【ダイヤのA(エース)act2ネタバレ】最新143話の考察!由良総合がついにベールを脱ぐ!?

ダイヤのA(エース)act2最新143話ネタバレ

description

10/24発売週刊少年マガジン『ダイヤのA(エース)act2』最新143話のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひ読んでみてください!

『ダイヤのA』アイキャッチ

スポンサーリンク

ダイヤのA act2最新143話ネタバレとあらすじ

ライバルたち、集う!

開会式が終わり、球場の外で御幸は明川学園の楊に会っていました。

ゾノ「ベンチにも入れんのか…勿体ない」

御幸「東京代表の2試合目で1イニングだけバッテリーを組めた
野球に対する姿勢、常人離れの技術にそれを裏付ける探求心。一緒にプレーできたことを誇りに思うよ。」

沢村たちは薬師のメンバーたちに遭遇していました。

轟「1番! サワムラが1番! また凄くなった!?」

真田はエースナンバーを付けていない降谷に声をかけます。

「ケガ…とかじゃねぇよな?」

降谷が首を横に降ると真田は「ならバチバチにやり合えるな」、と喜んでいました。

天久「おーい、沢村ー! お前1番付けてんじゃねぇか! どうして教えてくれねぇんだよ!」

沢村「なんでアンタに報告しなきゃなんないんスか! そもそも俺達 敵だし!」

天久「轟 お前もグループライン入る? お前ならいーぜ」

沢村「勝手に入れんな! どんなグループだよ!」

すると轟は天久と沢村を指さして言いました。

「5回戦、準決勝…決勝でイナ実…

うおおおおぉ早く全員まとめてブッ飛ばしてぇ!

多田野「鳴さん、聞きました? 青道のエースナンバーが2年の沢村に代わったって」

成宮「そうか…ま…相手が誰だろーと関係ないけど」

ダイヤのA act2 143話より引用

団結する3年生

7月6日、青道の選手たちは1回戦を勝ち上がった由良総合の試合をビデオで見ていました。

ナベ「先発は背番号12番2年の大須。右の本格派で速球で押すタイプですね。この日 背番号1、3年東山の出番はありませんでした。打線でも4番千田が3打点。スクイズ エンドランなど小技を絡め得点を積み上げ、坂乃江高校を11-2、7回コールドで下しました
来週の2回戦も見てくるので、バッターのデータはもう少し増えると思います。」

御幸『青道の名物監督だった榊英二郎…監督の恩師だしやりづらさとかあるのかな…』

御幸は沢村に、翌日ブルペンに入るか聞きました。

沢村「まさに! ナンバーズを磨いておきたかったところです!」

そして降谷はその次の日に決まりました。
すると川上も積極的にブルペンに入ることを希望し、なんと今すぐやることが決まったようです。
その他の選手たちも続々と練習に向かっていきました。

金丸「なんか最近3年生仲良いよな。」

小湊「よく笑ってるし、妙に落ち着いてるというか、吹っ切れてるというか…」

沢村『長く…1日でも長く…俺が…このチームのエースなんだ。
先輩達の夏を終わらせてたまるか』-。

ダイヤのA act2 143話より引用

火花散る!

1回戦を勝ち上がった由良総合の榊監督が、片岡監督に電話で勝利の報告をしていました。

榊監督「何とか初陣飾ったぞ。お前んところとやるまであと1試合か」

片岡監督「3回戦でお待ちしてますよ、監督」

榊監督「秋から就任と言っても選手集めたり環境整えたり、前々から準備して来てるんだぜ。
首洗って待ってろ!

片岡監督「はい! 楽しみにしています」

ダイヤのA act2 143話より引用

スポンサーリンク

ダイヤのA act2最新143話ネタバレ感想

精密機械の引退試合

開会式も終わり、いよいよ夏の大会が始まっていきます。御幸は日米野球で成宮とバッテリーを組みましたが、明川学園の楊舜臣とも組んでいたようです。
1年前に対戦した時は、御幸が楊から同点タイムリーツーベースを打ち、『相性バッチリ。俺達いいバッテリーになれるぜ』とかましていましたが、本当に実現することになるとは…。楊は日米野球の1試合目で乾とバッテリーを組んで3イニング、2試合目で御幸と組んで1イニング投げました。規定によって最後の大会に出られないのが残念ですね。

由良総合の注目選手

青道の初戦で当たる可能性が高い由良総合が、早くも1回戦を突破しました。次で対戦すると思っていましたが、青道と当たるまでにもう1試合あるようです。相手は「中央杉内高校」です。実在するどこかの学校と名前が似てますねw
1回戦で由良総合は背番号12の選手が先発したようですが、おそらく次の試合でもエースピッチャー(東山)を使わずに勝ち上がってくると思われます。青道との試合でぶつけてくる可能性が高いですね。

エース 東山

4番  千田

この二人が要注意になりそうです。

ダイヤのA act2前話までのあらすじ

142話までのあらすじ

ダイヤのA act2の142話までのあらすじです。ネタバレに注意してください。

142話のあらすじ

背番号発表!

背番号が発表された瞬間、沢村は少し驚いた表情でその場で固まっていました。

片岡監督「どうした? 取りに来ないのか? この番号に見合った成績を残したんだ。堂々と受け取れ」

すれ違いざま、降谷は「おめでとう」と声をかけましたが、沢村は無言で元の場所に戻っていきました。
その他の選手の背番号は以下のようになりました。

2  御幸一也
3  前園健太
4  小湊春市
5  金丸信二
6  倉持洋一
7  麻生尊
8  東条秀明
9  白洲健二郎
10 川上憲史
11 降谷暁

片岡監督「エースとしての役割がなくなった訳じゃないからな。ここからの飛躍を期待しているぞ」

太田部長『1が2つで今までよりも倍期待しているとか…ちょっと苦しいか…』

落合コーチ『エース降格を告げられた降谷の心情…エースの重圧が新たにのしかかる沢村…。変化によって起こるリスクを少しでも回避したかったが…片岡さんは2人の更なる成長を信じた。挑戦なくして成長なし…実に片岡さんらしい答えだが…』

12 小野弘
13 山口健
14 木島澪
15 結城将司
16 樋笠昭二
17 中田中
18 金田忠大
19 由井薫
20 奥村光舟

片岡監督「トーナメントを勝ち抜くにはここにいる皆の力が必要だ! 全員でいこう」-。

降谷の胸中

開会式が行われている客席では、やはり青道の背番号のことが話題になっています。

「見た? 青道の降谷。エースナンバーじゃなかったぜ」

「調子崩してるみてーだな」

「じゃあ川上が背番号1?」

「あいつだろサウスポーの。白龍戦で一気に名を上げた、沢村栄純」―。

開会式の前、背番号「1」を手にした沢村が落ち着かない様子でユニフォームを着ている間、降谷は自分の背番号「11」を眺めていました。

小湊「…大丈夫?」

降谷「1年の時の背番号に戻ったからね…悔しさはあるよ…けど それ以上にもっといいピッチングをしなきゃと思う…一番の目標はこのチームで甲子園を勝ち抜くことだから」-。

夏が始まる

開会式が終わり、選手が続々と退場していきます。奥村は1年前の降谷同様、グラウンドの暑さにやられているようでした。

スポンサーリンク

141話のあらすじ

テスト期間終了

ようやくテスト期間が終わりました。沢村は(55点で)「降谷に日本史で勝った!」と喜んでいました。今年は降谷も追試はなかったようです。

また、マネージャーたちは選手の背番号の入ったお守りづくり、吹奏楽部やチアリーダーたちは校舎の外で応援の練習に熱が入っていました。夏の大会に向けて準備が進んでいきます。

なお、1年生の奥村結城は追試を行うことになりました…。

夏の大会、開幕!

そして7月5日、ついに全国高等学校野球選手権・東京大会が開幕します。多くの学校の選手たちが顔を揃えるなか、連覇を狙う稲実をはじめ、市大三高、薬師、帝東、成孔学園、鵜久森、仁王学舎、そして青道など、強豪校が姿を現しました。

「御幸だ…やっぱオーラあんな」

「身体ゴツくなった?」

「めっちゃ強そう…練習試合勝ちまくってんだろ」

「あれが降谷か…今大会注目の剛腕か」

え?

降谷の背番号を見て周囲がざわめきました。

エースナンバー決定

先週、落合コーチは「降谷にエースナンバーを託すべきだと思いますね。」と話したのに対し、片岡監督が答えました。

「降谷が調子を落としている間、そのピッチングでチームを引っ張ってくれたのが沢村です。このことはほとんどの選手が認めるところでしょう。降谷にしても沢村にしても、一人じゃここまで辿り着けなかった。けどここがゴールでもない。むしろ背番号を入れ替えることで二人の更なる成長に繋がればと。

この夏は沢村でいきます。」

スポンサーリンク

ダイヤのA act2登場キャラクター

沢村栄純(2年)

『ダイヤのA』キャラクター画像

物語の主人公。独特のフォームと多彩な変化球「ナンバーズ」で打者を翻弄する。現在はライバル・降谷とエースナンバーを争っている。

降谷暁(2年)

『ダイヤのA』キャラクター画像

超高校級の怪物投手。バットにも当てさせない豪速球が武器。現在は沢村とエースナンバーを争っている。

御幸一也(3年)

『ダイヤのA』キャラクター画像

青道の扇の要。抜群のリードで投手からの信頼も厚く、チームの4番打者としても勝負強さを発揮する。

片岡鉄心(監督)

『ダイヤのA』キャラクター画像

青道の鬼監督。熱いハートでチームを率い、ストイックに勝利を追及する。選手たちの信頼は厚い。

成宮鳴(3年)

『ダイヤのA』キャラクター画像

青道のライバル・稲実の絶対的エース。他を寄せ付けないオーラと圧巻のピッチングで、チームを勝利に導く。

轟雷市(2年)

『ダイヤのA』キャラクター画像

無名校の薬師を一躍強豪へと押し上げた怪物スラッガー。本能のままに投手との対戦を楽しんでいる。

天久光聖(3年)

『ダイヤのA』キャラクター画像

部に戻ってきた市大三高の天才投手。プライドの高い選手だが、投手としての実力は本物。

ダイヤのA act2最新143話のネタバレ予想

ダイヤのA act2最新143話のネタバレ予想!

ダイヤのA act2の143話最新をネタバレ予想しています!どんな展開になるのか、管理人の個人的な予想になりますが、興味のある方は読んでみてください!

スポンサーリンク

沢村、「エースナンバー」奪取!

リスクを乗り越えろ!

この夏の背番号は沢村が「1」降谷が「11」ということになりました。

落合コーチはエース降格を告げられた降谷の心情と、エースの重圧が新たにのしかかる沢村、という変化によって起こるリスクを心配していました。大会に入って二人がどのような結果を残していくのか注目です。

『ダイヤのA』act2 141話の画像
ダイヤのA act2 141話より引用

降谷がエースじゃない!?

また降谷の背番号を見て、周りの学校の選手たちがざわついていましたが、確かに直近で最後の公式戦になった春季大会の市大三高戦までは、降谷が主戦として投げていました。

なので他校からすればまだ降谷が「絶対的なエース」で、沢村の存在は「クセ球を投げるサウスポー」くらいにしか認知されていないのかもしれませんね。この大会で、沢村の名が全国区となるのでしょうか?

ポイント

  • 沢村に「エース」のプレッシャー?
  • この夏、沢村の名が全国にとどろく?
キャラクターアイコン 個人的には川上がエースになると思ったんだけどな~。

スポンサーリンク

由良総合がついにベールを脱ぐ!?

稲実との対戦はいつ?

抽選の結果、青道は順当にいけば、準決勝で市大三高か薬師、そして1年前同様、決勝で稲実と当たることになりました。日米野球で成宮とバッテリーを組んだ御幸は、成宮の進化に驚きながらも、成宮打ちに自信をのぞかせていました。

この夏は1年前のサヨナラ負けのリベンジを果たせるのか注目です。

青道はいきなり苦戦?

ただその前に、注目は初戦で当たる可能性が高い由良総合との対決です。青道で片岡監督の前任だった榊監督がチームの指揮を執っています。1回戦は間違いなく勝ち上がってくるでしょうから、青道は最初の試合でいきなり苦戦を強いられることになるかもしれません。
『ダイヤのA』act1 325話の画像
ダイヤのA act1 325話より引用

その実力やいかに?

開会式も終わり、これからさっそく由良総合の試合が行われるかもしれません。榊監督が就任してまだ間もないでしょうが、どんなチームに仕上がっているのか、その実力がそろそろ見られそうです。
ポイント

  • 稲実にリベンジなるか?
  • 新興勢力「由良総合」が青道を苦しめる?
  • ついにその実力が明らかに!?
キャラクターアイコン 名将のもとにはいい選手が集まるからね~。

ダイヤのAの関連記事

まとめ記事はこちら

おすすめ記事一覧

MAJOR 2ndネタバレ考察

【高校野球】どうした、日大三高!?

2018年のおすすめ漫画を紹介!

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です