【ロボレーザービーム】第9話ネタバレ!理音の蛇ショットでガブリ!

ロボレーザービームの第9話ネタバレ

週刊少年ジャンプに連載中『ROBOT×LASERBEAM ロボレーザービーム』の第9話のネタバレとあらすじをまとめています。
理音の蛇ショットが炸裂!ちょいワルマナー違反ヒサロおっさんを一発でガブリ!このまま勝てるのか!?今後の展開予想とキャラ紹介も載せているのでご一読お願いします!

スポンサーリンク

ロボレーザービームの第9話のあらすじとネタバレ

2体2のタッグマッチ。ロボと理音はハンデを与える余裕ぶり

ついに勝負が始まった。理音とロボは、相手のマナー違反のおっさんたちにハンデを与える余裕ぶり。ロボたちはフォーサム(交互に1球ずつ打ち合う)、おっさんたちはスクランブル(良い方のボールを選択してショット)する形式でラウンドすることになった。

ルール 内容
フォーサム 交互に1球ずつ打ち合う。そのためボールを選んだり、パットが苦手な場合でも、得意なプレイヤーに頼ることはできない。
スクランブル 1打ごとに二人打つことができ、良い方のボールを選ぶことが可能。パットも片方が外したとしても、もう片方のプレイヤーが入ればよい。

ロボのサイドスピンは一切ないストレートに理音が驚愕

理音の前で初ショット。ロボはいつもどおりのレーザービームで理音を驚かす。どんな状況においても、プレッシャーを感じず、正確無比なショットを打てるのは、まさしくロボらしい。

スクランブルならではの頭脳プレーを見せるおっさん達

おっさんたちも、スクランブルの強みを活かして、頭脳プレーで対抗。1打で2球打てるため、一人は手堅く打ち、もうひとりは積極的にショットを打つことが可能なのだ。このおっさん連中も、マナーは悪いがそれなりにゴルフの戦略は知っている模様。

やっぱりロボはショット以外のことは苦手…。今後の課題は明確

ショットはすごいロボだが、やはりパットはド下手。思い切りは良いが、距離感がまだつかめないため、強く打ちすぎてしまうようだ。今回はたまたま入ったが、今後の課題山積。明確ではあるが、ゴルフの実力をつけるためには、まだまだ時間がかかりそう。

おっさん連中がズルを…。しかしそれを物ともしないスーパーショットで理音が応戦!

おっさん連中が先にカートに乗って行って、ロボたちのティーショットを木の前に蹴りだしてしまった。かなり汚いが、証拠はない。目の前に大きな木があるため、相当打ちにくい位置に。しかし、理音は焦っていない。蛇のような曲がるショットを披露し、木を避けて、見事にグリーンに乗せることに成功!おっさんたちの度肝を抜いて9話が終了した。

ロボレーザービームの9話の感想

おっさん連中汚すぎ…。

マナー違反を繰り返す人たちは、平気でこんなことが出来てしまうのでしょうか。ボールを蹴って位置をずらしてしまうのはかなり汚いですね。現実にはこんな人達はあまりいないように思いますが…。ここは漫画だからと割り切りましょう。

理音はカーブショットを得意とするプレイヤー!海◯に似てる…

理音はカーブショットを得意とするプレイヤーでしたね。ある意味ロボとは真逆のショットを操るということになりました。このショットを見て「テニスの王◯様」の海◯を思い浮かべたのは私だけではないはず…・ω・

スポンサーリンク

ロボレーザービームの伏線と今後の予想展開まとめ

カーブショットとという別の選択肢を見たロボはどう成長していくのか

ロボにとっては、今まで考えたことがないショットだっただろう。理音はカーブショットを使いこなして、障害物を物ともしない。今のところロボはストレートショットのみしか打てないが、このプレイに触発されるのだろうか。プレイスタイルが変わることはないだろうが、何かのきっかけになることは間違いないだろう。

ロボレーザービームの主な登場人物(キャラクター)一覧

ここまで出てきたキャラクターたちをおさらい!どのキャラも今後活躍の場がありそうなメインキャラクターになっていきそうな予感なので、ここに出てくるキャラは覚えておこう!

キャラクター一覧
ロボ トモヤ 三浦鷹山
部長(柊慎太郎) ロボの父親 副部長(黒田玄)
小山内理音 烏丸草太

スポンサーリンク

ロボ (鳩原 呂羽人
はとはらろばと

この物語の主人公。超がつくほどの真面目な性格で、非常に几帳面。人の気持も理解できず、空気の読めない発言もしてしまう。まるでロボットのような性格をしており、周りからはあまり理解されていない。しかし、そのロボのような几帳面さから生み出される正確無比なスイングから、まるでレーザービームのような打球を繰り出すことができるゴルフの才能をもっていた。ちなみにハーフだ。

中田
なかた
トモヤ

ロボの唯一?の友達。ロボのことを気にかけている。かなりのお調子者で、ゴルフの腕を上達させて、プロになってお金を稼ぎたいと発言している。しかし、まだまだ初心者でゴルフはド下手。お調子者の性格が災いして、よく問題ごとを引き起こす。ただ、それでもどこか憎めないキャラクターをしている。

三浦鷹山
みうらようざん

プロ注目の天才高校生ゴルファー。そんな彼だが、ある日打ちっぱなしで練習していたところ、ロボの真芯に当て続けるインパクト音を聞いて、ロボに対してライバル心を燃やしている。今後ロボとライバル関係になって、お互いに実力を高めあっていく展開になることを期待したい。

部長(柊慎太郎
ひいらぎしんたろう

ロボたちが通っている学校のゴルフ部部長。ロボのレーザービームのような打球をみて、彼に興味が湧き、ロボをゴルフ部に誘っている。ベストスコアは68。

ロボの父親

何度かロボが実家にいるときの描写で登場。なんとなく飄々としている感じだが、まだまだわからないことが多い。なんとなくゴルフにも深い関係がありそうなので、ロボに対して何かゴルフの上達を助ける指導なども今後していきそうな予感。

副部長(黒田玄
くろだげん

ロボたちが通っている学校のゴルフ部副部長。例えがわかりにくい、眼鏡の青年。ベストスコアは66。

小山内理音
おさないりおん

ゴルフ部レギュラーの2年生。かなり毒舌で、気が強い性格。ベストスコアは70。蛇のように曲がるカーブショットを使いこなすトリッキーなプレイヤー。

烏丸草太
からすまそうた

ゴルフ部レギュラーで、2年生にしてエース。どことなく飄々としている。ベストスコアは62。

スポンサーリンク

ロボレーザービームとは?

黒子のバスケの藤巻先生の最新作!週刊少年ジャンプで連載中の漫画

ロボレーザービームは、『黒子のバスケ』の作者藤巻忠俊先生の最新作だ。ゴルフを題材にした漫画で、主人公のロボが、彼特有のレーザービームのような打球で活躍していく。まだまだ連載が始まったばかりで、今後どのような展開になっていくのか楽しみでたまらない漫画だ!

ロボレーザービームの関連記事

ロボレーザービーム第7話までのネタバレとあらすじ

ネタバレ記事
第7話 第6話 第5話 第1話〜第4話

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です