【ダイヤのA(エース)act2】 最新97話ネタバレ「正捕手争いスタート!」

ダイヤのA(エース)最新97話ネタバレ

description

10/11発売週刊マガジン45号97話「正捕手争いスタート!」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ダイヤの(エース)最新97話ネタバレとあらすじ

97話のネタバレと見所

選ばれし東京代表の面々

青道からは御幸が出場する日米野球のメンバーが、3年生を中心に各校から1人ずつ選出されました。キャプテンは帝東の乾、薬師からは平畠、市大三高からは星田、国友監督が指揮を執る稲実からは成宮、カルロス、白河、山岡の4人が選ばれました。対するアメリカは、ロサンゼルス近郊のウィンドユースアカデミーに所属する18人が選出されたようです。
ダイヤのA act2 97話より引用

成宮の球を受けられる

落合コーチは、「(御幸は)稲実のグラウンドでしかも成宮の球を受けられる。これ以上ない敵情視察になる」と考えました。片岡監督は「同世代の選手と一つのチームで戦うことは大きな刺激になる。一野球選手としてしっかり自分をアピールしてこいよ」とエールを送りました。
ダイヤのA act2 97話より引用

自分に受けさせてもらえませんか?

担当医の診察から戻った降谷は、今後はピッチャーの練習に参加することを許可されたようです。本職がキャッチャーの由井は降谷に対し、「今度ブルペンで投げる時は自分に受けさせてもらえませんか?」と懇願すると、降谷は「うん・・お願いするつもりだったよ」とあっさり受け入れていました。
ダイヤのA act2 97話より引用

怖い・・

練習後、素振りの場所を探しに来た瀬戸が、試合で降谷とバッテリーを組んだ奥村に、その時の感想を聞きました。すると奥村は「怖いと思った・・まっすぐに気持ちそのものをぶつけられているような・・悔しいけど今の自分じゃ届かない」と本音を漏らしていました。降谷、沢村、そして御幸の存在の大きさを、改めて感じている様子でした。
ダイヤのA act2 97話より引用

これからはいつでもお声をかけてください

後日、降谷の1軍復帰と、瀬戸・奥村の1軍昇格が正式に告げられました。沢村と対面した奥村は頭を下げ、「大変お待たせしました。これからはいつでもお声をかけてください。何だったら今からでも・・」と早速、投球練習に誘っていました。
ダイヤのA act2 97話より引用

96話までのあらすじ

96話までのあらすじです。話の流れをより追いたい人はご一読ください。

96話ネタバレはこちら

安定感抜群の上位打線

5月25日、青道高校は埼玉の日下部共平高校と練習試合を行っていました。ダブルヘッダーの第1試合、まずはトップバッター・倉持が出塁すると、春市のエンドランで早くも先制。続く白洲の2ランホームランで初回に幸先良く、3点を先制しました。

長打も期待できる下位打線

「野手のスタメンは2試合とも変えるつもりはない」、と話していた片岡監督。御幸、ゾノと3年生が続いた後、しぶといバッティングができる6番の東条、長打の期待もできる結城、金丸といった下級生が役割を果たし、この日も打線が繋がりを見せました。

川上、完投勝利!

先発マウンドを託された川上。降谷と沢村の成長により、公式戦で投げる機会は少なくなりましたが、最後まで集中力を切らさない、気持ちの入ったピッチングを見せ、見事9回を一人で投げ抜きました。ボールを受けた御幸も『本当逞しくなった』、と太鼓判を押しました。

17連勝達成!

続くダブルヘッダー第2試合、先発の沢村は3回を投げ、被安打1、無四球無失点。継投した川島、東条も熱投を見せ、1失点に抑えます。打線も主砲・御幸の一発を機に爆発し、2試合で計24安打、21得点。御幸が東京代表でチームを離れる前にチームの連勝を17に伸ばしました。

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)最新97話ネタバレ感想

成宮-御幸のバッテリー実現?

御幸が東京代表に選出された日米野球。手の内を見せてくれるかどうかは別として、御幸が成宮のボールを受けられることは青道にとってもプラスとなることはあるはずです。薬師の真田や市大三高の天久も選出されていればよかったですが…。それにしても成宮-御幸のバッテリー実現となると熱くなること請け合いですね。

やっと受けられる-パート1-

降谷から投球練習の誘いを断られてしまった由井ですが、ようやく降谷のボールを受けることができそうです。降谷とともに正ポジション奪還となるでしょうか。ただ、降谷は寮では小野とも同室なので、投球練習のキャッチャー選びには、いろいろ気を遣わなければいけませんね…。

やっと受けられる-パート2-

1軍に上がるまでは沢村のボールを受けない、という誓いを立てていた奥村が早速、沢村を投球練習に誘っていました。特に奥村は、沢村との投球練習でカットボール改を捕球できず、面食らっていたので、鋭い変化にしっかり対応できるようになれるか見ものです。

ダイヤのA(エース)最新97話ネタバレ伏線

交代捕手制?

由井が降谷の投球練習に、奥村が沢村の投球練習につくことが多くなりそうです。公式戦では分かりませんが、特に御幸不在の間は、降谷登板時には由井がマスクを被り、沢村登板時には奥村がマスクを被るという起用法が、実現するかもしれませんね。御幸引退後の正捕手争いがようやく始まりそうです。

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)の関連記事

まとめ記事はこちら

おすすめ記事一覧

2018年のおすすめ漫画を紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です