【ダイヤのA】act2 79話の最新ネタバレ”御幸のスカウト”

《ダイヤのA》act2 79話の最新ネタバレ

5/24発売週刊マガジン25号79話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひご一読してください!

▼ダイヤのAのまとめ記事はこちら

スポンサーリンク

79話のあらすじ

78話までのあらすじ

青道高校はゴールデンウィークの親善試合で、強豪・白龍高校と激突しました。先発を任された沢村は最後まで粘り強いピッチングを披露し、見事1失点完投勝利を収めました。試合後、沢村は「野球ノート」を通じて片岡監督から、「次の登板も楽しみにしている」と太鼓判を押されました。一方、課題を解決できない降谷に対しては「お前が目指している投手像が見えてこない」など、厳しい批評が返ってきていました。今後もエース争いに目が離せません。

79話のあらすじ

プロも注目の御幸

グラウンドでの練習中、スーツを着たプロ野球のスカウトが御幸のバッティングを見学していました。スカウトの姿を見て、ゾノも大きい声を出してアピールしています。沢村もすっかりバスター打法が身に付いて、打つ方も絶好調のようです。打撃投手が東条ということもあり、金丸は『ガチでやろうぜ』と火がついています。金丸もゴールデンウィークの成績は10打数2安打3三振と当たりが出ず、焦りがあるように見えますが、持ち味の積極的なスイングはしっかりと貫いています。エース以外のレギュラー争いも加熱しています。

「サード」高津

シートノックでは川上が、沢村や降谷といった後輩達に積極的に声をかけ、投手陣を引っ張ろうと意識しています。(監督の言葉をしっかり受け止めています。)そんな中、現在売出し中、ショートが本職の高津がサードに回ってシートノックを受けています。「サードの景色も悪くない」と金丸(あと樋笠)に挑戦状を叩きつけていました。サードのレギュラー争いが特に激しさを増してきました。

優等生・御幸

スカウトが練習を見に来ていたこともあり、夕食の間、ゾノが御幸にプロに行くならどこの球団に行きたいのか、と聞きにくい質問をします。それに対して御幸は「今はお前らと甲子園に行くことしか考えてねーよ。そんな先のことは全部終わってからでいいだろ」とキャプテンらしい発言をしますが、「ウソっぽい」「本音は?」など問い詰められていました。今後の展開に目が離せません。

79話の感想

ありえるレギュラー奪取

春季大会以降、白紙に戻されていたレギュラー争いですが、金丸、樋笠で競っていたサードのポジション争いに高津が加わったことにより、さらに競争が激しくなりました。(確かに1年生との練習試合で初めて明かされた高津のポジションがショートだったことに少し驚きましたが…。)ショートには倉持がいるため、高津は代打要因になるかと思っていましたが、打撃がいいだけにそのままポジションを奪ってしまうかもしれませんね。

御幸はプロに行くのか…

プロも注目の扇の要・御幸にスカウトたちが熱視線を送るようになってきました。当の御幸はそれほど意識してはいないようですが、引退後の進路は非常に気になるところです。ところで、さかのぼること約4ヶ月前、冬合宿が終わり、選手たちがそれぞれ実家に帰って家族と過ごすという描写がありました(act1 47巻)。御幸の実家がこれです。

何やら大変そうです。普通であればプロに行くんでしょうけど、そのまますんなり展開しないような気がしています。・・・継ぐのかな・・・?

今後の展開予想

ありえる「エース・川上」

夏に向けた背番号争いが激化しています。シートノックの練習では、川上が上級生として積極的に沢村ら下級生にアドバイスを送っていました。

沢村、降谷の陰にすっかり隠れてしまった印象がありましたが、ここにきて上級生としての自覚が芽生えてきたようです。以前にも予想を立てましたが、この夏は川上がエースナンバーを背負っていることもやはり否定は出来ません。沢村も降谷もまだ2年生ですし、川上はここまで青道投手陣を陰ながら支えてきた存在です。本来であれば、エースナンバーは最も実力のある投手が背負う番号ですが、その昔、片岡監督自身が着けていた背番号でもあります。エースナンバーには思い入れがあるはずですから、投手陣を引っ張ってきた川上に託す可能性は充分考えられると思います。

▲ちなみに沢村入学前の川上

混沌のベンチ入り争い

前回のネタバレで、金田・中田・関の3人が夏のベンチ入りメンバーに残るのは難しいのではないか、と予想しました。基本的にアピールが物足りないのは確かですが、前述の通り、高津がサードのレギュラー争いに加わりましたから、金丸・樋笠もレギュラー奪取どころか、ベンチ入りすら危うい状況になってしまったのではないでしょうか。代打での出場となると1年生の結城・由井との争いにも発展してきそうです。また、降谷も投手としての成長が今後も見られない場合、代打での出場も考えられます。さらに、現在2軍にいる奥村・瀬戸といった1年生も昇格する可能性がありますから、誰がベンチ入りメンバーから漏れてもおかしくない状況になったと言えると思います。(当然、2、3年生は代打などではなく、レギュラーを取りたいところでしょうが…。)今後の練習試合での結果がカギを握りそうです。


スポンサーリンク

ダイヤのAの関連記事

▼ダイヤのAのまとめ記事はこちら

▼ランキング記事はこちら

ランキング記事
投手最強 野手最強 最強オーダー
名場面 名言

▼キャラクター一覧はこちら

高校別キャラクター一覧
青道OB 青道3年 青道1,2年
稲城実業 薬師高校 市大三高
その他

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です