.0
58(39) B 51.0
58(42) B 駿台学園 51.0
60(53) B 淵江 50.0
60(56) B 日工大駒場 50.0
60(74) B 豊島学院 50.0
63(50) C 46.7
63(77) C 小松川 46.7
65(62) C 三田 45.6
65(62) C 立志社 45.6
65(64) C 京華 45.6
68(56) C 立教池袋 44.4
69(96) C 葛飾商 43.8
70(83) C 攻玉社 42.5
71(58) C 九段中等 41.3
71(74) C 葛飾野 41.3
71(74) C 豊南 41.3
71(85) C 深川 41.3
75(70) C 正則学園 40.0
75(89) C 荒川商 40.0
77(64) D 目白研心 38.8
77(64) D 昭和一 38.8
77(64) D 巣鴨 38.8
80(72) D 淑徳 37.5
80(77) D 37.5
80(77) D 本郷 37.5
83(73) D 日比谷 31.4
83(99) D 昭和鉄道 31.4
85(84) D 鷺宮 30.0
→85(85) D 太田桜台 30.0
→85(85) D 筑波大付 30.0
88(85) E 駒場 28.6
88(89) E 大東大一 28.6
88(89) E 目黒日大 28.6
88(93) E 青稜 28.6
92(93) E 武蔵丘 20.0
92(99) E 麻布 20.0
92(99) E 國學院 20.0
92(99) E 目黒 20.0
92(112) E 大崎 20.0
92(112) E 開成 20.0
92(112) E 国際 20.0
99(96) F 富士 18.3
100(70) F 足立新田 16.7
100(77) F 高輪 16.7
100(82) F 正則 16.7
100(89) F 田園調布 16.7
100(93) F 早稲田 16.7
100(98) F 荒川工 16.7
100(99) F 足立工 16.7
100(99) F 北豊島工 16.7
100(99) F 京華商 16.7
100(99) F 東洋 16.7
100(99) F 戸山 16.7
100(99) F 南葛飾 16.7
112(99) G 新宿 0.0
112(99) G 中野工 0.0
112(99) G 目黒学院 0.0
→112(112) G 大島海洋国際 0.0
→112(112) G 桜丘 0.0
→112(112) G 産業技術高専 0.0
→112(112) G 渋谷教育渋谷 0.0
→112(112) G 自由ヶ丘学園 0.0
→112(112) G 千早 0.0
→112(112) G 都農産 0.0
→112(112) G 広尾学園 0.0
→112(112) G 文教大付 0.0
→112(112) G 両国 0.0

スポンサーリンク

【高校野球】東東京の各チームの戦績

各チームの過去5年間の勝利数をまとめています。シード権も1勝に含んでいます。※「」は優勝、「」は準優勝を表します。

’15 ’16 ’17 ’18 ’19
関東一 5 5
二松學舍大附 2 5 1
小山台 4 4 3
帝京 5 4 4 5 4
修徳 4 4 4 4 5
日大豊山 4 2 3 5
安田学園 3 2 2 5 3
東海大高輪台 2 3 3 2
高島 1 4 2 3 4
堀越 3 2 2 4 3
上野学園 3 0 4 1 5
東亜学園 0 5 4 0
江戸川 1 4 2 3 2
城東 3 5 2 3 0
紅葉川 0 2 3 2 3
日体大荏原 2 1 4 1 2
郁文館 2 1 1 2 3
錦城学園 2 2 0 3 2
実践学園 1 0 3 3 2
明大中野 4 2 1 3 0
日本ウェルネス 2 3 3 1 1
立正大立正 0 2 2 0 4
駒込 1 0 3 1 3
城西大城西 0 3 1 1 3
成立学園 3 1 0 2 2
日大一 1 1 2 2 2
岩倉 2 3 0 0 3
小岩 1 1 2 2 2
共栄学園 1 2 4 2 0
雪谷 3 0 2 1 2
東京実 5 0 1 0 2
大森学園 1 0 2 1 3
篠崎 5 0 1 1 1
青山学院 2 1 0 2 2
海城 2 0 1 2 2
東京成徳大高 3 1 2 2 0
広尾 0 2 1 3 1
足立西 1 4 2 1 0
順天 2 2 0 2 1
桜修館中等 1 4 0 1 1
板橋 0 0 2 2 2
大島 0 2 0 3 1
王子総合 1 1 1 1 2
東京 2 0 2 0 2
城北 1 1 1 2 1
足立学園 0 1 3 0 2
墨田工 2 1 1 1 1
文京 2 2 0 1 1
朋優学院 1 3 1 0 1
淑徳巣鴨 1 0 0 2 2
多摩大目黒 2 1 2 1 0
獨協 0 3 3 0 0
大森 2 0 1 0 2
芝浦工大附 2 0 1 1 1
学習院 3 0 0 1 1
成城 1 1 1 2 0
青山 2 0 2 0 1
1 2 1 1 0
駿台学園 1 2 1 1 0
淵江 2 0 3 0 0
日工大駒場 1 2 2 0 0
豊島学院 1 0 0 1 2
1 1 1 0 1
小松川 0 2 1 0 1
三田 0 2 1 1 0
立志社 1 1 1 1 0
京華 2 1 0 1 0
立教池袋 1 1 2 0 0
葛飾商 0 0 0 1 2
攻玉社 0 0 0 2 1
九段中等 0 0 0 3 0
葛飾野 0 1 0 1 1
豊南 1 0 0 1 1
深川 0 1 0 1 1
正則学園 0 1 1 0 1
荒川商 0 1 1 0 1
目白研心 2 0 0 1 0
昭和一 0 2 0 1 0
巣鴨 0 2 0 1 0
淑徳 3 0 0 0 0
2 0 1 0 0
本郷 1 1 1 0 0
日比谷 0 0 0 2 0
昭和鉄道 1 0 0 0 1
鷺宮 0 0 1 1 0
太田桜台 0 1 0 1 0
筑波大付 0 1 0 1 0
駒場 0 0 2 0 0
大東大一 0 1 1 0 0
目黒日大 0 1 1 0 0
青稜 0 2 0 0 0
武蔵丘 0 0 0 0 1
麻布 0 0 0 0 1
國學院 0 0 0 0 1
目黒 0 0 0 0 1
大崎 0 0 0 0 1
開成 0 0 0 0 1
国際 0 0 0 0 1
富士 0 0 0 1 0
足立新田 0 0 1 0 0
高輪 0 0 1 0 0
正則 0 1 0 0 0
田園調布 0 0 1 0 0
早稲田 1 0 0 0 0
荒川工 0 0 1 0 0
足立工 0 1 0 0 0
北豊島工 0 1 0 0 0
京華商 0 1 0 0 0
東洋 1 0 0 0 0
戸山 0 1 0 0 0
南葛飾 1 0 0 0 0
新宿 0 0 0 0 0
中野工 0 0 0 0 0
目黒学院 0 0 0 0 0
大島海洋国際 0 0 0 0 0
桜丘 0 0 0 0 0
産業技術高専 0 0 0 0 0
渋谷教育渋谷 0 0 0 0 0
自由ヶ丘学園 0 0 0 1
千早 0 0 0 0 0
都農産 0 0 0 0 0
広尾学園 0 0 0 0
文教大付 0 0 0 0 0
両国 0 0 0 0 0

スポンサーリンク

トミソラの漫画考察部屋の関連記事

当サイトでおすすめの記事をまとめています。興味がある方はぜひ読んでみてください!



ワンピース関連の記事

考察まとめはこちら

スポンサーリンク

【高校野球】どうした、日大三高!? 初戦敗退した目白研心との試合を振り返る

日大三高の初戦敗退を振り返る

description

2018年夏、甲子園ベスト4まで残った名門・日大三高が、新チームとして迎えた秋季大会1回戦で目白研心に敗れる波乱が起こりました。現地観戦した管理人が、この試合の展開を細かく見ていき、日大三高の敗因を探ってみましたので、是非ご覧ください!

アイキャッチ

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・アニメランキング

スポンサーリンク

試合結果とスタメン

試合結果

日時:2018年10月8日(月)
場所:町田市小野路球場

日大三VS目白研心(秋季東京都大会1回戦)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
研心
3
0
0
0
3
1
0
0
0
7
日三
3
0
0
0
0
2
0
0
0
5

スタメン

日大三高のスタメンは以下の通りです。
打順 守備 選手名/打席
前田聖矢(2年)/左
渡辺凌也(1年)/左
大濱快晴(2年)/左
平野将伍(2年)/右
柳舘憲吾(1年)/左
塚越楓太(2年)/右
石田拓海(2年)/右
西田琉之介(1年)/右
佐藤英雄(2年)/右

スポンサーリンク

新チームの特徴

日大三高のトップバッター・前田聖矢は、プロ野球の千葉ロッテや中日などで活躍した前田幸長投手の息子です。

前チームでは外野を守っていましたが、新チームではセカンドに回っています。

全体的に野手では昨年のチームの櫻井周人(現横浜DeNA)や金成麗生(現トヨタ自動車)、前チームの日置航のようなチームの中心となる選手はまだいない印象です。

投手では甲子園のマウンドも経験している井上や廣澤がいますが、前チームからのスタメン野手は、キャッチャーの佐藤だけという、経験の浅いチームとなりました。

選手画像
▲日大三高のトップバッター・前田聖矢

スポンサーリンク

試合展開

先発・平野が大誤算…

先発ピッチャーは、チームの4番バッターとしても期待される平野将伍(背番号9)です。

ストレートのMAXは146キロで、エースナンバーの廣澤、故障から復活した井上に続く剛腕投手です。「ほぼ150キロトリオ」の一人としても注目されています。

しかしその立ち上がり、先頭から2者連続フォアボールを与えてしまいます。正直、コントロールの悪さは予想通りです。 

さらに3番バッターに対しては、流れの悪さを象徴するように、打ち取った当たりが内野安打になり、いきなりノーアウト満塁のピンチを迎えてしまいます。

そして4番の山田選手にタイムリーツーベースを打たれてしまいます。

しかもこの時、一塁ランナーも積極的な走塁でホームに還り、目白研心に一気に3点を先制されてしまいました。

日大三高の野手陣も油断したのか、ボールはセンターから二塁ベースに戻ってきただけで、ショートも慌ててバックホームしましたが全く間に合いませんでした。

投げ急いだ印象があった平野は、5番バッターを三振に仕留めますが、続くバッターにまたしてもフォアボールを与え、結局アウト1つ取っただけで降板となりました。

平野はライトの守備につき、ライトの柳舘がサード、サードの西田は1度も打席に立つことなく交代となりました。2番手ピッチャーは小川敦星です。

選手画像
▲日大三高の先発・平野将伍

スポンサーリンク

なかなか勝ち越せない嫌な展開に…

 
小川は独特のサイドハンドから、勢いのあるストレートと鋭いスライダーを投げ分けます。

先制されて嫌な流れでしたが、最初のバッターをダブルプレーに仕留めて勢いを断つと、攻撃に流れを呼びこみます。

日大三高は5番・柳舘、6番・塚越の連続タイムリーで3点を奪い返し、初回で早くも同点に追いつきました。

小川はその後も、目白研心のバッターから三振を多く奪い、試合を落ち着かせます。

ところが、日大三高は立ち直った目白研心の先発ピッチャー・玉木投手に2回以降は手玉に取られ、なかなか勝ち越し点を奪えません

好投を続ける日大三高の小川でしたが5回、先制タイムリーを放っている目白研心の4番・山田選手に3ランホームランを打たれ、流れが大きく目白研心に傾きます。

またこの時、判定はホームランでしたが、打球が外野フェンスの黄色いラインの上だったか、下だったかで日大三高の小倉監督が抗議に出ましたが、結局判定は変わりませんでした。

客席では

「どこ見てんだ!」

「ホームランだろ!」

「あきらめろ!」

などヤジが飛び交い、また(無名校ともいえる)目白研心が日大三高を一発で突き放したこともあり、球場は異様な雰囲気に包まれました。

選手画像
▲日大三高の2番手・小川敦星

スポンサーリンク

井上登板でも流れを変えられず…

さらに6回、小川が先頭バッターにツーベースを打たれたところで、日大三高はいよいよ注目のピッチャー、井上広輝の登板となりました。

三塁側スタンドからは、「流れを変えてくれ!」と言わんばかりに井上を後押しする声援が響き、井上もそれに応えるかのように投球練習で豪速球を投げ、場内を沸かせました。

結局この回は内野ゴロの間に1点を追加されてしまいますが、井上は最後までマウンドで力投を見せました。

中でも1球だけ、

「オ゛ラ゛ぁ!」

と声を発しながら投げたボールがあり、「流れを変えたい」という気迫を強く感じました。(決して相手を威嚇するようなものではなく、気合が声になって出た感じです。)

この1球に、場内はまたしてもどよめいていました。

井上の力投に応えたい打線でしたが、目白研心・玉木投手の緩急のついたボールにタイミングが合わず、引っ掛けて内野ゴロを連発してしまいます。

特に4番を任された平野は、自分の不甲斐ないピッチングを取り返そうと力んだか、最初の打席はサードゴロ、2打席目は三振に倒れ、この2打席で交代となってしまいました。

結局、2回以降はピッチャーの井上のタイムリーヒットと内野ゴロの間の2点に留まり、わずか5安打で初戦敗退となりました。

選手画像
▲日大三高の3番手・井上広輝

スポンサーリンク

敗因と今後の課題

初回の攻防

この試合は先を見据えてということもあってか、廣澤でも井上でもなく、背番号「9」の平野が先発を任されました。

その平野が試合を作れなかったこともありますが、油断の見えた中継プレーも見られました。

また、初回の攻撃で3点を取って同点に追いついたにもかかわらず、そこで安心してしまったか、そのまま勝ち越せなかったことも敗因の一つと感じました。

しかし、何と言っても目白研心・玉木投手のピッチングの前に、打線が最後までうちあぐねてしまいました。

自分たちの流れに持ち込めず厳しい場面でも、一人一人が苦境を打開するメンタルを磨いてほしいと思います。

オフには厳しい練習が待っているのではないでしょうか。。

夏は甲子園のベスト4まで残り、新チームの始動が遅れたということもあるでしょうが、春にどこまでレベルアップしているのか注目していきたいところです。

スコア画像

おすすめ記事一覧

2018年のおすすめ漫画を紹介!

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

【高校野球】2018年夏の東京都大会と神奈川県大会の日程・注目選手

2018年夏の東京都大会と神奈川県大会の日程・注目選手

description

第100回高校野球選手権大会に向けて、激戦が予想される東京都大会と神奈川県大会を占っていきます!大会の日程から注目選手までまとめているので、是非ご覧ください!

野球関連記事

セリーグ

パリーグ

高校野球

ワンピースランキング

ダイヤのAランキング

スポンサーリンク

第100回選手権大会について

チャンスが増えた激戦区

この夏開催される第100回高校野球選手権大会は、甲子園球場にて8月5日から16日間に渡って行われる平成最後の大会です。従来の北海道東京の他、参加校の多い愛知神奈川大阪千葉兵庫埼玉福岡を加えた9都道府県を2地区に分け、計56校の参加となります。

東京都大会の日程

抽選会・・・6/16(土)
開会式・・・7/1(日)
決勝戦・・・西東京:7/28(土)
      東東京:7/29(日)

神奈川県大会の日程

抽選会・・・6/9(土)
開会式・・・7/8(日)
決勝戦・・・7/28(土)、29(日)

東京都大会の展望

際立つ西東京の強さ

春季大会ベスト16に残ったチームがこちら。

<ベスト4>
日大三(西東京)
国士舘(西東京)
早稲田実業(西東京)
創価(西東京)

<ベスト8>
小山台(東東京)
帝京(東東京)
関東一(東東京)
東海大菅生(西東京)

<ベスト16>
上野学園(東東京)
国学院久我山(西東京)
二松学舎大付(東東京)
錦城学園(東東京)
東大和(西東京)
桜美林(西東京)
明大中野八王子(西東京)
城東(東東京)

西東京は日大三が中心か

春季大会のベスト4には、すべて西東京の学校が名を連ねることとなりました。その西東京は、やはり春季大会でも優勝した日大三高を中心に展開しそうです。日置、大塚、飯村、中村といった中軸が強力で、打線が繋がると大量得点が期待できます。また、投手陣も中村や井上、河村など力のある選手が豊富に揃っています。

注目選手の活躍に期待

昨夏は決勝で東海大菅生に敗れた早稲田実業は、スラッガー・野村の打棒はもちろん、昨夏から本格的に投手に専念しているエース・雪山の成長に期待が集まります。また春季大会で決勝まで勝ち残った国士舘は、石井、井田、草薙のサウスポートリオで、どこまで勝ち上がっていけるか楽しみです。

ダークホースとなるか

一方、東東京は強豪の帝京や関東一高、さらに昨夏の代表校・二松学舎大付がやはり軸になりそうです。また、春季大会ではベスト8まで勝ち残った都立・小山台の勝ち上がりにも注目したいところです。

神奈川県大会の展望

チャンスが増えた激戦区・神奈川

神奈川は北と南の2校が代表校となります。春季大会ベスト16に残ったチームがこちら。

<ベスト4>
横浜(南神奈川)
桐光学園(北神奈川)
東海大相模(北神奈川)
鎌倉学園(南神奈川)

<ベスト8>
慶應義塾(北神奈川)
横浜商大(北神奈川)
湘南学院(南神奈川)
金沢(南神奈川)

<ベスト16>
白山(北神奈川)
法政二(北神奈川)
向上(北神奈川)
橘(北神奈川)
横浜創学館(南神奈川)
日大藤沢(南神奈川)
立花学園(南神奈川)
横浜隼人(南神奈川)

南神奈川は横浜の一強か

南神奈川は、やはり春季大会で優勝した横浜が優勢。秋季大会で鎌倉学園にコールド負けを喫しながら、春季大会準決勝ではコールドゲームでやり返しています。打線はいろいろな打順を組みながらも大量得点を重ね、板川、及川、黒須など投手陣も安定しています。

混戦の北神奈川

北神奈川は、センバツにも出場した東海大相模や慶應義塾に加え、春季大会は桐光学園がこの2校を破り、決勝まで駒を進めました。決勝で横浜に敗れはしましたが、打線は山田を中心に、投手陣は2年生コンビ、谷村・冨田の2枚看板で、再び東海大相模や慶應義塾といった強豪校に挑んでいきたいところです。

注目選手紹介

野村大樹(早稲田実業・西東京)

現在・日本ハムファイターズの清宮にも勝ると言われるスラッガー。小柄ながら、パンチ力のある打撃が持ち味で右方向にもホームランを打てるのが魅力。

日置航(日大三・西東京)

強力打線の3番に座るショートストップ。グリップを余らせた柔らかい打撃フォームで、鋭い打球が外野手の間を抜けていく。一発を放つパンチ力も備える。

井上広輝(日大三・西東京)

力投型の2年生右腕。140キロ台中盤の勢いのあるストレートが魅力だが、スライダー、チェンジアップも効果的に操る。

片山昂星(東海大菅生・西東京)

東海大菅生の4番に座る一塁手で左のスラッガー。スイングしたバットが背中につくほどのフルスイングが持ち味だが、体勢を崩されながらもヒットゾーンに運ぶ柔らかさも備える。

板川佳矢(横浜・南神奈川)

横浜高校でエースナンバーを背負うサウスポー。小柄ながらテンポ良く、勢いのあるストレートと鋭く曲がるスライダーを駆使する。

及川雅貴(横浜・南神奈川)

春は背番号22だったが、先輩の板川にも引けを取らない2年生サウスポー。ゆったりしたフォームから繰り出される、140キロ台中盤のキレのあるストレートが武器。

森下翔太(東海大相模・北神奈川)

柔らかさとパンチ力を兼ね備えた、懐の深い打撃が持ち味のスラッガー。力強い打球はあっという間に野手の間を抜け、ツボにハマった時は度肝を抜かれる飛距離のホームランを放つ。

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

野球関連記事

セリーグ

パリーグ

高校野球

ワンピースランキング

ダイヤのAランキング

2018年のおすすめ漫画を紹介!

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

【高校野球】2018年選抜大会の日程と組み合わせ、注目選手の成績

【高校野球】2018年選抜大会の日程と組み合わせ、注目選手の成績

description

球春到来!この春、甲子園球場で行われる第90回選抜高校野球大会の日程や組み合わせ、注目選手の成績、優勝校を予想します。トーナメント表を随時更新していくので是非、ご覧ください!

日程と組み合わせ

3月23日(金)から4月4日(水)まで。※◯数字は第◯試合を表します。

スポンサーリンク

出場校一覧

今大会に出場する全36校の一覧です。

  学校名 出場回数
北海道
駒大苫小牧
4年ぶり4回目
岩手
花巻東
6年ぶり3回目
山形
日大山形
36年ぶり4回目
福島
聖光学院
5年ぶり5回目
茨城
明秀日立
初出場
栃木
国学院栃木
18年ぶり4回目
千葉
中央学院
初出場
東京
日大三
2年ぶり20回目
神奈川
慶応
9年ぶり9回目
東海大相模
7年ぶり10回目
富山
富山商業
9年ぶり6回目
石川
日本航空石川
初出場
星稜
13年ぶり12回目
静岡
静岡
2年連続17回目
愛知
東邦
2年ぶり29回目
三重
三重
4年ぶり13回目
滋賀
近江
3年ぶり5回目
彦根東
9年ぶり4回目
京都
乙訓
初出場
奈良
智弁学園
3年連続12回目
和歌山
智辯和歌山
4年連続12回目
大阪
大阪桐蔭
4年連続10回目
岡山
おかやま山陽
初出場
広島
瀬戸内
27年ぶり3回目
山口
下関国際
初出場
香川
英明
3年ぶり2回目
愛媛
松山聖陵
初出場
高知
高知
5年ぶり18回目
明徳義塾
3年連続18回目
福岡
東筑
20年ぶり3回目
長崎
創成館
4年ぶり3回目
宮崎
延岡学園
12年ぶり3回目
富島
初出場
秋田
由利工
初出場
滋賀
膳所
59年ぶり4回目
佐賀
伊万里
初出場

※は21世紀枠

スポンサーリンク

記録ランキング

新チーム結成後の公式戦、練習試合を合わせた個人記録を掲載しています。

打率トップ3

1位
上田優弥
(日航石川)
.505(91-46)
2位
須田優真
(聖光学院)
.489(133-65)
3位
村松開人
(静岡)
.485(97-47)

※規定打席はチーム試合数✕3.1以上

本塁打トップ3

1位
渡辺健士郎
(東海相模)
19本
(57試合-181打数)
2位
森下翔太
(東海相模)
17本
(52試合-175打数)
3位
芳賀大成
(明秀日立)
11本
(32試合-121打数)

打点トップ3

1位
渡辺健士郎
(東海相模)
80打点(57試合)
2位
森下翔太
(東海相模)
58打点(52試合)
3位
長沼航
(中央学院)
54打点(73試合)

盗塁トップ3

1位
田中大暉
(中央学院)
37盗塁(66試合)
2位
林琢真
(東邦)
32盗塁(46試合)
3位
長沼航
(中央学院)
25盗塁(73試合)

防御率トップ3

1位
柿木蓮
(大阪桐蔭)
0.67(67回)
2位
斎藤礼二
(東海相模)
0.68(79,1回)
3位
扇谷莉
(東邦)
1.51(172,1回)

奪三振率トップ3

1位
川原陸
(創成館)
10.05
(105,2回-118三振)
2位
生井惇己
(慶応)
9.96
(81,1回-90三振)
3位
佐藤亜蓮
(由利工)
9.94
(168,1回-186三振)

※投球回80以上

スポンサーリンク

注目選手と成績

今大会注目の選手の特徴と、新チーム結成後の成績です。

根尾昂(大阪桐蔭)

チームの大黒柱

投手に加え、内野・外野も守れる身体能力の高さを持ち、4番打者としても力強いフルスイングで打球をスタンドへ運ぶ。

公式戦成績

打率 本塁打 打点
.357(42-15)
5
20
登板 投回 奪三 四死 防率
3
19
33
9
0.47

公式戦+練習試合

打率 本塁打 打点
.407(86-35)
9
45
登板 投回 奪三 四死 防率
5
24
42
12
2.25

藤原恭大(大阪桐蔭)

不動のリードオフマン

アグレッシブな走塁に加え、1番打者ながら一発を打つ力もあり、U18W杯に2年生ながら選出された逸材。

公式戦成績

打率 本塁打 打点
.438(48-21)
2
7

公式戦+練習試合

打率 本塁打 打点
.438(48-21)
2
7

森下翔太(東海大相模)

高校通算44本塁打

柔らかさとパンチ力を兼ね備えた、懐の深い打撃が持ち味のスラッガー。

公式戦成績

打率 本塁打 打点
.512(41-21)
5
23

公式戦+練習試合

打率 本塁打 打点
.429(175-75)
17
58

市川悠太(明徳義塾)

無類のタフネス

コーナーを突くストレートとスライダーを軸に、公式戦10試合を一人で投げぬいたタフネスぶりが光る。

公式戦成績

登板 投回 奪三 四死 防率
10
80
76
26
1.35

公式戦+練習試合

登板 投回 奪三 四死 防率
25
191
158
49
1.60

成瀬和人(静岡)

長打が魅力の4番打者

逆方向にも力強い打球を飛ばすなど、4番打者として勝負強い打撃を見せる。

公式戦成績

打率 本塁打 打点
.298(47-14)
1
12

公式戦+練習試合

打率 本塁打 打点
.341(85-29)
2
25

スポンサーリンク

注目校と優勝校予想

今大会の注目校と優勝校を予想します。

今大会の注目校

大阪桐蔭

根尾・藤原・柿木といったドラフト候補に加え、中川・山田ら経験充分の選手たちが多く、今年もやはり優勝候補筆頭。公式戦防御率0.99と投手陣も盤石で、春2連覇を狙う。

東海大相模(神奈川)

小松・山田の1、2番コンビに始まり、森下・吉田・渡辺へと続くクリーンアップも強力。ケガの影響で、半年間ブランクが空くエース・斎藤の投球がカギを握りそう。

智辯和歌山

文元・冨田、さらにケガで秋の出場がなかった林といったスラッガーが打線を牽引する。昨年は春・夏・秋と大阪桐蔭にすべて敗れているため、雪辱を晴らしたい。

明徳義塾(高知)

攻撃のリズムをつくれる1番・真鍋、さらにこちらも菰渕・渡部・谷合といった中軸の破壊力が脅威。公式戦10試合を一人で投げぬいた市川の投球もカギ。明治神宮大会に続く優勝となるか。

優勝校予想

経験値の高い大阪桐蔭が有利か

根尾・藤原・中川・山田ら昨年から甲子園の土を踏んでいる選手が多く、安定した戦いが期待できそう。投手陣もやはり甲子園のマウンド経験のある柿木・横川、根尾の3人が盤石で、厳しいトーナメントも勝ち上がれると予想。

スポンサーリンク

今大会の感想

大阪桐蔭、春2連覇!

まずは大阪桐蔭高校、春2連覇おめでとうございます!足の状態が万全ではなかった藤原選手をはじめ、花巻東戦では19得点を記録するなど破壊力抜群のチームでした。柿木、根尾を中心に接戦をものにする試合もあり投手陣も充実していて、根尾選手は2年連続の胴上げ投手となりました。夏も大いに期待したいと思います。

「4度目の正直」ならず…

昨年の春・夏・秋と3度とも敗れ、打倒・大阪桐蔭を誓っていた智弁和歌山ですが、決勝戦でまたしても敗北という結果になりました。ただ創成館戦や東海大相模戦など、点を取られても執念でひっくり返す底力を見せてくれました。夏こそは、対戦の機会があれば大阪桐蔭を破ってもらいたいです。

幻のノーヒッター

京大進学を目指すという、彦根東のサウスポー・増居投手のピッチングは圧巻でした。花巻東戦、延長10回にサヨナラ負けを喫しますが、9回までヒット1本も許さない快投を続けました。10回に初ヒットを許した時は、場内は歓声よりもため息の方が勝っていたように思います。涼しい表情からキレのあるボールを投げ込む姿が印象的でした。また一回り成長したピッチングを、甲子園で見せてほしいです。

逆境での底力

また今大会は、サヨナラホームランが多く飛び出したのも印象的でした。特に、明徳義塾と中央学院との一戦。明徳義塾の谷合選手は、これまでチャンスで凡退するなど、4番の役割を果たせていませんでしたが、最終回に逆転サヨナラ3ランをバックスクリーンに叩き込みました。4番を任される理由がわかりますね。2アウトランナーなしからの逆転劇に明徳義塾の底力を感じました。

漫画コミュニティの関連記事

野球関連記事

セリーグ

パリーグ

高校野球

ワンピースランキング

ダイヤのAランキング

2018年のおすすめ漫画を紹介!

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

【高校野球】第89回選抜高校野球の展望<ランキング掲載>

《高校野球》第89回選抜高校野球について紹介

いよいよ3月19日から12日間(予備日含む)に渡り、第89回センバツ高校野球が開催されます! 夏以降、各校で新チームが結成され、秋季大会を勝ち抜いてきた全32校が甲子園球場に集結します! このページでは大会の日程と結果、全32校の紹介と戦力データ、さらに優勝校を簡単に予想していきます!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

出場校一覧

今大会に出場する全32校の一覧です。

地区 出場校 出場回数
北海道
札幌第一
2年連続2回目
東北
盛岡大付(岩手)
4年ぶり4回目
仙台育英(宮城)
2年ぶり12回目
関東/東京 作新学院(栃木) 5年ぶり10回目
前橋育英(群馬)
6年ぶり2回目
健大高崎(群馬)
2年ぶり3回目
東海大市原望洋(千葉)
7年ぶり2回目
早稲田実業(東京)
4年ぶり21回目
日大三(東京)
6年ぶり19回目
東海 静岡
2年ぶり2回目
至学館(愛知) 初出場
高岡商(富山) 7年ぶり5回目
福井工大福井
2年連続5回目
近畿 滋賀学園
2年連続2回目
大阪桐蔭
3年連続9回目
履正社(大阪) 3年ぶり7回目
報徳学園(兵庫) 3年ぶり21回目
神戸国際大付(兵庫) 7年ぶり4回目
高田商(奈良) 23年ぶり3回目
智弁学園(奈良)
2年連続11回目
中国/四国 創志学園(岡山)
2年連続3回目
呉(広島)
初出場
宇部鴻城(山口) 2年ぶり3回目
帝京五(愛媛) 48年ぶり2回目
明徳義塾(高知)
2年連続17回目
九州
東海大福岡
32年ぶり2回目
福岡大大濠
26年ぶり4回目
熊本工 10年ぶり21回目
秀岳館(熊本)
2年連続3回目
21世紀枠
不来方(岩手)
初出場
多治見(岐阜) 初出場
中村(高知) 40年ぶり2回目

スポンサーリンク

日程と結果

大会の日程と結果です。日付の後の◯数字は、「第◯試合」を表します。

各校戦力データ

各校の秋季大会の「平均得点」、「平均得失点差」、「打率」をランキング(ベスト10)にしています。

平均得点ランキング

順位 高校名 平均得点(試合数)
札幌第一
9,82(11)
早稲田実業 9,73(11)
智弁学園
9,71(7)
履正社 8,81(16)
日大三 8,50(8)
福井工大福井 8,00(10)
帝京五 8,00(10)
宇部鴻城 7,90(10)
高岡商 7,78(9)
10
大阪桐蔭 7,60(10)

平均得失点差ランキング

順位 高校名 平均得失点差(試合数)
早稲田実業 6,82(11)
日大三 6,75(8)
智弁学園 6,57(7)
履正社 6,44(16)
札幌第一 6,09(11)
東海大市原望洋 5,50(14)
高岡商 5,44(9)
秀岳館 5,33(9)
帝京五 5,30(10)
10
宇部鴻城 5,00(10)
10
明徳義塾 5,00(10)

打率ランキング

順位 高校名 打率(試合数)
札幌第一 .388(10)
神戸国際大付 .377(12)
秀岳館 .366(9)
高岡商 .3652(9)
大阪桐蔭 .3650(10)
早稲田実業 .363(11)
東海大市原望洋 .359(14)
履正社 .358(16)
福岡大大濠 .349(13)
10
智弁学園 .348(7)

各選手戦力データ

各選手の「防御率」、「奪三振率」、「与四死球率」、「打率」、「本塁打数」、「盗塁数」をランキング(ベスト10)にしています。

防御率ランキング

順位 選手名 防御率(イニング)
▽長谷川(仙台育英) 0.89(61回)
▽北本(明徳義塾) 1.00(63回)
▽黒田(神戸国際大付) 1.016(62回)
▽大関(作新学院) 1.018(70回2/3)
 河地(多治見) 1.08(58回1/3)
 伊藤(健大高崎) 1.15(39回)
 新美(至学館) 1.17(46回1/3)
 北原(中村) 1.31(55回)
 難波(創志学園) 1.48(85回)
10
▽池谷(静岡) 1.63(99回1/3)

※▽は左投手

奪三振率ランキング

順位 選手名 奪三振率(個数 イニング)
▽櫻井(日大三) 11.69(58個 44回2/3)
▽池谷(静岡) 10.33(114個 99回1/3)
 棚原(滋賀学園) 9.27(34個 33回)
▽古川(高田商) 9.00(61個 61回)
 伏見(高岡商) 8.90(30個 30回1/3)
▽黒田(神戸国際大付) 8.85(61個 62回)
▽土合(高岡商) 8.38(36個 38回2/3)
 山口(熊本工) 8.30(59個 64回)
▽長谷川(仙台育英) 8.26(56個 61回)
10
 三浦(福岡大大濠) 8.10(99個 110回)

※▽は左投手

与四死球率ランキング

順位 選手名 与四死球率(個数 イニング)
 安田(東海大福岡) 1.37(16個 105回1/3)
▽黒田(神戸国際大付) 1.45(10個 62回)
 棚原(滋賀学園) 1.64(6個 33回)
▽池谷(静岡) 1.90(21個 99回1/3)
 西垣(報徳学園) 1.96(16個 73回1/3)
 河地(多治見) 2.01(13個 58回1/3)
▽土合(高岡商) 2.09(9個 38回2/3)
▽早稲田(宇部鴻城) 2.28(17個 67回)
 三浦(福岡大大濠) 2.29(28個 110回)
10
▽古川(高田商) 2.51(17個 61回)

※▽は左投手

打率ランキング

順位 選手名 打率(打数-安打)
△谷内(高岡商) .556(23-13)
△山本(創志学園) .556(45-25)
 篠塚(帝京五) .542(24-13)
 大﨑(中村) .542(24-13)
 橘内(早稲田実業) .529(34-18)
 戸部(前橋育英) .517(29-15)
 植田(盛岡大付) .512(41-21)
 樋口(東海大市原望洋) .511(47-24)
 西村(札幌第一) .500(38-19)
△三浦(至学館) .500(38-19)
 福元(智弁学園) .500(24-12)

※△は左打者

本塁打ランキング

順位 選手名 本塁打数(試合数)
△清宮(早稲田実業) 5(11)
 植田(盛岡大付) 4(10)
 野村(早稲田実業) 4(11)
△井上(日大三) 4(8)
 藤原達(至学館) 4(16)
△安田(履正社) 4(16)
 猪田(神戸国際大付) 4(12)
△金成(日大三) 3(7)
△櫻井(日大三) 3(8)
△北川(福井工大福井) 3(10)
 若林(履正社) 3(16)

※△は左打者

盗塁ランキング

順位 選手名 盗塁数(試合数)
△宮下(帝京五) 10(10)
△小野寺(健大高崎) 9(8)
△永山(報徳学園) 9(11)
 中尾(高田商) 9(8)
 鈴木(作新学院) 8(10)
 湯浅(健大高崎) 8(8)
△西田(早稲田実業) 7(14)
△村松(静岡) 7(14)
 藤原達(至学館) 7(16)
10 △塚本(東海大市原望洋) 6(13)
10 △山本(創志学園) 6(11)
10  木本(秀岳館) 6(9)

※△は左打者
スポンサーリンク

優勝予想

日大三が攻守にリードか!?

目立つ左の好投手

まず、左の好投手が多く目につくところが今大会の特徴として挙げられます。紹介した防御率ランキングでは、上位4投手が左投手です。左打者が増えてきたなかで、その左打者を抑えるには、左投手が非常に貴重な存在になります。日大三の櫻井が早稲田実業の清宮を5打席連続三振に抑えた試合はとても印象的です。早稲田実業と初戦でぶつかる明徳義塾の北本は左投手なので、注目の清宮を抑えることができるかどうか、非常に見ものです。

初戦の好カード

早稲田実業―明徳義塾の初戦も非常に楽しみですが、もう一つ注目のカードとなったのが、開幕日の第2試合「日大三―履正社」の一戦です。東京都大会決勝戦では早稲田実業が日大三にサヨナラ勝ちで優勝しましたが、明治神宮大会ではその早稲田実業を履正社が破って優勝しています。履正社優勝の立役者となったのが、決勝戦でもホームランを放ったスラッガー・安田です。日大三の櫻井が清宮を5打席連続三振を奪ったように、同じ左の強打者・安田を抑えることができるかどうかも、非常に見ものです。

揃う中軸の強打者

各校、多くの好投手・好打者が揃うなか、日大三、早稲田実業、履正社あたりがやはり優勝候補に挙がってくると思います(紹介した通り、日大三と履正社は初戦であたりますが…)。日大三の「櫻井・金成」、早稲田実業の「清宮・野村」、履正社の「安田・若林」といった中軸は今大会の注目であり、彼らが打てば、打線も勢いづくことが予想されます。

初戦突破で勢いに乗れるか

なかでも日大三は櫻井・金成の中軸に加え、8試合で4本のホームランを放った1番井上、都大会で4番を打っていた比留間、クリーンナップも打てる日置など、やはり打線が強力なうえ、好投手・櫻井とエースナンバーを背負う岡部、二人を軸にした投手陣も経験豊富です。早稲田実業、履正社とも投手陣がやや不安定なため、日大三が初戦で履正社を下し、勢いに乗れば、優勝の確率が上がってくると思います。

【追記(3/19)】

本日、春のセンバツ高校野球始まりました。そして、いきなり予想が外れました(笑)。履正社-日大三の注目の一戦、履正社のエース・竹田投手、要所で変化球が冴えわたりました。コーナーを突くコントロールも見事でした。日大三打線もよく5点取ったんですが…。日大三の櫻井投手、立ち上がり2イニングは完璧でした。結局、履正社の中軸、安田・若林を計9打席で7三振とほぼ完璧に封じましたが、下位打線にかきわまされ、9回に集中打を浴びました。ただ、立ち上がりを見る限り、2番手の岡部と合わせて12点も取られるとは思いませんでした(笑)。9回の7失点は守備陣、ちょっと集中力を欠いてしまった印象が残りました。夏までの課題となりそうです。

【追記(4/2)】

第89回選抜高校野球は大阪桐蔭高校が制しました。おめでとうございます! エース・徳山投手を中心に投手層が厚く、打撃も非常に強力でした。管理人の優勝予想にまったく挙げてなくてお恥ずかしい限りです。いや、名門校ですからお強いのは重々承知していたんですけど、あまり春に優勝するイメージがなくてですね…(笑)。史上初の大阪勢対決ということでも非常に注目されましたけど、履正社高校も3点を追う8回には、さすがというべき集中打を見せてくれました。関西勢のレベルの高さを思い知った今大会でもありましたね。選手たちは甲子園での戦いを通じて得た自信や収穫、課題をまた夏に活かしてほしいと思います!

スポンサーリンク