【七つの大罪ネタバレ】最新262話の考察!デリエリがどう出る!?

七つの大罪最新262話ネタバレ

description

4/11発売週刊少年マガジン『七つの大罪』262話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読ください!

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
七つの大罪ネタバレ
◀261話 263話▶

スポンサーリンク

七つの大罪最新262話ネタバレ予想

デリエリがどちらにつくのかが見所!

261話では、デリエリが最後強襲部隊の前に現れて終了しましたね。モンスピートはおそらく倒されたと考えて良さそうですし、デリエリもそう考えていることは間違いありません。失意の中にあるので、スティグマ側につくのか、十戒側で強襲部隊と戦うのかが見所です。まあ、普通に考えれば、敵を討ちたいと思っていると思うので、スティグマに強力するのがベターな展開かなと思います。

ただそう簡単に和解するはずも…。そこでエリザベス!

ただ、デリエリも十戒として散々好き勝手やってますからね〜。天使たちや聖騎士たちがそう簡単に許すとも考えにくい。そこで、緩衝材の役割を果たすのがエリザベスなのかなと。261話で頼もしさを描いたのも、そこにつなげる狙いがあってのことなのかも知れませんね。

ただ、このまま行くと強襲部隊とエスタロッサが戦うことになるんだが

まあ、エスタロッサはデリエリを追いかけてきますわな。そうなると、必然的に開戦となるわけで。ここがかなりヤバそう。あと、エリザベスも大丈夫かなぁという心配もありますね。エスタロッサはエリザベスに執着してましたから、攫うことも考えられるのでは?そうなったら、メリオダスの怒りを買いそう…。複雑な展開になる予感(´・ω・`)

スポンサーリンク

七つの大罪最新262話ネタバレとあらすじ

262話のネタバレと見所

現在準備中

現在準備中です。

261話までのあらすじ

261話までのあらすじです。

モンスピートがエスタロッサに心臓を潰される…

モンスピートがエスタロッサに心臓を潰され、ついにデリエリと決別の時が来てしまったようです(´・ω・`)「お別れの時間だ」モンスピートがデリエリにそう言い残し、デリエリを突き飛ばして逃します。次の瞬間、エスタロッサが強大な黒炎を放ち、デリエリが絶命…?

強襲部隊は魔族の部隊を撃退!

その頃、強襲部隊は魔族の最後の群れを撃退し、見事に任務を果たしました。スティグマがまず勝利を収める形となったのです。ハウザーは撤退命令を出し、聖騎士長らしく、帰り道で魔族に襲われている人間がいたら助けつつ、村や町でなるべく戦闘を避けるように指示を出します。すっかり聖騎士長らしくなったハウザーでした。

デスピアスが進軍を提案。しかしエリザベスが止める

しかし、デスピアスがハウザーに反対し、進軍を提案します。リュドシエルの加護を受けた今なら勝てると、一気に魔族を畳み掛けるつもりです。しかし、エリザベスがそれを止めます。デスピアスが受けた加護は、諸刃の剣だと言うことをわかっていたからでした。

エリザベスは偉大…(^o^)

デスピアスは、エリザベスが何もわかっていないという口ぶりをしましたが、何もわかっていないのはデスピアスでした。エリザベスは、戦闘中ずっと魔族たちに無駄な争いを避けるように語りかけ、傷を負った仲間たちを癒やしていたのです。四大天使最強の「マニエル」が絶賛するほどの力と頼もしさを見せるエリザベス。昔のドジな頃の面影はありません。

強襲部隊の元に巨大な反応が…?

撤退し、王都に帰還しようとしていたその時、巨大な反応が強襲部隊に接近してきました。十戒の気配…。一体誰なのか?強襲部隊のど真ん中に着地し、噴煙を上げ、その煙が晴れると…。現れたのは、先程モンスピートを失ってしまって、失意にいるデリエリでした。ここで261話が終了します。

259話までのあらすじ

259話までのあらすじです。

ついに戦闘が開始!

魔族と強襲部隊の戦闘がついに始まりました。ギーラがまず技を放ち魔族たちに先制攻撃。その後ハウザーやデスピアスが追撃を行います。しかし、多勢に無勢で、苦戦を強いられます。

ディアンヌとキングが大技を発動!

しかし、七つの大罪がすぐに活躍!まずはディアンヌが、地面を大きな津波にして、巨大な魔族たちを飲み込みます。続けざまに、キングがジャスティスフォルで追撃!魔族たちをかなりの数倒すことに成功しました!

四大天使たちも大活躍!

七つの大罪のメンバーだけでなく、四大天使たちも大活躍!広範囲を吹き飛ばす大技を使い、さらに魔族の勢力を削っていきます。今のところ、七つの大罪と四大天使のおかげで、戦局は強襲部隊有利で進んでいるようです。

デリエリが戒禁を渡す…?

そして、視点は変わり、村に隠れていたデリエリとモンスピアートが久々に登場!徐にデリエリが起き上がると、ゼルドリスの所へ行って、戒禁を渡すという発言をします。しかし、そこに忍び寄るのはエスタロッサ。デリエリたちが思うような展開にはならなそう…?ここで259話が終了しました。

258話までのあらすじ

258話までのあらすじです。

メリオダスとゼルドリスの約束とは?

冒頭はメリオダスとゼルドリスの会話から始まりました。ゼルドリスの自戒の戒禁を手にしたメリオダス。そして、ゼルドリスに約束について釘を刺されています。「ゼルドリス…許せよ こんな兄貴を」。意味深な言葉を言い残し、メリオダスは戒禁を自分に取り込みました。

ホークとエリザベスの決意

ホークはエリザベスを守るために、母に真の力を開放すると決意述べます(ネタ感もありますが、もしかするとなんかあるかも?)。エリザベスも、メリオダスに戒禁が渡らないよう、決意を新たにします。マーリンもそんなエリザベスをみて、戦いへの覚悟を決めました。

戦いに備える七つの大罪

一方、七つの大罪も戦いに備えます。キングは何やらディアンヌにプロポーズしようとしていましたが、イラつくエスカノールに邪魔されます。そこにゴウセルがマーリンの声色を使って悪ふざけ。より一層エスカノールがイラつきますwしかし、不安要素もあるようです。なんと、エスカノールが咳払いとともに軽く吐血してしまいました。特別な力を宿しているエスカノールですが、その負担があまりにも大きいようです。

ついに強襲部隊が出陣

そして戦いの時はきました。ギルやヘンドリクセン、七つの大罪、天使族を含む強襲部隊<光の聖痕(スティグマ)>がついに敵地へ赴きます。そして、目の間に魔族の軍団が出現。キングとディアンヌが先陣を切り、ついに魔族との聖戦が始まりました。ここで258話が終了。

スポンサーリンク

七つの大罪最新262話ネタバレ感想と展開予想

262話ネタバレ感想

現在準備中です。

262話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

スポンサーリンク

七つの大罪最新262話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です