【七つの大罪ネタバレ】最新267話の考察!メリオダスがエリザベスを救う…?

七つの大罪最新267話ネタバレ

description

5/23発売週刊少年マガジン『七つの大罪』267話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
七つの大罪ネタバレ
◀266話 268話▶

スポンサーリンク

七つの大罪最新267話ネタバレ予想

2話掲載の巻頭カラー!超盛り上がってますね!

5月23日発売のマガジンで、なんと七つの大罪は2話掲載&巻頭カラー!非常に盛り上がりを見せていますね!267話の気になる内容は、エスタロッサの魔の手にかかり、大ピンチのエリザベスがどう救われるのかな、と言う所ですね。

メリオダスくるかも!?

いや、可能性としてはなんとも言えない所なんですけど、メリオダスが助けにくるんじゃないかなと思ってるんですよね、個人的に。全く根拠がないわけじゃなく、この秘密の場所はメリオダスしか知らないからです。そう考えると、十分メリオダスが助けに来ることは考えられるんじゃないでしょうか。

まあ、ザリエルとタルミエルが可能性高そうですが…

ただ、話の流れから考えると、ザリエルとタルミエルがなんとか秘密の場所を見つけて、エリザベスを救出するんじゃないかな、という展開ですね。これが一番可能性が高そう。ただし、二人だとエスタロッサに勝てないということも考えられるんですよね。そうなると、メリダオスが最終的に助けにくることも考えられるのかも知れません。

ゼルドリスが来ることもあるか?

エスタロッサの監視かなんかをしていると仮定すれば、ゼルドリスがその場に現れることも考えられそうですね。メリオダスとした取引も、もしかしたらエリザベスが無事でみたいな条件入っているかもしれませんし。もし取引の条件にエリザベスの生存が本当に入っているとすればですが、ゼルドリスがこのヤバイ場面をそのまま見て見ぬふりをするとは思えません。

エスタロッサが戦線離脱?

なんか大分フラグ立っちゃってる気がする…。RPGでよく見る魔王一歩手前の強敵がもうすぐやられる前の展開とかぶるんですよね、今のエスタロッサ…。2話も進むわけですから、この辺でエスタロッサが戦線離脱ということも考えられるかも…。果たしてどうなるやら気になりますね!

スポンサーリンク

七つの大罪最新267話ネタバレとあらすじ

267話のネタバレと見所

暴走するエスタロッサ…!エリザベスが危ない!

265話で、エリザベスへのあまりの執着から、ついに暴走したエスタロッサ。エリザベスの首を思いっきり締めますが、エリザベスは間一髪でエスタロッサに攻撃して抜け出します。そして、辺りを見回すと、そこはメリオダスとエリザベスの思い出の場所「天空演舞場」。メリオダスに会いたい気持ちでいっぱいになるエリザベス。そこで、エスタロッサは昔のことを思い出したと徐に語り始めます。

エリザベスを助けに行くのは七つの大罪と天使、それとデリエリ…?

一方、七つの大罪と天使たちは、エリザベスを助けに行こうとしていました。そして、デリエリも…。エリザベスは、かつてデリエリたちを命がけで救っていたので、その借りを返すためにエリザベス救出に乗り出したのです。現状考えられる最強の布陣でエリザベスを救出しにいくことになりました。しかし、あのエスタロッサを止められるのか…?

エスタロッサが語る昔の思い出と約束、そして戒禁に飲み込まれる…

エスタロッサが語りだしたのは、昔の思い出でした。弱かった自分をいつも笑わずに受け入れてくれたのは、メリオダスとエリザベスだけだったのです。そんなこともあって、エリザベスに想いを寄せるようになるエスタロッサ。しかし、エリザベスの視線の先にはいつもメリオダスしかいなかったのです。エリザベスへの気持ちをメリオダスに打ち明けると、メリオダスが二人の中を取り持ってくれると約束してくれたとも…。しかし、それは記憶違いだとエリザベスが語ると、確かにそういったんだ、メリオダスが嘘をついたとエスタロッサは怒りだし、戒禁に飲み込まれいきます…。

エリザベスの届かない思い…

戒禁に飲み込まれたエスタロッサは、エリザベスを自分のものにするために、彼女を取り込もうとします。刹那、エリザベスが思うのはメリオダスのこと。今、メリオダスは魔神王になるために、順調に戒禁を取り込んでいる様子。悲痛に悶えるエリザベスの声は、今はメリオダスには届きません…。しかし、このままではエリザベスはエスタロッサに取り込まれてしまいます。どうなってしまうのか…、ここで267話が終了します。

266話までのあらすじ

266話までのあらすじです。

ドレファスが巨大(フルサイズ)化!

七つの大罪と大天使たち部隊は、エスタロッサが来る前の戦いで大勝利を収めましたが、守備部隊が苦戦しています。東門に強力な魔神が現れ、グリアモールが大ピンチ!駆けつけるドレファスがなんと巨大化!フラウドリンと同じ能力を使用したのです!強力な魔神も、巨大化したドレファスの前に萎縮し、形成が逆転!ここから反撃です。

ザリエルの器が大人に…?そして四大天使の二人が真の姿に戻る!

エスタロッサの猛攻を受けたザリエルとタルミエルはどちらも無事でした。そして、力を使った反動で、ザリエルの器だったソラシドが大人まで急成長しました。女性だったみたいで、結構カワイイ姿にwしかし、このまま四大天使の二人が器に入り続けると、器が耐えきれず滅びてしまいます。そのため、仕方なく二人は器から離れ、元の姿に戻ることになりました。エスタロッサをなんとしてでも討ち取る決意を見せる二人。果たしてあのエスタロッサ相手に通用するのか…?

狂うエスタロッサ。ピンチのエリザベス

まるで自分自身をメリオダスのように思い込むエスタロッサ。かつてエリザベスとメリオダスの秘密の場所だったところにエリザベスを連れて行きます。エリザベスが、エスタロッサに「あなたはエスタロッサ。メリオダスじゃないわ」と正気に戻させようと試みますが、メリオダスにコンプレックスをもつエスタロッサは、自分がメリオダスでないことを肯定できず、ついに狂ってしまいます…。そして、エリザベスの首を締めるエスタロッサ。エリザベスはどうなってしまうのか…?ここで266話が終了します。

265話までのあらすじ

265話までのあらすじです。

エスタロッサの過去が明らかに。エリザベスに執着する理由

265話はエスタロッサの回想からスタートします。昔、小さい頃にエリザベスとエスタロッサは会っており、その頃からエリザベスのことが好きだったのです。しかし、エリザベスはメリオダスのことが好きでした。だから、エスタロッサはメリオダスになりたかったのです。エリザベスを振り向かせられるメリオダスに…。

悲報:エスタロッサついに壊れる

あまりのメリオダスとエリザベスに対する執着のあまり、ついにエスタロッサが壊れてしまいます。自分のことをメリオダスと言い出してしまうのです…。正気を保てなくなったエスタロッサは、戒禁とエリザベスを求め、七つの大罪や聖騎士に再び牙をむきます。

必死の応戦虚しく連れ去られるエリザベス

エリザベスと戒禁を渡さないよう、必死に応戦する七つの大罪、聖騎士、天使の連合軍。しかし、ある意味覚醒したエスタロッサに誰も歯がたちません。エリザベスは誰も気づけないために、自らを差し出し、エスタロッサに連れ去られてしまいます。しかし、エリザベスはなにやら考えがあるみたいで…?ここで265話が終了します。

スポンサーリンク

七つの大罪最新267話ネタバレ感想と展開予想

267話ネタバレ感想

現在準備中です。

267話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪最新267話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪の登場人物

メリオダス

本作の主人公。現在、自身が魔神王になって、エリザベスを輪廻転生から救い出すために戒禁を集めている。

エリザベス

メリオダスの恋人で、本作のメインヒロイン。魔神と結ばれるという禁忌を犯し、永遠に輪廻転生を繰り返す呪いを受けている。

バン

七つの大罪の一人。現在メリオダスを正気に戻すため、単身魔界に乗り込んでいる。生死は不明だ。

ディアンヌ

七つの大罪の一人で、巨人族の少女。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

キング

七つの大罪の一人で、別名妖精王「ハーレクイン」。メリオダスとエリザベスを救うために、天使たちと一緒になり十戒と戦っている。

ゴウセル

七つの大罪の一人で、心を持った人形。キングとディアンヌに救われ、自分自身と向き合い、正気に戻っている。キングたちと共に、メリオダスを正気にすべく、魔神たちと戦っている。

マーリン

七つの大罪の一人で、無敵の魔法使い。最愛のアーサーを亡くしてしまうが、国を守り、メリオダスとエリザベスを救うべく、魔神族と戦う。

エスカノール

七つの大罪の一人で、人類最強の男。どうやら四大天使の一人の恩寵を受け継いでいる様子…?現在、天使と一緒になり、魔神族と戦っている。

ゼルドリス

十戒の一人で、メリオダスの弟。魔神王を目指していたが、メリオダスとの取引によって、メリオダスが魔神王になることに力を貸している。どんな取引があったかは不明。

エスタロッサ

十戒の一人で、メリオダスの弟。エリザベスに恋い焦がれていたが、メリオダスに勝てないと悟り、劣等感を抱くように。挙句の果てに、自分をメリオダスだと思い込み、暴走している。

リュドシエル

四大天使の一人。現在、マーガレットを器にしている。魔神族との聖戦に勝ち、この戦いを終わらせようとしている。

ザリエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

タルミエル

四大天使の一人。266話でついに真の姿を見せた。エリザベスと救うべく、エスタロッサと再戦し、倒すことを決意している。

デリエリ

十戒の一人。最愛のモンスピートをエスタロッサに殺され、助けをもとめエリザベスたちのところへ来た。現在も七つの大罪や天使たちの元にいる。

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です