【ロボレーザービームネタバレ】最新36話の感想と考察

ロボレーザービーム最新36話ネタバレ

description

12/4発売週刊少年ジャンプ53号ロボレーザービーム36話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

2017/11/6発売週刊少年ジャンプ49号『ROBOT×LASERBEAM』32話より引用

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ロボレーザービーム最新36話ネタバレとあらすじ

36話のネタバレと見所

現在準備中

現在準備中です。

36話までのあらすじ

前話のあらすじです。より話の流れを追いたい人はご一読ください。

ロボが弱気発言。ロボが負ける?

トーナメントリーダーで最終日を迎えたロボ。もちろん最終組のスタートで、優勝の可能性もある。しかし、ビッグフッドと呼ばれるドリアングリーンと直接関わるうちに、ロボは負けるかも知れないという予感に襲われる。実際、ロボは練習のパットは外してしまい、少なからず動揺はある模様。ロボはグリーンに勝てるのか…?

グリーンには負けられない理由があった

ロボも鷹山と戦うため、一切足踏みはできない。この試合も負けるわけには行かないのだが、グリーンも負けられない理由があった。彼は、家族の生活のためにお金を稼がなければならないのだった。

力強いショットで度肝を抜くグリーン。一方ロボは…?

第1打目のティーショット。グリーンは力強いショットで観客の度肝を抜いた。フォームはバラバラ、見た目は飛びそうになかったが、力任せに350ヤード以上飛ばしてしまったのだ。観客の興奮は冷めやらない中、ロボもティーショットを打った。彼は状況によって精神状態を左右される選手ではないが、ロボのティーショットをみて、仲間たちは意外な顔をする…?ここで今週号が終了した。

スポンサーリンク

ロボレーザービーム最新36話ネタバレ感想と展開予想

36話ネタバレ感想

現在準備中です。

36話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

スポンサーリンク

ロボレーザービーム最新36話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

おすすめ記事一覧

スポンサーリンク

【ロボレーザービーム】最新35話ネタバレ!最終日初日が開幕

ロボレーザービーム最新35話ネタバレ

description

11/27発売週刊少年ジャンプ52号ロボレーザービーム35話「ダイソンオープン最終日①」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

2017/11/6発売週刊少年ジャンプ49号『ROBOT×LASERBEAM』32話より引用

スポンサーリンク

ロボレーザービーム最新35話ネタバレとあらすじ

35話のネタバレと見所

ロボが弱気発言。ロボが負ける?

トーナメントリーダーで最終日を迎えたロボ。もちろん最終組のスタートで、優勝の可能性もある。しかし、ビッグフッドと呼ばれるドリアングリーンと直接関わるうちに、ロボは負けるかも知れないという予感に襲われる。実際、ロボは練習のパットは外してしまい、少なからず動揺はある模様。ロボはグリーンに勝てるのか…?

グリーンには負けられない理由があった

ロボも鷹山と戦うため、一切足踏みはできない。この試合も負けるわけには行かないのだが、グリーンも負けられない理由があった。彼は、家族の生活のためにお金を稼がなければならないのだった。

力強いショットで度肝を抜くグリーン。一方ロボは…?

第1打目のティーショット。グリーンは力強いショットで観客の度肝を抜いた。フォームはバラバラ、見た目は飛びそうになかったが、力任せに350ヤード以上飛ばしてしまったのだ。観客の興奮は冷めやらない中、ロボもティーショットを打った。彼は状況によって精神状態を左右される選手ではないが、ロボのティーショットをみて、仲間たちは意外な顔をする…?ここで今週号が終了した。

スポンサーリンク

ロボレーザービーム最新35話ネタバレ感想と展開予想

35話ネタバレ感想

ビッグフッドの負けられない理由も垣間見え、ロボと動揺譲れない理由はあるようです。まさにガチンコの勝負で、どちらが勝つかは全く予想できない状況。そんな中でグリーンが見せたショットは本当にすごかったですね!フォームはでたらめなのに、350ヤード以上飛ばしてしまったのですから…。まさにビッグフッドの名にふさわしいです。

35話以降のネタバレ展開予想

ロボのティーショットがどんなショットなのか気になりますね。ビッグフッドのショットに触発されて、力いっぱい振ってしまったのか?若しくは淡々と打って、無難なショットでそこまで飛距離が出ていないのかどちらかでしょうと予想しています。勝負としては、ロボが相手の土俵に乗るのではなく、ロボらしい緻密なゴルフで勝負すれば面白い展開になると個人的には思ってます!

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

おすすめ記事一覧

スポンサーリンク

【ロボレーザービーム】最新32話ネタバレ!プロの舞台で活躍するロボ

ロボレーザービーム最新32話ネタバレ

description

11/6発売週刊少年ジャンプ49号ロボレーザービーム(ROBOT×LASERBEAM/ロボレザ/ロボレ)32話「ダイゾンオープン予選ラウンド1」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

2017/11/6発売週刊少年ジャンプ49号『ROBOT×LASERBEAM』32話より引用

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ロボレーザービーム最新32話ネタバレとあらすじ

32話のネタバレと見所

前代未聞の登場をしたロボだが至って平静

初ラウンドながら、ヘリで降りて登場という前代未聞の登場をしたロボ。しかし、そんな状況の中でもロボは至って平静。初めてのプロでのラウンドとは思えない落ち着きぶりを見せている(ロボの空気を読めない性格がいい方向に働いた感じだ)。目立ちたがりの矢田とは正反対に、いつもどおり淡々とラウンドを進めるロボを見て、同じく一緒にラウンドしている佐藤プロは目を丸くしている。

ロボの初ラウンドに朱雀も登場!しかしピンチを迎えるロボ

ロボのプロ初ラウンドを見ようと、朱雀もアメリカから駆けつける。そんな中、早速ロボの実力が試されるピンチに陥る。ショットが強風で流され、林の中に入ってしまった。矢田も同じく狙いにくい木の前に付けたが、林を抜いて見事グリーンに乗せる(木をかすめて危ないショットではあったが…)。一方ロボはさらに狙いにくい林の奥深く。どう攻めるのか…?

ロボのスーパーショット!ベタピンでグリーンに乗せる

しかしロボにとってはピンチもどこ吹く風。いつも通り正確無比なレーザービーム打球で、見事ベタピンでグリーンに乗せる。そのピンチのときでも物怖じしないロボのプレイスタイルと雰囲気を見て、同じくラウンドしている佐藤プロは、三浦鷹山とロボを重ねる。そして、ロボは上位にくる選手であることを予感するのであった。

ロボレーザービーム最新32話ネタバレ感想

32話ネタバレ感想

いつも噛ませ犬っぽいやつがいるロボレザ

なぜかロボとラウンドしているゴルファーは、いつも噛ませ犬っぽいやつが混じっているの気がするんですが気のせいでしょうか…?この矢田選手は確実に落ちていく予感しかしない…。今後もこんな感じのキャラは必要なのかもしれないので、準レギュラー化も予感させる逸材ではありますが。なんとも言えずいやな感じのキャラで、いい味だしてますね。

やっぱりロボはすごい。展開は早すぎですが

展開が早すぎて、いつの間にかプロ編になってしまったロボレザ。プロになるまでもっと色々波乱続きになるのかと思いきや、全く想像とは違う感じに進んでいます…。プロになるまでの過程ではなく、鷹山と名勝負をすぐにでも書きたいところなんでしょうかね。しかし、ロボはプロになっても相変わらず凄い。空気の読めない性格が、勝負の世界にはピッタリのようです。急成長を遂げていくロボが今後どこまでうまくなっていくのか、要注目ですね。

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

おすすめ記事一覧

スポンサーリンク

【ロボレーザービーム】17話最新ネタバレ!ロボが動揺?

ロボレーザービームの第17話ネタバレ

週刊少年ジャンプに連載中『ROBOT×LASERBEAM ロボレーザービーム』(ロボレザ)の第17話のネタバレとあらすじをまとめています。朱雀のショットにロボが動揺…?そこからロボがどのように巻き返すか。ネタバレしても構わないよ、という方は是非ご一読ください。

スポンサーリンク

ロボレーザービームの第17話のあらすじとネタバレ

朱雀がラフからのロブショットでチップイン

朱雀が帝王らしいショットを見せつけてた。かなり難しい丘下からのロブショットだったが、そこからチップインバーディを決めてしまった。その後、ロボは痛恨の3パットでダブルボギーを叩いてしまう。

スーパーショット連発の帝王。かたやロボは…?

その後のホールでも、あわやホールインワンと言うショットを打つ、帝王の朱雀。スーパーショット連続の朱雀に対して、ロボはティーショットでも風に流されるミスをしてしまう。彼はミスショットやすごいショットを見た後に、どうやったら修正できるか、できるようになるかを考え込んでしまう悪い癖がある。集中力は凄まじいが、裏目に出てしまうことがあるのだ。

チームメイトに指摘されて動揺していたことに気づくロボ

ロボは自分の世界に入り込んでいたように見えたが、実は違った。朱雀のスーパーショットをみて、自分でも気づかなかったらしいが、動揺していたのだった。ゴルフが好きになり、負けたくないと思うようになると、相手がすごいときには動揺することもある。それをロボはこの試合を通して知ったのであった。

ライナーでカップインを狙うロボ。あわや池ぽちゃ・・

ラフからの第2打目。自分にはロブショットが出来ないため、どのように攻めるべきか悩むロボ。しかし、先輩たちが思いっきりやってこいとロボにいったことを思い出し、ロボは自分にやれるショットを思いっきり打つことに。結果、ラフからライナーでカップインを狙った。あわや池ぽちゃだったが、寄せることに成功。勝負はまだまだこれからのようだ。

ロボの思い切りの良さに奮い立つ理音

あまりにも無茶をする後輩に、半ば呆れる理音。しかし、そんなロボのプレーに逆に闘志を燃やす理音。ここから団体戦はさらなる盛り上がりを見せる。ここで第17話が終了。

ロボレーザービームの17話の感想

ロボが動揺しつつもゴルフ愛やチームプレイを意識

ロボにとっては、自分が動揺することが考えられなかった。感情が高ぶったりすることがなかったので、そういう意識がそもそもなかった。しかし、このラウンドを通して、負けたくないと言う気持ちから、動揺することもあるということを学んだロボ。ゴルフが好きになった証拠と言える。また、自分が失敗してもチームメイトが何とかしてくれる、と言った考え方も今回のラウンドを通して学べた。ロボの成長が垣間見えた中々の神回だったのではと思う。

スポンサーリンク

ロボレーザービームの伏線と今後の予想展開まとめ

来週は理音が大活躍?

すっかりロボの兄貴になった理音。ロボの思い切り攻める姿勢に、理音も奮い立つ。来週はそんな彼の活躍が見られる回になりそうだ。

ロボレーザービームの主な登場人物(キャラクター)一覧

ここまで出てきたキャラクターたちをおさらい!どのキャラも今後活躍の場がありそうなメインキャラクターになっていきそうな予感なので、ここに出てくるキャラは覚えておこう!

キャラクター一覧
ロボ トモヤ 三浦鷹山
部長(柊慎太郎) ロボの父親 副部長(黒田玄)
小山内理音 烏丸草太

スポンサーリンク

ロボ (鳩原 呂羽人
はとはらろばと

この物語の主人公。超がつくほどの真面目な性格で、非常に几帳面。人の気持も理解できず、空気の読めない発言もしてしまう。まるでロボットのような性格をしており、周りからはあまり理解されていない。しかし、そのロボのような几帳面さから生み出される正確無比なスイングから、まるでレーザービームのような打球を繰り出すことができるゴルフの才能をもっていた。ちなみにハーフだ。

中田
なかた
トモヤ

ロボの唯一?の友達。ロボのことを気にかけている。かなりのお調子者で、ゴルフの腕を上達させて、プロになってお金を稼ぎたいと発言している。しかし、まだまだ初心者でゴルフはド下手。お調子者の性格が災いして、よく問題ごとを引き起こす。ただ、それでもどこか憎めないキャラクターをしている。

三浦鷹山
みうらようざん

プロ注目の天才高校生ゴルファー。そんな彼だが、ある日打ちっぱなしで練習していたところ、ロボの真芯に当て続けるインパクト音を聞いて、ロボに対してライバル心を燃やしている。今後ロボとライバル関係になって、お互いに実力を高めあっていく展開になることを期待したい。

部長(柊慎太郎
ひいらぎしんたろう

ロボたちが通っている学校のゴルフ部部長。ロボのレーザービームのような打球をみて、彼に興味が湧き、ロボをゴルフ部に誘っている。ベストスコアは68。

ロボの父親

何度かロボが実家にいるときの描写で登場。なんとなく飄々としている感じだが、まだまだわからないことが多い。なんとなくゴルフにも深い関係がありそうなので、ロボに対して何かゴルフの上達を助ける指導なども今後していきそうな予感。

副部長(黒田玄
くろだげん

ロボたちが通っている学校のゴルフ部副部長。例えがわかりにくい、眼鏡の青年。ベストスコアは66。

小山内理音
おさないりおん

ゴルフ部レギュラーの2年生。かなり毒舌で、気が強い性格。ベストスコアは70。蛇のように曲がるカーブショットを使いこなすトリッキーなプレイヤー。

烏丸草太
からすまそうた

ゴルフ部レギュラーで、2年生にしてエース。どことなく飄々としている。ベストスコアは62。

スポンサーリンク

ロボレーザービームとは?

黒子のバスケの藤巻先生の最新作!週刊少年ジャンプで連載中の漫画

ロボレーザービームは、『黒子のバスケ』の作者藤巻忠俊先生の最新作だ。ゴルフを題材にした漫画で、主人公のロボが、彼特有のレーザービームのような打球で活躍していく。まだまだ連載が始まったばかりで、今後どのような展開になっていくのか楽しみでたまらない漫画だ!

ロボレーザービームの関連記事

ロボレーザービーム第9話までのネタバレとあらすじ

ネタバレ記事
1〜4話 6話 5話
7話 9話 12話

スポンサーリンク

【ロボレーザービーム12話最新ネタバレ】ロボが本気を見せる

ロボレーザービームの第12話ネタバレ

週刊少年ジャンプに連載中『ROBOT×LASERBEAM ロボレーザービーム』の第12話のネタバレとあらすじをまとめています。ロボがついに本気に…?ゴルフに目覚めたロボの今後に目が離せない!伏線や展開予想、感想などを掲載していますので、ネタバレしても構わないよ!という方は是非ご一読お願いします!

スポンサーリンク

ロボレーザービームの第12話のあらすじとネタバレ

レギュラー陣に只者ではないことを認めさせたロボ

ロボは長年培ってきた正確なスイングをレギュラー陣に披露。規則に厳格な副部長に規則を曲げさせ、期間内にスコア70を切ることができればと言う条件付きで、合宿の参加を考慮してもらった。果たしてロボはスコア70を切ることができるのだろうか。

理音に気に入られたロボ

タッグマッチのあと、理音に気に入られたロボ。トモヤと共に、練習ラウンドに付き合ってもらうことに。理音がゴルフの師匠になるわけだが、彼に教授され、ロボはどこまで腕を上げることができるのか。非常に注目だ。

順調かと思いきや前途多難…。まずは基礎トレから

理音を時はじめ、レギュラー陣に一目おかれたロボ。順調かと思いきや、前途は多難な模様。最初の基礎トレランニングで他の部員たちに置いてかれてしまう。しかし、問題は体力面だけではないよう。レギュラー陣にいきなり一目置かれるロボを快く思っていない部員が大半なようだ。実力だけではない、部員に認められてこそ胸を張ってレギュラーを名乗れるだけに、まだまだ道のりは険しいようだ。

ゴルフにひたむきになりつつあるロボ。今自分がすべきことに全力を

ロボは最初のランニングでビリに。部員の一人である風間が、自分たちに認められるなら、1年の中でランニングが1番になるべきではないのかと辛辣な言葉をロボに投げかける。その言葉を聞いて、今自分が何をすべきかを悟るロボ。それから何度も倒れながらも、ロボはひたすら走り込みを続けるようになる。ゴルフがしたいから。ロボはその一心でランニングを本気でやるのだった。

ついにタイム計測前の10kmで2位に!

本気の努力の成果が実り、ある日ついにタイム計測前のランニングで2位になるロボ。風間にもし1位になった所で認めはしない。そう言われかけるが、ロボは部員に認められることを超えて、自分がその日1番になることを目標に頑張って来た。彼は1番になることを、ゴルフに本気になることを自分自身の意思で勝手に決めたのだ。

ロボレーザービームの12話の感想

ロボがついに本気に…。まさに熱い展開

鷹山や理音とラウンドするまで、まるでゴルフの面白さに共感できていないロボでしたが、ついに本気になりましたね。ゴルフに真剣に向き合い、成長していくロボの姿は、まさにスポーツ漫画の王道。非常に熱い展開になってきました。今後もロボの成長から目を離せませんね!

スポンサーリンク

ロボレーザービームの伏線と今後の予想展開まとめ

来週は1年生部員に認められ始めるか

ついにゴルフに真剣になったロボ。最初はランニングでビリだったのに、短期間で2位になってしまうその努力は尋常ではない。この姿勢を見れば、理屈じゃなく認める部員も多いハズ。全員でなくとも、認める部員も出始めそう。そこからはスコア70を切るために、ロボがどのような努力をしていくのかに注目したい。また、認めない部員もいそうなので、その部員との絡みもあるとより一層面白い展開になりそう。

ロボレーザービームの主な登場人物(キャラクター)一覧

ここまで出てきたキャラクターたちをおさらい!どのキャラも今後活躍の場がありそうなメインキャラクターになっていきそうな予感なので、ここに出てくるキャラは覚えておこう!

キャラクター一覧
ロボ トモヤ 三浦鷹山
部長(柊慎太郎) ロボの父親 副部長(黒田玄)
小山内理音 烏丸草太

スポンサーリンク

ロボ (鳩原 呂羽人
はとはらろばと

この物語の主人公。超がつくほどの真面目な性格で、非常に几帳面。人の気持も理解できず、空気の読めない発言もしてしまう。まるでロボットのような性格をしており、周りからはあまり理解されていない。しかし、そのロボのような几帳面さから生み出される正確無比なスイングから、まるでレーザービームのような打球を繰り出すことができるゴルフの才能をもっていた。ちなみにハーフだ。

中田
なかた
トモヤ

ロボの唯一?の友達。ロボのことを気にかけている。かなりのお調子者で、ゴルフの腕を上達させて、プロになってお金を稼ぎたいと発言している。しかし、まだまだ初心者でゴルフはド下手。お調子者の性格が災いして、よく問題ごとを引き起こす。ただ、それでもどこか憎めないキャラクターをしている。

三浦鷹山
みうらようざん

プロ注目の天才高校生ゴルファー。そんな彼だが、ある日打ちっぱなしで練習していたところ、ロボの真芯に当て続けるインパクト音を聞いて、ロボに対してライバル心を燃やしている。今後ロボとライバル関係になって、お互いに実力を高めあっていく展開になることを期待したい。

部長(柊慎太郎
ひいらぎしんたろう

ロボたちが通っている学校のゴルフ部部長。ロボのレーザービームのような打球をみて、彼に興味が湧き、ロボをゴルフ部に誘っている。ベストスコアは68。

ロボの父親

何度かロボが実家にいるときの描写で登場。なんとなく飄々としている感じだが、まだまだわからないことが多い。なんとなくゴルフにも深い関係がありそうなので、ロボに対して何かゴルフの上達を助ける指導なども今後していきそうな予感。

副部長(黒田玄
くろだげん

ロボたちが通っている学校のゴルフ部副部長。例えがわかりにくい、眼鏡の青年。ベストスコアは66。

小山内理音
おさないりおん

ゴルフ部レギュラーの2年生。かなり毒舌で、気が強い性格。ベストスコアは70。蛇のように曲がるカーブショットを使いこなすトリッキーなプレイヤー。

烏丸草太
からすまそうた

ゴルフ部レギュラーで、2年生にしてエース。どことなく飄々としている。ベストスコアは62。

スポンサーリンク

ロボレーザービームとは?

黒子のバスケの藤巻先生の最新作!週刊少年ジャンプで連載中の漫画

ロボレーザービームは、『黒子のバスケ』の作者藤巻忠俊先生の最新作だ。ゴルフを題材にした漫画で、主人公のロボが、彼特有のレーザービームのような打球で活躍していく。まだまだ連載が始まったばかりで、今後どのような展開になっていくのか楽しみでたまらない漫画だ!

ロボレーザービームの関連記事

ロボレーザービーム第9話までのネタバレとあらすじ

ネタバレ記事
第7話 第6話 第5話 第1話〜第4話

スポンサーリンク

【ロボレーザービーム】第9話ネタバレ!理音の蛇ショットでガブリ!

ロボレーザービームの第9話ネタバレ

週刊少年ジャンプに連載中『ROBOT×LASERBEAM ロボレーザービーム』の第9話のネタバレとあらすじをまとめています。
理音の蛇ショットが炸裂!ちょいワルマナー違反ヒサロおっさんを一発でガブリ!このまま勝てるのか!?今後の展開予想とキャラ紹介も載せているのでご一読お願いします!

スポンサーリンク

ロボレーザービームの第9話のあらすじとネタバレ

2体2のタッグマッチ。ロボと理音はハンデを与える余裕ぶり

ついに勝負が始まった。理音とロボは、相手のマナー違反のおっさんたちにハンデを与える余裕ぶり。ロボたちはフォーサム(交互に1球ずつ打ち合う)、おっさんたちはスクランブル(良い方のボールを選択してショット)する形式でラウンドすることになった。

ルール 内容
フォーサム 交互に1球ずつ打ち合う。そのためボールを選んだり、パットが苦手な場合でも、得意なプレイヤーに頼ることはできない。
スクランブル 1打ごとに二人打つことができ、良い方のボールを選ぶことが可能。パットも片方が外したとしても、もう片方のプレイヤーが入ればよい。

ロボのサイドスピンは一切ないストレートに理音が驚愕

理音の前で初ショット。ロボはいつもどおりのレーザービームで理音を驚かす。どんな状況においても、プレッシャーを感じず、正確無比なショットを打てるのは、まさしくロボらしい。

スクランブルならではの頭脳プレーを見せるおっさん達

おっさんたちも、スクランブルの強みを活かして、頭脳プレーで対抗。1打で2球打てるため、一人は手堅く打ち、もうひとりは積極的にショットを打つことが可能なのだ。このおっさん連中も、マナーは悪いがそれなりにゴルフの戦略は知っている模様。

やっぱりロボはショット以外のことは苦手…。今後の課題は明確

ショットはすごいロボだが、やはりパットはド下手。思い切りは良いが、距離感がまだつかめないため、強く打ちすぎてしまうようだ。今回はたまたま入ったが、今後の課題山積。明確ではあるが、ゴルフの実力をつけるためには、まだまだ時間がかかりそう。

おっさん連中がズルを…。しかしそれを物ともしないスーパーショットで理音が応戦!

おっさん連中が先にカートに乗って行って、ロボたちのティーショットを木の前に蹴りだしてしまった。かなり汚いが、証拠はない。目の前に大きな木があるため、相当打ちにくい位置に。しかし、理音は焦っていない。蛇のような曲がるショットを披露し、木を避けて、見事にグリーンに乗せることに成功!おっさんたちの度肝を抜いて9話が終了した。

ロボレーザービームの9話の感想

おっさん連中汚すぎ…。

マナー違反を繰り返す人たちは、平気でこんなことが出来てしまうのでしょうか。ボールを蹴って位置をずらしてしまうのはかなり汚いですね。現実にはこんな人達はあまりいないように思いますが…。ここは漫画だからと割り切りましょう。

理音はカーブショットを得意とするプレイヤー!海◯に似てる…

理音はカーブショットを得意とするプレイヤーでしたね。ある意味ロボとは真逆のショットを操るということになりました。このショットを見て「テニスの王◯様」の海◯を思い浮かべたのは私だけではないはず…・ω・

スポンサーリンク

ロボレーザービームの伏線と今後の予想展開まとめ

カーブショットとという別の選択肢を見たロボはどう成長していくのか

ロボにとっては、今まで考えたことがないショットだっただろう。理音はカーブショットを使いこなして、障害物を物ともしない。今のところロボはストレートショットのみしか打てないが、このプレイに触発されるのだろうか。プレイスタイルが変わることはないだろうが、何かのきっかけになることは間違いないだろう。

ロボレーザービームの主な登場人物(キャラクター)一覧

ここまで出てきたキャラクターたちをおさらい!どのキャラも今後活躍の場がありそうなメインキャラクターになっていきそうな予感なので、ここに出てくるキャラは覚えておこう!

キャラクター一覧
ロボ トモヤ 三浦鷹山
部長(柊慎太郎) ロボの父親 副部長(黒田玄)
小山内理音 烏丸草太

スポンサーリンク

ロボ (鳩原 呂羽人
はとはらろばと

この物語の主人公。超がつくほどの真面目な性格で、非常に几帳面。人の気持も理解できず、空気の読めない発言もしてしまう。まるでロボットのような性格をしており、周りからはあまり理解されていない。しかし、そのロボのような几帳面さから生み出される正確無比なスイングから、まるでレーザービームのような打球を繰り出すことができるゴルフの才能をもっていた。ちなみにハーフだ。

中田
なかた
トモヤ

ロボの唯一?の友達。ロボのことを気にかけている。かなりのお調子者で、ゴルフの腕を上達させて、プロになってお金を稼ぎたいと発言している。しかし、まだまだ初心者でゴルフはド下手。お調子者の性格が災いして、よく問題ごとを引き起こす。ただ、それでもどこか憎めないキャラクターをしている。

三浦鷹山
みうらようざん

プロ注目の天才高校生ゴルファー。そんな彼だが、ある日打ちっぱなしで練習していたところ、ロボの真芯に当て続けるインパクト音を聞いて、ロボに対してライバル心を燃やしている。今後ロボとライバル関係になって、お互いに実力を高めあっていく展開になることを期待したい。

部長(柊慎太郎
ひいらぎしんたろう

ロボたちが通っている学校のゴルフ部部長。ロボのレーザービームのような打球をみて、彼に興味が湧き、ロボをゴルフ部に誘っている。ベストスコアは68。

ロボの父親

何度かロボが実家にいるときの描写で登場。なんとなく飄々としている感じだが、まだまだわからないことが多い。なんとなくゴルフにも深い関係がありそうなので、ロボに対して何かゴルフの上達を助ける指導なども今後していきそうな予感。

副部長(黒田玄
くろだげん

ロボたちが通っている学校のゴルフ部副部長。例えがわかりにくい、眼鏡の青年。ベストスコアは66。

小山内理音
おさないりおん

ゴルフ部レギュラーの2年生。かなり毒舌で、気が強い性格。ベストスコアは70。蛇のように曲がるカーブショットを使いこなすトリッキーなプレイヤー。

烏丸草太
からすまそうた

ゴルフ部レギュラーで、2年生にしてエース。どことなく飄々としている。ベストスコアは62。

スポンサーリンク

ロボレーザービームとは?

黒子のバスケの藤巻先生の最新作!週刊少年ジャンプで連載中の漫画

ロボレーザービームは、『黒子のバスケ』の作者藤巻忠俊先生の最新作だ。ゴルフを題材にした漫画で、主人公のロボが、彼特有のレーザービームのような打球で活躍していく。まだまだ連載が始まったばかりで、今後どのような展開になっていくのか楽しみでたまらない漫画だ!

ロボレーザービームの関連記事

ロボレーザービーム第7話までのネタバレとあらすじ

ネタバレ記事
第7話 第6話 第5話 第1話〜第4話

スポンサーリンク

【ロボレーザービーム】第8話ネタバレ!ロボと理音がタッグ!

ロボレーザービームの第8話ネタバレ

週刊少年ジャンプに連載中『ROBOT×LASERBEAM ロボレーザービーム』の第8話のネタバレとあらすじをまとめています。ロボが小山内理音(おさないりおん)とタッグ!マナー違反のちょいワルおっさん連中を倒せるか!?今後の展開予想や伏線考察、登場キャラ一覧もあるので、ネタバレしても構わないよ!という方は是非ご一読ください!

スポンサーリンク

ロボレーザービームの第8話のあらすじとネタバレ

ロボが上級生に勝負を持ちかけるも、部長が許さなかった

掟破りの勝負をレギュラーに持ちかけたロボ。三浦鷹山と戦いたい一心だったが、どこまでも空気が読めない彼。しかし、レギュラーの2年生は勝負に乗り気。そんな彼らを制したのが部長だった。レギュラーというのは、単に上手ければいいというものではない。部員全員に認められてこそのレギュラー。いきなり来た新入生がなれるものではないのだ。

ロボのビッグマウスに理音が反応!ゴルフ場へ繰り出すことに

レギュラーに関しては部長の意見に納得したロボ。しかし、レギュラーを決める合宿については納得が行かなかった。一年生だからといって行けないのはおかしいと、率直な意見を述べる。そんなロボのビッグマウスに理音が反応。実力を見るために、一緒にラウンドすることを持ちかける。もし、納得させられなかったら、ロボは3年間レギュラーどころか底辺部員。

迷惑なマナー違反おっさんが…。ロボと理音のコンビで倒せ!

ゴルフ場にやってきたロボと理音。しかし、ロボの格好があまりにもダサいwひどかったので、理音が衣装一式をロボに貸し、気を取り直してゴルフ場へ。先にロボが打つことになったが、ロボのアドレスに只者ではないことを理音は感じ取る。しかし、そこにマナー違反のちょい悪おっさん連中が…。ロボも理音も頭にきて、咥えているタバコめがけてショットを放つ。おっさんたちに喧嘩を打ってしまった2人。かくして、ロボと理音はタッグを組んで、おっさん連中と勝負することに。


▲アドレスからロボが只者ではないことを感じ取る理音


▲迷惑なおっさんのタバコに向かってナイスショット!


▲ロボと理音がタッグ!ここで第8話が終了

ロボレーザービームの7話の感想

さすがに勝負とはいきませんでしたか…。部長かっこよすぎです

先週の展開から、勝負になるかと思いきや、部長さんがらしさを見せて押さえ込みました。部長の理論を聞いていると、納得せざるを得ない。ゴルフ部を率いている自負を感じさせます。すごくかっこいいですね!

これもベタな展開。いや、おっさんたちマナー悪すぎじゃない!?

スポーツ漫画によくあるベタな展開。ムカつく連中が出てきて、主人公たちと勝負しちゃいます。しかし、このおっさんたちマナー悪すぎwこんなやつらいくらなんでもいないでしょう!(このように管理人は思いますが、実際聞いた話によると、かなりマナーが悪いゴルファーはいるようです。皆さんは気をつけましょうwこんなことするわけはないと思うので逆に失礼かもしれませんが)

スポンサーリンク

ロボレーザービームの伏線と今後の予想展開まとめ

おっさん連中を撃退!ロボは理音に認められる!

このおっさんたち、いい具合に噛ませ犬になりそうだ。理音とタッグを組んで、ロボは認められる展開になるだろう。そうなれば、練習次第では、ロボは強化合宿に参加し、レギュラーを勝ち取ることになるのだろうか。今後の展開に、ますます目が離せない!

ロボレーザービームの主な登場人物(キャラクター)一覧

ここまで出てきたキャラクターたちをおさらい!どのキャラも今後活躍の場がありそうなメインキャラクターになっていきそうな予感なので、ここに出てくるキャラは覚えておこう!

キャラクター一覧
ロボ トモヤ 三浦鷹山
部長(柊慎太郎) ロボの父親 副部長(黒田玄)
小山内理音 烏丸草太

スポンサーリンク

ロボ (鳩原 呂羽人
はとはらろばと

この物語の主人公。超がつくほどの真面目な性格で、非常に几帳面。人の気持も理解できず、空気の読めない発言もしてしまう。まるでロボットのような性格をしており、周りからはあまり理解されていない。しかし、そのロボのような几帳面さから生み出される正確無比なスイングから、まるでレーザービームのような打球を繰り出すことができるゴルフの才能をもっていた。ちなみにハーフだ。

中田
なかた
トモヤ

ロボの唯一?の友達。ロボのことを気にかけている。かなりのお調子者で、ゴルフの腕を上達させて、プロになってお金を稼ぎたいと発言している。しかし、まだまだ初心者でゴルフはド下手。お調子者の性格が災いして、よく問題ごとを引き起こす。ただ、それでもどこか憎めないキャラクターをしている。

三浦鷹山
みうらようざん

プロ注目の天才高校生ゴルファー。そんな彼だが、ある日打ちっぱなしで練習していたところ、ロボの真芯に当て続けるインパクト音を聞いて、ロボに対してライバル心を燃やしている。今後ロボとライバル関係になって、お互いに実力を高めあっていく展開になることを期待したい。

部長(柊慎太郎
ひいらぎしんたろう

ロボたちが通っている学校のゴルフ部部長。ロボのレーザービームのような打球をみて、彼に興味が湧き、ロボをゴルフ部に誘っている。ベストスコアは68。

ロボの父親

何度かロボが実家にいるときの描写で登場。なんとなく飄々としている感じだが、まだまだわからないことが多い。なんとなくゴルフにも深い関係がありそうなので、ロボに対して何かゴルフの上達を助ける指導なども今後していきそうな予感。

副部長(黒田玄
くろだげん

ロボたちが通っている学校のゴルフ部副部長。例えがわかりにくい、眼鏡の青年。ベストスコアは66。

小山内理音
おさないりおん

ゴルフ部レギュラーの2年生。かなり毒舌で、気が強い性格。ベストスコアは70。

烏丸草太
からすまそうた

ゴルフ部レギュラーで、2年生にしてエース。どことなく飄々としている。ベストスコアは62。

スポンサーリンク

ロボレーザービームとは?

黒子のバスケの藤巻先生の最新作!週刊少年ジャンプで連載中の漫画

ロボレーザービームは、『黒子のバスケ』の作者藤巻忠俊先生の最新作だ。ゴルフを題材にした漫画で、主人公のロボが、彼特有のレーザービームのような打球で活躍していく。まだまだ連載が始まったばかりで、今後どのような展開になっていくのか楽しみでたまらない漫画だ!

ロボレーザービームの関連記事

ロボレーザービーム第7話までのネタバレとあらすじ

ネタバレ記事
第7話 第6話 第5話 第1話〜第4話

スポンサーリンク

【ロボレーザービーム】第7話ネタバレ!ロボがレギュラー上級生と勝負!?

ロボレーザービームの第7話ネタバレ

週刊少年ジャンプに連載中『ROBOT×LASERBEAM ロボレーザービーム』の第7話のネタバレとあらすじをまとめています。ロボがついにゴルフ部に入部…?今後三浦鷹山とはどうなっていくのか、新たに登場したレギュラー上級生の情報なども掲載しています。今後の伏線、展開予想もしていますので、是非ご一読ください!

スポンサーリンク

ロボレーザービームの第7話のあらすじとネタバレ

ロボがついにゴルフ部に入部か。その訳とは?

ロボがゴルフ部に入部する!?嬉しさを隠さないトモヤだが、ゴルフを好きになったわけではない?

先日の鷹山との勝負がきっかけで、ゴルフ部に興味を持ち始めるロボ。ついにゴルフ部に入部する気になったロボを見て、トモヤは歓迎の態度を隠さない。しかし、ロボがゴルフ部に興味を持ったのは、ゴルフが好きになったからというわけではなかった。

三浦鷹山と決着をつけたいロボ。その一心でゴルフ部に入部することを決意

ロボは鷹山ともう一度戦いたかったのだ。普段は勝ち負けに拘らないロボ。鷹山との勝負も別に勝ち負けにこだわっているわけではない。一方的に勝敗を決められたため、白黒はっきりつけたいのだ。あえて言葉を選んで言えば消化不良というべきか。しかし、鷹山は公式戦での場で、ゴルファーとしてのロボと戦いたいと言っていた。そのため、ゴルフ部に入って、試合に出なければ鷹山とは戦えないのだ。彼との決着をつけるべく、ロボはゴルフ部に入部することを決意する。

一癖も二癖もありそうなレギュラー陣が登場

ついにゴルフ部レギュラー陣が登場!部長は普通の人みたいだが、その他のレギュラー陣は一癖も二癖もありそう。部長と一緒にいた眼鏡の黒田は、たとえがわかりにくい変な性格をしており、2年生エースの烏丸はどこか飄々としている。明らかに異質のオーラを放っているレギュラー陣のため、超変わり者のロボと何か一悶着ありそうな予感を感じさせる。

ロボがいきなりレギュラー陣に勝負をふっかける!?

放課後、ゴルフ部の練習が始まった。トモヤは相変わらずショットが下手。そんなシーンの後、レギュラー陣が走り込みを終えて、練習場に帰ってきた。周りの部員たちも、その並外れた練習量に驚愕する。しかし、そのレギュラー陣にくっついてくる一人の青年。そう、ロボだ。ロボはおもむろにレギュラー陣に声をかけ、ゴルフ部に入部したいと申し出る。そして、その後に続けてレギュラーになって試合をしたいので、誰か自分と戦って欲しいと言ってしまった。ピリつく空気。トモヤがツッコミをいれて第7話が終了。


▲安定のトモヤのツッコミで第7話が終了。

ロボレーザービームの7話の感想

ロボとレギュラー陣との絡みが早くも…展開早いですね

いきなりレギュラーの座を賭けて勝負を持ちかけてしまうロボ。彼の空気の読めなさがなせる、驚異的な展開の早さですね。鷹山との勝負にこれほどまで拘るのも、正直意外な部分はありますが、そうでないとお話進みませんからね。この勝負がどういう結果になるのか、来週号からも目を離せませんね!

黒子のバスケから続くベタな展開。レギュラー陣は癖が強い

黒子のバスケから続いてる、このベタな展開は藤巻先生の十八番ですね。今回割りと普通な人の立ち位置は、部長ということになりました。その他のレギュラー陣はもう見ただけで異質なのがわかるw部長は苦労してそうですが、この人だからまとめられているのでしょうね。さらにそこにロボが入るとなれば、相当な波乱が起きる予感…。本当にベタなんですが、それがわかりやすくて面白い!次の週から、レギュラー陣の性格がより明らかになっていくことと、ロボとの絡みを期待せずにはいられません!

スポンサーリンク

ロボレーザービームの伏線と今後の予想展開まとめ

レギュラー陣には負けて、さらに練習に精進。その後最速でレギュラーになるところまでは見えた?

ついにレギュラー陣と初対面したロボ。勝負を持ちかけるが、簡単には受けてもらえない。しかし、食い下がるロボに根負けして、レギュラー陣が勝負。ロボのレーザービームに驚くものの、ロボは勝負に負けて、そこから再びレギュラーを目指す筋書きなのではないかとというのは見えた(ベタであればおそらくこんな感じになっていくと思われる)。父親にも助言をもらいつつ、最速でレギュラーになるのではないだろうか。とにかく、そこまでの練習やロボの潜在能力開花、レギュラー陣との絡みが今後の展開で一番の見所になりそう。

ロボレーザービームの主な登場人物(キャラクター)一覧

ここまで出てきたキャラクターたちをおさらい!どのキャラも今後活躍の場がありそうなメインキャラクターになっていきそうな予感なので、ここに出てくるキャラは覚えておこう!

キャラクター一覧
ロボ トモヤ 三浦鷹山
部長(柊慎太郎) ロボの父親 副部長(黒田玄)
小山内理音 烏丸草太

スポンサーリンク

ロボ (鳩原 呂羽人
はとはらろばと

この物語の主人公。超がつくほどの真面目な性格で、非常に几帳面。人の気持も理解できず、空気の読めない発言もしてしまう。まるでロボットのような性格をしており、周りからはあまり理解されていない。しかし、そのロボのような几帳面さから生み出される正確無比なスイングから、まるでレーザービームのような打球を繰り出すことができるゴルフの才能をもっていた。ちなみにハーフだ。

中田
なかた
トモヤ

ロボの唯一?の友達。ロボのことを気にかけている。かなりのお調子者で、ゴルフの腕を上達させて、プロになってお金を稼ぎたいと発言している。しかし、まだまだ初心者でゴルフはド下手。お調子者の性格が災いして、よく問題ごとを引き起こす。ただ、それでもどこか憎めないキャラクターをしている。

三浦鷹山
みうらようざん

プロ注目の天才高校生ゴルファー。そんな彼だが、ある日打ちっぱなしで練習していたところ、ロボの真芯に当て続けるインパクト音を聞いて、ロボに対してライバル心を燃やしている。今後ロボとライバル関係になって、お互いに実力を高めあっていく展開になることを期待したい。

部長(柊慎太郎
ひいらぎしんたろう

ロボたちが通っている学校のゴルフ部部長。ロボのレーザービームのような打球をみて、彼に興味が湧き、ロボをゴルフ部に誘っている。ベストスコアは68。

ロボの父親

何度かロボが実家にいるときの描写で登場。なんとなく飄々としている感じだが、まだまだわからないことが多い。なんとなくゴルフにも深い関係がありそうなので、ロボに対して何かゴルフの上達を助ける指導なども今後していきそうな予感。

副部長(黒田玄
くろだげん

ロボたちが通っている学校のゴルフ部副部長。例えがわかりにくい、眼鏡の青年。ベストスコアは66。

小山内理音
おさないりおん

ゴルフ部レギュラーの2年生。かなり毒舌で、気が強い性格。ベストスコアは70。

烏丸草太
からすまそうた

ゴルフ部レギュラーで、2年生にしてエース。どことなく飄々としている。ベストスコアは62。

スポンサーリンク

ロボレーザービームとは?

黒子のバスケの藤巻先生の最新作!週刊少年ジャンプで連載中の漫画

ロボレーザービームは、『黒子のバスケ』の作者藤巻忠俊先生の最新作だ。ゴルフを題材にした漫画で、主人公のロボが、彼特有のレーザービームのような打球で活躍していく。まだまだ連載が始まったばかりで、今後どのような展開になっていくのか楽しみでたまらない漫画だ!

ロボレーザービームの関連記事

ロボレーザービーム第8話までのネタバレとあらすじ

記事一覧
第8話 第6話 第5話 第1話〜第4話

スポンサーリンク

【ロボレーザービーム】第6話ネタバレ!ロボがついにゴルフ部に…?

ロボレーザービームの第6話ネタバレ

週刊少年ジャンプに連載中『ROBOT×LASERBEAM ロボレーザービーム』の第6話のネタバレとあらすじをまとめています。ロボは果たしてラフからのミスを挽回できたのか……?展開を詳しく解説!呂羽人(ろばと)/鳩原呂羽人:通称ロボ、三浦鷹山などの主要キャラ紹介や、伏線も考察しています!

スポンサーリンク

ロボレーザービームの第6話のあらすじとネタバレ

ラフで何度もミスショット連発。つま先上がりのショットがわからず苦戦…

初心者であるロボの弱点がついに露出…。ラフやつま先上がりのショットを打ったことがないロボは、ミスを連発してしまう。なぜ失敗したのかわからないロボ。鷹山はなぜ彼がうまく打てないのか、瞬時に原因を見抜く。それは、圧倒的に経験不足だからだったのだ。当然初心者であるロボは、まっすぐ打つ以外の経験をしたことがない。そのため、つま先上がりのラフショットをうまく打てずに、ミスを連発してしまっていたのだ。

ロボはまだゴルファーじゃない…?鷹山がやや落胆の表情を浮かべる

ロボは、練習場などでは、完璧なショットを打つことができる。しかし、それだけでゴルフをうまくできるわけではない。練習場と実際のラウンドは全く別物だ。つまり、ロボはただ正確なショットを打つことができるだけで、今はゴルファーではないのだ。それを知ってしまった鷹山は、落胆の表情を浮かべる。

ロボはゴルファーになれるのか…?ラフショットを何度も打って最後に成功させる

しかし、ロボはラフからのショットがなぜうまくいかないのか、ずっと自分自身を分析していた。勝負事に興味がないはずのロボだが、ミスを修正することに集中していたのだ。そしてなぜ自分がうまく打てなかったのか、ついに分析することに成功。つま先上がりの位置であることを自分で気づいたのだ。そしてついにミスを修正して完璧なショットを放った。その才能の片鱗に、鷹山も戦慄する。そして鷹山は確信した。いずれロボは自分のライバルになると。この勝負は自分の負けだと宣言し、ロボがゴルファーになった時に再戦をしようと約束したのであった。

鷹山が唯一認めるライバルに。そしてロボはゴルフ部に興味を示す

その後、インタビューで鷹山は、はっきりとロボがライバルであると発言した。彼はこれからもロボが自分の前に現れるのを待つことに決めたようだ。そして、いままでゴルフに興味がなかったはずのロボが、トモヤにゴルフ部はどんなところなのか聞く。ここで第6話が終了した。

ロボレーザービームの6話の感想

ロボの才能の片鱗が明らかに。彼は単なるロボではなかった

あれだけ正確無比なレーザービームを打てるロボですが、まだまだゴルファーではありませんでした。しかし、自分でミスショットを修正してしまうその才能の片鱗に、鷹山でなくても期待してしまうところです!ついにゴルフ部にも入りそうですし、今後様々な壁に当たるであろうロボが、それをどうやって超えていくのか、期待したいとこですね!

スポンサーリンク

ロボレーザービームの伏線と今後の予想展開まとめ

ロボの父親やゴルフ部が鍵になりそう

前回と同じような伏線考察になるが、やはりロボの父親やゴルフ部の仲間とともに練習してうまくなっていくという筋書きになるのは変わらなそう。先の読みやすい展開だが、それはそれで今後三浦鷹山やその他に出てくるであろうライバルたちとどのような勝負をしていくのかという点が一番気になるところだろう。かなり熱い展開になってきたと言えそうだ。

ロボレーザービームの主な登場人物(キャラクター)一覧

ここまで出てきたキャラクターたちをおさらい!どのキャラも今後活躍の場がありそうなメインキャラクターになっていきそうな予感なので、ここに出てくるキャラは覚えておこう!

キャラクター一覧
ロボ トモヤ 三浦鷹山
部長(柊 慎太郎) ロボの父親

スポンサーリンク

ロボ (鳩原 呂羽人
はとはらろばと

この物語の主人公。超がつくほどの真面目な性格で、非常に几帳面。人の気持も理解できず、空気の読めない発言もしてしまう。まるでロボットのような性格をしており、周りからはあまり理解されていない。しかし、そのロボのような几帳面さから生み出される正確無比なスイングから、まるでレーザービームのような打球を繰り出すことができるゴルフの才能をもっていた。ちなみにハーフだ。

中田
なかた
トモヤ

ロボの唯一?の友達。ロボのことを気にかけている。かなりのお調子者で、ゴルフの腕を上達させて、プロになってお金を稼ぎたいと発言している。しかし、まだまだ初心者でゴルフはド下手。お調子者の性格が災いして、よく問題ごとを引き起こす。ただ、それでもどこか憎めないキャラクターをしている。

三浦鷹山
みうらようざん

プロ注目の天才高校生ゴルファー。そんな彼だが、ある日打ちっぱなしで練習していたところ、ロボの真芯に当て続けるインパクト音を聞いて、ロボに対してライバル心を燃やしている。今後ロボとライバル関係になって、お互いに実力を高めあっていく展開になることを期待したい。

部長(柊慎太郎
ひいらぎしんたろう

ロボたちが通っている学校のゴルフ部部長。ロボのレーザービームのような打球をみて、彼に興味が湧き、ロボをゴルフ部に誘っている。

ロボの父親

何度かロボが実家にいるときの描写で登場。なんとなく飄々としている感じだが、まだまだわからないことが多い。なんとなくゴルフにも深い関係がありそうなので、ロボに対して何かゴルフの上達を助ける指導なども今後していきそうな予感。

スポンサーリンク

ロボレーザービームとは?

黒子のバスケの藤巻先生の最新作!週刊少年ジャンプで連載中の漫画

ロボレーザービームは、『黒子のバスケ』の作者藤巻忠俊先生の最新作だ。ゴルフを題材にした漫画で、主人公のロボが、彼特有のレーザービームのような打球で活躍していく。まだまだ連載が始まったばかりで、今後どのような展開になっていくのか楽しみでたまらない漫画だ!

ロボレーザービームの関連記事

ロボレーザービーム第8話までのネタバレとあらすじ

記事一覧
第8話 第7話 第5話 第1話〜第4話

【ロボレーザービーム】第5話ネタバレ!ロボに弱点が…?

ロボレーザービームの第5話ネタバレ

週刊少年ジャンプに連載中『ROBOT×LASERBEAM ロボレーザービーム』の第5話のネタバレとあらすじをまとめています。伏線や今後の展開考察、呂羽人(ろばと)/鳩原呂羽人:通称ロボ、三浦鷹山などの主要キャラ紹介や考察もしていますのでぜひご一読お願いいたします!

スポンサーリンク

ロボレーザービームの第5話のあらすじとネタバレ

ロボレーザービームの5話まであらすじ

第1ホールに勝利したロボだが…弱点も露出

正確無比なショットで、第1ホールイーグルを取って、三浦鷹山に勝利したロボ。しかし、第2ホールでロボの弱点が明らかに。彼はレーザービームのような正確な打球を打てるものの、経験が圧倒的に不足していた。ゴルフはただまっすぐ打てばいいという競技ではない。風やラフ、バンカーショットやパット、様々な要素が絡み合っている。ロボはそれらの要素に対する経験や技術が圧倒的に不足していたのだ。第2ホール目パー3の第一打、ホールインワンを狙いにいくロボであったが、ショットを右にずらしてしまう。パットも入らず、パーで鷹山と引き分ける。

第3ホールで鷹山が反撃開始。そしてロボは…?

パー4の第3ホール。鷹山は勝ちにくために、全力のドライバーショット「紫電一閃」を披露する。300ヤードの位置にあるバンカーを大きく超え、340ヤード超えのショットを打ってみせた。ロボ第1打は、風で大きく逸れラフへ入ってしまう。そしてロボの第二打目、彼はミスショットをしてピンチに立たされる…。


▲ロボの経験不足が露呈してしまった…。ここで第5話が終了。

ロボレーザービームの5話の感想

ロボの弱点露出!圧倒的な経験不足が響く結果に…

正確無比なレーザービームを打てるロボに大きな弱点がありました。それは風を読むことができないことや、ラフのショットを打ったことがないこと、パターが下手なこと。これらは全体的にゴルフ初心者であることが原因です。つまり、圧倒的な経験不足ということ。正確なショットを打てても、ゴルフはそれだけで勝てるほど簡単な競技ではありませんから、経験という面でロボは三浦鷹山に圧倒的に負けています。この負けている部分をこれからどうやって補っていくのか、物語の焦点はそこに移っていきそうです。

結構予想していたとおりになった感が…。お父さんがこれから鍛えていくのでしょうか?

なんとなく予想はできていましたが、まっすぐ打つ以外は弱点だらけのロボでした…。最初のインパクトは強かったですが、やはりロボがこれから練習していってゴルフの腕を上達させていくという、王道のストーリーになりそうです。だとすると誰がロボを鍛えていくのでしょうか…?やっぱりゴルフをやっていた感じのお父さんになるのでしょうか。また、ゴルフ部に入って仲間と一緒に切磋琢磨していくという展開も十分考えられそうですね。

スポンサーリンク

ロボレーザービームの伏線と今後の予想展開まとめ

ロボの父親やゴルフ部が鍵になりそう

感想でも少し触れたが、やはりロボの父親やゴルフ部の仲間とともに練習してうまくなっていくという筋書きになりそう。先の読みやすい展開だが、それはそれで今後三浦鷹山やその他に出てくるであろうライバルたちとどのような勝負をしていくのかという点が一番気になるところ。また、どのような練習をしてうまくなっていくのか、それも期待したいところだ。

ロボレーザービームの主な登場人物(キャラクター)一覧

ここまで出てきたキャラクターたちをおさらい!どのキャラも今後活躍の場がありそうなメインキャラクターになっていきそうな予感なので、ここに出てくるキャラは覚えておこう!

キャラクター一覧
ロボ トモヤ 三浦鷹山
部長(柊 慎太郎) ロボの父親

スポンサーリンク

ロボ (鳩原 呂羽人
はとはらろばと

この物語の主人公。超がつくほどの真面目な性格で、非常に几帳面。人の気持も理解できず、空気の読めない発言もしてしまう。まるでロボットのような性格をしており、周りからはあまり理解されていない。しかし、そのロボのような几帳面さから生み出される正確無比なスイングから、まるでレーザービームのような打球を繰り出すことができるゴルフの才能をもっていた。ちなみにハーフだ。

中田
なかた
トモヤ

ロボの唯一?の友達。ロボのことを気にかけている。かなりのお調子者で、ゴルフの腕を上達させて、プロになってお金を稼ぎたいと発言している。しかし、まだまだ初心者でゴルフはド下手。お調子者の性格が災いして、よく問題ごとを引き起こす。ただ、それでもどこか憎めないキャラクターをしている。

三浦鷹山
みうらようざん

プロ注目の天才高校生ゴルファー。そんな彼だが、ある日打ちっぱなしで練習していたところ、ロボの真芯に当て続けるインパクト音を聞いて、ロボに対してライバル心を燃やしている。今後ロボとライバル関係になって、お互いに実力を高めあっていく展開になることを期待したい。

部長(柊慎太郎
ひいらぎしんたろう

ロボたちが通っている学校のゴルフ部部長。ロボのレーザービームのような打球をみて、彼に興味が湧き、ロボをゴルフ部に誘っている。

ロボの父親

何度かロボが実家にいるときの描写で登場。なんとなく飄々としている感じだが、まだまだわからないことが多い。なんとなくゴルフにも深い関係がありそうなので、ロボに対して何かゴルフの上達を助ける指導なども今後していきそうな予感。

スポンサーリンク

ロボレーザービームとは?

黒子のバスケの藤巻先生の最新作!週刊少年ジャンプで連載中の漫画

ロボレーザービームは、『黒子のバスケ』の作者藤巻忠俊先生の最新作だ。ゴルフを題材にした漫画で、主人公のロボが、彼特有のレーザービームのような打球で活躍していく。まだまだ連載が始まったばかりで、今後どのような展開になっていくのか楽しみでたまらない漫画だ!

ロボレーザービームの関連記事

ロボレーザービーム第8話までのネタバレとあらすじ

記事一覧
第8話 第7話 第6話 第1話〜第4話