【ハンターハンターネタバレ】最新376話の考察!オイトの能力が覚醒か

ハンターハンター最新376話ネタバレ

description

3/5発売週刊少年ジャンプ『ハンターハンター』376話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

最強

悪魔の実

かわいい

名場面

人気
ダイヤのAランキング

投手

野手

オーダー

名場面

名言
ハンターハンターネタバレ
◀375話 377話▶

ハンターハンター最強ランキング!

スポンサーリンク

ハンターハンター最新376話ネタバレ予想

オイトの能力が覚醒?

375話の展開しだいになるけど、タイミングとしてはそろそろオイト王妃の能力が発動しそうな予感がしますね。375話でも言及したんですが、おそらくオイトはワブルを守りきるための能力を習得する可能性が高そう。千里眼とかが一番しっくりくるかな?多分危険察知能力が高い感じになる予感がします。少なくとも戦闘系ではないかな…?

ハンゾー達を隠している念獣の正体は?

うーん、これは375話ですでに明らかになっちゃうかも知れませんが、ハンゾー達の本体を隠した念獣の正体が気になるところですね。意外と強力な念獣であるならば、王位継承戦の鍵をにぎる感じなるかもしれません。

追記:第13王子マラヤームの能力

375話で第13王子マラヤームの能力であることが明かされました。しかし、まだ詳細は不明。376話で明らかになりそうな雰囲気です。

旅団とヒソカも怖いなぁ…

もう展開がカオスに予感しかしないんですが、旅団とヒソカも船に乗ってるんですよね、多分…。クラピカもいるし、もし王位継承戦に関わることになってくれば、もうグッチャグチャになりそうwまさに地獄絵図な船内になるかもしれませんね。

ハンターハンター最新376話ネタバレとあらすじ

376話のネタバレと見所

王子達がそれぞれ策略を巡らす!

376話の冒頭では、ハルケンブルク(第9王子)が動き出し、どうやらホイコーロ王に会いたいと申し出ているです。一方、裁判を経て釈放されたカミーラ(第二王子)。しかし、ベンジャミン(第1王子)の能力で行動は筒抜けのよう。

再びワブルの部屋で犠牲者が

ワブル王子(第14王子)の部屋でまた新たな犠牲者が。全てクラピカ達に都合の良いようにことが起きてしまっており、クラピカ達の企てたことと疑われてしまいます。このままでは国王軍を呼ばれてしまい、クラピカ達はバラバラに拘束される可能性が出て来てしまいます。そうなると、護衛をするのが難しくなってしまいますが果たして…?

ベレレインテが救いの手を差し伸べる

しかし、そこで同じハンターであるベレレインテが救いの手を差し伸べます。念の講習会をやめてしまうと、情報収集ができなくなってしまうからです。そのため、提訴することをほのめかしつつ講習継続を申し出て、それが認められる形になりました。クラピカ間一髪と言うところです。

カチョウ(第10王子)がSOS

一方、1010号室のカチョウ(第10王子)が、センリツを呼びつけてモールス信号で合図を送ります。生き残ることに必死なカチョウ(センリツの印象では、悪い子ではなさそうです)。センリツも彼女の護衛についている中で、なんとかしてカチョウを救うことを新たに固く誓います。

第3王子の能力が気になる…

目まぐるしく視点が入れ替わります(笑)。今度はチョウライ(第3王子)に視点が移り、たまに出てくるコインの正体が気にかかっている模様。これはチョウライの念獣が出したものなのですが、なにか条件を満たすことでコインを持っている者に対して能力が発動するみたいです。能力の内容は今後明らかになりそう。

第11王子と第4王子の能力が開花?

今度はフウゲツ(第11王子)視点に。彼女の能力は、どうやらドアを作り出して異空間を移動できるというものらしいです。しかし、具体的にどこまで移動できるか、そのリスクは何なのかなどの情報はまだわかりません。カチョウ(第10王子)の力になるために、自分で試していくようです。一方、ツェリードニヒ(第4王子)も念能力を開花させ、水見式を行います。しかしそこに出てきたのは見たことない反応。禍々しい特質系能力者でした…。どんな能力を発現させるのか、ここで376話が終了しました。

375話のネタバレと見所

前話までのあらすじです。

王子達の念獣が次々と判明!

今回は王子達についている念獣の能力が次々に判明!第2王子(カミーラ)は、強制操作系の能力。ある条件を満たした相手を強制的に操る。第5王子(ツベッパ)は、パートナーが必要となる、共存型の変化形能力。様々な効果を持つ薬品を生成可能。第7王子(ルズール)は半強制型の具現化系能力。相手の欲望につけ込み、罠にはめて発動する能力だ。

ハルケンブルクの念獣も強力

第9王子(ハルケンブルク)の念獣もかなり強力。相互依存型の強化系能力で、ハルケンブルクを慕う信奉者達が一致団結すればするほど、相互のポテンシャルを引き出し合うことができる。かなりの威力を誇り、第1王子(ベンジャミン)の私設兵もかなり警戒するほどの能力だ。

ビスケ達が消えた謎も判明!

ビスケたちが消えた謎も判明。13王子(マラヤーム)の念獣によって引き起こされたものだった。どうやら、現実世界と隔絶された空間を作ることができる能力のようだ。13王子の念獣を探るため、私設兵が13王子のいる空間へと足を踏み入れていく。しかもビスケの見立てでは、一方通行の能力みたいでかなり危険だが果たして…?ここで375話が終了した。

スポンサーリンク

ハンターハンター最新376話ネタバレ感想と展開予想

376話ネタバレ感想

現在準備中です。

376話以降のネタバレ展開予想

現在準備中です。

スポンサーリンク

ハンターハンター最新376話ネタバレ伏線

現在準備中

現在準備中です。

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

ハンターハンター最強ランキング!

2018年のおすすめ漫画を紹介!

おすすめ記事一覧

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です