【七つの大罪ネタバレ】最新269話の考察!いざ煉獄から脱出!バンが大活躍?

七つの大罪最新269話ネタバレ

description

5/30発売週刊少年マガジン『七つの大罪』269話「煉獄ライフ」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
七つの大罪ネタバレ
◀268話 270話▶

スポンサーリンク

七つの大罪最新269話ネタバレとあらすじ

269話のネタバレと見所

ついにメリオダスの感情を見つけたバン!

268話で、やけに絡んできた黒い龍。その正体は、メリオダスの感情でしたね。メリオダスの感情が目を覚ますと、「よう相棒♬気分はどーだ?」と陽気に話しかけるバン。ここにバンがいるわけない、そう思うメリオダスでしたが、「俺は本物だぜ・・・・・・団ちょ♬」とバンがいうと、よっぽど心細かったのか、バンに泣きつくメリオダス。もう誰にも会えないと思っていたようです。

現実世界に戻る方法がわからない…

しかし、ふたりとも現実世界に戻る方法がわからないみたいです(´・ω・`)しかし、二人は落ち込みません。戻る方法を探すべく、とりあえず出発するのでした。

煉獄には2種類の化物がいる?

メリオダスによると煉獄には2種類の化物がいるようです。一つ目は煉獄に落ちた魂が凶暴化した外来種。さっきまでバンやメリオダスがなってたやつです。明確な実体がないため、死ぬとチリになるとのこと。もう一つは煉獄で生まれた在来種。在来種の素材がなにやら大事になる様子。

煉獄には2種類の化物がいる?

メリオダスによると煉獄には2種類の化物がいるようです。一つ目は煉獄に落ちた魂が凶暴化した外来種。さっきまでバンやメリオダスがなってたやつです。明確な実体がないため、死ぬとチリになるとのこと。もう一つは煉獄で生まれた在来種。在来種の素材がなにやら大事になる様子。服を作るみたいですね。ただ、メリオダスはあくまで感情なので今は思うように力を出せないようです。

囚われのメリオダス。過酷な煉獄の環境

メリオダスの感情は、どうやら死ぬたびにこの煉獄に閉じ込められてきたようです。魔神王はメリオダスを次の後継者にしたいので、邪魔な感情を煉獄に閉じ込めてきたようです。その煉獄は非常に過酷な環境。バンが再登場したときにも描かれていましたが、煉獄にいるだけでやけどを負ったり、吐血したりしてしまうのです。そんな環境の中、バンは見事に適応し、在来種を倒すのでした。

魔神王のすぐ近くに出口が…?

最初は魔神王に囚われていたメリオダスの感情。しかし、脱出をあきらめ、化物になったメリオダスの感情をみて安心したようで、煉獄に解き放ったようです。しかし、煉獄に解き放ったことで、メリオダスの感情が隙をみて逃げ出すことを考えなかったのか不思議に思ったバン。そのことから、魔神王の近くに出口があるのではないかと、メリオダスの感情が推測します。

出口を求め魔神王の元へ…?

推測を元に、出口を探すべく、魔神王のもとへ二人は向かいました。かっこいい感じの服に身を包んで、気合充分の二人。果たして煉獄から脱出できるのか…?ここで269話が終了しました。

268話までのあらすじ

268話までのあらすじです。

ついにバンが登場きたー!

いい意味で期待を裏切られました!268話は煉獄にいるバンが久々にガッツリ登場です!早速冒頭から煉獄に飲まれそうというピンチから始まるわけですが…。煉獄にきてから時間の感覚もわからなくなっているようです(何百年も立ったみたいで、ヒゲボーボーで再登場)。自分で自分を鼓舞しつつ、あまりにも過酷な煉獄を、一人メリオダスの感情を探しに歩いていきます。

なんか龍っぽい化物に襲われるバン

煉獄を歩いていると、龍っぽい化物に襲われ踏み潰されるバン。しかし、バンも負けずと化物に応戦します。仲間のため、エレインのため、ここで死ぬわけには行かないバンは、化物と戦い続けます。何十年も…(´・ω・`)

化物がバンになつく?その正体は…

化物の戦い続け、さすがに疲れてしまったバンは、ふと眠りについてしまいます。目が覚めると、なんと戦っていたはずの龍がバンによりそうにようにして眠っていました。バンになついているみたい…?しかし、バンはメリオダスの感情を見つけられないまま。どこにいるんだ、おれは早く団ちょを見つけて、大事な女(バンにとってはもちろんエレイン)に会いたいんだ。そう呼びかけると、どこからか「ああ・・・オレもさ」と答える声が。はっとして見回すと、さっきまでいたはずの龍の姿が見当たりません。下を見てみると、そこにはすやすや眠るメリオダスの姿が。そう、龍の正体はメリオダスの感情だったのです。エリザベスに会いたいと本音をいうメリオダスの感情。すこし希望が見えたのでしょうか…?ここで269話が終了します。

267話までのあらすじ

267話までのあらすじです。

暴走するエスタロッサ…!エリザベスが危ない!

266話で、エリザベスへのあまりの執着から、ついに暴走したエスタロッサ。エリザベスの首を思いっきり締めますが、エリザベスは間一髪でエスタロッサに攻撃して抜け出します。そして、辺りを見回すと、そこはメリオダスとエリザベスの思い出の場所「天空演舞場」。メリオダスに会いたい気持ちでいっぱいになるエリザベス。そこで、エスタロッサは昔のことを思い出したと徐に語り始めます。

エリザベスを助けに行くのは七つの大罪と天使、それとデリエリ…?

一方、七つの大罪と天使たちは、エリザベスを助けに行こうとしていました。そして、デリエリも…。エリザベスは、かつてデリエリたちを命がけで救っていたので、その借りを返すためにエリザベス救出に乗り出したのです。現状考えられる最強の布陣でエリザベスを救出しにいくことになりました。しかし、あのエスタロッサを止められるのか…?

エスタロッサが語る昔の思い出と約束、そして戒禁に飲み込まれる…

エスタロッサが語りだしたのは、昔の思い出でした。弱かった自分をいつも笑わずに受け入れてくれたのは、メリオダスとエリザベスだけだったのです。そんなこともあって、エリザベスに想いを寄せるようになるエスタロッサ。しかし、エリザベスの視線の先にはいつもメリオダスしかいなかったのです。エリザベスへの気持ちをメリオダスに打ち明けると、メリオダスが二人の中を取り持ってくれると約束してくれたとも…。しかし、それは記憶違いだとエリザベスが語ると、確かにそういったんだ、メリオダスが嘘をついたとエスタロッサは怒りだし、戒禁に飲み込まれいきます…。

エリザベスの届かない思い…

戒禁に飲み込まれたエスタロッサは、エリザベスを自分のものにするために、彼女を取り込もうとします。刹那、エリザベスが思うのはメリオダスのこと。今、メリオダスは魔神王になるために、順調に戒禁を取り込んでいる様子。悲痛に悶えるエリザベスの声は、今はメリオダスには届きません…。しかし、このままではエリザベスはエスタロッサに取り込まれてしまいます。どうなってしまうのか…、ここで267話が終了します。

スポンサーリンク

七つの大罪最新269話ネタバレ感想と展開予想

269話ネタバレ感想

現在準備中です。

269話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪最新269話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪の登場人物

メリオダス

本作の主人公。現在、自身が魔神王になって、エリザベスを輪廻転生から救い出すために戒禁を集めている。

エリザベス

メリオダスの恋人で、本作のメインヒロイン。魔神と結ばれるという禁忌を犯し、永遠に輪廻転生を繰り返す呪いを受けている。

バン

七つの大罪の一人。現在メリオダスを正気に戻すため、単身魔界に乗り込んでいる。生死は不明だ。

ディアンヌ

七つの大罪の一人で、巨人族の少女。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

キング

七つの大罪の一人で、別名妖精王「ハーレクイン」。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

ゴウセル

七つの大罪の一人で、心を持った人形。キングとディアンヌに救われ、自分自身と向き合い、正気に戻っている。キングたちと共に、メリオダスを正気にすべく、魔神たちと戦っている。

マーリン

七つの大罪の一人で、無敵の魔法使い。最愛のアーサーを亡くしてしまうが、国を守り、メリオダスとエリザベスを救うべく、魔神族と戦う。

エスカノール

七つの大罪の一人で、人類最強の男。どうやら四大天使の一人の恩寵を受け継いでいる様子…?現在、天使と一緒になり、魔神族と戦っている。

ゼルドリス

十戒の一人で、メリオダスの弟。魔神王を目指していたが、メリオダスとの取引によって、メリオダスが魔神王になることに力を貸している。どんな取引があったかは不明。

エスタロッサ

十戒の一人で、メリオダスの弟。エリザベスに恋い焦がれていたが、メリオダスに勝てないと悟り、劣等感を抱くように。挙句の果てに、自分をメリオダスだと思い込み、暴走している。

リュドシエル

四大天使の一人。現在、マーガレットを器にしている。魔神族との聖戦に勝ち、この戦いを終わらせようとしている。

ザリエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

タルミエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

デリエリ

十戒の一人。最愛のモンスピートをエスタロッサに殺され、助けをもとめエリザベスたちのところへ来た。現在も七つの大罪や天使たちの元にいる。

スポンサーリンク

七つの大罪最新269話ネタバレ予想

次の話もバンが大活躍っぽい!

268話の最後に、269話のタイトルも「煉獄ライフ」と書いてありましたね!ということは、必然的にバンが今週も大活躍ということになりそうです!メリオダスの感情を見つけ出したわけですから、あとは帰還ということになりますね。ただ、これが一番たいへんなのかな…?そもそも、どうやって帰るんでしょう(´・ω・`)ライフとか言っちゃってるし、煉獄きてから何百年と経ってるし、これは戻るのが一番たいへんなやつなのかも知れません。

エリザベス大丈夫か…?

エリザベスはマジでピンチですね。もう戒禁に意識を取り込まれつつあるエスタロッサは、完全に暴走してエリザベスを取り込もうとしていました。とりあえず助けに入るのはディアンヌとキング、天使の二人とデリエリということになりそうですが、果たしてエリザベスは助かるのか…?ただ、この辺は270話以降の見どころになる可能が高そうですね!

格が違うメリオダス…。戒禁を取り込んだ後の姿が恐ろしそう

メリオダス本体は、エスタロッサとは違い、完全に戒禁を自分のものにしつつ、取り込みに成功している様子でしたね。すべての戒禁を取り込んだあと、一体どれくらい強くなっているんでしょうか…?また、そうなった後で感情を取り戻したところで、メリオダスはもとに戻るんでしょうか…?いろいろと不安要素が盛り沢山といったところですね(´・ω・`)

メリオダス本体と感情がバトルする展開もある!?

これ、普通に考えられそうな展開。まさか、感情がメリオダスの肉体を持っているとは思いもよらなかったので考えもしなかったんですが、感情が普通に戦えるなら、本体のメリオダスとバトルすることになるのかも知れませんね。魔神王の本体、七つの大罪の感情、そのバトル。面白い展開になりそうです!

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です