【ダイヤのA(エース)act2 15巻】最新刊の発売日とあらすじ

ダイヤのA(エース)act2最新刊15巻ネタバレ

description

週刊マガジンで連載中「ダイヤのA(エース)act2」最新刊15巻のネタバレを掲載しています。ダイヤのA(エース)act2 15巻について気になっている人はご一読ください。

『ダイヤのA』キャラクター画像

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 130話のあらすじ

青道vs西邦(練習試合)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
西邦
0
0
0
0
0
0
1
1
青道
0
0
0
0
0
2
2

東京代表vsアメリカ(第2試合)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
米国
0
0
1
1
0
1
0
0
0
3
日本
0
0
0
1
0
0
0
0
1
2

潰し合い

日米野球の激闘を終え、成宮たちと一緒になった帰りの電車で、バッテリーを組んだ御幸が切り出しました。

「鳴 言うべきか迷ったけど、お前クセが出てたぞ

御幸は成宮がチェンジアップを投げる時、グローブの位置が高くなることを見抜いていたようです。しかし成宮は不敵な笑みを浮かべて言いました。

「へぇ 言っちゃうんだそれ…こっちとしては持ち帰ってもらいたかったんだけどね

稲実は、成宮が御幸とバッテリーを組んだ時用の仕掛けをしていました。

電車を降り、成宮たちと別れた御幸は『このまま青道の皆に伝えていたらどうなっていたか』と安堵していました。

山場の練習試合、終了

一方、青道グラウンドでも激闘が幕を下ろしました。

7回裏、青道は代打攻勢で西邦の明石から1点をもぎ取り、8回、マウンドの沢村は明石にセンター前ヒットを打たれたところで交代となりました。

後を継いだ川上と由井のバッテリーは1点を失うも、最後は振り切って西邦高校を破りました。

3校合同の練習試合は山守学院の2勝、西邦の2敗、そして青道の1勝1敗で幕を閉じました。

ダイヤのA act2 130話の画像
ダイヤのA act2 130話より引用

御幸、帰宅

寮に戻った御幸は山守学院戦、西邦戦のスコアブックを眺めながら、メンバーたちと今日の2試合を振り返っていました。

降谷は「第1試合、負けたのは自分のせいです」と自分のピッチングに反省しきりの様子でした。

また、すでにシャワールームに行ってしまった沢村に対して、ナインから賞賛の声が相次ぐなか、沢村は115球でバテてしまったことを反省し、バッテリーを組んだ奥村は、沢村と一緒に途中で代えられたことにやはり納得いっていない様子でした。

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 131話のあらすじ

真田、故障再発?

日米野球を終えた代表選手たちが、それぞれの学校に戻り、試合の報告をしていました。

薬師では、エースの真田がキャプテンの平畠に話をしています。

真田「やっぱ俺も参加すべきだったかな。
まぁ…でも動けない奴がベンチにいてもな

薬師は真田の故障からチーム状態が悪化しているようですが、真田は前を向いて言いました。

真田「大丈夫。夏大までには間に合わせる」――。

まだまだあったアピールの場

青道の首脳陣は、ベンチ入りメンバーのことで頭を悩ませていました。

高島副部長によると、大会までに土日に組んでいる練習試合は16試合、ベンチ入りメンバー発表まででも8試合あるようです。

片岡監督は「由井と奥村は小野の代わりとして経験を積んでもらうしかない」と話しました。

御幸は成宮を打てるのか?

御幸の部屋では奥村が、沢村とバッテリーを組んだ西邦との試合について御幸と振り返っていました。

すると、ちょうどそこへ沢村が入ってきて、御幸に(日米野球で)成宮の弱点が見つかったかどうかを聞きました。

御幸は「死角はない。チェンジアップも進化してる。改めて稲実の強さの理由も見せつけられた
と話した上で、「打てそうですか」と聞かれると、唯一ボールの軌道を見た御幸は自信をのぞかせていました。

ダイヤのA act2 131話の画像
ダイヤのA act2 131話より引用

起きていた降谷

小野の部屋では、試合で負けた責任を一人で背負い込んでいた降谷の寝顔を、由井が見下ろしていました。

すると「明日から…」と降谷が目を閉じたまま、由井に話しかけます。

「試合でも練習でもなるべくバッテリーを組もう。
ちゃんと止めやすい所に投げるから…」ー。
由井の力強い返答を聞いて、降谷は安らかに眠りにつきました。

ダイヤのA act2 132話のあらすじ

平穏のひと時

山守学院、西邦との練習試合を終え、選手たちはそれぞれの教室で時間を過ごしています。

沢村と降谷は読書、東条と春市は野球談議、倉持と御幸は日米野球の思い出話、右手を骨折して字が書けない小野には、ゾノや麻生が「俺がノートを取ってやる」と言って揉めていました。

1年生のクラスでは、由井と結城がこちらも野球談議、奥村は左手で沢村のボールを掴む感覚を実践し、周りの女子からは『どうして今”空(くう)”を掴んだの?』『術?』と謎がられていました。

まだ決まってねぇ

練習では、日米野球から戻ってきた御幸が豪快にフリーバッティングを行い、他の選手も練習をこなす中、特にベンチ入りメンバーの当落線上にいる高津三村は、鬼気迫る表情で守備練習をこなしていました。
ダイヤのA act2 132話の画像
ダイヤのA act2 132話より引用

熾烈な争いが続く

そして週末、神奈川の東郷学園、埼玉の永倉、戸高西を迎え4試合を行い、青道は3勝1敗と勝ち越しました。主な選手の成績はこのようになりました。

沢村 8回 108球 被安打5
四死球1 奪三振7 失点0

降谷 8回 124球 被安打4
四死球4 奪三振13 失点1

川上 7回 89球 被安打9
四死球1 奪三振4 失点0

金田 4回 64球 被安打7
四死球1 奪三振4 失点4

川島 4回 78球 被安打7
四死球4 奪三振3 失点4

由井 6打数2安打 1失策
奥村 5打数4安打 2打点
三村 5打数1安打 1四死球
関  4打数0安打 1犠打
高津 5打数2安打 1失策

生き残りの競争は佳境に入ってきました。

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 133話のあらすじ

発表前日

ベンチ入りメンバー発表までの残り4試合に全勝した青道は、翌日、ついにメンバー発表の日を迎えます。選手たちはその時を控え、談議や自主練に励んでいました。この4試合の投手陣の成績は以下のようになりました。

沢村 9回 119球 被安打7
   四死球1 奪三振10 失点1

降谷 9回 128球 被安打6
   四死球4 奪三振15 失点1

川上 10回 138球 被安打10
   四死球2 奪三振5 失点3

川島 3回 54球 被安打7
   四死球1 奪三振1 失点3

金田 4回 52球 被安打3
   四死球1 奪三振3 失点3

ベンチ入りメンバー発表!

そして6月15日午後、ベンチ入りメンバーが発表されました。

ベンチ入りの当落線上から、メンバーに選ばれたのは、
外野手・結城将司、外野手兼捕手・由井薫、そして最後に捕手・奥村光舟の3人でした。

小野は三塁コーチャー兼捕手としてベンチに残り、関、三村、川島といった3年生、さらに高津、瀬戸らはベンチ入りが叶いませんでした。

発表を終えて

瀬戸は「食堂居残り組」から残った奥村を称えていました。

「俺ら1年から3人も選ばれたんだ。暴れてこいよ、光舟」

奥村に浮かれている様子はまったくありません。

「わかってる…俺はまだまだ足りないものだらけだ…あの人達の球を受ける度に痛感させられる」ー。

ベンチ入りメンバー発表を終え、それぞれの想いを胸に、選ばれし20名はさらに戦うことを誓いました。

ダイヤのA act2 133話の画像
ダイヤのA act2 133話より引用

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 134話のあらすじ

まだ引退したわけじゃない!

ベンチ入りメンバー発表の翌日、チームは早速、夏の合宿に入りました。

メンバーに選ばれた3人の1年生、結城、由井、奥村のバッティング練習に、川島や三村、関らメンバーに選ばれなかった選手たちがサポートしています。

1年生たちは鋭い打球を飛ばしていました。

『いいよそれで、もっと打て。もっと打って俺らを心から納得させてくれ』-。

おにぎりタイム

また、キャッチャーとしても出場の可能性がある由井と奥村はシートノックに参加し、御幸や沢村たちと細かい投内連携を確認していました。

『基本的な処理から細やかなプレーまで一つずつ潰していく…俺達がこのチームの穴になる訳にはいかない』-。

練習の合間にはマネージャーたちがつくったおにぎりの補食タイムです。

結城が見事な食いっぷりを見せる一方、沢村は「スタミナをつけるため」と苦手な納豆を一気にほおばりますが挫折していました。

ダイヤのA act2 134話の画像
ダイヤのA act2 134話より引用

地獄の夏合宿、始まる

日が暮れて、練習も大詰めのベースランニングが始まりました。

まだまだ体力のない1年生たちは、上級生たちにせかされながら何とかついていっています。

しかし「ラスト10本!」の掛け声に、おにぎりを食べすぎた結城はやはり限界を迎えてしまいました。

大会直前の夏合宿がスタートです。

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 135話のあらすじ

テストも近い…

合宿3日目となるとメンバーに選ばれた3人の1年生たちは、教室で言葉も発さず、ただただ疲れきっている様子でした。

2年生のクラスでは沢村と降谷が珍しく、眠らずに授業を受けています。

チームを代表する選手が赤点で追試なんて格好つかねぇよ』ー。

加熱するエース争い

練習では沢村と降谷が投球練習を行っています。

沢村は『(西邦戦で)前半飛ばしたからって100球程度でバテるのは全身に余計な力が入っているから』と、やる気のない顔から指先だけに力を入れて投げる「脱力投法」を実践するとストレートは138キロをマークしました。

御幸は「春からの成長が凄すぎる
ここ最近の安定感も納得の数字だ」と感心していました。

また、由井とバッテリーを組んでいる降谷も148キロをマークし、調子の良さをアピールしていました。

三村の指導

外野での守備練習では、結城のバックホームを見た三村が「三塁コーチャーが回しやすいのは動作が大きく浮いたボールを投げる外野手。
肩が強くなくても捕ってからスローイングまでが早い外野手だと回しづらい」と外野手ならではのコーチャー論を交えながら指導していました。

先発は誰だ!?

シャワールームで着替えている樋笠と山口が土日の試合の話をしています。

「やっぱ元プロの指導者が集まってる九重(高校)が一つ抜けてるか…」

じゃあこの試合の先発任されたピッチャーがエースナンバーに一番近いってこと?」-。

かたわらで話を聞いた沢村は、聞かなかったかのように扉を閉めて隠れてしまいました。

背番号発表の日が近づいています。

ダイヤのA act2 135話の画像
ダイヤのA act2 135話より引用

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 136話のあらすじ

ベンチ入り1年生、歓迎会?

ゾノ、由井、結城の3人は室内練習場で自主練をしていました。

ゾノ「お前ら もう行くで!
今日は終いや!」

結城「寮だといつもこんな時間まで打ってられるのか、羨ましい!」

ゾノ「お前らまだまだ元気そうやな。
メシと風呂済ました後で付き合えや」

ちょうどその頃食事を済ませた奥村、浅田の「食堂居残り組」に御幸が声をかけます。

「今 食事終わったとこか。ちょうどよかった」

二人は、上級生たちがゲームをしている倉持の部屋に連れて来られました

倉持「おっしゃ! スマブラ勝ち抜きやんぞ!」

御幸「せっかくの合宿だしいろんな3年と交流しておくのもいーだろ」

倉持「ベンチ入りした1年がどーゆう奴らか俺らも知りたいしな」

あとから由井と結城も合流しました。

二人はゲームはほとんどやらないようです。

結城「御幸先輩。兄から聞いてます。
将棋の腕前はチーム一だと。
お手合わせ願えますか?

降谷は3年生の飲み物のパシリを、なぜかすすんでやっていました。

九重戦の先発は…?

合宿4日目、片岡監督は御幸に週末の試合の先発ピッチャーを告げました。

注目の九重戦は沢村が先発するようです。

監督「合宿の疲れがあるのは重々承知。その中でいかに的確な判断と迷いのないプレーが出来るか。
過酷なトーナメントに泣き言 言い訳は通用しない!」――。

合宿最終日を迎え、今日も選手たちが元気にグラウンドに向かっていきました。

ダイヤのA act2 136話の画像
ダイヤのA act2 136話より引用

ダイヤのA act2 137話のあらすじ

成宮攻略への道

合宿最終日、グラウンドでは選手たちが様々なシチュエーションで攻守を行う、1球バッティングが繰り返されていました。

マウンドの川島から、バットを短く持った倉持が一・二塁間に強烈なヒットを放ちました。

高島スカウト「左打席に専念するようになって振れてますね。
打率も上がって自信を持って打席に立ってるのがわかります」

白洲は低めの変化球を見極めてフォアボール。

御幸「ボールゾーンに外れる変化球に手を出さない事。
結局これが投手に一番プレッシャーをかけられる…」

御幸は日米野球で成宮のボールを受けて、その後、ナインに攻略法を話していました。

『狙うとしたらストレートかスライダー。
狙いを絞った迷いのないスイングでプレッシャーを掛け続け、一試合に何度来るかわからない甘めのボールを仕留める』――。

ゾノは詰まりながらもヒット。

御幸は、投手がストライクの欲しいカウントから確実に捕らえ、ツーベースヒットを放ちました。

ダイヤのA act2 137話の画像
ダイヤのA act2 137話より引用

one for all,all for one

打線に課題を持つ主力選手たちには、それぞれの思いがありました。

倉持「白洲、春市。この打線の鍵となるのは御幸の前を打つ俺達だよな…。
俺達が先に点取ってやってたら4番のあいつも少しは楽に打席に立てるだろうからな

前園「4番の後ろが頼りなかったら、あいつは簡単に勝負を避けられてしまう。
4番の後ろに怖いバッターがおらなあかんのや

金丸が三塁側へ見事な送りバントを決めます。

金丸『そりゃオレだって打って目立ちたい…。
でもどんな局面でも決められるようバントを磨いてきたつもりだ…』

続く沢村がバスターから強烈なライト前ヒットを放ちます。

東条『本当…刺激をもらえる人しか周りにいない』――。

東条の打球は、木島・中田の二遊間コンビのファインプレーに阻まれました。

首脳陣たちも新チーム結成時からの、選手たちの成長ぶりに感心している様子です。

合宿の締めと言えば…

ところが片岡監督は「まだ足りんな…」と漏らすと、午後5:00、地獄の監督ノックが始まりました。

『シフトやフォーメーションはチームで作り上げていくものだが…個々の守備範囲が半歩でも広がればそれだけ守備の穴は狭くなる。
すなわち個々のレベルが上がれば、チームが強くなる。

俺についてくる覚悟はあるか?

ダイヤのA act2 138話のあらすじ

合宿のラスト

合宿最終日、いよいよ地獄の監督ノックが始まりました。

一人ノックを打ち続ける片岡監督から檄が飛びます。

「どうしたぁ!
もう声が出ないかぁ!」

初めて目にする監督ノックに1年生たちは驚きの表情を隠せません。

あまりの厳しさに奥村たちベンチ入りした1年生はノックから外されてしまっていました。

いつまで続くんだこれ…監督ずっと打ち続けてんじゃん…」

監督『御幸…どうだった甲子園は…』
御幸『あれだけの観客の前での試合は素直に楽しかったです。…けど巨摩大の前にわずか1安打…完全な力負け。今は悔しい思い出しか残っていません』
監督『その気持ちがあれば大丈夫だな…手応え、迷い、限界、挑戦…ついてきてくれるお前達がいるから俺も戦える。ベスト8じゃ物足りん。このチームならもっと上にいける』-。

「ラスト1球!」の合図で、選手たちの掛け声は一段と大きくなりました。

ダイヤのA act2 138話の画像
ダイヤのA act2 138話より引用

張り合う二人

かたわらで、沢村と降谷も晴れやかな表情でノックを見守っていました。

「負けてねぇよな…去年のチームにだって全然負けてねぇ」

「明日は抽選。練習試合も残りわずか…」

そしてお互いを意識しながら「ぜってー負けねぇ!」と誓い合いました。

抽選会が始まる

そして6月21日、青山学院PS講堂にて運命の抽選会が始まります。

ダイヤのAの関連記事

まとめ記事はこちら

おすすめ記事一覧

トミソラの漫画考察部屋の関連記事

当サイトでおすすめの記事をまとめています。興味がある方はぜひ読んでみてください!



ワンピース関連の記事

考察まとめはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です