【ピンポン】名言集まとめ(各キャラクターの名言を集約)

ピンポン おすすめ名言集

description

名作卓球漫画ピンポン(PING PONG)のおすすめ名言を紹介しています。有名な名言から、意外と知られていない名言までまとめているので、興味のある方は是非、ご覧ください!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

▼キャラをタップすると該当キャラに飛びます

ピンポンのキャラクター一覧
スマイル ペコ チャイナ
ドラゴン アクマ 小泉
その他

スポンサーリンク

主要キャラクターの名言

スマイル

まずはスマイルから。クールなキャラとだけあって、スカした台詞が多い。

卓球に人生懸けるなんて、僕に言わせればナンセンスです (2巻15話)

▲やりたいことがあるって素晴らしい。

どうせ死ぬまでの暇つぶしです (1巻6話)

▲いろんな考え方があるのね。

僕の血は鉄の味がする (5巻53話)

▲「名言」というよりは心の中の台詞。ペコの完全復活に喜ぶシーン。

ペコ

続いてはペコ。天真爛漫なペコのキャラクターを象徴するような名言が多い。

あんたはオイラに飛び方を教えてくれた (4巻40話)

▲1度チャイナと対戦して挫折を味わわされていました。

元気出せスマイル!地球は丸いぜっ (1巻6話)

▲それもそうだな…。

この星の一等賞になりたいの、俺はっ!! (1巻7話)

▲勝利に対する執着心のないスマイルを見かねて放った台詞。

チャイナ

続いてはチャイナ。エリートは台詞も小ジャレている。

迷える雛鳥達に、飛び方を教えてやんなくちゃな (4巻41話)

▲チャイナはいろんな人に飛び方を教えてます。

子宮から顔を出した時以来の衝撃だ (2巻22話)

▲あれは確かに衝撃でした…。

風の音がジャマだよ (1巻3話)

▲スマイルとペコが打ち合いをしている時に、見えない場所から音だけで二人の特徴を推察した場面。

ドラゴン

続いてはドラゴン風間。最強の選手とだけあって、台詞もストイックで心に刺さる。

優劣を明確にするために試合が存在する (4巻43話)

▲確かにそうかもね。

沈丁花(じんちょうげ)の香りがする (4巻36話)

▲爽やかな甘い香りは香水にも使用されるそうです。

君にはラケットを握る資格などない。私は嫌悪する (2巻14話)

▲やはり勝利への執着心のないスマイルを見かねて放った台詞。だが、スマイルはこれを「ナンセンス」と一蹴する。

アクマ

続いてはアクマ。基本、嫌な奴だが時には渋い台詞をかましてくる。

今よか ちったァ楽になんよ・・・ヒーロー (3巻29話)

▲サラッと「ヒーロー」と言ってしまうイケメンぶり。

飛べねえ鳥もいる (3巻28話)

▲諦めないでぇ。

お前に、ひとついい事教えてやんよペコ。絶対負けない唯一の方法さ。勝つことだ (2巻22話)

▲インハイ予選でペコを破った時の名言。アクマの持つ、嫌味なキャラクター丸出しのかっこいい台詞。

バタフライジョー

最後は小泉。名言はすべて1巻目。それ以降はあまり出番なし。

中国がパンダとラーメンだけの国じゃない事を知るにはいい機会だ (1巻4話)

▲卓球は国技だしね。

ミーは尽くすタイプだっちゃ (1巻5話)

▲だっちゃ?

教えてあげるよ・・・バタフライジョーの悲劇を!! (1巻9話)

▲自分の選手になろうとしないスマイルと、試合をしている時の名言。点を重ねるたびに凄みが増し、そして壊れていく。

スポンサーリンク

その他の名言

オババ

その他の個性あふれるキャラクターたちの名言を紹介します。

うるせえ。黙れ、喋るな、従え、殴るぞ (3巻30話)

▲いわゆる一つのスパルタ教育。

真田

海王、なめちょったら…飛ばすぞ小僧…! (5巻42話)

▲九州からの越境入学は大変ですね。

江上

海、行くか… (2巻15話)

▲インハイ予選でスマイルにあっさり敗れた江上。その後ろ姿は哀愁すら感じさせる。

スポンサーリンク

ピンポンの関連記事

▼ピンポンのまとめ記事はこちら

▼その他の記事はこちら

漫画コミュニティの関連記事

ワンピースランキング

ダイヤのAランキング

2018年のおすすめ漫画を紹介!

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です