【ダイヤのA(エース)act2】 最新116話ネタバレ「4番ゾノ、男を見せる!?」

ダイヤのA(エース)最新116話ネタバレ

description

3/21発売週刊少年マガジン16号『ダイヤのA(エース)』116話「4番ゾノ、男を見せる!?」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

センバツ高校野球開幕!

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)最新116話ネタバレとあらすじ

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0
0
0
0
0
1
1
0
1
0
0
1
2
1 2 3 4 5 6 7 8 9
0
0
0
2
3
0
0
0
5
0
0
3
0
0
0
0
2
5

116話のネタバレと見所

ゾノ、気迫の同点打!

復活を目指す降谷が先発している山守学院との練習試合は、青道2点ビハインドの6回、倉持・小湊・白洲の3連打で1点差とし、なおもノーアウト一・三塁のチャンスで4番のゾノを打席に迎えました。注目の結果はボテボテのセカンドゴロ、ゲッツー崩れの間に同点に追いつきました。
ダイヤのA act2 116話より引用

山守も魅せる!

『チームが振り出しに戻してくれたんだ。ここから取り返していけばいい――…』。続く降谷は強烈な打球をピッチャーの足元に弾き返しますが、山守学院のセカンドがファインプレー。ダブルプレーでピンチを切り抜けました。
ダイヤのA act2 116話より引用

やっぱり最後はストレート!

片岡監督は降谷と由井を呼び、「このイニングをしっかり2人で抑えてこい」と声を掛けました。この回最初のバッターをストレート2球で追い込み、1球変化球を見せて意識させた後、ストレートで空振り三振に切ってとりました。『みんなそれぞれの持ち場で戦ってる』――。沢村が次の試合へのアップに向かいました。
ダイヤのA act2 116話より引用

115話のあらすじ

115話までのあらすじです。
1 2 3 4 5 6 7 8 9
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
2

プレーで取り返そうと意気込む由井

降谷が先発している山守学院戦は5回を終わって2-0、青道のビハインドです。小野の負傷交代もあり由井がマスクを被っていますが、2回にバッテリーエラーから四球でランナーを増やし、タイムリーで先制点を献上。5回は先頭打者への四球から失点しています。由井は降谷の力みに責任を感じている様子でした。

反撃開始!

6回の攻撃は先頭・倉持がサードの頭上を破るツーベースで出塁。さらに、小湊がバントの構えから甘めに入っていきたところをヒッティングし、左中間を破るツーベースで1点を返しました。この日、4番に入ったゾノが声を掛けました。「安心せぇ降谷…まだまだこんなもんやないで」

4番・御幸ゾノ

続く白洲も三遊間を破るヒットで繋ぎ、これで3連打。神足(こうたり)を攻め、さらにノーアウト一・三塁とチャンスを広げました。打席には4番のゾノを迎えます。

114話まであらすじ

114話のあらすじです。
1 2 3 4 5 6 7 8 9
0
0
0
2
3
0
0
0
5
0
0
3
0
0
0
0
1
4

山岡、同点タイムリー!

日米野球第一試合は8回裏、東京代表チームが白河のタイムリーで1点差とし、なおもチャンスで山岡がライトオーバーのタイムリーを放ち、試合を降り出しに戻しました。成宮も稲実の強さに自信を覗かせました。「ね!『俺らが出たなら』勝つ!!」

士気を高めたアメリカチーム

アメリカチームのナインがマウンドに集まって間を取ります。軽く落ち込むコンラッドに対して、キャッチャーのカーライルが言葉をかけます。「力と力、技と技の応酬、心理的な駆け引き。This is Baseball」―――。コンラッドは続く星田をショートゴロに抑えました。

立ちはだかる壁

9回の守備につく際、御幸は成宮の「負ける気はしないんだよね…」という言葉を思い出していました。『あの発言の裏にある自信と覚悟…これが鳴の…稲実のメンタリティ。俺達のライバル―――』

青道はビハインドの展開

復活を目指す降谷が先発している山守学院戦はキャッチャー・小野の負傷交代の影響もあってか、5回を終わって青道が2点のビハインドです。

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)最新116話ネタバレ感想と展開予想

116話ネタバレ感想

4番の仕事

御幸の代わりに4番に入ったゾノが同点、逆転の絶好機に打席を迎え、ゲッツー崩れに終わりましたが「俺らで点取ったる」という言葉通り三塁ランナーはホームに帰しました。塁上ではまるで逆転タイムリーを放ったかのような喜びようです。
ダイヤのA act2 116話より引用

116話以降のネタバレ展開予想

当落線上の金田

降谷はこの6回が最後で、7回からは金田が登板という形になりそうです。センターの東条が投手としての株を上げてきているので、金田も残り少ない試合の中で強豪校を相手にアピールしていきたいところです。

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)最新116話ネタバレ伏線

「クローザー・降谷」画策中?

6回、降谷が最初のバッターを三振に仕留めましたが、落合コーチは何とも言えない表情で降谷を見ていました。最後のイニングだと分かって息を吹き返し、三振を奪った姿を見て、降谷のクローザー転換を画策しているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)の関連記事

まとめ記事はこちら

おすすめ記事一覧

2018年のおすすめ漫画を紹介!

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です