【プロ野球】2018年シーズンの順位予想<パ・リーグ編>

【プロ野球】2018年シーズンの順位予想<パ・リーグ編>

description

福岡ソフトバンクホークスのリーグ優勝で幕を下ろした2017年プロ野球・パシフィックリーグ。早速気になる2018年シーズンの展望を占っていきます!逐次、2018年シーズンの順位表も更新していきますので、是非ご覧ください!

セ・リーグ編はこちら

2018年シーズン順位表


※6月7日現在

2017年シーズンの戦績

2017年シーズンの戦績を振り返ります。

順位表

 セ・リーグ

チーム 試合 勝利 敗北 引分 勝率
143
88
51
4
.633
143
78
61
4
.561
10.0
De
143
73
65
5
.529
14.5
143
72
68
3
.514
16.5
143
59
79
5
.428
28.5
143
45
96
2
.319
44.0

 パ・リーグ

チーム 試合 勝利 敗北 引分 勝率
143
94
49
0
.657
西
143
79
61
3
.564
13.5
143
77
63
3
.550
15.5
143
63
79
1
.444
30.5
143
60
83
0
.420
34.0
143
54
87
2
.383
39.0

打撃成績表

青字はリーグトップ、赤字はリーグワースト

 セ・リーグ

チーム 打率 得点 安打 HR 犠打 盗塁
.273
736
1329
152
116
112
.249
589
1195
113
116
70
De
.252
597
1230
134
84
39
.249
536
1190
113
87
56
.247
487
1183
111
115
77
.234
473
1108
95
109
50

 パ・リーグ

チーム 打率 得点 安打 HR 犠打 盗塁
.259
638
1208
164
156
73
西
.264
690
1264
153
93
129
.254
585
1221
135
105
42
.251
539
1197
127
149
33
.242
509
1147
108
103
86
.233
479
1098
95
98
78

投手成績表

青字はリーグトップ、赤字はリーグワースト

 セ・リーグ

チーム 防御率 失点 被安打 被HR 奪三振 与四死
3.39
540
1182
92
1035
505
3.29
528
1178
92
1223
513
De
3.81
598
1202
128
1117
551
3.31
504
1182
116
1083
418
4.05
623
1231
127
949
564
4.21
653
1271
157
1011
490

 パ・リーグ

チーム 防御率 失点 被安打 被HR 奪三振 与四死
3.22
483
1062
134
1203
504
西
3.53
560
1169
125
967
463
3.33
528
1140
115
1144
462
3.83
598
1214
124
1015
474
3.82
596
1246
147
968
494
4.22
647
1293
143
939
546

スポンサーリンク

2018年シーズンの展望

各チームの主力選手の成績(2017年)と2018年シーズンの展望を占っていきます。

 福岡ソフトバンクホークス

連覇へまっしぐらダ!

昨シーズンは94勝と圧倒的な強さを見せつけた。2018年シーズンも当然日本一を目指したい。

主力野手の成績(2017年)

選手名 試合 打率 HR 打点 盗塁 出塁率
今宮
141
.264(526-139)
14
64
15
.317
中村
143
.270(551-138)
6
42
3
.355
松田
143
.264(531-140)
24
71
5
.319
柳田
130
.310(448-139)
31
99
14
.426
デスパイネ
136
.262(478-125)
35
103
3
.347
上林
134
.260(415-108)
13
51
12
.302
明石
103
.279(290-81)
1
23
5
.346
内川
73
.297(266-79)
12
50
0
.370
甲斐
103
.232(207-48)
5
18
4
.323
高谷
92
.206(175-36)
1
20
0
.258
川崎
42
.241(137-33)
0
4
0
.309
本多
62
.213(122-26)
0
8
3
.284
川島
81
.264(110-29)
5
13
2
.374
髙田
58
.228(114-26)
2
8
2
.273
福田
104
.183(104-19)
3
16
4
.227

※打席数順、青字はリーグ最高

主力選手が期待通りの活躍

内川、松田らベテランをはじめ、柳田、デスパイネ、今宮、中村といった主力選手は今シーズンも健在。上林や甲斐ら台頭した若手に加え、長谷川、本多など実績充分の選手たちも控えており、層の厚さが光る。

主力投手の成績(2017年)

選手名 試合 投球回 防御率 HP
東浜
24
160
16
5
2.64
0
0
バンデンハーク
25
153
13
7
3.24
0
0
千賀
22
143
13
4
2.64
0
0
石川
34
98.1
8
3
3.29
0
3
中田
18
86.2
7
6
4.57
0
1
岩嵜
72
72.1
6
3
1.99
2
46
武田
13
71
6
4
3.68
0
0
サファテ
66
66
2
2
1.09
54
5
64
64.1
2
3
3.92
1
35
松本
15
58.1
2
4
4.78
0
0
和田
8
47
4
0
2.49
0
0
寺原
24
42.1
1
2
4.25
0
3
五十嵐
46
41.2
6
0
1.73
0
17
モイネロ
34
35.2
4
3
2.52
1
19
攝津
7
33.2
0
2
5.61
0
1
嘉弥真
58
32.2
2
0
2.76
0
16

※投球回数順、▼は退団、青字はリーグ最高

リリーフ陣がフル回転

先発陣は和田や攝津が結果を残せなかったものの、大きく芽を出した東浜やバンデンハーク、千賀をはじめ、8勝をあげた石川の台頭も大きい。リリーフ陣も五十嵐、森、嘉弥真、さらに72試合に登板した岩嵜や、歴代最多セーブを記録したサファテらが期待以上の活躍を見せた。

 埼玉西武ライオンズ

自慢の打線で優勝を

若い力が芽を出し2位に躍進。自慢の打線でリーグ優勝を目指したい。

主力野手の成績(2017年)

選手名 試合 打率 HR 打点 盗塁 出塁率
秋山
143
.322(575-185)
25
89
16
.398
源田
143
.270(575-155)
3
57
37
.317
浅村
143
.291(574-167)
19
99
5
.347
外崎
135
.258(438-113)
10
48
23
.315
中村
115
.217(415-90)
27
79
1
.319
メヒア
113
.241(345-83)
19
53
1
.320
栗山
116
.252(333-84)
9
46
0
.308
金子
90
.272(283-77)
5
34
25
.333
炭谷
104
.251(267-67)
5
30
2
.289
山川
78
.298(242-72)
23
61
0
.420
木村
105
.201(184-37)
2
13
7
.256
岡田
68
.229(144-33)
0
9
0
.306
38
.339(124-42)
2
18
3
.434
▼渡辺
32
.235(68-16)
0
3
0
.307
▼田代
38
.071(56-4)
1
5
3
.161

※打席数順、▼は退団、青字はリーグ最高

攻撃力はリーグ屈指

浅村、秋山を中心に山川、外崎、源田といった若手が躍動した。中村やメヒア、森らも復調し、年間を通して結果を残したい。機動力を使える選手が多いため、リーグ屈指の攻撃力を誇る打線に期待。

主力投手の成績(2017年)

選手名 試合 投球回 防御率 HP
菊池
26
187.2
16
6
1.97
0
0
▼野上
24
144
11
10
3.63
0
0
ウルフ
23
125.1
9
4
3.73
0
0
十亀
20
116.1
8
7
3.40
0
0
多和田
16
96.2
5
5
3.44
0
0
岡本
14
64
6
3
5.34
1
0
▼シュリッター
64
63.2
1
5
2.83
0
33
▼牧田
58
62.2
3
3
2.30
0
31
武隈
58
57.1
5
2
3.14
0
18
増田
57
56.1
1
5
2.40
28
5
平井
42
45
2
0
2.40
0
6
高橋光
7
39.1
3
4
4.12
0
0
野田
38
36.1
1
0
1.98
0
2
▼ガルセス
18
31
2
2
6.39
0
2
佐野
6
23.2
3
1
4.56
0
0

※投球回数順、▼は退団、青字はリーグ最高

若手投手に期待

菊池が大車輪の活躍を見せるも、2桁勝利を挙げた野上、リリーフエースの牧田が退団となる。先発陣は多和田や高橋光成、リリーフ陣は平井、野田といった若手にかかる期待が大きい。

 東北楽天ゴールデンイーグルス

今シーズンこそリーグ優勝を

夏場まで首位をキープするも結果は3位。今シーズンこそリーグ優勝を目指したい。

主力野手の成績(2017年)

選手名 試合 打率 HR 打点 盗塁 出塁率
ウィーラー
142
.271(542-147)
31
82
7
.342
銀次
143
.293(529-155)
3
60
2
.362
島内
143
.265(494-131)
14
47
3
.352
ペゲーロ
120
.281(463-130)
26
75
3
.356
アマダー
121
.237(417-99)
23
65
0
.304
茂木
103
.296(398-118)
17
47
3
.370
岡島
111
.260(342-89)
3
32
3
.338
112
.199(281-56)
3
28
2
.339
藤田
102
.252(270-68)
3
33
2
.293
聖澤
111
.250(232-58)
1
21
2
.300
オコエ
41
.300(130-39)
3
11
5
.331
今江
51
.250(128-32)
1
10
0
.284
三好
56
.243(103-25)
1
9
0
.288
足立
49
.211(76-16)
1
7
0
.268
▼松井稼
44
.211(76-16)
2
10
0
.277

※打席数順、▼は退団

外国人トリオが本塁打を量産

銀次、島内、茂木、岡島ら左打ちの若手、中堅選手が打線を牽引。一発を打てる選手が少ないなか、ウィーラー、ペゲーロ、アマダーの外国人トリオが本塁打を量産した。

主力投手の成績(2017年)

選手名 試合 投球回 防御率 HP
則本
25
185.2
15
7
2.57
0
0
26
176.1
8
10
2.76
0
0
美馬
26
171.1
11
8
3.26
0
0
辛島
19
103
8
8
4.19
0
0
福山
65
59.2
6
0
1.06
7
29
釜田
12
56.1
4
3
4.95
0
1
ハーマン
56
53
3
1
2.72
1
36
松井裕
52
52.2
3
3
1.20
33
8
安樂
10
51
1
5
4.06
0
0
高梨
46
43.2
1
0
1.03
0
15
藤平
8
43.1
3
4
2.28
0
0
塩見
8
43.1
3
3
3.95
0
0
森原
42
39.1
2
4
4.81
0
15
▼久保
27
30
3
1
3.60
0
9
菅原
29
28.2
1
0
5.02
0
2

※投球回数順、▼は退団

先発3本柱が安定

則本、岸、美馬の3人がしっかりローテを支え、ルーキー・藤平も要所で白星を重ねた。リリーフ陣は福山を中心にハーマン、高梨、クローザーの松井が安定の活躍を見せた。

 オリックスバファローズ

まずはAクラス入りを

2015年シーズンから3年間Bクラスに沈んでいる。まずはAクラス入りを目指したい。

主力野手の成績(2017年)

選手名 試合 打率 HR 打点 盗塁 出塁率
T-岡田
143
.266(504-134)
31
68
2
.374
小谷野
130
.277(470-130)
6
47
0
.320
中島
124
.285(431-123)
9
49
0
.360
ロメロ
103
.274(390-107)
26
66
2
.330
大城
122
.246(345-85)
2
21
7
.285
安達
109
.203(316-64)
3
26
4
.306
西野
100
.234(282-66)
2
21
8
.305
駿太
129
.240(296-71)
2
27
4
.275
マレーロ
82
.290(283-82)
20
50
1
.364
吉田正
64
.311(228-71)
12
38
1
.410
若月
100
.202(218-44)
1
18
0
.245
伊藤
103
.189(196-37)
5
23
0
.263
武田
97
.295(207-61)
2
14
0
.321
小島
61
.213(164-35)
2
19
3
.243
宮﨑
52
.270(137-37)
2
13
0
.303

※打席数順、▼は退団

若手はチャンスをつかみたい

期待のスラッガー・吉田正尚が出遅れるも、新外国人のロメロ、マレーロが奮起。T-岡田も31本塁打と巻き返した。大城、駿太、武田といった若手選手はチャンスをつかみたい。

主力投手の成績(2017年)

選手名 試合 投球回 防御率 HP
金子
27
184.1
12
8
3.47
0
0
山岡
24
149.1
8
11
3.74
0
0
ディクソン
25
136
8
9
3.24
0
0
松葉
23
133.1
3
12
4.46
0
0
西
17
117.2
5
6
3.44
0
0
▼平野
58
57.1
3
7
2.67
29
11
近藤
55
55.2
1
1
3.07
1
26
黒木
55
53.1
6
3
4.22
2
31
ヘルメン
44
47
2
1
2.68
3
15
山﨑
15
45
2
5
4.40
0
1
吉田
29
43
2
1
2.72
0
7
小林
35
40.2
2
1
3.98
0
3
金田
34
39
4
1
4.15
0
6
大山
32
26
1
0
3.46
0
7
▼コーク
6
23.2
2
3
4.56
0
1

※投球回数順、▼は退団

若手が奮起するも…

エース金子、ルーキーの山岡がローテを支えるも、先発陣は白星を増やせず。リリーフ陣も近藤や黒木が奮起するなか、佐藤や比嘉、岸田、塚原ら実績のある選手が結果を残せなかった。

 日本ハムファイターズ

もう一度日本一へ

2016年シーズンの覇者がまさかの転落。主力が抜けるチームをもう一度立て直したい。

主力野手の成績(2017年)

選手名 試合 打率 HR 打点 盗塁 出塁率
西川
138
.296(541-160)
9
44
39
.378
レアード
137
.229(503-115)
32
90
0
.308
中田
129
.216(472-102)
16
67
0
.310
大田
118
.258(427-110)
15
46
5
.302
松本
115
.274(402-110)
5
33
6
.314
石井
114
.205(317-65)
3
24
3
.271
田中
107
.252(314-79)
2
18
11
.327
中島
91
.208(283-59)
1
13
11
.268
近藤
57
.413(167-69)
3
29
3
.567
▼大谷
65
.332(202-67)
8
31
0
.403
▼大野
83
.221(154-34)
3
13
0
.309
市川
57
.170(135-23)
1
8
0
.226
横尾
50
.239(134-32)
7
20
0
.309
60
.169(124-21)
0
7
6
.194
清水
61
.198(111-22)
1
10
0
.231

※打席数順、▼は退団

主砲の不振で打線が振るわず

大田や松本がきっかけをつかむも、開幕から打率4割をキープしていた近藤が離脱、主砲・中田が極度の不振に陥るなど打線が振るわなかった。若手は、期待の選手が多いだけに早く結果を残したい。

主力投手の成績(2017年)

選手名 試合 投球回 防御率 HP
有原
25
169
10
13
4.74
0
0
加藤
21
120
6
6
3.53
0
0
高梨
22
117.1
7
7
3.68
0
1
上沢
15
91.2
4
9
3.44
0
0
鍵谷
60
57
2
3
2.53
1
19
▼増井
52
52.2
6
1
2.39
27
13
村田
15
52
1
2
2.77
0
0
石川
37
49.2
0
1
4.35
0
7
宮西
51
40.2
4
5
3.32
0
29
▼マーティン
40
37.2
0
2
1.19
1
29
公文
41
36.2
3
0
2.70
0
6
上原
9
34.2
1
5
6.23
0
0
白村
24
33.1
1
3
4.32
1
2
浦野
7
33
3
3
4.36
0
0
斎藤
6
28
1
3
6.75
0
0

※投球回数順、▼は退団

先発陣は数が揃わず…

宮西、増井を中心にリリーフ陣は奮闘したものの、大谷をケガで欠き、その他先発陣も白星を伸ばせず。起用された若手も結果を残すことができなかった。

 千葉ロッテマリーンズ

再び下克上へ!

オープン戦首位もまさかのリーグ最下位。主力が奮起して巻き返したい。

主力野手の成績(2017年)

選手名 試合 打率 HR 打点 盗塁 出塁率
鈴木
143
.260(508-132)
11
52
6
.350
角中
110
.269(383-103)
8
44
6
.375
荻野
103
.264(356-94)
5
24
26
.315
田村
132
.248(311-77)
3
36
4
.304
中村
85
.275(280-77)
9
32
11
.336
加藤
98
.266(271-72)
5
27
7
.282
▼パラデス
89
.219(269-59)
10
26
1
.270
清田
79
.203(231-47)
3
21
3
.287
ペーニャ
70
.242(219-53)
15
38
0
.333
大嶺
91
.206(214-44)
5
23
1
.255
三木
85
.242(207-50)
2
19
0
.277
▼サントス
66
.250(180-45)
3
8
5
.282
▼ダフィー
54
.201(164-33)
6
18
0
.279
福浦
70
.224(134-30)
0
18
0
.316
▼井口
65
.244(123-30)
2
15
0
.340

※打席数順、▼は退団

期待の助っ人が大不振

期待されたパラデス、ダフィーの両外国人選手が、開幕から揃って大不振。実績のある選手も不調で、チームの最多本塁打は、途中加入のペーニャの15本、最多打点も鈴木の52という寂しい結果に終わった。

主力投手の成績(2017年)

選手名 試合 投球回 防御率 HP
涌井
25
158
5
11
3.99
0
0
二木
23
143.1
7
9
3.39
0
0
唐川
21
126.1
5
10
4.49
0
0
石川
16
97.1
3
11
5.09
0
0
佐々木
15
85.1
4
7
4.22
0
0
▼スタンリッジ
14
77
4
6
4.32
0
0
酒居
19
74.2
5
1
3.13
0
1
チェン
27
63
3
4
3.29
0
6
有吉
53
53.1
2
5
2.87
1
18
大谷
55
52
3
2
3.12
0
26
50
49
5
1
2.94
16
16
関谷
10
45
2
4
3.80
0
2
松永
50
36.1
1
3
3.22
0
19
益田
38
35.1
0
4
5.09
9
6
大嶺
20
30.2
2
2
3.82
0
2

※投球回数順、▼は退団

先発・リリーフともに柱が崩れ…

ルーキー・酒居が奮起したものの、先発では同じくルーキーの佐々木が期待ほどの結果を残せず、大黒柱の石川も誤算。リリーフでも抑えの益田が崩れるなど、打撃成績同様、軒並みリーグ最下位に沈んだ。

スポンサーリンク

パ・リーグの順位予想

最後に2018年シーズン(パ・リーグ)の順位を予想します。簡単な予想ですが、是非ご覧ください。

管理人の順位予想

順位 チーム
1位
福岡ソフトバンクホークス
2位
埼玉西武ライオンズ
3位
東北楽天ゴールデンイーグルス
4位
オリックスバファローズ
5位
千葉ロッテマリーンズ
6位
日本ハムファイターズ

ソフトバンクが今シーズンも他チームを圧倒?

打線は柳田、内川、松田、デスパイネといった主力が今シーズンも健在で、実績のある選手も控えており、死角がない。投手陣も東浜、バンデンハーク、千賀を中心に充実していて、岩嵜、サファテらリリーフ陣も盤石。今シーズンも圧倒的な力を見せてくれそう。

西武は破壊力で2位キープ?

投手陣は野上や牧田といった先発・中継ぎの柱が退団するものの、打線は秋山、浅村、山川らを中心に一発を期待できる選手や機動力を活かせる選手が多く、攻撃はソフトバンクをも上回る力がある。打力で今シーズンも2位に食い込めると予想。

楽天は今シーズンもAクラス入り確定?

長打はウィーラー、ペゲーロら外国人頼みになるが、昨シーズン17本塁打を放った茂木が年間を通して活躍できるかがポイント。投手陣も先発陣は則本、岸、美馬を中心に若手も期待の選手が多い。リリーフ陣も福山、松井らが抜群の安定感を誇り、今シーズンもAクラス入りできそう。

オリックスは投打が噛み合えばAクラスも?

T-岡田やロメロ、マレーロといった長距離砲を中心に、故障がちの吉田正尚が年間を通して活躍できるかがポイント。先発陣は白星こそ増やせなかったものの金子、ディクソン、山岡らが柱となり、若手に加え、実績のあるリリーフ陣が巻き返せればAクラスも見えてくる。

ロッテは最下位脱出?

長打は外国人頼みになり、鈴木、角中ら中堅選手が打線を引っ張りたい。先発陣はオリックス同様、白星こそ増やせなかったものの残留が決まった涌井、二木を中心に数は揃っており、試合をしっかりつくることができれば最下位から脱出できると予想。

日ハムは最下位転落…?

韋駄天・西川や雪辱に燃える中田ら打線の核となる選手はいるものの、「二刀流」大谷に加え、捕手の大野が退団。投手陣も先発は白星を計算できる投手が少なく、リリーフ陣もセットアッパー・増井が退団。特に投手陣が不安定となり、今シーズンは最下位に転落すると予想。

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

野球関連記事

セリーグ

パリーグ

高校野球

ワンピースランキング

ダイヤのAランキング

2018年のおすすめ漫画を紹介!

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です