【メイドインアビスまとめ】今勢いがある人気漫画を解説!

メイドインアビスまとめ

description

まんがライフWINで好評連載中の『メイドインアビス』についてまとめてみました!どんな漫画かを詳しく紹介するとともに、面白さを伝えていきます。登場人物「リコ」「レグ」「ナナチ」の軽い解説も掲載しています。

メイドインアビスの関連記事

キャラクター記事

リコ

レグ

ナナチ

メイドインアビスとは?

まんがらいふWINで連載中の人気漫画!

メイドインアビスとは、現在まんがらいふWINというwebサイトで連載をしている人気漫画。「アビス」という大穴を主人公の「リコ」たちが降りていき、様々な冒険をしていく。

最新話をチェック!

※公式サイトに飛びます。

アビスとはそもそも何?

この漫画で一番の肝である存在、大穴「アビス」。それじゃそもそもアビスって何?知らない人に向けて丁寧に解説。

オースという街の中心にある大穴

アビスとは、リコたちが暮らしている街「オース」の中心に広がっている大きな大穴。その深さは底が全くわからないほど深く、全長は何万mもある。アビスには遺物が数多く残されており、探窟家たち(アビスに潜る人冒険家たちのこと)が持ち帰る貴重な遺物が街を支えている。遺物の商いによる収入はもちろん、遺物自体がものすごい画期的な進歩をもたらすこともあるからだ。
ちなみに全貌はこのようになっている。底に関してはまだ謎のまま。

上昇する時に「呪い」がかかる

アビスはもたらしてくれる恩恵も大きいが、その分かなりのリスクがある。アビスには「アビスの呪い」と呼ばれる上昇に伴う負荷があり、呪いにかかると苦しい症状に見舞われる。アビスには1層〜7層まであることが現在確認されており、深く潜っていくごとに症状は重くなる。そして7層まで潜ってしまうと、呪いにかかった場合確実に死んでしまうのだ(つまり上昇することが出来ないので、もとの街に戻ることが出来ない。そのため7層から下に潜ることをラストダイブと呼んでいる)。

探窟家たちは尊敬の的!

彼女は白笛の探窟家である「殲滅のライザ」。リコの母親でもある。
そんな危険なアビスに潜ってまで遺物を探しに行く探窟家たちは、当然街の人達の誇りであり尊敬の的!特に探窟家たちの中でも最高ランクである「白笛」はもはや伝説になっている。

リコがアビスの底へ行く物語

結局はこの漫画で何が描かれているかというと、探窟家たちが好奇心を抑えられずにアビスへ挑戦する姿。大穴に危険があるとわかっていても、アビスの遺物や謎に魅せられてしまうのだ。主人公であるリコも探窟家であり、アビスの謎を解き明かすこと、ライザを探すことを目的に今日もアビスの底へ歩みを進める。色んな危険を乗り越えながら仲間と共に成長していく。そんな姿にハラハラしつつ、時に感動し自然の厳しさを学ぶ。メイドインアビスはそんな漫画なのだ。

スポンサーリンク

メイドインアビスの登場人物

リコ

物語の主人公。探窟家として今日もアビスの底へと歩みを進めている。夢は白笛になってアビスの謎を解き明かすこと。また、アビスの底では母親である「ライザ」が自分を待っていると信じており、ライザと再会することもリコの大きな目標となっている。性格はとにかく前向きで明るく、どんなときでもくじけない。ちょっとおっちょこちょいなところもある。

リコ考察はこちら

レグ

リコの仲間で、一緒にアビスの底を目指して旅をしている。ロボットの体をしており、「火葬砲」と呼ばれるレーザービームを出したり、腕を伸ばしたりすることができる。素材は全て特級遺物のようで、どうやらレグはアビスの底からやってきたと思われる。気がついた時には記憶をなくしていたので、アビスに潜ることによって、レグは自分自身の過去を知ろうとしているのだ。

レグ考察はこちら

ナナチ

リコとレグの仲間で、6層の呪い(ナナチの場合は祝福ともいわれている)によって見た目を獣のように変えた「なれ果て」。リコとレグがタマウガチという3層の主に襲われて、リコが死にかけていた時に姿を現した。その後リコを治療し命を救い、様々な出来事を経て二人と行動を共にすることになる。とても博学で、その知識を武器に二人をサポートしている。見た目が可愛く、かなりの人気キャラ。

ナナチ考察はこちら

スポンサーリンク

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

ダイヤのAランキング

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です