【高校野球】2018年選抜大会の日程と組み合わせ、注目選手の成績

【高校野球】2018年選抜大会の日程と組み合わせ、注目選手の成績

description

球春到来!この春、甲子園球場で行われる第90回選抜高校野球大会の日程や組み合わせ、注目選手の成績、優勝校を予想します。トーナメント表を随時更新していくので是非、ご覧ください!

日程と組み合わせ

3月23日(金)から4月4日(水)まで。※◯数字は第◯試合を表します。

スポンサーリンク

出場校一覧

今大会に出場する全36校の一覧です。

  学校名 出場回数
北海道
駒大苫小牧
4年ぶり4回目
岩手
花巻東
6年ぶり3回目
山形
日大山形
36年ぶり4回目
福島
聖光学院
5年ぶり5回目
茨城
明秀日立
初出場
栃木
国学院栃木
18年ぶり4回目
千葉
中央学院
初出場
東京
日大三
2年ぶり20回目
神奈川
慶応
9年ぶり9回目
東海大相模
7年ぶり10回目
富山
富山商業
9年ぶり6回目
石川
日本航空石川
初出場
星稜
13年ぶり12回目
静岡
静岡
2年連続17回目
愛知
東邦
2年ぶり29回目
三重
三重
4年ぶり13回目
滋賀
近江
3年ぶり5回目
彦根東
9年ぶり4回目
京都
乙訓
初出場
奈良
智弁学園
3年連続12回目
和歌山
智辯和歌山
4年連続12回目
大阪
大阪桐蔭
4年連続10回目
岡山
おかやま山陽
初出場
広島
瀬戸内
27年ぶり3回目
山口
下関国際
初出場
香川
英明
3年ぶり2回目
愛媛
松山聖陵
初出場
高知
高知
5年ぶり18回目
明徳義塾
3年連続18回目
福岡
東筑
20年ぶり3回目
長崎
創成館
4年ぶり3回目
宮崎
延岡学園
12年ぶり3回目
富島
初出場
秋田
由利工
初出場
滋賀
膳所
59年ぶり4回目
佐賀
伊万里
初出場

※は21世紀枠

スポンサーリンク

記録ランキング

新チーム結成後の公式戦、練習試合を合わせた個人記録を掲載しています。

打率トップ3

1位
上田優弥
(日航石川)
.505(91-46)
2位
須田優真
(聖光学院)
.489(133-65)
3位
村松開人
(静岡)
.485(97-47)

※規定打席はチーム試合数✕3.1以上

本塁打トップ3

1位
渡辺健士郎
(東海相模)
19本
(57試合-181打数)
2位
森下翔太
(東海相模)
17本
(52試合-175打数)
3位
芳賀大成
(明秀日立)
11本
(32試合-121打数)

打点トップ3

1位
渡辺健士郎
(東海相模)
80打点(57試合)
2位
森下翔太
(東海相模)
58打点(52試合)
3位
長沼航
(中央学院)
54打点(73試合)

盗塁トップ3

1位
田中大暉
(中央学院)
37盗塁(66試合)
2位
林琢真
(東邦)
32盗塁(46試合)
3位
長沼航
(中央学院)
25盗塁(73試合)

防御率トップ3

1位
柿木蓮
(大阪桐蔭)
0.67(67回)
2位
斎藤礼二
(東海相模)
0.68(79,1回)
3位
扇谷莉
(東邦)
1.51(172,1回)

奪三振率トップ3

1位
川原陸
(創成館)
10.05
(105,2回-118三振)
2位
生井惇己
(慶応)
9.96
(81,1回-90三振)
3位
佐藤亜蓮
(由利工)
9.94
(168,1回-186三振)

※投球回80以上

スポンサーリンク

注目選手と成績

今大会注目の選手の特徴と、新チーム結成後の成績です。

根尾昂(大阪桐蔭)

チームの大黒柱

投手に加え、内野・外野も守れる身体能力の高さを持ち、4番打者としても力強いフルスイングで打球をスタンドへ運ぶ。

公式戦成績

打率 本塁打 打点
.357(42-15)
5
20
登板 投回 奪三 四死 防率
3
19
33
9
0.47

公式戦+練習試合

打率 本塁打 打点
.407(86-35)
9
45
登板 投回 奪三 四死 防率
5
24
42
12
2.25

藤原恭大(大阪桐蔭)

不動のリードオフマン

アグレッシブな走塁に加え、1番打者ながら一発を打つ力もあり、U18W杯に2年生ながら選出された逸材。

公式戦成績

打率 本塁打 打点
.438(48-21)
2
7

公式戦+練習試合

打率 本塁打 打点
.438(48-21)
2
7

森下翔太(東海大相模)

高校通算44本塁打

柔らかさとパンチ力を兼ね備えた、懐の深い打撃が持ち味のスラッガー。

公式戦成績

打率 本塁打 打点
.512(41-21)
5
23

公式戦+練習試合

打率 本塁打 打点
.429(175-75)
17
58

市川悠太(明徳義塾)

無類のタフネス

コーナーを突くストレートとスライダーを軸に、公式戦10試合を一人で投げぬいたタフネスぶりが光る。

公式戦成績

登板 投回 奪三 四死 防率
10
80
76
26
1.35

公式戦+練習試合

登板 投回 奪三 四死 防率
25
191
158
49
1.60

成瀬和人(静岡)

長打が魅力の4番打者

逆方向にも力強い打球を飛ばすなど、4番打者として勝負強い打撃を見せる。

公式戦成績

打率 本塁打 打点
.298(47-14)
1
12

公式戦+練習試合

打率 本塁打 打点
.341(85-29)
2
25

スポンサーリンク

注目校と優勝校予想

今大会の注目校と優勝校を予想します。

今大会の注目校

大阪桐蔭

根尾・藤原・柿木といったドラフト候補に加え、中川・山田ら経験充分の選手たちが多く、今年もやはり優勝候補筆頭。公式戦防御率0.99と投手陣も盤石で、春2連覇を狙う。

東海大相模(神奈川)

小松・山田の1、2番コンビに始まり、森下・吉田・渡辺へと続くクリーンアップも強力。ケガの影響で、半年間ブランクが空くエース・斎藤の投球がカギを握りそう。

智辯和歌山

文元・冨田、さらにケガで秋の出場がなかった林といったスラッガーが打線を牽引する。昨年は春・夏・秋と大阪桐蔭にすべて敗れているため、雪辱を晴らしたい。

明徳義塾(高知)

攻撃のリズムをつくれる1番・真鍋、さらにこちらも菰渕・渡部・谷合といった中軸の破壊力が脅威。公式戦10試合を一人で投げぬいた市川の投球もカギ。明治神宮大会に続く優勝となるか。

優勝校予想

経験値の高い大阪桐蔭が有利か

根尾・藤原・中川・山田ら昨年から甲子園の土を踏んでいる選手が多く、安定した戦いが期待できそう。投手陣もやはり甲子園のマウンド経験のある柿木・横川、根尾の3人が盤石で、厳しいトーナメントも勝ち上がれると予想。

スポンサーリンク

今大会の感想

大阪桐蔭、春2連覇!

まずは大阪桐蔭高校、春2連覇おめでとうございます!足の状態が万全ではなかった藤原選手をはじめ、花巻東戦では19得点を記録するなど破壊力抜群のチームでした。柿木、根尾を中心に接戦をものにする試合もあり投手陣も充実していて、根尾選手は2年連続の胴上げ投手となりました。夏も大いに期待したいと思います。

「4度目の正直」ならず…

昨年の春・夏・秋と3度とも敗れ、打倒・大阪桐蔭を誓っていた智弁和歌山ですが、決勝戦でまたしても敗北という結果になりました。ただ創成館戦や東海大相模戦など、点を取られても執念でひっくり返す底力を見せてくれました。夏こそは、対戦の機会があれば大阪桐蔭を破ってもらいたいです。

幻のノーヒッター

京大進学を目指すという、彦根東のサウスポー・増居投手のピッチングは圧巻でした。花巻東戦、延長10回にサヨナラ負けを喫しますが、9回までヒット1本も許さない快投を続けました。10回に初ヒットを許した時は、場内は歓声よりもため息の方が勝っていたように思います。涼しい表情からキレのあるボールを投げ込む姿が印象的でした。また一回り成長したピッチングを、甲子園で見せてほしいです。

逆境での底力

また今大会は、サヨナラホームランが多く飛び出したのも印象的でした。特に、明徳義塾と中央学院との一戦。明徳義塾の谷合選手は、これまでチャンスで凡退するなど、4番の役割を果たせていませんでしたが、最終回に逆転サヨナラ3ランをバックスクリーンに叩き込みました。4番を任される理由がわかりますね。2アウトランナーなしからの逆転劇に明徳義塾の底力を感じました。

漫画コミュニティの関連記事

野球関連記事

セリーグ

パリーグ

高校野球

ワンピースランキング

ダイヤのAランキング

2018年のおすすめ漫画を紹介!

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です