【七つの大罪ネタバレ】最新266話の考察!エリザベスがピンチ?

七つの大罪最新266話ネタバレ

description

5/16発売週刊少年マガジン『七つの大罪』266話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひ読んでみてください!

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
七つの大罪ネタバレ
◀265話 267話▶

スポンサーリンク

七つの大罪最新266話ネタバレ予想

連れ去られてしまったエリザベスの命運は…?

暴走するエスタロッサの前に、七つの大罪は歯が立たず、エリザベスを連れ去られてしまいました。異常なまでにエリザベスに執着するエスタロッサですが、このあとはどんな展開になるのでしょうか…?エリザベスがエスタロッサの思いも受け止めつつ、心を入換させちゃうんですかね?最近のエリザベスの活躍を見てると、それも十分有り得そうな気がしちゃうのが怖い所wなんなら、エスタロッサが仲間になるのでは?まぁ、それはないかw次号が楽しみですね!

デリエリを狙って今度こそゼルドリス襲来?

265話でゼルドリスが出るかと思っていたんですが、265話では登場せず。しかし、エリザベスがいなくなったところに襲撃というのは有り得そうな展開。もしかしたら、ゼルドリスが来ちゃうかもですね。一番有り得そうなところはチャンドラーとかかな、とは思ってるんですが。ゼルドリスが来ても面白いですよね。
ちなみにチャンドラーはこいつ

とりあえずバンの話もしとこうか

いや、出ないのはわかってるんですけどねwあまりにも出番ないので、忘れ去られないように話をしとこうと思います。今だに魔界に行ってからなんの音沙汰もないバン。もしかすると、魔界でメリオダスと再会、なんて展開もありえるんですかね?首を長くして、再登場に期待しましょう!

スポンサーリンク

七つの大罪最新266話ネタバレとあらすじ

266話のネタバレと見所

ドレファスが巨大(フルサイズ)化!

七つの大罪と大天使たち部隊は、エスタロッサが来る前の戦いで大勝利を収めましたが、守備部隊が苦戦しています。東門に強力な魔神が現れ、グリアモールが大ピンチ!駆けつけるドレファスがなんと巨大化!フラウドリンと同じ能力を使用したのです!強力な魔神も、巨大化したドレファスの前に萎縮し、形成が逆転!ここから反撃です。

ザリエルの器が大人に…?そして四大天使の二人が真の姿に戻る!

エスタロッサの猛攻を受けたザリエルとタルミエルはどちらも無事でした。そして、力を使った反動で、ザリエルの器だったソラシドが大人まで急成長しました。女性だったみたいで、結構カワイイ姿にwしかし、このまま四大天使の二人が器に入り続けると、器が耐えきれず滅びてしまいます。そのため、仕方なく二人は器から離れ、元の姿に戻ることになりました。エスタロッサをなんとしてでも討ち取る決意を見せる二人。果たしてあのエスタロッサ相手に通用するのか…?

狂うエスタロッサ。ピンチのエリザベス

まるで自分自身をメリオダスのように思い込むエスタロッサ。かつてエリザベスとメリオダスの秘密の場所だったところにエリザベスを連れて行きます。エリザベスが、エスタロッサに「あなたはエスタロッサ。メリオダスじゃないわ」と正気に戻させようと試みますが、メリオダスにコンプレックスをもつエスタロッサは、自分がメリオダスでないことを肯定できず、ついに狂ってしまいます…。そして、エリザベスの首を締めるエスタロッサ。エリザベスはどうなってしまうのか…?ここで266話が終了します。

265話までのあらすじ

265話までのあらすじです。

エスタロッサの過去が明らかに。エリザベスに執着する理由

265話はエスタロッサの回想からスタートします。昔、小さい頃にエリザベスとエスタロッサは会っており、その頃からエリザベスのことが好きだったのです。しかし、エリザベスはメリオダスのことが好きでした。だから、エスタロッサはメリオダスになりたかったのです。エリザベスを振り向かせられるメリオダスに…。

悲報:エスタロッサついに壊れる

あまりのメリオダスとエリザベスに対する執着のあまり、ついにエスタロッサが壊れてしまいます。自分のことをメリオダスと言い出してしまうのです…。正気を保てなくなったエスタロッサは、戒禁とエリザベスを求め、七つの大罪や聖騎士に再び牙をむきます。

必死の応戦虚しく連れ去られるエリザベス

エリザベスと戒禁を渡さないよう、必死に応戦する七つの大罪、聖騎士、天使の連合軍。しかし、ある意味覚醒したエスタロッサに誰も歯がたちません。エリザベスは誰も気づけないために、自らを差し出し、エスタロッサに連れ去られてしまいます。しかし、エリザベスはなにやら考えがあるみたいで…?ここで265話が終了します。

263話までのあらすじ

263話までのあらすじです。

エスタロッサと四大天使が激突!

262話では、デリエリを追ってきたエスタロッサと天使達が邂逅し、263話でついに戦いが始まりました。最初に仕掛けたのはエスタロッサ。四大天使の2人にはエスタロッサの戒禁も効かないのですが、エスタロッサはお構いなしに天使の腹を貫きました。

エリザベスや大罪のメンバーは無事

エスタロッサがかなり大きい攻撃を仕掛けてきましたが、エリザベスや大罪のメンバーはなんとか切り抜けました。デリエリも無事で、今のところエリザベスと一緒にいますが、果たして戒禁を守りきることはできるでしょうか…?

四大天使の恩寵によって追い込まれるエスタロッサ…

四大天使の腹を一突きしたエスタロッサでしたが、それは水の分身でした。その後、エスタロッサは、四大天使の恩寵が作り出した神の領域へと引きずり込まれます。そして、竜巻と津波の混合技「エンリルの天罰」がエスタロッサを襲います。かなり凄まじい攻撃。エスタロッサは海の中にいたのですが、竜巻によって荒れに荒れ身動きがとれないところに、巨大な雷を落とす攻撃です。これではエスタロッサもひとたまりもないか…?ここで263話が終了しました。

スポンサーリンク

七つの大罪最新266話ネタバレ感想と展開予想

266話ネタバレ感想

現在準備中です。

266話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪最新266話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です