【ダイヤのA(エース)act2】 最新91話ネタバレ「降谷、投球再開!」

【ダイヤのA(エース)act2】 最新91話ネタバレ

description

8/30発売週刊マガジン39号91話「降谷、投球再開!」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ダイヤの(エース)最新91話ネタバレとあらすじ

91話のネタバレと見所

大型ルーキー・赤松登場

関東大会3回戦、稲城実業はエース・成宮温存も、先発・平野の好投と4番を打つ山岡を中心とした打線の援護もあり、強豪相手に完勝を収めました。なお、6回からは大型ルーキー・赤松が登板していました。
ダイヤのA act2 91話より引用

3本柱の一角となるか

赤松は130キロ後半のストレートと大きく沈むドロップカーブを駆使し、去年の降谷と同じ6者連続三振を奪うなど、圧巻のピッチングを見せました。赤松は成宮・平野に続く大きな戦力となりそうです。
ダイヤのA act2 91話より引用

「成宮打たんと…」

ナベのデータを聞いたゾノは「1年にどんな投手がいようと成宮打たんと勝てんで」と意気込んで打撃練習に向かいました。御幸は夏の大会までにチームの状態をどう上げていくかを課題にしていました。(なお、御幸は東京代表に選ばれているため少しの間チームを離れます。)
ダイヤのA act2 91話より引用

決勝は白龍vs稲実

準決勝・市大三高と白龍の一戦は、天久と王野の投手戦となりましたが、白龍の好打者・美馬のタイムリーやチームが得意とする機動力野球でサヨナラ勝ちを収め、稲実と決勝戦を戦うこととなりました。
ダイヤのA act2 91話より引用

降谷、投球再開!

片岡監督と落合コーチが見守るなか、背中に痛みを訴えていた降谷が投球練習を再開しました。すでに週末の練習試合での先発が決まっており、降谷は「やれることはやります」と静かに闘志を燃やしていました。
ダイヤのA act2 91話より引用

監督に楯ついた奥村は…

また、その練習試合では奥村が先発マスクを被ることとなりました。「キャッチャー以外はやらない」と監督に楯ついていた奥村は『スタメン外されるかと思ってた』ようですが、2軍とはいえ降谷とのバッテリー実現に瀬戸も興奮気味の様子でした。
ダイヤのA act2 91話より引用

白龍戦で一皮むけた沢村

沢村も週末の練習試合に向け、「いいイメージでマウンドに立ちたい」と、自らが完投勝利を収めた白龍戦のビデオを見て気持ちを作っていました。その姿勢に東条や金丸も感心しているようでした。
ダイヤのA act2 91話より引用

90話までのあらすじ

90話までのあらすじです。話の流れをより追いたい人はご一読ください。

90話ネタバレはこちら

富士へ届ける雷市の一発

各地区から春季大会を勝ち抜いた強豪校たちが、関東大会で熱戦を繰り広げていました。富士北麓公園野球場で、埼玉の浦島学院と対戦した薬師高校。富士山のてっぺんに届かんばかりの雷市の一発を皮切りに打線が爆発します。

誤算の1年生たち…

マウンドでは真田が存在感を発揮し、楽勝ムードが漂う後半戦には1年生が大量投入されますが、ミスがミスを呼ぶ負の連鎖が止まらず、なんだかんだでサヨナラ負けを喫してしまいました。

薬師とは対照的に…

千葉の千大戸松と対戦した市大三高。先発した天久が完璧なピッチングを披露し、試合をつくります。そして、後を継いだ1年生の照井も好投を見せるなど、こちらは薬師とは対照的に、起用した1年生が大活躍しました。

大型ルーキー・赤松登場

栃木の北進学院と対戦した稲城実業は、2回戦で先発した成宮を温存しますが、打線が繋がり、この日先発した平野を援護します。そして6回、マウンドには1年生の赤松が上がりました。

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)最新91話ネタバレ感想

丹波二世?

関東大会で登板した稲実の1年生・赤松は、長身で大きなカーブが特徴ということで、青道の元エース・丹波を思い出します。大事な場面で足をつらない(?)投手になってほしいものです。

降谷に改善が見られるか

2週間の投球禁止命令が明け、降谷が投げ込みを再開しました。痛みが再発しないよう、投球フォームの見直しをしたものと思われますが、週末の練習試合で制球面も含め、改善が見られるかが注目です。サードで出場した経験も何か活きてくるのでしょうか?

密かに熱い正捕手争い

御幸が東京代表に選ばれているため、チームから離れる間、奥村が1軍に昇格することとなっています。1軍にはすでに、同じ1年生のキャッチャー・由井もいますから、その間の練習試合でのスタメンで奥村が選ばれるのか、由井が選ばれるのかで、御幸引退後の正捕手争いに影響を与えそうです。現時点では、「キャッチャー以外はやらない」と監督に楯ついていながら、週末の練習試合でスタメン捕手の座を勝ち取った奥村に分があるように思います。

ダイヤのA(エース)最新91話ネタバレ伏線

年功序列?

投球練習を再開した降谷の隣で、黙々と小野のミットめがけて投げ込む川上。沢村の活躍や降谷復活の陰に隠れて、またしても出番が減ってしまいましたが、年功序列でエース抜擢の可能性もアリ?

スポンサーリンク

【ダイヤのA(エース)act2】の関連記事

まとめ記事はこちら

おすすめ記事一覧

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です