【ダイヤのA(エース)act2ネタバレ】最新167話の考察!川端キャプテンの気迫が反撃を呼ぶ!?

ダイヤのA(エース)act2最新167話ネタバレ

description

5/22発売週刊少年マガジン『ダイヤのA(エース)act2』最新167話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひ読んでみてください!

『ダイヤのA』アイキャッチ

スポンサーリンク

【ダイヤのA act2】最新167話ネタバレとあらすじ

青道vs八弥王子(4回戦)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
八弥
0
0
0
0
0
0
青道
0
0
1
0
5
6

先攻・八弥王子のスタメン

打順 守備 選手名
井上 井上イメージ
坂下 坂下イメージ
川端 川端イメージ
黒瀬 黒瀬イメージ
森イメージ
田村 田村イメージ
夏目 夏目イメージ
谷崎 谷崎イメージ
宮沢 宮沢イメージ

後攻・青道のスタメン

打順 守備 選手名
倉持 倉持イメージ
小湊 小湊イメージ
白洲 白洲イメージ
御幸 御幸イメージ
前園 前園イメージ
降谷 降谷イメージ
東条 東条イメージ
結城 結城イメージ
金丸 金丸イメージ

スポンサーリンク

さらにリードを広げる青道打線

青道6点リードで迎えた6回裏、先頭バッターの結城に代わり、同じく1年生の由井が打席に入ります。

由井は初球を打ち、レフト線へ2ベースヒットを放ちました。

ギャラリー「アウトコース逆らわずに!
狙ってたな1年坊主!」

「由井ってあの由井 薫?
世界大会のキャプテン…青道に来てたのか…!」

「今年の1年も活きが良いのが揃ってるな!
今日の将司は合ってなさすぎた!」

落合コーチ「自分の役割を理解でき、思い切りの良さもある。
貴重な左の代打としても、少しでも多く経験を積ませておきたい選手ですね」

続く金丸にもタイムリー、小湊の内野安打の間にもう1点加え、点差を8点に広げました。

そして、八弥王子が2点返さないとコールドが決まる7回表、青道は引き続き降谷がマウンドに上がります。

ギャラリー「まだノーノーだよな。
フォアボールが2つだけ、三振11個」

川端「ったく、俺らがコツコツやってきた事、全部吹き飛ばしちまう投手だな」

御幸「今日の降谷は特別だ…俺も待ってた」

川端「このまま終わらせてたまるかよ!
さぁこい!
」――。

ダイヤのA act2 167話の画像
ダイヤのA act2 167話より引用

川端の過去


『高校に入学してすぐに、父親が死んだ。
病気がわかって、あっという間だった。
小さな頃からの練習相手で、中学時代は毎日バッティングセンターに連れていってくれた父親だった…
現実を受け入れる事ができず、じっとしていると心が壊れそうだった…
マメが裂け、血が流れても、構わずバットを振り続けた。
痛みが悲しみを薄めてくれた。
ヘトヘトになるまで練習している間だけ、寂しさから離れられた。
気づけば1年の秋からスタメンに名を連ねる選手になっていた。
俺は野球に逃げ…父親と始めた野球に守られていた。
あの日の俺が、今の俺を作った。

俺はまだ、全部出せていない』――。

川端の打球はピッチャー・降谷の頭上を超えていきました。

ダイヤのA act2 167話の画像
ダイヤのA act2 167話より引用

八弥王子の意地

八弥王子ナイン「ナイバッチ、キャプテン!」

川端「さぁ 続けよ黒瀬ー!!」

八弥王子ナイン「頼むぜ4番!!
やってきたこと全部出そう!!」

ギャラリー「一本出ただけでこの盛り上がり」

「そりゃそうだろ。
ノーノー喰らってたんだし」

「意地を見せられるか、八弥王子」

御幸『最後の夏にかけた3年生の想いはどのチームも同じ。
たった一つのプレーをきっかけに勢いづく事もある。

勇気も希望も根こそぎ奪い取る。
全身全霊かけて終わらせよう
』――。

ダイヤのA act2 167話の画像
ダイヤのA act2 167話より引用

スポンサーリンク

【ダイヤのA act2】最新167話ネタバレ感想

「左の由井」、「右の結城」?

奥村がキャッチャーとして台頭していることにヤキモキしていた由井ですが、代打で出場して長打を放ったことで、今後も左の代打要員として起用されそうです。

その由井に代打を出された結城は、手元で動くボールを投げるピッチャーには相性が悪いのかもしれませんね。

打撃でアピールできなくなってしまうと、守備のいい麻生とのスタメンの入れ替えも考えられそうです。

今後は由井と結城の1年生コンビで、

右ピッチャーの場合→代打・由井
左ピッチャーの場合→代打・結城

という形で戦っていくことになるかもしれませんね。

降谷の正念場

点差が8点に広がり、ほぼ勝利を手に入れた青道ですが、ノーヒットピッチングを続けていた降谷が川端に初ヒットを打たれたことで、ある意味一番の見どころがやってきた感じです。

降谷は以前、山守学院との練習試合で「ラストイニング」と告げられた回で簡単に2アウトを取りながら、その後フォアボールとヒットを許し、その回を投げ切ることなく降板しています。

この試合でもコールド勝ち目前のラストイニングで、初ヒットで勢いづくチームを相手に投げるので、

・動じることなく最終回を締め、故障からの完全復活をアピールする

・フォアボールなどでランナーをため、結局イニングを投げ切ることができず降板し、後味の悪さを残す

どちらかの結果になるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

【ダイヤのA act2】前話までのあらすじ

166話までのあらすじ

ダイヤのA act2の166話までのあらすじです。ネタバレに注意してください。

166話のあらすじ

青道vs八弥王子(4回戦)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
八弥
0
0
0
0
0
0
青道
0
0
1
0
1

青道に待望の追加点

青道1点リードで迎えた5回裏、ワンアウト2塁から小湊がヒットを放ち、倉持が追加点のホームを踏みました。

ブルペンで投球練習を始めた沢村が小湊をヨイショします。

沢村「流石の春様!!
青道のブラックサマーエンジェル
開眼した春様はもう赤面しない!!」

金丸「さらっと打ちやがって、毎度毎度」

東条「流石だね」

倉持『口先だけじゃないんだよ、この兄弟は…』

ギャラリー「倉持の出塁率が上がることでより小湊の打撃が活きる。
この攻撃的な1・2番コンビは他校にとっても脅威だろうな」

さらに3番・白洲がセンターの頭上を越えるタイムリーツーベースを放ち、この回2点目をあげました。

沢村「THE アサシン
サイレントキラー!!」

奥村「投げないのなら戻りましょう」

さらなる追加点はこの男の一撃!

前の打席の強烈なセカンドライナーを意識してか、八弥王子の先発・夏目は4番の御幸をフォアボールで歩かせます。

沢村「威圧感!!
キャップの無言の圧力!
この男が無口になると怖い!!
わかる!!」

マウンドに集まる八弥王子ナインを見つめながら、ゾノが大きく息をつき、打席に入ります。

ゾノ『大きいのはいらん…
ショートの頭、セカンドの頭。
体の正面で捉えて強く振り切る…

正面で』――。

ゾノの一発でこの回一挙5点をあげ、点差を6点に広げました。

死んでいない川端

八弥王子のキャプテン・川端は青道の攻撃力を前に、苦笑いを浮かべて立ち尽くします。

川端『…はは…強ぇーーー。
全国行ったらこんなチームがゴロゴロいるんだよな…どんだけだよ…

こんちくしょー』――。

続く降谷の打球を川端が横っ飛びでキャッチし、アウトにしました。

スポンサーリンク

165話のあらすじ

青道vs八弥王子(4回戦)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
八弥
0
0
0
0
0
青道
0
0
1
0
1

出た!自己最速「155キロ」!

4回戦の八弥王子戦に先発している降谷は5回、最後のバッターを155キロのストレートで空振り三振に抑え、この回を三者連続三振に切って取りました。
5回を終えた時点で、早くも10個の三振を奪っています。

ギャラリー「おぉ…自己最速!?」

「出たな、センバツ越え!」

「いや…球速以上のものがあるよ、降谷の球は!!」

御幸『力みがない分キレが出てきたな』

沢村「…そうでなきゃな」

降谷『あと4回…』

降谷の圧巻のピッチングを嬉しそうに見ていた沢村に、奥村が声を掛けました。

奥村「準備しますか? そろそろ…
今 手が空いているので…」

川上「いいよ、ブルペン使って」

沢村「ノリさん、あざす!!
奥村 お借りします!!」

川上「静かにな!」

沢村「おっしゃあ、いくぞ!!」

奥村「静かに…と」

「小湊シフト」

5回裏、青道はワンアウトから倉持がフォアボールを選び、すかさず盗塁を決めました。

ギャラリー「一番塁に出しちゃいけない男を…」

「これまで守備に助けられ、1点に抑えてきたとはいえ…初回から結構捉えられてんだよな」

「あのピッチャーも相当 神経削られてるだろ…」

打席に小湊を迎えたところで、八弥王子のピッチャー・夏目は二塁へ素早く牽制しますが、倉持が何とか帰塁しました。

ギャラリー「あぶねー!
狙ってたな牽制ー!!」

倉持『今まで隠してやがったな…』

夏目『ほっておかないよ、こんなデカいリード』

そして、八弥王子の野手陣が細かいポジションの確認を行います。

小湊『ファースト ライン際閉めて、セカンド深め…右方向かなり意識してる。
状況に応じた準備と確認がチーム全体に行き届いている…』――。

「ブースター」

?
片岡監督『チャンスメイクに自らの出塁、試合の流れを頭に入れたバッターとしての亮介は、青道打線の潤滑油として欠かせぬ存在だった。
だが、左バッターの亮介に対し、お前は右のアベレージヒッター
亮介と同じスキルをお前に求めるつもりはない。
お前には基本、バントのサインを出さない
チャンスメイクだけでなく、点の取れる1・2番、それがお前達に期待することだ』――。

小湊の打球は、ライナーでセカンド・川端のグラブの先を超えていきました。

スポンサーリンク

【ダイヤのA act2】最新167話のネタバレ予想

前話までのおさらい

降谷が圧巻のピッチング!

この夏、背番号11をつけた降谷が4回戦・八弥王子を相手に初登板、初先発のマウンドに上がっています。
自己最速となる155キロを記録するなど、無失点に抑える圧巻のピッチングを披露し、完全復活をアピールしています。

打線も繋がり大量リード!

打線は5回、倉持を二塁に置き、小湊白洲が追加点となるタイムリーヒットを放ちます。
さらにゾノがスリーランホームランを放ち、この回一挙5点をあげ、青道が6-0とリードを広げました。
ダイヤのA act2最新167話のネタバレ予想!

ダイヤのA act2の167話最新をネタバレ予想しています!どんな展開になるのか、管理人の個人的な予想になりますが、興味のある方は読んでみてください!

降谷から沢村へスイッチ?

降谷は無理をしている?

この夏、初めてのマウンドとなった降谷ですが、ここまではストレート、変化球ともに抜群で、八弥王子打線をきりきり舞いさせています。
降谷はこの試合で、自己最速となる155キロを記録しましたが、この試合に懸ける想いが強すぎて無理をしている可能性もあるので、故障の再発が気掛かりなところです。
ダイヤのA act2 165話の画像
ダイヤのA act2 165話より引用

コールド勝ちもチラつく…

ただ、現在は5回裏の途中で6-0と点差が開き、あと1点でも取れれば7回コールド勝ちも見えてきました。
そうなると、ここまで全力投球を続けている降谷を休ませることもできますし、点差があることで、初戦で不安定だった沢村が登板する可能性も高まってきました。
登板のチャンスがあれば、しっかり抑えて汚名返上といきたいところです。

ポイント

  • 降谷は故障再発の可能性あり?
  • 降谷を休ませて、沢村の登板も?
キャラクターアイコン 160キロ投げる人がいるから155キロが普通に見えるw

川端キャプテンの気迫が反撃を呼ぶ!?

八弥王子打線、反撃なるか?

御幸との勝負を避けても、ゾノの3ランホームランなど、青道に攻撃力の差を見せつけられているので、八弥王子とすれば戦意を失いがちになりますが、川端キャプテンはまだまだ諦めていない様子です。
八弥王子打線は、ここまで降谷からヒットを打てているのか分かりませんが、打撃を強化してきたという打線がこのまま終わるとは考えにくいので、降谷から一矢報いることができるのか期待したいところです。
ダイヤのA act2 166話の画像
ダイヤのA act2 166話より引用

乱調の予兆あり

特に降谷の場合は、前の山守学院との練習試合でも、「ラストイニング」と告げられた回で簡単に2アウトを取りながら、その後フォアボールとヒットを許し、その回を投げ切ることなく降板しています。
とにかく、どこで脆さを見せてしまうか分からないので、この後も降谷のピッチングに注目です。
ポイント

  • 八弥王子打線はこのまま終わらない?
  • 降谷はどこで崩れるか分からない!
キャラクターアイコン 降谷はもしかしてノーヒットノーラン中なのかしら?。。

【ダイヤのA act2】最新167話で注目したいキャラクター

川端雅紀(3年)

川端イメージ

八弥王子高校のキャプテン。華麗なプレーで東京代表チームにも選出された二塁手。

降谷暁(2年)

降谷イメージ

4回戦の八弥王子戦で先発。自己最速となる155キロを記録し、故障からの完全復活をアピール。

小湊春市(2年)

春市イメージ

青道が誇る守備の名手。八弥王子のセカンド・川端とのマッチアップが期待される。

【ダイヤのA act2】主要登場キャラクター

沢村栄純(2年)

沢村イメージ

物語の主人公。独特のフォームと多彩な変化球「ナンバーズ」で打者を翻弄する。ライバル・降谷とエースナンバーを争っているが、この夏は背番号1を託された。

降谷暁(2年)

降谷イメージ

超高校級の怪物投手。バットにも当てさせない豪速球が武器。新チーム結成以降はエースだったが、この夏は背番号11を付けることになった。

御幸一也(3年)

御幸イメージ

青道の扇の要。抜群のリードで投手からの信頼も厚く、チームの4番打者としても勝負強さを発揮する。

片岡鉄心(監督)

片岡イメージ

青道の鬼監督。熱いハートでチームを率い、ストイックに勝利を追及する。選手たちの信頼は厚い。

成宮鳴(3年)

成宮イメージ

青道のライバル・稲実の絶対的エース。他を寄せ付けないオーラと圧巻のピッチングで、チームを勝利に導く。

轟雷市(2年)

轟イメージ

無名校の薬師を一躍強豪へと押し上げた怪物スラッガー。本能のままに投手との対戦を楽しんでいる。

天久光聖(3年)

天久イメージ

部に戻ってきた市大三高の天才投手。プライドの高い選手だが、投手としての実力は本物。

ダイヤのAの関連記事

まとめ記事はこちら

おすすめ記事一覧

トミソラの漫画考察部屋の関連記事

当サイトでおすすめの記事をまとめています。興味がある方はぜひ読んでみてください!



MAJOR 2ndネタバレ考察

ワンピース関連の記事

考察まとめはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です