【七つの大罪ネタバレ】最新296話の考察!メリオダスが魔神王に…?

七つの大罪最新296話ネタバレ

description

1/16発売週刊少年マガジン『七つの大罪』最新296話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひ読んでみてください!

七つの大罪アイキャッチ

スポンサーリンク

七つの大罪最新296話ネタバレ予想と考察

296話のネタバレ予想!

七つの大罪の296話最新ネタバレ予想をしています!どんな展開になるのか、管理人の個人的な予想になりますが、興味のある方は読んでみてください!

296話に関しては、かなりわかりやすい展開になりそうですね。バトルがかなり盛り上がりそうな話になりそうです。また、メリオダスが魔神王になって、手が付けられなくなってしまうのでしょうか…?かなり楽しみなところですね!

スポンサーリンク

ついにメリオダスが魔神王に…?

戒禁が集まってしまう…!

295話の最後では、メリオダスに戒禁が全て集まっていくところで話が終わりましたね。このままでは、ほぼ確実にメリオダスが魔神王として覚醒する展開になるでしょう。となると、七つの大罪にとっては、一番厄介な敵となりそうですね。

メリオダスの感情はどうする…?

そういえば、メリオダスの感情ってどうなったんですかね…?煉獄から戻ったのは結局バンだけでした。現世にいるメリオダスの肉体は、今は繭の中におり、その繭に向かって戒禁が集まっているという状況です。感情も魔力に目覚め、魔神王を焦らせてたわけなんですが、結局どうするんでしょう…?もしかすると、魔神王になったメリオダスと、魔力が覚醒した感情メリオダスの戦いという展開になるのかもしれませんね。

キングvsゼルドリスが熱い!

この戦いはかなり注目ですね!マーリンやエスカノールとも善戦を繰り広げていたゼルドリスですが、ここでキングと戦う展開になりそう。キングもめちゃくちゃ強くなっていますから、かなり面白い勝負になりそうですね!

ヘンドリクセンが…!器に…!

295話で、ヘンドリクセンがマーガレットの体からリュドシエルを追い出し、自ら器になると提案していました。もし、リュドシエルがヘンドリクセンを器として使えば、もっと強くなる可能性もある…?マーガレットを器にしていたときでも、闘級が20万を超えていたので、化物の誕生となるかもしれません。さらに一波乱起こりそうですね!

スポンサーリンク

七つの大罪最新296話ネタバレとあらすじ

296話のあらすじ

現在準備中です。

七つの大罪最新296話ネタバレ感想

準備中

現在準備中です。

七つの大罪前話までのあらすじ

スポンサーリンク

その他のおすすめ記事

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです




スポンサーリンク

【七つの大罪ネタバレ】最新288話の考察!ゼルドリスへ反撃開始!

七つの大罪最新288話ネタバレ

description

11/7発売週刊少年マガジン『七つの大罪』最新288話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひ読んでみてください!

七つの大罪アイキャッチ

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング
ワンピース最強ランキングアイコン
最強
ワンピース悪魔の実アイコン
悪魔の実
ワンピースかわいいランキングアイコン
かわいい
ワンピース名場面ランキングアイコン
名場面
ワンピース人気ランキングアイコン
人気
ダイヤのAランキング
ダイヤのA投手最強ランキングアイコン
投手
ダイヤのA野手最強ランキングアイコン
野手
ダイヤのA最強オーダーアイコン
オーダー
ダイヤのA名場面ランキングアイコン
名場面
ダイヤのA名言ランキングアイコン
名言
七つの大罪ネタバレ

スポンサーリンク

七つの大罪最新288話ネタバレ予想と考察

288話のネタバレ予想!

七つの大罪の288話最新ネタバレ予想をしています!どんな展開になるのか、管理人の個人的な予想になりますが、興味のある方は読んでみてください!

どんな展開になる?

スポンサーリンク

恩寵タッグが反撃開始!

ゼルドリスが強すぎる…

ついに本領を発揮したゼルドリスが強すぎますね…。リュドシエルやエスカノール、マーリンさえも寄せ付けない圧倒的なパワーを見せつけました。攻撃は防御不能、さらには物理も魔法も通用しないとなったらどうやって倒すんでしょう…?まさに魔神王の代行らしく、反則級のつよさですね。

恩寵タッグで反撃開始?

手も足も出ない状況に見えますが、エスカノールとリュドシエルは反撃する気まんまんでしたね。天使の恩寵の中でも最強クラスの能力を持つ二人がついに共闘するようです!かなり強いと思いますが、ゼルドリスに通用するんですかね…?かなり気になるところです!
ポイント

  • ゼルドリスが強すぎる…
  • 恩寵タッグでこの危機を乗り越えるか!?

スポンサーリンク

七つの大罪最新288話ネタバレとあらすじ

288話のあらすじ

現在準備中です。

七つの大罪最新288話ネタバレ感想

準備中

現在準備中です。

七つの大罪前話までのあらすじ

スポンサーリンク

七つの大罪の登場キャラクター

古い情報となっています。随時更新予定です。

メリオダス

本作の主人公。現在、自身が魔神王になって、エリザベスを輪廻転生から救い出すために戒禁を集めている。

エリザベス

メリオダスの恋人で、本作のメインヒロイン。魔神と結ばれるという禁忌を犯し、永遠に輪廻転生を繰り返す呪いを受けている。

バン

七つの大罪の一人。現在メリオダスを正気に戻すため、単身魔界に乗り込んでいる。生死は不明だ。

スポンサーリンク

ディアンヌ

七つの大罪の一人で、巨人族の少女。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

キング

七つの大罪の一人で、別名妖精王「ハーレクイン」。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

ゴウセル

七つの大罪の一人で、心を持った人形。キングとディアンヌに救われ、自分自身と向き合い、正気に戻っている。キングたちと共に、メリオダスを正気にすべく、魔神たちと戦っている。

マーリン

七つの大罪の一人で、無敵の魔法使い。最愛のアーサーを亡くしてしまうが、国を守り、メリオダスとエリザベスを救うべく、魔神族と戦う。

エスカノール

七つの大罪の一人で、人類最強の男。どうやら四大天使の一人の恩寵を受け継いでいる様子…?現在、天使と一緒になり、魔神族と戦っている。

ゼルドリス

十戒の一人で、メリオダスの弟。魔神王を目指していたが、メリオダスとの取引によって、メリオダスが魔神王になることに力を貸している。どんな取引があったかは不明。

エスタロッサ

十戒の一人で、メリオダスの弟。エリザベスに恋い焦がれていたが、メリオダスに勝てないと悟り、劣等感を抱くように。挙句の果てに、自分をメリオダスだと思い込み、暴走している。

リュドシエル

四大天使の一人。現在、マーガレットを器にしている。魔神族との聖戦に勝ち、この戦いを終わらせようとしている。

ザリエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

タルミエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

デリエリ

十戒の一人。最愛のモンスピートをエスタロッサに殺され、助けをもとめエリザベスたちのところへ来た。現在も七つの大罪や天使たちの元にいる。

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです




スポンサーリンク

【七つの大罪ネタバレ】最新274話の考察!マエルの真実が明らかに…?

七つの大罪最新274話ネタバレ

description

7/11発売週刊少年マガジン『七つの大罪』274話「絶望の堕天使マエル」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
七つの大罪ネタバレ
◀272話 274話▶

スポンサーリンク

七つの大罪ネタバレ最新274話の予想!

七つの大罪最新274話のネタバレ予想!

272話までの展開を踏まえて、七つの大罪の最新274話の展開をネタバレ予想しています!興味がある方は読んでみてください!

スポンサーリンク

ゴウセルが過去を改変した理由

マエルって過去に何したのか…?

272話で、エスタロッサの正体が四大天使の一人「マエル」であることが判明しました。問題は、何故ゴウセルが記憶を操作してまでマエルの存在を消したのか、ということです。ゴウセル(本人)曰く、マエルがいなくなれば聖戦を終結させられるというほどの存在だったということです。一体何したんでしょうかね…?274話の巻末のアオリをみると、突如去来する裏切りの記憶と言ってるので、もしかすると天使族を裏切ったのでしょうか…?

全てを思い出したマエルが次に取る行動は?

こうなると、274話で気になるのは、全てを思い出したマエルが次にとる行動ですよね。巻末では、さらなる惨劇を生むとありますので、十戒も天使も、マエル(エスタロッサ)にとっては敵ということでしょうか…?四大天使の中でも最強といわれていたはずなので、マエルが暴れだすとなると、かなり厄介なことになりそうですね…。

魔神王やメリオダスとかも絡んでくる?

記憶を取り戻したのは、何も現場にいる者たちだけではないでしょう。メリオダスや魔神王も同様のはずです。そうなると、メリオダスや魔神王も絡んでくる展開になりそうな予感はしますね。最終的には、メリオダスがマエルを止めるんでしょうか…?

リュドシエルも出てくるか?

これも有り得そうな展開。過去の回想を読んでいると、マエルが裏切ったのだとすれば、なんとなくリュドシエルがその理由になったのではないかと推察できます。この辺も、一波乱生みそうな火種を抱えていそうですね。

スポンサーリンク

ホークとワイルド再会という展開もあるかも!?

ホークとワイルドが再会?

うーん、ここまで話が進むかは微妙なんですが、ゴウセルがホークにのってエスタロッサのところに向かっているんですよね。むざむざ魔神王がこんな厄介なことを見逃すかと言われると微妙なところ。魔神王がゴウセルの元に行く隙をついて、メリオダス達も脱出をはかり、そこでワイルドとホークが再会なんて流れもあるかも知れませんね。

七つの大罪最新274話ネタバレとあらすじ

274話のネタバレと見所

現在準備中

現在準備中です。

274話までのあらすじ

274話までのあらすじです。

ゴウセルが全てをかけた禁呪

冒頭は、ゴウセルの昔の回想から始まりました。ゴウセル(本人)は、全ての生命力と魔力を使い、エスタロッサの記憶を操作していたのです。ゴウセルによると、その男の存在の認識を変えることで、全ての状況が変わり、聖戦が終わるというほどの存在とのことです。一体だれがエスタロッサとして認識されたのか…?気になる所ですね!

キング達がついにエスタロッサの元へ…!全員が感じる違和感

そして、ついにキング達がエスタロッサの元へ到着しました。そこには、禍々しい姿となったエスタロッサの姿が。戦闘を始めるキングと天使たちですが、彼らにある違和感が生じ始めます。ゴウセルの禁呪が解け始めているのです。そして、彼らは、エスタロッサの存在に疑問を感じ始めます。天使たちは同じ四大天使であるマエルの顔が思い出せないこと、デリエリはエスタロッサは十戒にいなかったことを徐々に気づき始めるのです。

過去の記憶がついに明らかに…

そして、疑問はやがて確信へと変わっていきます。エリザベスの過去の記憶をたどると、実はメリオダスの弟はゼルドリスしかいませんでした。また、エスタロッサというのは犬の名前だったのです。そして、ついにエスタロッサの正体が明らかになります…。なんと、エスタロッサの正体はマエルだったのです!禁呪が解け、ついに天使たちの記憶も戻り、エスタロッサに天使の翼が生えます。全員が全てを思い出し、混乱に陥る中、ここで274話が終了しました。

272話までのあらすじ

272話までのあらすじです。

魔神王との対決!めちゃくちゃ強い…

ついに魔神王と直接対決の火蓋が切って落とされました!最初に仕掛けたのはワイルド。高速で魔神王に突っ込みますが、デコピンで弾き返されてしまいます…。ワイルドを心配するメリオダスとバンにも容赦ない攻撃を浴びせ、まさに魔神王たる強さを見せつけます。

攻撃が効かない!?魔神王の能力「支配者(ザ・ルーラー)」

その後もバンの身体狩り(フィジカルハント)やワイルドの突き、メリオダスの全反撃(フルカウンター)で魔神王に応戦しますが、ことごとく跳ね返すか攻撃を吸収してしまいます。とにかく強すぎる(´・ω・`)そんな反則級の強さを誇る魔神王の能力は「支配者(ザ・ルーラー)」。具体的にはよくわからないんですが、圧倒的な強さを持っていることは見てわかるとおりでした…。

エスタロッサに関する記憶を操ったのは…?

全く刃が立たないメリオダス達。しかし、魔神王はメリオダスたちを葬る前に、聞いておきたいことがあると口を開きます。それはエスタロッサの記憶についてでした。そして、どうやらメリオダスと魔神王は同じ記憶を操作されているようでした。誰がそんなことをしたのか…?ここで衝撃の事実が発覚します。なんと、全員の記憶を操作したのはゴウセルだったのです!彼が何故こんなことをしたのかについては272話では語られませんでした…。ここで終了します。

スポンサーリンク

七つの大罪最新274話ネタバレ感想と展開予想

274話ネタバレ感想

現在準備中です。

274話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪最新274話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪の登場人物

メリオダス

本作の主人公。現在、自身が魔神王になって、エリザベスを輪廻転生から救い出すために戒禁を集めている。

エリザベス

メリオダスの恋人で、本作のメインヒロイン。魔神と結ばれるという禁忌を犯し、永遠に輪廻転生を繰り返す呪いを受けている。

バン

七つの大罪の一人。現在メリオダスを正気に戻すため、単身魔界に乗り込んでいる。生死は不明だ。

ディアンヌ

七つの大罪の一人で、巨人族の少女。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

キング

七つの大罪の一人で、別名妖精王「ハーレクイン」。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

ゴウセル

七つの大罪の一人で、心を持った人形。キングとディアンヌに救われ、自分自身と向き合い、正気に戻っている。キングたちと共に、メリオダスを正気にすべく、魔神たちと戦っている。

マーリン

七つの大罪の一人で、無敵の魔法使い。最愛のアーサーを亡くしてしまうが、国を守り、メリオダスとエリザベスを救うべく、魔神族と戦う。

エスカノール

七つの大罪の一人で、人類最強の男。どうやら四大天使の一人の恩寵を受け継いでいる様子…?現在、天使と一緒になり、魔神族と戦っている。

ゼルドリス

十戒の一人で、メリオダスの弟。魔神王を目指していたが、メリオダスとの取引によって、メリオダスが魔神王になることに力を貸している。どんな取引があったかは不明。

エスタロッサ

十戒の一人で、メリオダスの弟。エリザベスに恋い焦がれていたが、メリオダスに勝てないと悟り、劣等感を抱くように。挙句の果てに、自分をメリオダスだと思い込み、暴走している。

リュドシエル

四大天使の一人。現在、マーガレットを器にしている。魔神族との聖戦に勝ち、この戦いを終わらせようとしている。

ザリエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

タルミエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

デリエリ

十戒の一人。最愛のモンスピートをエスタロッサに殺され、助けをもとめエリザベスたちのところへ来た。現在も七つの大罪や天使たちの元にいる。

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

【七つの大罪ネタバレ】最新273話の考察!ゴウセルの目的が明らかに!?

七つの大罪最新273話ネタバレ

description

7/4発売週刊少年マガジン『七つの大罪』273話「聖戦の犠牲者」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
七つの大罪ネタバレ
◀272話 274話▶

スポンサーリンク

七つの大罪ネタバレ最新273話の予想!

七つの大罪最新273話のネタバレ予想!

272話までの展開を踏まえて、七つの大罪の最新273話の展開をネタバレ予想しています!興味がある方は読んでみてください!

スポンサーリンク

ゴウセルが過去を改変した理由

もしかしてエスタロッサって人形?

272話で、エスタロッサの記憶を操ったのはゴウセルであることが判明しました(無欲の戒禁は、欲を持っている者の記憶を操作する能力があります)。そこから考えれば、実はエスタロッサってゴウセルが作った人形?というのは考えられそうな展開。そうであるならば、実際にエスタロッサという人物は存在しておらず、ゴウセルが何らかの意図をもって送り込んだということになりますね。その意図がなんなのかが最大のポイントになりそうです!

聖戦を終結させるための切り札?

エスタロッサは、再び聖戦が起きそうになったときに、ゴウセルが仕込んでおいた切り札みたいなものではないか?というのが管理人が考える説。というのも、昔ゴウセルの本体が聖戦の終結を望んでいる発言していたためです。人形のゴウセルがトリガーとなり、エスタロッサが記憶を取り戻すことで魔神王にとっての脅威になる仕組みなのかも知れません。

第1次の聖戦に関わる謎もわかる?

実は、ゴウセルが今回の件で関わってくるとすると、第1次の聖戦に関しても釈然としない部分が明らかになる可能性があります。ゴウセルが220話で、第1次聖戦でゴウセルの関わりについて聞かれていたときに、今はまだ話せない、話しても納得してくれるかわからないと発言していたことがありました。ここでその真相についてわかる可能性も高そうですね。
ポイント
・エスタロッサはゴウセルが作った人形?
・聖戦が起こったときに止める役割を果たす切り札?
・第1次聖戦の謎も明らかに?

スポンサーリンク

ホークとワイルド再会という展開もあるかも!?

ホークとワイルドが再会?

うーん、ここまで話が進むかは微妙なんですが、ゴウセルがホークにのってエスタロッサのところに向かっているんですよね。むざむざ魔神王がこんな厄介なことを見逃すかと言われると微妙なところ。魔神王がゴウセルの元に行く隙をついて、メリオダス達も脱出をはかり、そこでワイルドとホークが再会なんて流れもあるかも知れませんね。

七つの大罪最新273話ネタバレとあらすじ

273話のネタバレと見所

ゴウセルが全てをかけた禁呪

冒頭は、ゴウセルの昔の回想から始まりました。ゴウセル(本人)は、全ての生命力と魔力を使い、エスタロッサの記憶を操作していたのです。ゴウセルによると、その男の存在の認識を変えることで、全ての状況が変わり、聖戦が終わるというほどの存在とのことです。一体だれがエスタロッサとして認識されたのか…?気になる所ですね!

キング達がついにエスタロッサの元へ…!全員が感じる違和感

そして、ついにキング達がエスタロッサの元へ到着しました。そこには、禍々しい姿となったエスタロッサの姿が。戦闘を始めるキングと天使たちですが、彼らにある違和感が生じ始めます。ゴウセルの禁呪が解け始めているのです。そして、彼らは、エスタロッサの存在に疑問を感じ始めます。天使たちは同じ四大天使であるマエルの顔が思い出せないこと、デリエリはエスタロッサは十戒にいなかったことを徐々に気づき始めるのです。

過去の記憶がついに明らかに…

そして、疑問はやがて確信へと変わっていきます。エリザベスの過去の記憶をたどると、実はメリオダスの弟はゼルドリスしかいませんでした。また、エスタロッサというのは犬の名前だったのです。そして、ついにエスタロッサの正体が明らかになります…。なんと、エスタロッサの正体はマエルだったのです!禁呪が解け、ついに天使たちの記憶も戻り、エスタロッサに天使の翼が生えます。全員が全てを思い出し、混乱に陥る中、ここで273話が終了しました。

272話までのあらすじ

272話までのあらすじです。

魔神王との対決!めちゃくちゃ強い…

ついに魔神王と直接対決の火蓋が切って落とされました!最初に仕掛けたのはワイルド。高速で魔神王に突っ込みますが、デコピンで弾き返されてしまいます…。ワイルドを心配するメリオダスとバンにも容赦ない攻撃を浴びせ、まさに魔神王たる強さを見せつけます。

攻撃が効かない!?魔神王の能力「支配者(ザ・ルーラー)」

その後もバンの身体狩り(フィジカルハント)やワイルドの突き、メリオダスの全反撃(フルカウンター)で魔神王に応戦しますが、ことごとく跳ね返すか攻撃を吸収してしまいます。とにかく強すぎる(´・ω・`)そんな反則級の強さを誇る魔神王の能力は「支配者(ザ・ルーラー)」。具体的にはよくわからないんですが、圧倒的な強さを持っていることは見てわかるとおりでした…。

エスタロッサに関する記憶を操ったのは…?

全く刃が立たないメリオダス達。しかし、魔神王はメリオダスたちを葬る前に、聞いておきたいことがあると口を開きます。それはエスタロッサの記憶についてでした。そして、どうやらメリオダスと魔神王は同じ記憶を操作されているようでした。誰がそんなことをしたのか…?ここで衝撃の事実が発覚します。なんと、全員の記憶を操作したのはゴウセルだったのです!彼が何故こんなことをしたのかについては272話では語られませんでした…。ここで終了します。

271話までのあらすじ

271話までのあらすじです。

ワイルドはホークそっくり…

ワイルドが探している弟のことについて、メリオダスが質問すると、「まさかお主たち!?私にそっくりな男前を知っているのか!?」と反応を示します。そして、どうやらホークのもともとの名前はマイルドらしいです(笑)嬉しさに泣き出すワイルドですが、その泣き方までホークにそっくり。話をしていると熱砂が来る時間になり、メリオダス達はワイルドの住処に案内されます。

ワイルドの住処はなかなかに凝っている

煉獄での暮らしは暇らしく、住処はなかなかに凝った作りをしています(外観は自分自身そっくりにデザインされています)。バンが座った椅子は座り心地が悪いみたいですが…。出てきたお茶も飲みたくない感じのお茶で、メリオダスいわく、味は煉獄の味だということです。つっこみが追いつかないとバンが発言しますが、まさにホークそのものですね(笑)

ワイルドとホークの出生が語られる

ワイルドの口から、自身とホークの出生について語られました。どうやら、生まれてからすぐにホークは別の世界に飛ばされたようです。その理由は、メリオダスを監視するためらしいです。もともとメリオダスの監視には、現世の動物を使っていたようですが、寿命が短いため、煉獄の生物を選んだようです。そこで白羽の矢が立ったのがホーク。案の定、ヘンドリクセンの攻撃にも耐えるなど頑丈な性質を示し、お人好しな性格もあいまって疑われずに済んだようです。

ワイルドにとってはホークはかわいい弟

その後、メリオダスとバンはワイルドにホークのことについて話をします。想像とずいぶん違った弟の話を聞いてショックを受けるワイルドですが、違う道を歩いていようと血を分けたかわいい弟だといいます。そのワイルドの発言と表情をみて、メリオダスは悲しいような、何か理解を示しているような複雑な表情を浮かべます。そして、話をしているうちに嵐も収まり、3人は魔神王の元に出発します。

ゼルドリスの過去が明らかに

ワイルドはかなり昔から煉獄にいるようで、その間ずっと魔神王に挑み続けていたようです。その戦績12万118戦、12万118敗(笑)すごい執念です。一刻も早く弟に会いたいワイルドの姿は、とてもいい兄貴!そんなワイルドをみて、メリオダスも自身の弟ゼルドリスとエスタロッサについて思い出します。そして、ついにゼルドリスの過去について語りだします。

ゼルドリスにも大切な存在が

昔、血の気が多かった頃のメリオダスは女神族との戦いの日々に明け暮れていました。そんなメリオダスに畏れをいだきつつも、真面目にメリオダスを慕っていたゼルドリス。そんな中、メリオダスはエリザベスと出会い、自身の世界が一変します。そして、ゼルドリスの気持ちを理解するのです。ゼルドリスには、その時すでに大切な人がいました。

メリオダスがきっかけでゼルドリスは恋人を失う

ゼルドリスは、恋人を護るために自ら処刑人として戦うことを選びました。しかし、メリオダスは不毛な戦いを終わらせるために魔神族を裏切ってしまいます。それが開戦のきっかけになり、吸血鬼一族とも戦うことに。そして、悲劇は起こります。ゼルドリスの恋人は吸血鬼一族で、見せしめのために恋人を含め吸血鬼一族を殺すように命令されるのです。そのときのゼルドリスの悲しみは想像を絶します。そんなつらい過去があったのです。

エスタロッサの記憶が無い!?そして魔神王が姿を現す…

ゼルドリスに対して責任を感じている様子のメリオダス。空気を読まず、間髪入れずにエスタロッサの話を聞こうとするワイルドですが、メリオダスはエスタロッサのことを思い出せないようです。しかし、どうやらエスタロッサのことを思い出せないのはメリオダスだけではないようです。ふいに「お前も気づいたか…儂と同様何も思い出せぬことに」という声が聞こえてきます。そう、魔神王は目の前にいたのです。とても巨大で圧倒的な風貌をしている魔神王。メリオダスには感情は不要だと言います。ついに戦いが始まるのでしょうか…?ここで271話が終了します。

スポンサーリンク

七つの大罪最新273話ネタバレ感想と展開予想

273話ネタバレ感想

現在準備中です。

273話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪最新273話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪の登場人物

メリオダス

本作の主人公。現在、自身が魔神王になって、エリザベスを輪廻転生から救い出すために戒禁を集めている。

エリザベス

メリオダスの恋人で、本作のメインヒロイン。魔神と結ばれるという禁忌を犯し、永遠に輪廻転生を繰り返す呪いを受けている。

バン

七つの大罪の一人。現在メリオダスを正気に戻すため、単身魔界に乗り込んでいる。生死は不明だ。

ディアンヌ

七つの大罪の一人で、巨人族の少女。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

キング

七つの大罪の一人で、別名妖精王「ハーレクイン」。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

ゴウセル

七つの大罪の一人で、心を持った人形。キングとディアンヌに救われ、自分自身と向き合い、正気に戻っている。キングたちと共に、メリオダスを正気にすべく、魔神たちと戦っている。

マーリン

七つの大罪の一人で、無敵の魔法使い。最愛のアーサーを亡くしてしまうが、国を守り、メリオダスとエリザベスを救うべく、魔神族と戦う。

エスカノール

七つの大罪の一人で、人類最強の男。どうやら四大天使の一人の恩寵を受け継いでいる様子…?現在、天使と一緒になり、魔神族と戦っている。

ゼルドリス

十戒の一人で、メリオダスの弟。魔神王を目指していたが、メリオダスとの取引によって、メリオダスが魔神王になることに力を貸している。どんな取引があったかは不明。

エスタロッサ

十戒の一人で、メリオダスの弟。エリザベスに恋い焦がれていたが、メリオダスに勝てないと悟り、劣等感を抱くように。挙句の果てに、自分をメリオダスだと思い込み、暴走している。

リュドシエル

四大天使の一人。現在、マーガレットを器にしている。魔神族との聖戦に勝ち、この戦いを終わらせようとしている。

ザリエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

タルミエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

デリエリ

十戒の一人。最愛のモンスピートをエスタロッサに殺され、助けをもとめエリザベスたちのところへ来た。現在も七つの大罪や天使たちの元にいる。

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

【七つの大罪ネタバレ】最新272話の考察!魔神王と全面対決!?

七つの大罪最新272話ネタバレ

description

6/20発売週刊少年マガジン『七つの大罪』272話「永劫なる戦い」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひ読んでみてください!

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
七つの大罪ネタバレ
◀271話 273話▶

スポンサーリンク

七つの大罪ネタバレ最新272話の予想!

七つの大罪最新272話のネタバレ予想!

271話までの展開を踏まえて、七つの大罪の最新272話の展開をネタバレ予想しています!興味がある方は読んでみてください!

スポンサーリンク

ついに魔神王との全面対決!?

ついに魔神王と邂逅…!

七つの大罪271話より引用
271話で、ついに魔神王との邂逅を果たしたメリオダス達。魔神王は感情は不要だと言い放っているので、完全に開戦モードですね。個人的には戦ったら勝ち目はないのかな、と思っていたので、こうまで堂々と魔神王に出くわしてしまう展開はちょっと意外ですwただ、見つからずに脱出口を探すという方が無理があるか…。ここで全面対決になりそうですね!

ワイルドだけ残されてしまうとかもある!?

全面対決が始まりそうだといっても、まともに戦ったらまず勝てないと思うんですよね…。となると、どうやって煉獄から脱出するんでしょうか?魔神王の隙をつく作戦になるなら、一人は囮になる必要がありそうですね。そうなると、一番囮になる可能性が高いのはワイルドですかね…。あれだけ弟に会いたい、いい兄貴を残してしまう展開も考えられそう…。ちょっとかわいそうですが、普通に有り得そうですね。

和解の道はあるか

正直一番可能性低いと思うんですが、魔神王と和解して脱出する道もあるんでしょうか?和解というか、とりあえず煉獄から出して、どうなるか様子を見てみるみたいな展開。いやー、これはないか…。今まで魔神王がメリオダスの監視をしたり、感情を幾度ともなく閉じ込めてきたことに矛盾しますからね。3人とも脱出となると一番穏便な策なんですが、これは考えにくい。

ウルトラ斜め上でゼルドリス登場!?

いや、これは正直和解以上にありえないとは思うんですが。第三者としてゼルドリスが登場するパターン。誰かしらいないと3人で煉獄脱出ってなかなか難しいので。メリオダス本体がゼルドリスになにか耳打ちしてたので、これにつながる可能性はあるかもと書いてみました。ただなぁ…。敵として出てくる展開は百歩譲ってありそうなんだけども、これも難しいかな。昔のゼルドリスから考えて、感情に肩入れするパターンも個人的には願いを込めて予想してみたい。
ポイント
・魔神王と全面対決!?
・ワイルドだけ取り残されてしまう!?
・和解の道があるか?
・第三者でゼルドリス登場?

スポンサーリンク

エスタロッサの記憶が何故ないのか

実は弟ではない?

まぁ、オーソドックスに考えればエスタロッサって実は弟ではないのでは?誰によって記憶が消されてしまったのかがかなり気になるところですが(魔神王の記憶まで操られているみたいですし)、魔神族ではなく煉獄の生物とかそんな所なのかも。今まさにエリザベスに襲いかかっているエスタロッサの姿は、まさに煉獄の生物っぽいですからね…。記憶を消した意図は全く分かりませんが、この辺りの出生も272話で明らかになると面白いですね!

誰が記憶を消したの?

だいぶ大事なポイント。魔神王の記憶まで操ってしまうとはかなりやばいのでは?ここまでできるのは、女神族側の王しか考えられない気もする。もしくは、エスタロッサ自身がメリオダスたちの記憶を操ったとか。または、魔神族の中にかなり力の強いものがいて、何らかの意図でそうなるように仕組んだ可能性もありそうですね。一番気になる伏線です。
ポイント
・エスタロッサは弟ではない?
・誰が記憶を消したのかは重要!

スポンサーリンク

バンの闘級がエライことに?

バン

煉獄で相当鍛えられてた様子!

煉獄にずっといたせいか、バンはエライ強くなっているみたいですね!271話でもし煉獄から脱出することがあれば、闘級も明らかになるかも?一体どれくらい上がっているんでしょう…?他のみんなに比べると、ここまで修行編みたいな描写はなかったので、一気にここで追い越すことにもなるのかも知れません!

エリザベスの安否は…?

七つの大罪251話より引用

時間軸が違うのでまだ大丈夫そう

煉獄の時間って、現実世界より遅れていて、バンが何百年と過ごしているのに現実世界ではほとんど時間が経っていないようなんですよね…。なので、メリオダスの感情は時間ならたっぷりあると発言していました。そのため、今エスタロッサに襲われて大ピンチのエリザベスですが、まだ大丈夫そうな気はします。

エリザベスを助けるのはメリオダスではない?

これも十分考えられる展開。というか、天使や七つの大罪、デリエリが今エリザベスの元に向かっていますからね。まずはこの人達がなんとかしてくれるのでしょう。そして、苦戦をしてやばい、ってところにメリオダスが登場するのかも知れませんね。
ポイント
・エリザベス救出に間に合う?
・仲間がエスタロッサに苦戦しているところにかっこよく登場か

スポンサーリンク

メリオダス本体も戒禁の取り込みが終わる…?

感情が脱出するのに合わせて動きがあるかも?

ここまで話が進む可能性あかなり低いですが、もしメリオダスの感情が煉獄を脱出するのに成功した場合、メリオダス本体にもなにか動きがあるかも知れませんね。そろそろ戒禁を取り込むことに成功して、さらならる力を手に入れる可能性もありそう。こうなると、感情がもとの体に戻るのも、相当な苦労がありそうです。

感情vs本体!?

この展開普通に考えられそう。本体が魔神王みたいになって、感情がそれと戦う流れです。感情がもしかすると、仲間達と共に戦い、本体を超えて強くなり、それで本体に戻るという感じです。やっぱりすんなりは戻れそうにないですからね…。もしこの展開が実現すれば、相当面白くなりそうです!
ポイント
・感情だけでなく本体にも動きがあるかも?
・本体vs感情の展開もありそう

スポンサーリンク

七つの大罪最新272話ネタバレとあらすじ

272話のネタバレと見所

魔神王との対決!めちゃくちゃ強い…

ついに魔神王と直接対決の火蓋が切って落とされました!最初に仕掛けたのはワイルド。高速で魔神王に突っ込みますが、デコピンで弾き返されてしまいます…。ワイルドを心配するメリオダスとバンにも容赦ない攻撃を浴びせ、まさに魔神王たる強さを見せつけます。

攻撃が効かない!?魔神王の能力「支配者(ザ・ルーラー)」

その後もバンの身体狩り(フィジカルハント)やワイルドの突き、メリオダスの全反撃(フルカウンター)で魔神王に応戦しますが、ことごとく跳ね返すか攻撃を吸収してしまいます。とにかく強すぎる(´・ω・`)そんな反則級の強さを誇る魔神王の能力は「支配者(ザ・ルーラー)」。具体的にはよくわからないんですが、圧倒的な強さを持っていることは見てわかるとおりでした…。

エスタロッサに関する記憶を操ったのは…?

全く刃が立たないメリオダス達。しかし、魔神王はメリオダスたちを葬る前に、聞いておきたいことがあると口を開きます。それはエスタロッサの記憶についてでした。そして、どうやらメリオダスと魔神王は同じ記憶を操作されているようでした。誰がそんなことをしたのか…?ここで衝撃の事実が発覚します。なんと、全員の記憶を操作したのはゴウセルだったのです!彼が何故こんなことをしたのかについては272話では語られませんでした…。ここで終了します。

271話までのあらすじ

271話までのあらすじです。

ワイルドはホークそっくり…

ワイルドが探している弟のことについて、メリオダスが質問すると、「まさかお主たち!?私にそっくりな男前を知っているのか!?」と反応を示します。そして、どうやらホークのもともとの名前はマイルドらしいです(笑)嬉しさに泣き出すワイルドですが、その泣き方までホークにそっくり。話をしていると熱砂が来る時間になり、メリオダス達はワイルドの住処に案内されます。

ワイルドの住処はなかなかに凝っている

煉獄での暮らしは暇らしく、住処はなかなかに凝った作りをしています(外観は自分自身そっくりにデザインされています)。バンが座った椅子は座り心地が悪いみたいですが…。出てきたお茶も飲みたくない感じのお茶で、メリオダスいわく、味は煉獄の味だということです。つっこみが追いつかないとバンが発言しますが、まさにホークそのものですね(笑)

ワイルドとホークの出生が語られる

ワイルドの口から、自身とホークの出生について語られました。どうやら、生まれてからすぐにホークは別の世界に飛ばされたようです。その理由は、メリオダスを監視するためらしいです。もともとメリオダスの監視には、現世の動物を使っていたようですが、寿命が短いため、煉獄の生物を選んだようです。そこで白羽の矢が立ったのがホーク。案の定、ヘンドリクセンの攻撃にも耐えるなど頑丈な性質を示し、お人好しな性格もあいまって疑われずに済んだようです。

ワイルドにとってはホークはかわいい弟

その後、メリオダスとバンはワイルドにホークのことについて話をします。想像とずいぶん違った弟の話を聞いてショックを受けるワイルドですが、違う道を歩いていようと血を分けたかわいい弟だといいます。そのワイルドの発言と表情をみて、メリオダスは悲しいような、何か理解を示しているような複雑な表情を浮かべます。そして、話をしているうちに嵐も収まり、3人は魔神王の元に出発します。

ゼルドリスの過去が明らかに

ワイルドはかなり昔から煉獄にいるようで、その間ずっと魔神王に挑み続けていたようです。その戦績12万118戦、12万118敗(笑)すごい執念です。一刻も早く弟に会いたいワイルドの姿は、とてもいい兄貴!そんなワイルドをみて、メリオダスも自身の弟ゼルドリスとエスタロッサについて思い出します。そして、ついにゼルドリスの過去について語りだします。

ゼルドリスにも大切な存在が

昔、血の気が多かった頃のメリオダスは女神族との戦いの日々に明け暮れていました。そんなメリオダスに畏れをいだきつつも、真面目にメリオダスを慕っていたゼルドリス。そんな中、メリオダスはエリザベスと出会い、自身の世界が一変します。そして、ゼルドリスの気持ちを理解するのです。ゼルドリスには、その時すでに大切な人がいました。

メリオダスがきっかけでゼルドリスは恋人を失う

ゼルドリスは、恋人を護るために自ら処刑人として戦うことを選びました。しかし、メリオダスは不毛な戦いを終わらせるために魔神族を裏切ってしまいます。それが開戦のきっかけになり、吸血鬼一族とも戦うことに。そして、悲劇は起こります。ゼルドリスの恋人は吸血鬼一族で、見せしめのために恋人を含め吸血鬼一族を殺すように命令されるのです。そのときのゼルドリスの悲しみは想像を絶します。そんなつらい過去があったのです。

エスタロッサの記憶が無い!?そして魔神王が姿を現す…

ゼルドリスに対して責任を感じている様子のメリオダス。空気を読まず、間髪入れずにエスタロッサの話を聞こうとするワイルドですが、メリオダスはエスタロッサのことを思い出せないようです。しかし、どうやらエスタロッサのことを思い出せないのはメリオダスだけではないようです。ふいに「お前も気づいたか…儂と同様何も思い出せぬことに」という声が聞こえてきます。そう、魔神王は目の前にいたのです。とても巨大で圧倒的な風貌をしている魔神王。メリオダスには感情は不要だと言います。ついに戦いが始まるのでしょうか…?ここで271話が終了します。

270話までのあらすじ

270話までのあらすじです。

だいぶ煉獄ライフにもなれてきた様子…

269話で、メリオダスとバンは、魔神王の近くに煉獄の出口があると仮説を立てたので、魔神王のもとへ行くことを決めました。道中、煉獄の在来種に幾度となく襲われますが、すでにバンたちにとって敵ではないようです。

煉獄で鍛えられたバン

煉獄で千年以上過ごしてきたことで、バンは精神と肉体を爆発的に成長させたようです。おそらく、現実世界に戻った時、十戒と互角に渡り合えるかも…?そして、メリオダスも感情とはいえ、そんなバンに手傷を負わせたようです。もとの体に戻ればまさに敵なしといったところでしょう。ふたりとも、煉獄から戻ったら、ビールを浴びるほど飲んで、それぞれの恋人(エリザベスとエレイン)と死ぬほどいちゃつくそうですw願いが叶うと良いですね!

煉獄にいたのは…ホーク!?じゃなくてワイルド!?

談笑をしていた二人のもとに怪しい影が。それに気づいた二人は応戦しますが、メリオダスは背後を取られます。こやつ、かなりできる…(´・ω・`)話を聞くと、どうやら生き別れの弟を探しているらしく、魔神王の居場所も知っているみたいです。姿を見せたら…。なんとホーク!?ではなく名前はワイルドらしいです!多分ホークの兄なんでしょう。ここで270話が終了しました。

七つの大罪最新272話ネタバレ感想と展開予想

272話ネタバレ感想

現在準備中です。

272話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

七つの大罪最新272話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

七つの大罪の登場人物

メリオダス

本作の主人公。現在、自身が魔神王になって、エリザベスを輪廻転生から救い出すために戒禁を集めている。

エリザベス

メリオダスの恋人で、本作のメインヒロイン。魔神と結ばれるという禁忌を犯し、永遠に輪廻転生を繰り返す呪いを受けている。

バン

七つの大罪の一人。現在メリオダスを正気に戻すため、単身魔界に乗り込んでいる。生死は不明だ。

ディアンヌ

七つの大罪の一人で、巨人族の少女。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

キング

七つの大罪の一人で、別名妖精王「ハーレクイン」。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

ゴウセル

七つの大罪の一人で、心を持った人形。キングとディアンヌに救われ、自分自身と向き合い、正気に戻っている。キングたちと共に、メリオダスを正気にすべく、魔神たちと戦っている。

マーリン

七つの大罪の一人で、無敵の魔法使い。最愛のアーサーを亡くしてしまうが、国を守り、メリオダスとエリザベスを救うべく、魔神族と戦う。

エスカノール

七つの大罪の一人で、人類最強の男。どうやら四大天使の一人の恩寵を受け継いでいる様子…?現在、天使と一緒になり、魔神族と戦っている。

ゼルドリス

十戒の一人で、メリオダスの弟。魔神王を目指していたが、メリオダスとの取引によって、メリオダスが魔神王になることに力を貸している。どんな取引があったかは不明。

エスタロッサ

十戒の一人で、メリオダスの弟。エリザベスに恋い焦がれていたが、メリオダスに勝てないと悟り、劣等感を抱くように。挙句の果てに、自分をメリオダスだと思い込み、暴走している。

リュドシエル

四大天使の一人。現在、マーガレットを器にしている。魔神族との聖戦に勝ち、この戦いを終わらせようとしている。

ザリエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

タルミエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

デリエリ

十戒の一人。最愛のモンスピートをエスタロッサに殺され、助けをもとめエリザベスたちのところへ来た。現在も七つの大罪や天使たちの元にいる。

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

【七つの大罪ネタバレ】最新271話の考察!ワイルドと共に煉獄脱出か?

七つの大罪最新271話ネタバレ

description

6/13発売週刊少年マガジン『七つの大罪』271話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひ読んでみてください!

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
七つの大罪ネタバレ
◀270話 272話▶

スポンサーリンク

七つの大罪最新271話ネタバレとあらすじ

271話のネタバレと見所

ワイルドはホークそっくり…

ワイルドが探している弟のことについて、メリオダスが質問すると、「まさかお主たち!?私にそっくりな男前を知っているのか!?」と反応を示します。そして、どうやらホークのもともとの名前はマイルドらしいです(笑)嬉しさに泣き出すワイルドですが、その泣き方までホークにそっくり。話をしていると熱砂が来る時間になり、メリオダス達はワイルドの住処に案内されます。

ワイルドの住処はなかなかに凝っている

煉獄での暮らしは暇らしく、住処はなかなかに凝った作りをしています(外観は自分自身そっくりにデザインされています)。バンが座った椅子は座り心地が悪いみたいですが…。出てきたお茶も飲みたくない感じのお茶で、メリオダスいわく、味は煉獄の味だということです。つっこみが追いつかないとバンが発言しますが、まさにホークそのものですね(笑)

スポンサーリンク

ワイルドとホークの出生が語られる

ワイルドの口から、自身とホークの出生について語られました。どうやら、生まれてからすぐにホークは別の世界に飛ばされたようです。その理由は、メリオダスを監視するためらしいです。もともとメリオダスの監視には、現世の動物を使っていたようですが、寿命が短いため、煉獄の生物を選んだようです。そこで白羽の矢が立ったのがホーク。案の定、ヘンドリクセンの攻撃にも耐えるなど頑丈な性質を示し、お人好しな性格もあいまって疑われずに済んだようです。

ワイルドにとってはホークはかわいい弟

その後、メリオダスとバンはワイルドにホークのことについて話をします。想像とずいぶん違った弟の話を聞いてショックを受けるワイルドですが、違う道を歩いていようと血を分けたかわいい弟だといいます。そのワイルドの発言と表情をみて、メリオダスは悲しいような、何か理解を示しているような複雑な表情を浮かべます。そして、話をしているうちに嵐も収まり、3人は魔神王の元に出発します。

ゼルドリスの過去が明らかに

ワイルドはかなり昔から煉獄にいるようで、その間ずっと魔神王に挑み続けていたようです。その戦績12万118戦、12万118敗(笑)すごい執念です。一刻も早く弟に会いたいワイルドの姿は、とてもいい兄貴!そんなワイルドをみて、メリオダスも自身の弟ゼルドリスとエスタロッサについて思い出します。そして、ついにゼルドリスの過去について語りだします。

スポンサーリンク

ゼルドリスにも大切な存在が

昔、血の気が多かった頃のメリオダスは女神族との戦いの日々に明け暮れていました。そんなメリオダスに畏れをいだきつつも、真面目にメリオダスを慕っていたゼルドリス。そんな中、メリオダスはエリザベスと出会い、自身の世界が一変します。そして、ゼルドリスの気持ちを理解するのです。ゼルドリスには、その時すでに大切な人がいました。

メリオダスがきっかけでゼルドリスは恋人を失う

ゼルドリスは、恋人を護るために自ら処刑人として戦うことを選びました。しかし、メリオダスは不毛な戦いを終わらせるために魔神族を裏切ってしまいます。それが開戦のきっかけになり、吸血鬼一族とも戦うことに。そして、悲劇は起こります。ゼルドリスの恋人は吸血鬼一族で、見せしめのために恋人を含め吸血鬼一族を殺すように命令されるのです。そのときのゼルドリスの悲しみは想像を絶します。そんなつらい過去があったのです。

エスタロッサの記憶が無い!?そして魔神王が姿を現す…

ゼルドリスに対して責任を感じている様子のメリオダス。空気を読まず、間髪入れずにエスタロッサの話を聞こうとするワイルドですが、メリオダスはエスタロッサのことを思い出せないようです。しかし、どうやらエスタロッサのことを思い出せないのはメリオダスだけではないようです。ふいに「お前も気づいたか…儂と同様何も思い出せぬことに」という声が聞こえてきます。そう、魔神王は目の前にいたのです。とても巨大で圧倒的な風貌をしている魔神王。メリオダスには感情は不要だと言います。ついに戦いが始まるのでしょうか…?ここで271話が終了します。

スポンサーリンク

270話までのあらすじ

270話までのあらすじです。

だいぶ煉獄ライフにもなれてきた様子…

269話で、メリオダスとバンは、魔神王の近くに煉獄の出口があると仮説を立てたので、魔神王のもとへ行くことを決めました。道中、煉獄の在来種に幾度となく襲われますが、すでにバンたちにとって敵ではないようです。

煉獄で鍛えられたバン

煉獄で千年以上過ごしてきたことで、バンは精神と肉体を爆発的に成長させたようです。おそらく、現実世界に戻った時、十戒と互角に渡り合えるかも…?そして、メリオダスも感情とはいえ、そんなバンに手傷を負わせたようです。もとの体に戻ればまさに敵なしといったところでしょう。ふたりとも、煉獄から戻ったら、ビールを浴びるほど飲んで、それぞれの恋人(エリザベスとエレイン)と死ぬほどいちゃつくそうですw願いが叶うと良いですね!

煉獄にいたのは…ホーク!?じゃなくてワイルド!?

談笑をしていた二人のもとに怪しい影が。それに気づいた二人は応戦しますが、メリオダスは背後を取られます。こやつ、かなりできる…(´・ω・`)話を聞くと、どうやら生き別れの弟を探しているらしく、魔神王の居場所も知っているみたいです。姿を見せたら…。なんとホーク!?ではなく名前はワイルドらしいです!多分ホークの兄なんでしょう。ここで270話が終了しました。

スポンサーリンク

269話までのあらすじ

269話までのあらすじです。

ついにメリオダスの感情を見つけたバン!

268話で、やけに絡んできた黒い龍。その正体は、メリオダスの感情でしたね。メリオダスの感情が目を覚ますと、「よう相棒♬気分はどーだ?」と陽気に話しかけるバン。ここにバンがいるわけない、そう思うメリオダスでしたが、「俺は本物だぜ・・・・・・団ちょ♬」とバンがいうと、よっぽど心細かったのか、バンに泣きつくメリオダス。もう誰にも会えないと思っていたようです。

現実世界に戻る方法がわからない…

しかし、ふたりとも現実世界に戻る方法がわからないみたいです(´・ω・`)しかし、二人は落ち込みません。戻る方法を探すべく、とりあえず出発するのでした。

煉獄には2種類の化物がいる?

メリオダスによると煉獄には2種類の化物がいるようです。一つ目は煉獄に落ちた魂が凶暴化した外来種。さっきまでバンやメリオダスがなってたやつです。明確な実体がないため、死ぬとチリになるとのこと。もう一つは煉獄で生まれた在来種。在来種の素材がなにやら大事になる様子。服を作るみたいですね。ただ、メリオダスはあくまで感情なので今は思うように力を出せないようです。

囚われのメリオダス。過酷な煉獄の環境

メリオダスの感情は、どうやら死ぬたびにこの煉獄に閉じ込められてきたようです。魔神王はメリオダスを次の後継者にしたいので、邪魔な感情を煉獄に閉じ込めてきたようです。その煉獄は非常に過酷な環境。バンが再登場したときにも描かれていましたが、煉獄にいるだけでやけどを負ったり、吐血したりしてしまうのです。そんな環境の中、バンは見事に適応し、在来種を倒すのでした。

魔神王のすぐ近くに出口が…?

最初は魔神王に囚われていたメリオダスの感情。しかし、脱出をあきらめ、化物になったメリオダスの感情をみて安心したようで、煉獄に解き放ったようです。しかし、煉獄に解き放ったことで、メリオダスの感情が隙をみて逃げ出すことを考えなかったのか不思議に思ったバン。そのことから、魔神王の近くに出口があるのではないかと、メリオダスの感情が推測します。

出口を求め魔神王の元へ…?

推測を元に、出口を探すべく、魔神王のもとへ二人は向かいました。かっこいい感じの服に身を包んで、気合充分の二人。果たして煉獄から脱出できるのか…?ここで269話が終了しました。

スポンサーリンク

七つの大罪最新271話ネタバレ感想と展開予想

271話ネタバレ感想

現在準備中です。

271話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

七つの大罪最新271話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

七つの大罪の登場人物

メリオダス

本作の主人公。現在、自身が魔神王になって、エリザベスを輪廻転生から救い出すために戒禁を集めている。

エリザベス

メリオダスの恋人で、本作のメインヒロイン。魔神と結ばれるという禁忌を犯し、永遠に輪廻転生を繰り返す呪いを受けている。

バン

七つの大罪の一人。現在メリオダスを正気に戻すため、単身魔界に乗り込んでいる。生死は不明だ。

ディアンヌ

七つの大罪の一人で、巨人族の少女。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

キング

七つの大罪の一人で、別名妖精王「ハーレクイン」。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

ゴウセル

七つの大罪の一人で、心を持った人形。キングとディアンヌに救われ、自分自身と向き合い、正気に戻っている。キングたちと共に、メリオダスを正気にすべく、魔神たちと戦っている。

マーリン

七つの大罪の一人で、無敵の魔法使い。最愛のアーサーを亡くしてしまうが、国を守り、メリオダスとエリザベスを救うべく、魔神族と戦う。

エスカノール

七つの大罪の一人で、人類最強の男。どうやら四大天使の一人の恩寵を受け継いでいる様子…?現在、天使と一緒になり、魔神族と戦っている。

ゼルドリス

十戒の一人で、メリオダスの弟。魔神王を目指していたが、メリオダスとの取引によって、メリオダスが魔神王になることに力を貸している。どんな取引があったかは不明。

エスタロッサ

十戒の一人で、メリオダスの弟。エリザベスに恋い焦がれていたが、メリオダスに勝てないと悟り、劣等感を抱くように。挙句の果てに、自分をメリオダスだと思い込み、暴走している。

リュドシエル

四大天使の一人。現在、マーガレットを器にしている。魔神族との聖戦に勝ち、この戦いを終わらせようとしている。

ザリエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

タルミエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

デリエリ

十戒の一人。最愛のモンスピートをエスタロッサに殺され、助けをもとめエリザベスたちのところへ来た。現在も七つの大罪や天使たちの元にいる。

七つの大罪ネタバレ最新271話の予想!

七つの大罪最新271話のネタバレ予想!

270話までの展開を踏まえて、七つの大罪の最新271話の展開をネタバレ予想しています!興味がある方は読んでみてください!

ワイルドと一緒に魔神王に会う?

七つの大罪270話より引用

ワイルドがけっこう頼りになりそう!

前話で、なんとホークの兄と思われるワイルドと煉獄で会いましたね!彼は魔神王がどこにいるのかも知っているみたいでした。ワイルドと一緒に魔神王と会う展開になりそうですね!しかも、ワイルドめっちゃ強そうでした…。これはかなり期待できる戦力といえるでしょう。

なぜ煉獄にいるのでしょう?

ここってかなり気になるところですよね!この辺はホークにも関わってくるところなのかなぁと、管理人個人は考えています。この考察は、ホークのために見出しを立てて書いたので、下の見出しを読んでいただけると!ワイルドが煉獄にいる事自体の理由は、何かしら魔神王と因縁があるといった所なんでしょうね。魔神王とワイルドが会えばその理由もわかりそうです。
ポイント
・魔神王とついに会う展開に?
・ワイルドが煉獄にいる理由も明らかになる?

ホークの目が煉獄につながっていた理由が明らかに?

なぜホークの目が煉獄につながっていた?

そういえば、ホークの目って煉獄につながっていたんですよね。そこからバンが煉獄に入ることに成功しています。その理由もなんとなくわかったような気もしましたね。なんせ、ホークの兄が煉獄にいたわけですから…。なにか、ホークの一家って、魔神王と深い因縁があるのではないしょうか?その辺のところがもうすぐ明らかになりそうな予感がしますね!

ホークもこれくらい強くなっちゃう?

いや、ワイルドってホークの兄とは思えないくらいかなりのやり手っぽいんですよね…。ワイルドをみてると、ホークのなんの根拠もなさそうだった自信も、何かしら本当に才能があることに裏打ちされたものなのかも知れない(ホークって毎回ネタになってたんですが)。。。もしかすると、ホーク覚醒!なんて面白い展開も今後ありそうな予感もするなぁ。
ポイント
・ホークの目が煉獄につながっている理由も明らかに?
・ホークの才能も今後開花するかも?

バンの闘級がエライことに?

バン

煉獄で相当鍛えられてた様子!

煉獄にずっといたせいか、バンはエライ強くなっているみたいですね!270話でもし煉獄から脱出することがあれば、闘級も明らかになるかも?一体どれくらい上がっているんでしょう…?他のみんなに比べると、ここまで修行編みたいな描写はなかったので、一気にここで追い越すことにもなるのかも知れません!

エリザベスの安否は…?

七つの大罪251話より引用

時間軸が違うのでまだ大丈夫そう

煉獄の時間って、現実世界より遅れていて、バンが何百年と過ごしているのに現実世界ではほとんど時間が経っていないようなんですよね…。なので、メリオダスの感情は時間ならたっぷりあると発言していました。そのため、今エスタロッサに襲われて大ピンチのエリザベスですが、まだ大丈夫そうな気はします。

エリザベスを助けるのはメリオダスではない?

これも十分考えられる展開。というか、天使や七つの大罪、デリエリが今エリザベスの元に向かっていますからね。まずはこの人達がなんとかしてくれるのでしょう。そして、苦戦をしてやばい、ってところにメリオダスが登場するのかも知れませんね。
ポイント
・エリザベス救出に間に合う?
・仲間がエスタロッサに苦戦しているところにかっこよく登場か

メリオダス本体も戒禁の取り込みが終わる…?

感情が脱出するのに合わせて動きがあるかも?

ここまで話が進む可能性あかなり低いですが、もしメリオダスの感情が煉獄を脱出するのに成功した場合、メリオダス本体にもなにか動きがあるかも知れませんね。そろそろ戒禁を取り込むことに成功して、さらならる力を手に入れる可能性もありそう。こうなると、感情がもとの体に戻るのも、相当な苦労がありそうです。

感情vs本体!?

この展開普通に考えられそう。本体が魔神王みたいになって、感情がそれと戦う流れです。感情がもしかすると、仲間達と共に戦い、本体を超えて強くなり、それで本体に戻るという感じです。やっぱりすんなりは戻れそうにないですからね…。もしこの展開が実現すれば、相当面白くなりそうです!
ポイント
・感情だけでなく本体にも動きがあるかも?
・本体vs感情の展開もありそう

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

【七つの大罪ネタバレ】最新270話の考察!魔神王との遭遇で大波乱?

七つの大罪最新270話ネタバレ

description

6/6発売週刊少年マガジン『七つの大罪』270話「未知との遭遇」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひ読んでみてください!

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
七つの大罪ネタバレ
◀269話 271話▶

スポンサーリンク

七つの大罪最新270話ネタバレとあらすじ

七つの大罪最新270話のあらすじ!

七つの大罪最新270話ネタバレあらすじを載せています!最新3話分を載せていますので、269話と268話が気になる人も読んでみてください!

※270話は、マガジン発売後に追記予定です!

270話のネタバレと見所

だいぶ煉獄ライフにもなれてきた様子…

269話で、メリオダスとバンは、魔神王の近くに煉獄の出口があると仮説を立てたので、魔神王のもとへ行くことを決めました。道中、煉獄の在来種に幾度となく襲われますが、すでにバンたちにとって敵ではないようです。

煉獄で鍛えられたバン

煉獄で千年以上過ごしてきたことで、バンは精神と肉体を爆発的に成長させたようです。おそらく、現実世界に戻った時、十戒と互角に渡り合えるかも…?そして、メリオダスも感情とはいえ、そんなバンに手傷を負わせたようです。もとの体に戻ればまさに敵なしといったところでしょう。ふたりとも、煉獄から戻ったら、ビールを浴びるほど飲んで、それぞれの恋人(エリザベスとエレイン)と死ぬほどいちゃつくそうですw願いが叶うと良いですね!

煉獄にいたのは…ホーク!?じゃなくてワイルド!?

談笑をしていた二人のもとに怪しい影が。それに気づいた二人は応戦しますが、メリオダスは背後を取られます。こやつ、かなりできる…(´・ω・`)話を聞くと、どうやら生き別れの弟を探しているらしく、魔神王の居場所も知っているみたいです。姿を見せたら…。なんとホーク!?ではなく名前はワイルドらしいです!多分ホークの兄なんでしょう。ここで270話が終了しました。

スポンサーリンク

269話までのあらすじ

269話までのあらすじです。

ついにメリオダスの感情を見つけたバン!

268話で、やけに絡んできた黒い龍。その正体は、メリオダスの感情でしたね。メリオダスの感情が目を覚ますと、「よう相棒♬気分はどーだ?」と陽気に話しかけるバン。ここにバンがいるわけない、そう思うメリオダスでしたが、「俺は本物だぜ・・・・・・団ちょ♬」とバンがいうと、よっぽど心細かったのか、バンに泣きつくメリオダス。もう誰にも会えないと思っていたようです。

現実世界に戻る方法がわからない…

しかし、ふたりとも現実世界に戻る方法がわからないみたいです(´・ω・`)しかし、二人は落ち込みません。戻る方法を探すべく、とりあえず出発するのでした。

煉獄には2種類の化物がいる?

メリオダスによると煉獄には2種類の化物がいるようです。一つ目は煉獄に落ちた魂が凶暴化した外来種。さっきまでバンやメリオダスがなってたやつです。明確な実体がないため、死ぬとチリになるとのこと。もう一つは煉獄で生まれた在来種。在来種の素材がなにやら大事になる様子。

煉獄には2種類の化物がいる?

メリオダスによると煉獄には2種類の化物がいるようです。一つ目は煉獄に落ちた魂が凶暴化した外来種。さっきまでバンやメリオダスがなってたやつです。明確な実体がないため、死ぬとチリになるとのこと。もう一つは煉獄で生まれた在来種。在来種の素材がなにやら大事になる様子。服を作るみたいですね。ただ、メリオダスはあくまで感情なので今は思うように力を出せないようです。

囚われのメリオダス。過酷な煉獄の環境

メリオダスの感情は、どうやら死ぬたびにこの煉獄に閉じ込められてきたようです。魔神王はメリオダスを次の後継者にしたいので、邪魔な感情を煉獄に閉じ込めてきたようです。その煉獄は非常に過酷な環境。バンが再登場したときにも描かれていましたが、煉獄にいるだけでやけどを負ったり、吐血したりしてしまうのです。そんな環境の中、バンは見事に適応し、在来種を倒すのでした。

魔神王のすぐ近くに出口が…?

最初は魔神王に囚われていたメリオダスの感情。しかし、脱出をあきらめ、化物になったメリオダスの感情をみて安心したようで、煉獄に解き放ったようです。しかし、煉獄に解き放ったことで、メリオダスの感情が隙をみて逃げ出すことを考えなかったのか不思議に思ったバン。そのことから、魔神王の近くに出口があるのではないかと、メリオダスの感情が推測します。

出口を求め魔神王の元へ…?

推測を元に、出口を探すべく、魔神王のもとへ二人は向かいました。かっこいい感じの服に身を包んで、気合充分の二人。果たして煉獄から脱出できるのか…?ここで269話が終了しました。

スポンサーリンク

268話までのあらすじ

268話までのあらすじです。

ついにバンが登場きたー!

いい意味で期待を裏切られました!268話は煉獄にいるバンが久々にガッツリ登場です!早速冒頭から煉獄に飲まれそうというピンチから始まるわけですが…。煉獄にきてから時間の感覚もわからなくなっているようです(何百年も立ったみたいで、ヒゲボーボーで再登場)。自分で自分を鼓舞しつつ、あまりにも過酷な煉獄を、一人メリオダスの感情を探しに歩いていきます。

なんか龍っぽい化物に襲われるバン

煉獄を歩いていると、龍っぽい化物に襲われ踏み潰されるバン。しかし、バンも負けずと化物に応戦します。仲間のため、エレインのため、ここで死ぬわけには行かないバンは、化物と戦い続けます。何十年も…(´・ω・`)

化物がバンになつく?その正体は…

化物の戦い続け、さすがに疲れてしまったバンは、ふと眠りについてしまいます。目が覚めると、なんと戦っていたはずの龍がバンによりそうにようにして眠っていました。バンになついているみたい…?しかし、バンはメリオダスの感情を見つけられないまま。どこにいるんだ、おれは早く団ちょを見つけて、大事な女(バンにとってはもちろんエレイン)に会いたいんだ。そう呼びかけると、どこからか「ああ・・・オレもさ」と答える声が。はっとして見回すと、さっきまでいたはずの龍の姿が見当たりません。下を見てみると、そこにはすやすや眠るメリオダスの姿が。そう、龍の正体はメリオダスの感情だったのです。エリザベスに会いたいと本音をいうメリオダスの感情。すこし希望が見えたのでしょうか…?ここで269話が終了します。

スポンサーリンク

七つの大罪最新270話ネタバレ感想と展開予想

270話ネタバレ感想

現在準備中です。

270話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

七つの大罪最新270話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪の登場人物

メリオダス

本作の主人公。現在、自身が魔神王になって、エリザベスを輪廻転生から救い出すために戒禁を集めている。

エリザベス

メリオダスの恋人で、本作のメインヒロイン。魔神と結ばれるという禁忌を犯し、永遠に輪廻転生を繰り返す呪いを受けている。

バン

七つの大罪の一人。現在メリオダスを正気に戻すため、単身魔界に乗り込んでいる。生死は不明だ。

ディアンヌ

七つの大罪の一人で、巨人族の少女。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

キング

七つの大罪の一人で、別名妖精王「ハーレクイン」。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

ゴウセル

七つの大罪の一人で、心を持った人形。キングとディアンヌに救われ、自分自身と向き合い、正気に戻っている。キングたちと共に、メリオダスを正気にすべく、魔神たちと戦っている。

マーリン

七つの大罪の一人で、無敵の魔法使い。最愛のアーサーを亡くしてしまうが、国を守り、メリオダスとエリザベスを救うべく、魔神族と戦う。

エスカノール

七つの大罪の一人で、人類最強の男。どうやら四大天使の一人の恩寵を受け継いでいる様子…?現在、天使と一緒になり、魔神族と戦っている。

ゼルドリス

十戒の一人で、メリオダスの弟。魔神王を目指していたが、メリオダスとの取引によって、メリオダスが魔神王になることに力を貸している。どんな取引があったかは不明。

エスタロッサ

十戒の一人で、メリオダスの弟。エリザベスに恋い焦がれていたが、メリオダスに勝てないと悟り、劣等感を抱くように。挙句の果てに、自分をメリオダスだと思い込み、暴走している。

リュドシエル

四大天使の一人。現在、マーガレットを器にしている。魔神族との聖戦に勝ち、この戦いを終わらせようとしている。

ザリエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

タルミエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

デリエリ

十戒の一人。最愛のモンスピートをエスタロッサに殺され、助けをもとめエリザベスたちのところへ来た。現在も七つの大罪や天使たちの元にいる。

スポンサーリンク

七つの大罪ネタバレ最新270話の予想!

七つの大罪最新270話のネタバレ予想!

269話までの展開を踏まえて、七つの大罪の最新270話の展開をネタバレ予想しています!興味がある方は読んでみてください!

バンとメリオダスが魔神王と遭遇?

魔神王の近くに脱出口?

前話では、魔神王のところに煉獄からの脱出口があるのでは?と推測していたメリオダスの感情とバン。確かに、煉獄にほっといて勝手に脱出するリスクを考えると、メリオダスを放置しておくのは普通に危険ですよね。それでも安心して置いといてるというのは、魔神王の近くに脱出口があると考えたからです。つまり、次に考えられるのは魔神王に会うということですね。

魔神王の近くにある脱出口にどうやってたどり着く?

魔神王の近くに脱出口があるのはいいんですが、問題はどうやって脱出口にたどり着き、煉獄から脱出するか?ということですよね。まず今の二人では魔神王に勝てないと思うので、バトルして脱出というのはあまり考えられないかな…。可能性は以下の2つではないでしょうか?

・魔神王の目を盗んで脱出する
・魔神王を説得して脱出する

大きく分けるとこんな感じ。説得も無理ありそうなので、本命は目を盗んで脱出する?かな。これも相当難しいと思いますが果たして…。

そもそも魔神王ってどこにいるの?

そもそも魔神王ってどこにいるんですかね?煉獄にいるのでしょうか…?探すのもけっこう大変な気がする(´・ω・`)こう考えるとなかなかハードルが高そうなんですが、二人の自信満々な感じを見ていると、うまくいきそうにみえるから不思議。
ポイント
・魔神王と接触?
・魔神王の目を盗んで脱出?
・魔神王ってどこにいるの?

感情だけで脱出できるの?

そもそも実体が不明確なんですよね

本人も言っていましたが、そもそも今のメリオダスは実体が不明確なんですよね。こんな状態で外に出れるんでしょうか…?この辺もなにかもう一つ展開があるような気はしますね。その辺は全く予想がつかない所なので、かなり気になる所ですね。

どうやって元のメリオダスに戻るのか?

今のメリオダスは感情ということですから、本人の肉体に戻らなければいけませんよね。今のメリオダス本体は、感情を受け入れるんでしょうか…?そこも心配なところ。

今まではどうやって戻っていたの?

これは読んでいて普通に疑問に感じた所なんですが、今までメリオダスの感情はどうやって本体のもとに戻っていたのでしょうか。死ぬ度に煉獄に閉じ込められていた、とメリオダスの感情は発言していたので、つまり戻ったことがあるのでは?その辺の記憶はなくなってるんでしょうか?今までどうやって戻っていたか、というもの、脱出する際にかなり重要なポイントになると思います!
ポイント
・実体がないのに戻れるの?
・元のメリオダスが感情を拒否する可能性
・今までの戻り方がポイントに?

エリザベス救出は間に合うか?

煉獄の時間は現実世界とは違う

煉獄の時間って、現実世界より遅れていて、バンが何百年と過ごしているのに現実世界ではほとんど時間が経っていないようなんですよね…。なので、メリオダスの感情は時間ならたっぷりあると発言していました。

エリザベスを助けるのはメリオダスではない?

これも十分考えられる展開。というか、天使や七つの大罪、デリエリが今エリザベスの元に向かっていますからね。まずはこの人達がなんとかしてくれるのでしょう。そして、苦戦をしてやばい、ってところにメリオダスが登場するのかも知れませんね。
ポイント
・エリザベス救出に間に合う?
・仲間がエスタロッサに苦戦しているところにかっこよく登場か

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

【七つの大罪ネタバレ】最新269話の考察!いざ煉獄から脱出!バンが大活躍?

七つの大罪最新269話ネタバレ

description

5/30発売週刊少年マガジン『七つの大罪』269話「煉獄ライフ」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
七つの大罪ネタバレ
◀268話 270話▶

スポンサーリンク

七つの大罪最新269話ネタバレとあらすじ

269話のネタバレと見所

ついにメリオダスの感情を見つけたバン!

268話で、やけに絡んできた黒い龍。その正体は、メリオダスの感情でしたね。メリオダスの感情が目を覚ますと、「よう相棒♬気分はどーだ?」と陽気に話しかけるバン。ここにバンがいるわけない、そう思うメリオダスでしたが、「俺は本物だぜ・・・・・・団ちょ♬」とバンがいうと、よっぽど心細かったのか、バンに泣きつくメリオダス。もう誰にも会えないと思っていたようです。

現実世界に戻る方法がわからない…

しかし、ふたりとも現実世界に戻る方法がわからないみたいです(´・ω・`)しかし、二人は落ち込みません。戻る方法を探すべく、とりあえず出発するのでした。

煉獄には2種類の化物がいる?

メリオダスによると煉獄には2種類の化物がいるようです。一つ目は煉獄に落ちた魂が凶暴化した外来種。さっきまでバンやメリオダスがなってたやつです。明確な実体がないため、死ぬとチリになるとのこと。もう一つは煉獄で生まれた在来種。在来種の素材がなにやら大事になる様子。

煉獄には2種類の化物がいる?

メリオダスによると煉獄には2種類の化物がいるようです。一つ目は煉獄に落ちた魂が凶暴化した外来種。さっきまでバンやメリオダスがなってたやつです。明確な実体がないため、死ぬとチリになるとのこと。もう一つは煉獄で生まれた在来種。在来種の素材がなにやら大事になる様子。服を作るみたいですね。ただ、メリオダスはあくまで感情なので今は思うように力を出せないようです。

囚われのメリオダス。過酷な煉獄の環境

メリオダスの感情は、どうやら死ぬたびにこの煉獄に閉じ込められてきたようです。魔神王はメリオダスを次の後継者にしたいので、邪魔な感情を煉獄に閉じ込めてきたようです。その煉獄は非常に過酷な環境。バンが再登場したときにも描かれていましたが、煉獄にいるだけでやけどを負ったり、吐血したりしてしまうのです。そんな環境の中、バンは見事に適応し、在来種を倒すのでした。

魔神王のすぐ近くに出口が…?

最初は魔神王に囚われていたメリオダスの感情。しかし、脱出をあきらめ、化物になったメリオダスの感情をみて安心したようで、煉獄に解き放ったようです。しかし、煉獄に解き放ったことで、メリオダスの感情が隙をみて逃げ出すことを考えなかったのか不思議に思ったバン。そのことから、魔神王の近くに出口があるのではないかと、メリオダスの感情が推測します。

出口を求め魔神王の元へ…?

推測を元に、出口を探すべく、魔神王のもとへ二人は向かいました。かっこいい感じの服に身を包んで、気合充分の二人。果たして煉獄から脱出できるのか…?ここで269話が終了しました。

268話までのあらすじ

268話までのあらすじです。

ついにバンが登場きたー!

いい意味で期待を裏切られました!268話は煉獄にいるバンが久々にガッツリ登場です!早速冒頭から煉獄に飲まれそうというピンチから始まるわけですが…。煉獄にきてから時間の感覚もわからなくなっているようです(何百年も立ったみたいで、ヒゲボーボーで再登場)。自分で自分を鼓舞しつつ、あまりにも過酷な煉獄を、一人メリオダスの感情を探しに歩いていきます。

なんか龍っぽい化物に襲われるバン

煉獄を歩いていると、龍っぽい化物に襲われ踏み潰されるバン。しかし、バンも負けずと化物に応戦します。仲間のため、エレインのため、ここで死ぬわけには行かないバンは、化物と戦い続けます。何十年も…(´・ω・`)

化物がバンになつく?その正体は…

化物の戦い続け、さすがに疲れてしまったバンは、ふと眠りについてしまいます。目が覚めると、なんと戦っていたはずの龍がバンによりそうにようにして眠っていました。バンになついているみたい…?しかし、バンはメリオダスの感情を見つけられないまま。どこにいるんだ、おれは早く団ちょを見つけて、大事な女(バンにとってはもちろんエレイン)に会いたいんだ。そう呼びかけると、どこからか「ああ・・・オレもさ」と答える声が。はっとして見回すと、さっきまでいたはずの龍の姿が見当たりません。下を見てみると、そこにはすやすや眠るメリオダスの姿が。そう、龍の正体はメリオダスの感情だったのです。エリザベスに会いたいと本音をいうメリオダスの感情。すこし希望が見えたのでしょうか…?ここで269話が終了します。

267話までのあらすじ

267話までのあらすじです。

暴走するエスタロッサ…!エリザベスが危ない!

266話で、エリザベスへのあまりの執着から、ついに暴走したエスタロッサ。エリザベスの首を思いっきり締めますが、エリザベスは間一髪でエスタロッサに攻撃して抜け出します。そして、辺りを見回すと、そこはメリオダスとエリザベスの思い出の場所「天空演舞場」。メリオダスに会いたい気持ちでいっぱいになるエリザベス。そこで、エスタロッサは昔のことを思い出したと徐に語り始めます。

エリザベスを助けに行くのは七つの大罪と天使、それとデリエリ…?

一方、七つの大罪と天使たちは、エリザベスを助けに行こうとしていました。そして、デリエリも…。エリザベスは、かつてデリエリたちを命がけで救っていたので、その借りを返すためにエリザベス救出に乗り出したのです。現状考えられる最強の布陣でエリザベスを救出しにいくことになりました。しかし、あのエスタロッサを止められるのか…?

エスタロッサが語る昔の思い出と約束、そして戒禁に飲み込まれる…

エスタロッサが語りだしたのは、昔の思い出でした。弱かった自分をいつも笑わずに受け入れてくれたのは、メリオダスとエリザベスだけだったのです。そんなこともあって、エリザベスに想いを寄せるようになるエスタロッサ。しかし、エリザベスの視線の先にはいつもメリオダスしかいなかったのです。エリザベスへの気持ちをメリオダスに打ち明けると、メリオダスが二人の中を取り持ってくれると約束してくれたとも…。しかし、それは記憶違いだとエリザベスが語ると、確かにそういったんだ、メリオダスが嘘をついたとエスタロッサは怒りだし、戒禁に飲み込まれいきます…。

エリザベスの届かない思い…

戒禁に飲み込まれたエスタロッサは、エリザベスを自分のものにするために、彼女を取り込もうとします。刹那、エリザベスが思うのはメリオダスのこと。今、メリオダスは魔神王になるために、順調に戒禁を取り込んでいる様子。悲痛に悶えるエリザベスの声は、今はメリオダスには届きません…。しかし、このままではエリザベスはエスタロッサに取り込まれてしまいます。どうなってしまうのか…、ここで267話が終了します。

スポンサーリンク

七つの大罪最新269話ネタバレ感想と展開予想

269話ネタバレ感想

現在準備中です。

269話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪最新269話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪の登場人物

メリオダス

本作の主人公。現在、自身が魔神王になって、エリザベスを輪廻転生から救い出すために戒禁を集めている。

エリザベス

メリオダスの恋人で、本作のメインヒロイン。魔神と結ばれるという禁忌を犯し、永遠に輪廻転生を繰り返す呪いを受けている。

バン

七つの大罪の一人。現在メリオダスを正気に戻すため、単身魔界に乗り込んでいる。生死は不明だ。

ディアンヌ

七つの大罪の一人で、巨人族の少女。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

キング

七つの大罪の一人で、別名妖精王「ハーレクイン」。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

ゴウセル

七つの大罪の一人で、心を持った人形。キングとディアンヌに救われ、自分自身と向き合い、正気に戻っている。キングたちと共に、メリオダスを正気にすべく、魔神たちと戦っている。

マーリン

七つの大罪の一人で、無敵の魔法使い。最愛のアーサーを亡くしてしまうが、国を守り、メリオダスとエリザベスを救うべく、魔神族と戦う。

エスカノール

七つの大罪の一人で、人類最強の男。どうやら四大天使の一人の恩寵を受け継いでいる様子…?現在、天使と一緒になり、魔神族と戦っている。

ゼルドリス

十戒の一人で、メリオダスの弟。魔神王を目指していたが、メリオダスとの取引によって、メリオダスが魔神王になることに力を貸している。どんな取引があったかは不明。

エスタロッサ

十戒の一人で、メリオダスの弟。エリザベスに恋い焦がれていたが、メリオダスに勝てないと悟り、劣等感を抱くように。挙句の果てに、自分をメリオダスだと思い込み、暴走している。

リュドシエル

四大天使の一人。現在、マーガレットを器にしている。魔神族との聖戦に勝ち、この戦いを終わらせようとしている。

ザリエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

タルミエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

デリエリ

十戒の一人。最愛のモンスピートをエスタロッサに殺され、助けをもとめエリザベスたちのところへ来た。現在も七つの大罪や天使たちの元にいる。

スポンサーリンク

七つの大罪最新269話ネタバレ予想

次の話もバンが大活躍っぽい!

268話の最後に、269話のタイトルも「煉獄ライフ」と書いてありましたね!ということは、必然的にバンが今週も大活躍ということになりそうです!メリオダスの感情を見つけ出したわけですから、あとは帰還ということになりますね。ただ、これが一番たいへんなのかな…?そもそも、どうやって帰るんでしょう(´・ω・`)ライフとか言っちゃってるし、煉獄きてから何百年と経ってるし、これは戻るのが一番たいへんなやつなのかも知れません。

エリザベス大丈夫か…?

エリザベスはマジでピンチですね。もう戒禁に意識を取り込まれつつあるエスタロッサは、完全に暴走してエリザベスを取り込もうとしていました。とりあえず助けに入るのはディアンヌとキング、天使の二人とデリエリということになりそうですが、果たしてエリザベスは助かるのか…?ただ、この辺は270話以降の見どころになる可能が高そうですね!

格が違うメリオダス…。戒禁を取り込んだ後の姿が恐ろしそう

メリオダス本体は、エスタロッサとは違い、完全に戒禁を自分のものにしつつ、取り込みに成功している様子でしたね。すべての戒禁を取り込んだあと、一体どれくらい強くなっているんでしょうか…?また、そうなった後で感情を取り戻したところで、メリオダスはもとに戻るんでしょうか…?いろいろと不安要素が盛り沢山といったところですね(´・ω・`)

メリオダス本体と感情がバトルする展開もある!?

これ、普通に考えられそうな展開。まさか、感情がメリオダスの肉体を持っているとは思いもよらなかったので考えもしなかったんですが、感情が普通に戦えるなら、本体のメリオダスとバトルすることになるのかも知れませんね。魔神王の本体、七つの大罪の感情、そのバトル。面白い展開になりそうです!

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

【七つの大罪ネタバレ】最新268話の考察!バンとメリオダスの感情の出会い

七つの大罪最新268話ネタバレ

description

5/23発売週刊少年マガジン『七つの大罪』268話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
七つの大罪ネタバレ
◀267話 269話▶

スポンサーリンク

七つの大罪最新268話ネタバレ予想

巻頭カラー&2話連続掲載!

いやー、七つの大罪めっちゃ盛り上がってますね!巻頭カラーだけでなく、なんと2話連続掲載が決まりました!他の雑誌になっちゃいますが、こういうの見たの「トリコ」以来かも!(他にもあったらごめんなさい…)かなり珍しいことだと思うので、七つの大罪がどれだけすごい漫画かわかりますね!

エスタロッサついに散るか…

268話のネタバレ予想ですが、267話でエスタロッサが誰かしらと戦い(メリオダス、ゼルドリス、天使あたり)、おそらくここで戦線離脱の可能性も考えられんじゃないかと思われます…。ものすごい狂気っぷりを発揮してくれたわけですが、もう結構やられてしまうフラグ立っちゃてるんだよなぁ…。どうなるかかなり気になりますね!

今度こそ!バンが再登場!?

いや、華々しく再登場するなら最高のタイミングですよね!そろそろバンが出てきても良いんじゃないでしょうか!?というか、最後の一コマだけでいいから!いい加減バンもみたいところです!

マーリンたちも気になりますね

2話も一気に進むだけあって、どんな展開になってもおかしくないんですよね…。あらすじとして一番の本命は、この2話でエスタロッサの1件が片付くのかな、とは思っているんですが…。他に話が散ってもおかしくはないかな?マーリンたちの状況も描かれる可能性は高そうです!

スポンサーリンク

七つの大罪最新268話ネタバレとあらすじ

268話のネタバレと見所

ついにバンが登場きたー!

いい意味で期待を裏切られました!268話は煉獄にいるバンが久々にガッツリ登場です!早速冒頭から煉獄に飲まれそうというピンチから始まるわけですが…。煉獄にきてから時間の感覚もわからなくなっているようです(何百年も立ったみたいで、ヒゲボーボーで再登場)。自分で自分を鼓舞しつつ、あまりにも過酷な煉獄を、一人メリオダスの感情を探しに歩いていきます。

なんか龍っぽい化物に襲われるバン

煉獄を歩いていると、龍っぽい化物に襲われ踏み潰されるバン。しかし、バンも負けずと化物に応戦します。仲間のため、エレインのため、ここで死ぬわけには行かないバンは、化物と戦い続けます。何十年も…(´・ω・`)

化物がバンになつく?その正体は…

化物の戦い続け、さすがに疲れてしまったバンは、ふと眠りについてしまいます。目が覚めると、なんと戦っていたはずの龍がバンによりそうにようにして眠っていました。バンになついているみたい…?しかし、バンはメリオダスの感情を見つけられないまま。どこにいるんだ、おれは早く団ちょを見つけて、大事な女(バンにとってはもちろんエレイン)に会いたいんだ。そう呼びかけると、どこからか「ああ・・・オレもさ」と答える声が。はっとして見回すと、さっきまでいたはずの龍の姿が見当たりません。下を見てみると、そこにはすやすや眠るメリオダスの姿が。そう、龍の正体はメリオダスの感情だったのです。エリザベスに会いたいと本音をいうメリオダスの感情。すこし希望が見えたのでしょうか…?ここで269話が終了します。

266話までのあらすじ

266話までのあらすじです。

ドレファスが巨大(フルサイズ)化!

七つの大罪と大天使たち部隊は、エスタロッサが来る前の戦いで大勝利を収めましたが、守備部隊が苦戦しています。東門に強力な魔神が現れ、グリアモールが大ピンチ!駆けつけるドレファスがなんと巨大化!フラウドリンと同じ能力を使用したのです!強力な魔神も、巨大化したドレファスの前に萎縮し、形成が逆転!ここから反撃です。

ザリエルの器が大人に…?そして四大天使の二人が真の姿に戻る!

エスタロッサの猛攻を受けたザリエルとタルミエルはどちらも無事でした。そして、力を使った反動で、ザリエルの器だったソラシドが大人まで急成長しました。女性だったみたいで、結構カワイイ姿にwしかし、このまま四大天使の二人が器に入り続けると、器が耐えきれず滅びてしまいます。そのため、仕方なく二人は器から離れ、元の姿に戻ることになりました。エスタロッサをなんとしてでも討ち取る決意を見せる二人。果たしてあのエスタロッサ相手に通用するのか…?

狂うエスタロッサ。ピンチのエリザベス

まるで自分自身をメリオダスのように思い込むエスタロッサ。かつてエリザベスとメリオダスの秘密の場所だったところにエリザベスを連れて行きます。エリザベスが、エスタロッサに「あなたはエスタロッサ。メリオダスじゃないわ」と正気に戻させようと試みますが、メリオダスにコンプレックスをもつエスタロッサは、自分がメリオダスでないことを肯定できず、ついに狂ってしまいます…。そして、エリザベスの首を締めるエスタロッサ。エリザベスはどうなってしまうのか…?ここで266話が終了します。

265話までのあらすじ

265話までのあらすじです。

エスタロッサの過去が明らかに。エリザベスに執着する理由

265話はエスタロッサの回想からスタートします。昔、小さい頃にエリザベスとエスタロッサは会っており、その頃からエリザベスのことが好きだったのです。しかし、エリザベスはメリオダスのことが好きでした。だから、エスタロッサはメリオダスになりたかったのです。エリザベスを振り向かせられるメリオダスに…。

悲報:エスタロッサついに壊れる

あまりのメリオダスとエリザベスに対する執着のあまり、ついにエスタロッサが壊れてしまいます。自分のことをメリオダスと言い出してしまうのです…。正気を保てなくなったエスタロッサは、戒禁とエリザベスを求め、七つの大罪や聖騎士に再び牙をむきます。

必死の応戦虚しく連れ去られるエリザベス

エリザベスと戒禁を渡さないよう、必死に応戦する七つの大罪、聖騎士、天使の連合軍。しかし、ある意味覚醒したエスタロッサに誰も歯がたちません。エリザベスは誰も気づけないために、自らを差し出し、エスタロッサに連れ去られてしまいます。しかし、エリザベスはなにやら考えがあるみたいで…?ここで265話が終了します。

スポンサーリンク

七つの大罪最新268話ネタバレ感想と展開予想

268話ネタバレ感想

現在準備中です。

268話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪最新268話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪の登場人物

メリオダス

本作の主人公。現在、自身が魔神王になって、エリザベスを輪廻転生から救い出すために戒禁を集めている。

エリザベス

メリオダスの恋人で、本作のメインヒロイン。魔神と結ばれるという禁忌を犯し、永遠に輪廻転生を繰り返す呪いを受けている。

バン

七つの大罪の一人。現在メリオダスを正気に戻すため、単身魔界に乗り込んでいる。生死は不明だ。

ディアンヌ

七つの大罪の一人で、巨人族の少女。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

キング

七つの大罪の一人で、別名妖精王「ハーレクイン」。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

ゴウセル

七つの大罪の一人で、心を持った人形。キングとディアンヌに救われ、自分自身と向き合い、正気に戻っている。キングたちと共に、メリオダスを正気にすべく、魔神たちと戦っている。

マーリン

七つの大罪の一人で、無敵の魔法使い。最愛のアーサーを亡くしてしまうが、国を守り、メリオダスとエリザベスを救うべく、魔神族と戦う。

エスカノール

七つの大罪の一人で、人類最強の男。どうやら四大天使の一人の恩寵を受け継いでいる様子…?現在、天使と一緒になり、魔神族と戦っている。

ゼルドリス

十戒の一人で、メリオダスの弟。魔神王を目指していたが、メリオダスとの取引によって、メリオダスが魔神王になることに力を貸している。どんな取引があったかは不明。

エスタロッサ

十戒の一人で、メリオダスの弟。エリザベスに恋い焦がれていたが、メリオダスに勝てないと悟り、劣等感を抱くように。挙句の果てに、自分をメリオダスだと思い込み、暴走している。

リュドシエル

四大天使の一人。現在、マーガレットを器にしている。魔神族との聖戦に勝ち、この戦いを終わらせようとしている。

ザリエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

タルミエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

デリエリ

十戒の一人。最愛のモンスピートをエスタロッサに殺され、助けをもとめエリザベスたちのところへ来た。現在も七つの大罪や天使たちの元にいる。

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

【七つの大罪ネタバレ】最新267話の考察!メリオダスがエリザベスを救う…?

七つの大罪最新267話ネタバレ

description

5/23発売週刊少年マガジン『七つの大罪』267話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
七つの大罪ネタバレ
◀266話 268話▶

スポンサーリンク

七つの大罪最新267話ネタバレ予想

2話掲載の巻頭カラー!超盛り上がってますね!

5月23日発売のマガジンで、なんと七つの大罪は2話掲載&巻頭カラー!非常に盛り上がりを見せていますね!267話の気になる内容は、エスタロッサの魔の手にかかり、大ピンチのエリザベスがどう救われるのかな、と言う所ですね。

メリオダスくるかも!?

いや、可能性としてはなんとも言えない所なんですけど、メリオダスが助けにくるんじゃないかなと思ってるんですよね、個人的に。全く根拠がないわけじゃなく、この秘密の場所はメリオダスしか知らないからです。そう考えると、十分メリオダスが助けに来ることは考えられるんじゃないでしょうか。

まあ、ザリエルとタルミエルが可能性高そうですが…

ただ、話の流れから考えると、ザリエルとタルミエルがなんとか秘密の場所を見つけて、エリザベスを救出するんじゃないかな、という展開ですね。これが一番可能性が高そう。ただし、二人だとエスタロッサに勝てないということも考えられるんですよね。そうなると、メリダオスが最終的に助けにくることも考えられるのかも知れません。

ゼルドリスが来ることもあるか?

エスタロッサの監視かなんかをしていると仮定すれば、ゼルドリスがその場に現れることも考えられそうですね。メリオダスとした取引も、もしかしたらエリザベスが無事でみたいな条件入っているかもしれませんし。もし取引の条件にエリザベスの生存が本当に入っているとすればですが、ゼルドリスがこのヤバイ場面をそのまま見て見ぬふりをするとは思えません。

エスタロッサが戦線離脱?

なんか大分フラグ立っちゃってる気がする…。RPGでよく見る魔王一歩手前の強敵がもうすぐやられる前の展開とかぶるんですよね、今のエスタロッサ…。2話も進むわけですから、この辺でエスタロッサが戦線離脱ということも考えられるかも…。果たしてどうなるやら気になりますね!

スポンサーリンク

七つの大罪最新267話ネタバレとあらすじ

267話のネタバレと見所

暴走するエスタロッサ…!エリザベスが危ない!

265話で、エリザベスへのあまりの執着から、ついに暴走したエスタロッサ。エリザベスの首を思いっきり締めますが、エリザベスは間一髪でエスタロッサに攻撃して抜け出します。そして、辺りを見回すと、そこはメリオダスとエリザベスの思い出の場所「天空演舞場」。メリオダスに会いたい気持ちでいっぱいになるエリザベス。そこで、エスタロッサは昔のことを思い出したと徐に語り始めます。

エリザベスを助けに行くのは七つの大罪と天使、それとデリエリ…?

一方、七つの大罪と天使たちは、エリザベスを助けに行こうとしていました。そして、デリエリも…。エリザベスは、かつてデリエリたちを命がけで救っていたので、その借りを返すためにエリザベス救出に乗り出したのです。現状考えられる最強の布陣でエリザベスを救出しにいくことになりました。しかし、あのエスタロッサを止められるのか…?

エスタロッサが語る昔の思い出と約束、そして戒禁に飲み込まれる…

エスタロッサが語りだしたのは、昔の思い出でした。弱かった自分をいつも笑わずに受け入れてくれたのは、メリオダスとエリザベスだけだったのです。そんなこともあって、エリザベスに想いを寄せるようになるエスタロッサ。しかし、エリザベスの視線の先にはいつもメリオダスしかいなかったのです。エリザベスへの気持ちをメリオダスに打ち明けると、メリオダスが二人の中を取り持ってくれると約束してくれたとも…。しかし、それは記憶違いだとエリザベスが語ると、確かにそういったんだ、メリオダスが嘘をついたとエスタロッサは怒りだし、戒禁に飲み込まれいきます…。

エリザベスの届かない思い…

戒禁に飲み込まれたエスタロッサは、エリザベスを自分のものにするために、彼女を取り込もうとします。刹那、エリザベスが思うのはメリオダスのこと。今、メリオダスは魔神王になるために、順調に戒禁を取り込んでいる様子。悲痛に悶えるエリザベスの声は、今はメリオダスには届きません…。しかし、このままではエリザベスはエスタロッサに取り込まれてしまいます。どうなってしまうのか…、ここで267話が終了します。

266話までのあらすじ

266話までのあらすじです。

ドレファスが巨大(フルサイズ)化!

七つの大罪と大天使たち部隊は、エスタロッサが来る前の戦いで大勝利を収めましたが、守備部隊が苦戦しています。東門に強力な魔神が現れ、グリアモールが大ピンチ!駆けつけるドレファスがなんと巨大化!フラウドリンと同じ能力を使用したのです!強力な魔神も、巨大化したドレファスの前に萎縮し、形成が逆転!ここから反撃です。

ザリエルの器が大人に…?そして四大天使の二人が真の姿に戻る!

エスタロッサの猛攻を受けたザリエルとタルミエルはどちらも無事でした。そして、力を使った反動で、ザリエルの器だったソラシドが大人まで急成長しました。女性だったみたいで、結構カワイイ姿にwしかし、このまま四大天使の二人が器に入り続けると、器が耐えきれず滅びてしまいます。そのため、仕方なく二人は器から離れ、元の姿に戻ることになりました。エスタロッサをなんとしてでも討ち取る決意を見せる二人。果たしてあのエスタロッサ相手に通用するのか…?

狂うエスタロッサ。ピンチのエリザベス

まるで自分自身をメリオダスのように思い込むエスタロッサ。かつてエリザベスとメリオダスの秘密の場所だったところにエリザベスを連れて行きます。エリザベスが、エスタロッサに「あなたはエスタロッサ。メリオダスじゃないわ」と正気に戻させようと試みますが、メリオダスにコンプレックスをもつエスタロッサは、自分がメリオダスでないことを肯定できず、ついに狂ってしまいます…。そして、エリザベスの首を締めるエスタロッサ。エリザベスはどうなってしまうのか…?ここで266話が終了します。

265話までのあらすじ

265話までのあらすじです。

エスタロッサの過去が明らかに。エリザベスに執着する理由

265話はエスタロッサの回想からスタートします。昔、小さい頃にエリザベスとエスタロッサは会っており、その頃からエリザベスのことが好きだったのです。しかし、エリザベスはメリオダスのことが好きでした。だから、エスタロッサはメリオダスになりたかったのです。エリザベスを振り向かせられるメリオダスに…。

悲報:エスタロッサついに壊れる

あまりのメリオダスとエリザベスに対する執着のあまり、ついにエスタロッサが壊れてしまいます。自分のことをメリオダスと言い出してしまうのです…。正気を保てなくなったエスタロッサは、戒禁とエリザベスを求め、七つの大罪や聖騎士に再び牙をむきます。

必死の応戦虚しく連れ去られるエリザベス

エリザベスと戒禁を渡さないよう、必死に応戦する七つの大罪、聖騎士、天使の連合軍。しかし、ある意味覚醒したエスタロッサに誰も歯がたちません。エリザベスは誰も気づけないために、自らを差し出し、エスタロッサに連れ去られてしまいます。しかし、エリザベスはなにやら考えがあるみたいで…?ここで265話が終了します。

スポンサーリンク

七つの大罪最新267話ネタバレ感想と展開予想

267話ネタバレ感想

現在準備中です。

267話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪最新267話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪の登場人物

メリオダス

本作の主人公。現在、自身が魔神王になって、エリザベスを輪廻転生から救い出すために戒禁を集めている。

エリザベス

メリオダスの恋人で、本作のメインヒロイン。魔神と結ばれるという禁忌を犯し、永遠に輪廻転生を繰り返す呪いを受けている。

バン

七つの大罪の一人。現在メリオダスを正気に戻すため、単身魔界に乗り込んでいる。生死は不明だ。

ディアンヌ

七つの大罪の一人で、巨人族の少女。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

キング

七つの大罪の一人で、別名妖精王「ハーレクイン」。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

ゴウセル

七つの大罪の一人で、心を持った人形。キングとディアンヌに救われ、自分自身と向き合い、正気に戻っている。キングたちと共に、メリオダスを正気にすべく、魔神たちと戦っている。

マーリン

七つの大罪の一人で、無敵の魔法使い。最愛のアーサーを亡くしてしまうが、国を守り、メリオダスとエリザベスを救うべく、魔神族と戦う。

エスカノール

七つの大罪の一人で、人類最強の男。どうやら四大天使の一人の恩寵を受け継いでいる様子…?現在、天使と一緒になり、魔神族と戦っている。

ゼルドリス

十戒の一人で、メリオダスの弟。魔神王を目指していたが、メリオダスとの取引によって、メリオダスが魔神王になることに力を貸している。どんな取引があったかは不明。

エスタロッサ

十戒の一人で、メリオダスの弟。エリザベスに恋い焦がれていたが、メリオダスに勝てないと悟り、劣等感を抱くように。挙句の果てに、自分をメリオダスだと思い込み、暴走している。

リュドシエル

四大天使の一人。現在、マーガレットを器にしている。魔神族との聖戦に勝ち、この戦いを終わらせようとしている。

ザリエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

タルミエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

デリエリ

十戒の一人。最愛のモンスピートをエスタロッサに殺され、助けをもとめエリザベスたちのところへ来た。現在も七つの大罪や天使たちの元にいる。

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク