【七つの大罪ネタバレ】最新258話の考察!バンがそろそろ登場か?

七つの大罪最新258話ネタバレ

description

3/14発売週刊少年マガジン『七つの大罪』258話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
七つの大罪ネタバレ
◀257話 259話▶

スポンサーリンク

七つの大罪最新258話ネタバレ予想

アーサーが魔力を覚醒させて…?

257話しだいなんですが、おそらくアーサーが魔力を覚醒させて、魔神たちにリベンジをしにいく展開も考えられるのかなぁと。魔力を覚醒させたアーサーがどれほど強いのか、非常に気になるところですね!(さすがにそのままフェードアウトの流れはないと思うけど…)

【追記】アーサー亡き者に…(´;ω;`)ブワッ

いやー、これはアカーンンンンンンンン〜〜〜〜〜……(´;ω;`)ブワッ いや、管理人個人はカムバックあると思ってますよ!?だってここまで切り札みたいに引っ張ってきてあっさりしすぎや!というのが逆に伏線になってる(と思いたい)。カムバックお願いだから頼む…。

問題の257話はこちら

258話でバン視点に移るのでは?

魔神との対決を一旦区切りつけて、バン視点に行くことも十分考えられるのではないかなぁ。あまりにも出番なさすぎですからね。そろそろファンは登場を熱望しているのではないでしょうか。まずは無事に帰ってきて欲しい所ですね!

メリオダスは元に戻るんでしょうか?

最終的な展開が今のところ全く読めないんですが、メリオダスどうなるかな…。エリザベスのために自分が魔神王になろうとしているわけですが、本当にメリオダスはこのままなのか。多分それはないと思うので、最後は七つの大罪と一緒に、魔神王に挑む流れなのかな。最後はみんな生き残ってハッピーエンドが良いですけど、果たして…。

七つの大罪最新258話ネタバレとあらすじ

258話のネタバレと見所

メリオダスとゼルドリスの約束とは?

冒頭はメリオダスとゼルドリスの会話から始まりました。ゼルドリスの自戒の戒禁を手にしたメリオダス。そして、ゼルドリスに約束について釘を刺されています。「ゼルドリス…許せよ こんな兄貴を」。意味深な言葉を言い残し、メリオダスは戒禁を自分に取り込みました。

ホークとエリザベスの決意

ホークはエリザベスを守るために、母に真の力を開放すると決意述べます(ネタ感もありますが、もしかするとなんかあるかも?)。エリザベスも、メリオダスに戒禁が渡らないよう、決意を新たにします。マーリンもそんなエリザベスをみて、戦いへの覚悟を決めました。

戦いに備える七つの大罪

一方、七つの大罪も戦いに備えます。キングは何やらディアンヌにプロポーズしようとしていましたが、イラつくエスカノールに邪魔されます。そこにゴウセルがマーリンの声色を使って悪ふざけ。より一層エスカノールがイラつきますwしかし、不安要素もあるようです。なんと、エスカノールが咳払いとともに軽く吐血してしまいました。特別な力を宿しているエスカノールですが、その負担があまりにも大きいようです。

ついに強襲部隊が出陣

そして戦いの時はきました。ギルやヘンドリクセン、七つの大罪、天使族を含む強襲部隊<光の聖痕(スティグマ)>がついに敵地へ赴きます。そして、目の間に魔族の軍団が出現。キングとディアンヌが先陣を切り、ついに魔族との聖戦が始まりました。ここで258話が終了。

スポンサーリンク

257話までのあらすじ

257話までのあらすじです。

アーサーまさかの戦線離脱…

256話でキューザックに操られたアーサーは、自らエクスカリバーを心臓に刺して死んでしまいました…。アーサーが意識を失う直前、謎の声が(多分キューザック?)心臓を完全に破壊するようにアーサーに言い、アーサーはその通り帰らぬ人となってしまったのです。え?みたいなちょっと信じられない感もある(´・ω・`)

キャスが怒ってる?マーリンは落ち込む…

アーサーが死んでしまった後、キャスは怒りを露わにしていました。後々何かにつながるのかな?一方、アーサーを失ってしまったマーリンはかなり落ち込んでしまいました。マーリンにとって、アーサーはかけがえのない人物だったのです。その気持を痛いほど理解できるエリザベスは、マーリンを励まします。その励ましに奮起したマーリンは、アーサーのためにもメリオダスを止めるべく前へ進む!

天使族との合同作戦会議!ギルも合流!

マーリンたちは魔族との戦争に備え、天使族と合同の作戦会議を開きます。戦闘部隊と王都を守る防衛部隊に別れるようです。天使族たちは魔族たちが揃う敵地へ向かう強襲部隊として参加するのですが、そこにヘンドリクセンとギルが加わるようです!強襲部隊は作戦の成否を分ける重要な役ですが、果たしてどうなるか…?

なんか老兵でてきた

ちょっと名前わからないんですが(´・ω・`)、魔族も新しい敵が出てきたみたいです。なんか老兵とか言われてるめっちゃつようそうなじいさん出てきましたwこれ結構ヤバイんじゃね…?みたいなところで257話が終了しました。

256話までのあらすじ

256話までのあらすじです。

現実は甘くない…魔族が牙を剥く

エクスカリバーを引き抜いて、魔族達に対抗できるかと思われたアーサー。しかし、現実はそう甘くない。倒したかと思われていたチャンドラーとキューザックは全くダメージを受けていなかったのです。魔力を覚醒していないと真の力を発揮できないみたいです。聖剣がアーサーに力を貸して、それなりに強くはなれたものの、最上位魔神である今の相手には通じなかったのです。

アーサーのピンチにマーリンが駆けつける

このままではアーサーはやられてしまう。そう思った次の瞬間、マーリンがアーサーの元へ駆けつけ、彼を窮地から救いだしました。突然現れたマーリンに、メリオダスは「信仰」の戒禁を渡すように要求します。しかし、マーリンは応じず、メリオダスには心配する仲間や恋人たちの存在があることを忘れるなと言い残し、その場を後にしました。

アーサーが自決?

なんとか窮地を逃れたと思ったのもつかの間、アーサーはキューザックに操られていました。キューザックの魔の手にかかったアーサーは、エクスカリバーで自らを切り裂き、自決してしまいました…。今後どうなってしまうのか。マーリンがアーサーの名前を叫んで256話が終了しました。

スポンサーリンク

七つの大罪最新258話ネタバレ感想と展開予想

258話ネタバレ感想

手中に収めた戒禁を取り込んだメリオダスですが、一体どれほどの力を手にするのでしょうか。今後かなり厄介な存在になりそうです。そして、ついに聖戦が始まりましたね!来週以降戦いが本格化してくることでしょう。目が離せない展開になってきました!

258話以降のネタバレ展開予想

とりあえずは魔族との戦いで展開が進みそうです。成長した七つの大罪が、魔族の軍団相手にどれほどの活躍を見せるのか、そこがかなり期待大ですね!

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です