【ダイヤのA(エース)act2】 最新99話ネタバレ「代表メンバー、練習開始!」

description

10/25発売週刊マガジン47号99話「代表メンバー、練習開始!」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ダイヤの(エース)最新99話ネタバレとあらすじ

99話のネタバレと見所

次回はついに、act2 100話! 今週号は表紙&巻頭カラー! 

ポジションコンバート

日米野球に向けて東京代表の選手達が練習を開始しました。ポジションが重なる選手が多いため、本来ファーストの星田(市大三)が外野に、山岡(稲実)、長田(成孔)がサードに、御幸(青道)、乾(帝東)がファーストの守備についてノックを受けていました。国友監督は「各自、他のポジションを守ることはある」と、前もって伝えていたようです。
ダイヤのA act2 99話より引用

プリンスvsヤンキー

外野でノックを受けている投手陣は、早くも仲間割れが起きています。楊(秋川)のお手本のようなバックホームと比べて、梅宮(鵜久森)の不慣れな外野守備に成宮(稲実)がイチャモンをつけると、二人が言い争いを始めてしまいました。他の投手陣は二人の喧嘩を止めつつ、成宮の王様ぶりに呆れている様子でした。
ダイヤのA act2 99話より引用

カリスマ監督の指導

次は投・内間のサインプレーの練習です。成宮と楊が、内野手と息の合った素早い二塁牽制を見せると、国友監督は「3日限定のチーム。重視すべきは確実性。基本となることをしっかりやろう。それができる選手を集めたつもりだ!」と、選手たちのモチベーションを上げました。御幸も国友監督の指導に感心していました。
ダイヤのA act2 99話より引用

似ている…

ブルペンでは、成宮が乾と組んで投球練習を行っていました。成宮は乾に春の大会でホームランを打たれたことを根に持っており、乾は成宮の上から目線なところが(向井に)似ていると感じていました。また、御幸と組んでいた楊は、選手として終わったと思っていた高校野球を、東京を代表する選手と一緒に関われることに改めて感謝してしていました。
ダイヤのA act2 99話より引用

成宮-御幸は実現しない?

練習後、成宮が御幸に「俺の球、受けていかなくていいの?」と聞いたのに対し、御幸が「じゃ(決め球の)チェンジアップ見せて」と聞くと、「それはヤダ」と断られてしまいました。
ダイヤのA act2 99話より引用

98話までのあらすじ

98話までのあらすじです。話の流れをより追いたい人はご一読ください。

98話ネタバレはこちら

代表の日程

5月30日、御幸がいよいよ日米野球の東京代表のためチームを離れます。この日は顔合わせ、翌日は大学チームとの練習試合、その翌日はアメリカチームと2試合行うようです。御幸は、1軍に昇格した同じキャッチャーの奥村に、その間しっかりアピールしておくように伝えました。

嬉しい激励

御幸のいる3年生のクラスに、沢村と降谷が見送りと激励に来ました。二人は日米親善のためにと、メジャーリーガーの間で流行った(?)「ハイチュウ」を大量に差し入れました。ゾノや倉持からもエールを送られた御幸は、小野・川上に投手陣のことを任せ、学校を後にしました。

厳しい歓迎

続々と代表に選ばれた選手たちが、練習が行われる稲実グラウンドに姿を現すなか、成宮・カルロス・白河・山岡の4人が御幸のことを待ち構えていました。稲実に一緒に入学する、という成宮の誘いを断っていた御幸は、4人から軽蔑のまなざしで歓迎されていました。

精密機械、招集

乾(帝東)、星田(市大三)、平畠(薬師)、梅宮(鵜久森)、長田(成孔)ら代表に選ばれた選手たちが自己紹介をするなか、高野連の規定で夏の大会に出場できない秋川学園の楊舜臣も代表に選ばれており、その感謝と豊富を語っていました。

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)最新99話ネタバレ感想

4番打者勢揃い

東京代表の練習がいよいよ始まりました。時期やケガを理由に辞退した選手も多かったそうですが、星田、長田、山岡といったスラッガーに加え、御幸、乾といったキャッチャー二人、さらに打撃もいい梅宮など、各校で4番を打つ選手たちが数多く選出されました。

ファースト・御幸

そのため、ポジションが重なる選手たちが多く、本職のポジション以外でノックを受けていました。青道の扇の要である御幸も例外ではなく、ファーストの守備についていましたが無難にこなしているようでした。片岡監督に「キャッチャー以外はやらない」と楯ついた奥村だったら受け入れていたでしょうか…。

二刀流・梅宮は投手起用か

スラッガーは揃ったものの、真田(薬師)や天久(市大三)が選ばれなかったため、投手陣はやや手薄になった印象です。自チームでは4番を打つ梅宮ですが、今回は主に投手として起用されそうです。マウンドで「怒羅亜!」とか言われたらアメリカの選手たちも、さぞかし怯えることでしょう。

ダイヤのA(エース)最新99話ネタバレ伏線

勝手にベストオーダー!

アメリカ代表との試合は2試合だけなので、出場メンバーは流動的になると思われますが、東京代表のベストオーダーを勝手に考えてみました。

1 中 カルロス(稲実)
2 遊 白河(稲実)
3 一 御幸(青道)
4 三 長田(成孔)
5 右 星田(市大三)
6 指 山岡(稲実)or梅宮(鵜久森)
7 捕 乾(帝東)
8 右 平畠(薬師)
9 二 ?(創聖)
  投 成宮(稲実)

乾も御幸同様、ファーストでノックを受けていましたが、乾はやはりキャッチャーしかしっくりこないので御幸をファーストに回しました。セカンドは創聖高校という、まだ登場のないチームの選手が有力そうです。

ダイヤのA act2 99話より引用

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)の関連記事

まとめ記事はこちら

おすすめ記事一覧

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です