【ダイヤのA】最強キャラランキング<野手編>

ダイヤのA最強キャラランキング<野手編>

description

人気野球漫画「ダイヤのA(エース)」に登場するキャラクターの能力をランキングにしています。今回は<野手編>です。主要32選手の「パワー」、「ミート」、「走塁」、「肩力」、「守備力」、「勝負強さ」の6部門(各5点満点)で査定しています。是非ご覧ください! ※ランキングは「ダイヤのA公式ガイドブック」やその後の活躍などを参考に作成しています。

ダイヤのAアイキャッチ

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・アニメランキング

スポンサーリンク

ダイヤのA 総合力ランキング

まずは「総合力ランキング」。走攻守、三拍子揃った選手でなければ上位ランクインは難しい!

第1位のアイコン

第1位:御幸一也(青道)
24.5点/30点

御幸の画像
御幸のパラメーター

「青道の扇の要」がまさかの1位!

<投手編>の成宮同様、どの部門も1位になるものはなかったが、攻守において高いレベルと全幅の信頼を誇り、堂々のランキングトップ!

第2位のアイコン

第2位:神谷・カルロス・俊樹(稲城実業)
24点/30点

カルロスの画像
カルロスのパラメーター

「稲実の曲芸士」が2位ランクイン!

圧倒的な走塁技術の高さ肩の強さ守備範囲の広さを誇り見事2位にランクイン。打撃がレベルアップすれば1位も見えてくる。

第3位のアイコン

第3位:原田雅功(稲城実業)
23.5点/30点

原田の画像
原田のパラメーター

「頼れる正妻」が3位ランクイン!

この世代では唯一プロ入りした選手。キャプテンとしてチームをまとめ、成宮も信頼を寄せるリードと、勝負強い打撃も光り、3位にランクイン。

スポンサーリンク

第3位のアイコン

第3位タイ:轟雷市(薬師)
23.5点/30点

轟の画像
轟のパラメーター

「天性のスラッガー」が3位タイ!

天性のホームランバッターが3位タイにランクイン。逆方向にも打球をスタンドに突き刺す底知れぬパワーと、危なっかしくも華麗に魅せる守備もまた持ち味。

第5位のアイコン

第5位:結城哲也(青道)
23点/30点

結城の画像
結城のパラメーター

「頼れるキャプテン」が5位ランクイン!

プレーで引っ張る青道のキャプテンが5位にランクイン。ここぞの場面での勝負強さも含め打撃は別格であり、打席で構えるだけでオーラを感じる。

第5位のアイコン

第5位タイ:伊佐敷純(青道)
23点/30点

伊佐敷の画像
伊佐敷のパラメーター

「吠える狂肩」が5位タイ!

守備範囲の広さレーザービームで存在感を放ち、結城とともに5位にランクイン。フルスイングが持ち味だが、きっちりランナーを進める打撃もできる。

スポンサーリンク

倉持洋一(青道)
22.5点/30点

倉持の画像
倉持のパラメーター

青道が誇る不動のリードオフマン!

抜群の足の速さ守備の安定感を誇る青道の切り込み隊長。内野安打も多く、塁に出ればすかさず盗塁を決めることができる。
位タイ

白洲健二郎(青道)
22.5点/30点

白洲の画像
白洲のパラメーター

ミスター堅実!

守備やバント、エンドランまでそつなくこなす器用さで、(沢村から)「ミスター堅実」と呼ばれている。すべてにおいて高い能力を誇る。

小湊亮介(青道)
22点/30点

小湊亮介の画像
小湊亮介のパラメーター

粘る努力家!

安定感抜群の守備力嫌らしい打撃が持ち味。際どいコースはカットし、選球眼もよく、フォアボールで出塁することも多い。

スポンサーリンク

位タイ

乾憲剛(帝東)
22点/30点

乾の画像
乾のパラメーター

雷鳴轟く恋女房!

打撃では4番打者として一発を打つ力も持つ。捕手としても抜群のキャッチング能力と的確なリードで向井を盛りたてる。
11

小湊春市(青道)
21.5点/30点

小湊春市の画像
小湊春市のパラメーター

木製バットでヒットを量産!

兄譲りの守備力バッティング技術を兼ね備える。内角・外角問わず、打球を広角に打ち分ける対応力が光る。
11位タイ

成宮鳴(稲城実業)
21.5点/30点

成宮の画像
成宮のパラメーター

打撃でも魅せるプリンス!

稲実の絶対的エースは、打撃でもクリーンナップに座る。夏の決勝戦(対青道)でのサヨナラタイムリーが印象深い。

スポンサーリンク

11位タイ

真田俊平(薬師)
21.5点/30点

真田の画像
真田のパラメーター

打席でも激アツ!

成宮同様、薬師打線では5番に座る真田。秋の大会で天久から逆転タイムリーを放つなど、打撃でも勝負強い。
14

宮川輝(市大三)
21点/30点

宮川の画像
宮川のパラメーター

強打・市大三高のクリーンアップ!

強打の市大三高打線で3番を務める。打球をスタンドまで運ぶパワーに加え、センターとしての守備力も高い。
14位タイ

枡伸一郎(成孔)
21点/30点

枡の画像
枡のパラメーター

小柄でも重量打線のリードオフマン!

重量級の成孔打線で切り込み隊長を務める。どの球種にも柔らかく対応し、リードでは小川をうまくコントロールするなどキャプテンシーが光った。

スポンサーリンク

16

大前隆広(市大三)
20.5点/30点

大前の画像
大前のパラメーター

市大三高の頼れるキャプテン!

市大三高の前キャプテンで4番に座った。信頼感抜群のスラッガーで、足は遅いが安定した守備力を誇っていた。
16位タイ

平川貴弘(市大三)
20.5点/30点

平川の画像
平川のパラメーター

市大三高のリードオフマン!

市大三高の元リードオフマン。走攻守、三拍子揃った好選手で、ショートでの守備力出塁率の高さが光った。
16位タイ

梅宮聖一(鵜久森)
20.5点/30点

梅宮の画像
梅宮のパラメーター

打ってもチームの4番打者!

鵜久森の番長は4番打者としてもチームを勢いづける。降谷からの一発や成宮からの逆転タイムリーなど、勝負強さが光る。
19

星田守(市大三)
20点/30点

星田の画像
星田のパラメーター

強打・市大三高の4番打者!

強打の市大三高打線の4番に座る。パワフルな打撃が持ち味で、3番を打つ宮川とのコンビは相手にとって脅威である。
19位タイ

長田翔平(成孔)
20点/30点

長田の画像
長田のパラメーター

ミスターフルスイング!

重量級の成孔打線の4番に座る。パワーだけなら轟雷市を上回り、どんなボールにもフルスイングでホームランを量産する。
19位タイ

秋葉一真(薬師)
20点/30点

秋葉の画像
秋葉のパラメーター

薬師のユーティリティプレーヤー!

薬師で主に1番を務める。抜群のミート力と、守備ではすべてのポジションを守ることができる器用さが持ち味。
19位タイ

滝川・クリス・優(青道)
20点/30点

クリスの画像
クリスのパラメーター

復帰を目指す沢村の恩師!

青道の陰の司令塔。故障のためリハビリ中だが、黒士館との最後の練習試合では、的確なリードを見せるなど攻守に存在感を見せつけた。
19位タイ

奥村光舟(青道)NEW
20点/30点

奥村の画像
奥村のパラメーター

闘志を秘めるオオカミ少年!

沢村や降谷の鋭い変化球をしっかりと捕球する適応能力に加え、強豪校が相手でも先輩投手を引っ張る強気のリードが光る。
24

増子透(青道)
19.5点/30点

増子の画像
増子のパラメーター

ガッツでチームを鼓舞!

パワーが自慢で、多少詰まってもスタンドまで持っていくパワーが持ち味。体格の割にバントなどの小技もこなすことができる。
24位タイ

前園健太(青道)
19.5点/30点

前園の画像
前園のパラメーター

勝負強さで逆境を跳ね返す!

ここ一番の場面で劇画タッチになるプルヒッター。秋の帝東戦、薬師戦での逆転タイムリーなど、勝負強さが光る。
24位タイ

東条秀明(青道)
19.5点/30点

東条の画像
東条のパラメーター

天性のバットコントロール!

投手から外野手にコンバートしたオールラウンドプレーヤー。打撃では体勢を崩されてもヒットゾーンに運ぶセンスが光る。
24位タイ

降谷暁(青道)
19.5点/30点

降谷の画像
降谷のパラメーター

打っても怪物!

甲子園でも一発を放つなど、打撃でも怪物クラス。レフトからは凄まじいバックホームを見せる。一塁へのベースカバーなど守備は不安定。
24位タイ

瀬戸拓馬(青道)NEW
19.5点/30点

瀬戸の画像
瀬戸のパラメーター

ポスト「チーター様」!

粘り強い打撃と、初球から盗塁を仕掛け、キャッチャーが弾けばすかさず進塁する走塁技術が持ち味。落合コーチ曰く「走力は特A」。
29

三島優太(薬師)
19点/30点

三島の画像
三島のパラメーター

目指せ、エースで4番!

薬師で主に3番を務め、本職はファーストだが秋葉同様、投手と捕手もこなす。「エースで4番」を目指す野望と、バッティングではしぶとさを持っている。
29位タイ

楊舜臣(明川学園)
19点/30点

楊の画像
楊のパラメーター

研ぎ澄まされた集中力!

「精密機械」は打者としても一流。明川学園の5番に座り、青道戦では降谷から先制タイムリーツーベースを放つなど打撃センスも光る。
29位タイ

高津広臣(青道)NEW
19点/30点

高津の画像
高津のパラメーター

虎視眈々とレギュラーを狙う!

1年生との試合では4番に座り、3安打4打点と勝負強さを発揮。守備でも堅実さを見せたが、その後の練習試合でエラーを連発するなど、まだまだ荒削り。
32

財前直行(黒士館)
18.5点/30点

財前の画像
財前のパラメーター

悲運のスーパースター!

ケガをする以前はエースで、抜群のバットコントロールを誇っていた4番打者。青道戦ではケガの影響もあり、代打で三振。
32位タイ

白河勝之(稲城実業)
18.5点/30点

白河の画像
白河のパラメーター

ボヤキの2番打者!

稲実で2番を務め、そつのない小技を中心にチャンスをつくる。また、ショートの守備でも抜群の安定感を誇る。
32位タイ

由井薫(青道)NEW
18.5点/30点

由井の画像
由井のパラメーター

小さな体に大きな野望!

小柄ながら、低い重心から力強い打球を飛ばすパワーが持ち味。その反面チャンスでの凡退に加え、変化球の捕球ミスなどキャッチングにも課題が残る。
35

山岡陸(稲城実業)
18点/30点

山岡の画像
山岡のパラメーター

稲実の怪力自慢!

稲実の4番に座るパワーヒッター。勝負強い印象はないが、一発を打てる長打力は魅力。
35位タイ

多田野樹(稲城実業)
18点/30点

多田野の画像
多田野のパラメーター

目指せ、頼れる正妻!

原田引退後の正捕手。全体的に非力な印象で、まだ信頼は得られていないが、先輩の成宮にも物怖じせず意見するなど精神力の強さが武器。
37

結城将司(青道)NEW
17.5点/30点

結城将司の画像
結城将司のパラメーター

目指せ、次期4番打者!

豪快なスイングから放たれる一発長打が魅力。その反面、三振も多く、守備でも慣れないレフトでエラーが目立つ。

ダイヤのA パワーランキング

続いて部門別ベスト3を見ていきます。まずは「パワーランキング」。ホームランを打てるということは、それだけでロマンである!

第1位のアイコン

長田翔平(成孔)
5点/5点

長田の画像

パワー自慢の成孔打線の4番に座るスラッガー。『ぐわしゃっ』という、えげつない打球音を響かせ、力でボールをスタンドまで運んでしまう。

第2位のアイコン

轟雷市(薬師)
5点/5点

轟の画像

見かけによらないパワーと柔軟性で逆方向にもホームランを量産する。正真正銘の「ホームランアーチスト」。

第3位のアイコン

原田雅功(稲城実業)
4.5点/5点

原田の画像

通称「ゴリ」というだけあって、打撃もパワフル。

ダイヤのA ミート力ランキング

続いては「ミート力ランキング」。ホームランは打てなくても、1本のヒットが試合の流れを変えるのだ!

第1位のアイコン

小湊春市(青道)
5点/5点

小湊春市の画像

球種やコースに対する「よみ」が抜群で、小柄だが長打も打てる。しっかりと芯で打球を捉えられるため、木のバットでもヒットを量産できる。

第2位のアイコン

財前直行(黒士館)
4.5点/5点

財前の画像

伊佐敷ですら歯が立たなかったセンスの持ち主。ケガをする以前は、1年生の時から4番を任されていた。

第3位のアイコン

秋葉一真(薬師)
4.5点/5点

秋葉の画像

コンパクトなスイングができ、降谷の剛速球につまりながらもヒットにしていた。

ダイヤのA 走塁ランキング

続いては「走塁ランキング」。足の速いランナーは、それだけでピッチャーにプレッシャーをかけることができる!

第1位のアイコン

神谷・カルロス・俊樹(稲城実業)
5点/5点

カルロスの画像

短距離のタイムでは倉持が上だが、塁間での瞬発力・加速力でややリード。内野安打で二塁からホームに戻ったアグレッシブな走塁は見事。

第2位のアイコン

倉持洋一(青道)
5点/5点

倉持の画像

シングルヒットで一塁からホームに戻ったことがある。「チーター様」、「足おばけ」、「足の権化」など沢村がつけるあだ名も多い。

第3位のアイコン

瀬戸拓馬(青道)NEW
4.5点/5点

瀬戸の画像

ボールの軌道からワンバンすると判断したら、すかさずスタートを切る思い切りの良さもある。

ダイヤのA 肩力ランキング

続いては「肩力ランキング」。肩の強さは、ランナーに次の塁へ進ませない抑止力にもなるのだ!

第1位のアイコン

伊佐敷純(青道)
5点/5点

伊佐敷の画像

もともとは投手志望だったが地肩の強さを買われて外野にコンバートした伊佐敷。センターからのストライク返球となるレーザービームが持ち味。

第2位のアイコン

降谷暁(青道)
5点/5点

降谷の画像

マウンドでの剛速球同様、レフトからも「ンゴォォォ」と唸るバックホームを見せる。

第3位のアイコン

神谷・カルロス・俊樹(稲城実業)
4.5点/5点

カルロスの画像

足が速く、守備も上手くて、肩も強いらしい。

ダイヤのA 守備力ランキング<内野手編>

続いては「守備力ランキング」。守備が安定していればピッチャーに安心感を与えられ、攻撃のリズムも生み出せる!

第1位のアイコン

倉持洋一(青道)
5点/5点

倉持の画像

小湊兄弟との二遊間は鉄壁で、俊足を活かして素早いバックアップができる。時には果敢にダブルプレーを狙ったバックハンドトスで魅せる。

第2位のアイコン

小湊亮介(青道)
5点/5点

小湊亮介の画像

倉持との息の合った二遊間コンビでチームを盛りたてる。入部したての倉持に「へたくそ」とか言えるほど上手い。

第3位のアイコン

白河勝之(稲城実業)
4.5点/5点

白河の画像

小技がこなせる稲実のショートだから守備もそりゃうまいよね。

ダイヤのA 守備力ランキング<外野手編>

第1位のアイコン

神谷・カルロス・俊樹(稲城実業)
5点/5点

カルロスの画像

個性派集団の中でも一際異彩を放つカルロス。俊足を活かした守備範囲の広さは抜群で、フェンス際の打球も壁を恐れず掴み取ってしまう。

第2位のアイコン

伊佐敷純(青道)
4.5点/5点

伊佐敷の画像

肩の強さに目が行きがちだが、センターを守れるように打球に対する判断が良い。

第3位のアイコン

白洲健二郎(青道)
4.5点/5点

白洲の画像

配球や打者によって守備位置を変えたり、無難にスライディングキャッチをしたりと、やはり堅実。

ダイヤのA 勝負強さランキング

最後は「勝負強さランキング」。ここぞの場面で打ってくれるバッターこそ、信頼される選手なのだ!

第1位のアイコン

結城哲也(青道)
5点/5点

結城の画像

ここ一番での集中力は別格で、夏の決勝戦(対稲城実業)で成宮から放った逆転タイムリーヒットは記憶に新しい。

第2位のアイコン

真田俊平(薬師)
5点/5点

真田の画像

天久から放った逆転タイムリーなど、逆境での開き直りは見事。

第3位のアイコン

御幸一也(青道)
4.5点/5点

御幸の画像

ランナーがいる場面での活躍も多かったが、秋の大会(成孔戦)で小川から放ったサヨナラホームランは、さすがキャプテンという感じ。

ダイヤのA その他の注目選手たち

美馬総一郎(白龍/群馬)
24.5点/30点

美馬の画像
美馬のパラメーター

走攻守3拍子揃った韋駄天!

打席で集中した姿は「イチロー」そのもの。強肩強打に加え、高い出塁率を生む脅威の脚力が武器。陸上選手の両親を持つサラブレッドでもある。

カーライル(アメリカ代表)
24点/30点

カーライルの画像
カーライルのパラメーター

パワフルアメリカン!

東京代表チームのピッチャーから、木製バットでも軽々と一発を放ったパワーが魅力。キャッチャーとしても座りながら一塁へ強烈な牽制球を送るなど、強肩ぶりも光った。

ダイヤのAの関連記事

おすすめ記事一覧

まとめ記事はこちら

MAJOR 2ndネタバレ考察

【高校野球】どうした、日大三高!?

2018年のおすすめ漫画を紹介!

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です