【ダイヤのA(エース)act2ネタバレ】最新141話の考察!エースは誰に?落合コーチは降谷推し

ダイヤのA(エース)act2最新141話ネタバレ

description

10月3日発売週刊少年マガジン44号『ダイヤのA(エース)act2』141話「エースは誰に?落合コーチは降谷推し」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

ダイヤのA act2最新141話ネタバレとあらすじ

テスト終了

ようやくテスト期間が終わりました。沢村は(55点で)「降谷に日本史で勝った!」と喜んでいました。今年は降谷も追試はなかったようです。

また、マネージャーたちは選手の背番号の入ったお守りづくり、吹奏楽部やチアリーダーたちは校舎の外で応援の練習に熱が入っていました。夏の大会に向けて準備が進んでいきます。

なお、1年生の奥村結城は追試を行うことになりました…。

ダイヤのA act2 141話より引用

夏の大会、開幕!

そして7月5日、ついに全国高等学校野球選手権・東京大会が開幕します。多くの学校の選手たちが顔を揃えるなか、連覇を狙う稲実をはじめ、市大三高、薬師、帝東、成孔学園、鵜久森、仁王学舎、そして青道など、強豪校が姿を現しました。

「御幸だ…やっぱオーラあんな」

「身体ゴツくなった?」

「めっちゃ強そう…練習試合勝ちまくってんだろ」

「あれが降谷か…今大会注目の剛腕か」

え?

降谷の背番号を見て周囲がざわめきました。

ダイヤのA act2 141話より引用

エースナンバー決定

先週、落合コーチは「降谷にエースナンバーを託すべきだと思いますね。」と話したのに対し、片岡監督が答えました。

「降谷が調子を落としている間、そのピッチングでチームを引っ張ってくれたのが沢村です。このことはほとんどの選手が認めるところでしょう。降谷にしても沢村にしても、一人じゃここまで辿り着けなかった。けどここがゴールでもない。むしろ背番号を入れ替えることで二人の更なる成長に繋がればと。

この夏は沢村でいきます。」

ダイヤのA act2 141話より引用

スポンサーリンク

ダイヤのA act2最新141話ネタバレ感想

奥村の評価が下がる?

野球部にとって一つの関門となるテスト期間もようやく終わりました。「エースナンバーを勝ち取る」という自覚からか、沢村も降谷もお互いに負けられない、と赤点だけは阻止したようです(1年前は沢村は全教科ギリギリセーフ。降谷は追試を受けていました)。

1年生では、由井は優秀なイメージがありましたが、奥村が(まさかの?)追試となりました。休み時間中ずっとスコアブックを眺めていたせいでしょうか…? 片岡監督の評価が変わらなければいいですね。

夏の大会が始まる!

そしていよいよ夏の大会の開会式を迎えます。ところで本作の設定では「第90回全国高等学校野球選手権東京大会」となっています。現実には今年の夏が100回目でしたから10年前という過去の話になりますね。何か意味があるのでしょうか? ちなみに実際の90回大会は、東東京は関東一高、西東京は日大鶴ケ丘が代表になっています。甲子園では、大阪桐蔭が決勝で常葉菊川を17-0で破る圧倒的な強さを見せていました。

また数々の強豪校が開会式を待つ間、帝東の乾が何やら優勝旗らしきものを持っていました。1年前は西東京は稲実が優勝しましたが、東東京では帝東が優勝していたんですね。向井は当時1年生にして、早くも甲子園のマウンドに立っていたのかもしれません。成孔学園の小川も、眉毛を剃らずに準備万端、この日を迎えていました。

ダイヤのA act2 141話より引用

沢村、「エース」に

そして気になる背番号ですが、この夏は沢村が「1」降谷が「11」ということになりました。3年生の川上のエースナンバーも予想していましたが、おそらく1年前と同じ10番を背負っていると思われます。落合コーチは降谷推しでしたが、片岡監督は最終的に沢村にエースナンバーを託しました。

また降谷の背番号を見て、周りがざわついていましたが、確かに直近で最後の試合になった春季大会の市大三高戦まで降谷が主戦として投げていたので、他校からすればまだ降谷が「絶対的なエース」で、沢村の存在は「クセ球を投げるサウスポー」くらいしか認知されていないのかもしれませんね。

ダイヤのA act2前話までのあらすじ

140話までのあらすじ

ダイヤのA act2の140話までのあらすじです。ネタバレに注意してください。

140話のあらすじ

運命の九重戦の結果は…?

6月23日・月曜日、テスト週間に入ったにもかかわらず、奥村は昨日行われた九重戦のスコアを眺めていました。

クラスメイト「勉強してると思ったら、また謎のノート熟読してる」「どこかの国家機密?」―。

前日、沢村はこの試合の先発を任された意味を理解し、いつも以上に気合が入っていました。

沢村『9回まで一人で投げ抜くとしたら、前半どれだけ球数を抑えられるかですね』

御幸『ゴールの事よりまずは目の前のバッター、だろ? ピッチャーとキャッチャーは一心同体。お前の正面に座る限り、俺がお前の良さを引き出してやる』-。

試合は4-2で青道が勝ちました

小野の説得力がスゴイ…

テストも近づき、この日から練習は軽めになります。小野が同じキャッチャーの奥村に声をかけます。

「練習試合、身体動かなかったろ? あんまり気にしなくていいからな。去年は小湊、御幸だって1年の時はノックから外されてたからな。大丈夫。戦力として認められてなきゃベンチには入ってない」

奥村は小野に深々と頭を下げて、お礼を言いました。

『弱さや負い目なんかいらない。今の自分にできることをやる。それが答えだ』-。

落合コーチが選ぶエースは…?

監督室で首脳陣たちが沢村の好投を称えていました。

落合コーチ「沢村はエースとしての役目を立派に果たしていると言えるでしょう。ただ、降谷の状態もかなり良くなってきている。新チームからエースナンバーを背負い、エースとしてのプレッシャーの中で成長を続けてきた…その成果はセンバツでのピッチングと言えるでしょう。こういう投手からエースナンバーを剥奪するという事はチーム内外にあらゆる意味を発信することになるし、その先の成長すら奪うことになるかもしれない…」

スポンサーリンク

139話のあらすじ

抽選会が始まる!

いよいよ夏の大会の抽選会が始まります。青道は落合コーチがくじを引きました。

青道高校 Cブロック 65番

そのほかの学校も続々と番号を読み上げていきます。

「紅海大菅田 Bブロック 64番」
「市大鶴ヶ島 Bブロック 33番」
「仙泉学園 Dブロック 97番」
「創聖高校 Cブロック 96番」
「成孔学園 Aブロック 32番」…

そんな中、春季大会で稲実に敗れ、シード権を逃した薬師はキャプテンの平畠ではなく、真田が抽選会に来ていました。

峰記者「このチームがどこのブロックに入るかでトーナメントの動向も大きく変わる。シードにいるチームも気が気じゃないだろうな。」

薬師は市大三高と同じDブロックに入りました。
くじを引き終わった落合コーチも一安心の様子です。

『とりあえず回避…2回戦やそこらであんなデタラメなチームと当たってたら何が起きてもおかしくない

一方、薬師は順当にいけば市大三高、青道、稲実のすべてに勝たなくてはいけなくなりましたが、真田は開き直っていました。

『まぁいいや。変な期待するよりこっちの方が腹くくれる…』

正捕手を争う由井と奥村

青道グラウンドでは、柏木(千葉)との練習試合が行われました。降谷が先発し、9-5で青道が勝っています。合宿の疲れが残る中で粘投を見せた降谷を御幸が褒めていました。

「お前が序盤に我慢強く試合を作ってくれたおかげだな、後半 打線が繋がったのは。このコンディションでよく投げた、ナイスピッチ!

一方、この試合で活躍できなかった由井と奥村が話をしていました。

由井「凄かったね、先輩達。前日あれだけ追い込んで身体だってめちゃくちゃ重いはずなのに試合に勝つんだって空気は最後まで途切れなかった。これがこのチームの底力なんだろうね。

外野に回されたり代打の起用が多かったり…悔しいけど俺はキャッチャーとしてチームから求められてるわけじゃない…

初戦が山場?

抽選会の結果、準決勝はおそらく市大三高か薬師、そして稲実とは決勝に当たるということになりました。そんな中、トーナメント表を見ていた沢村が切り出します。

「あのこれ…同じ山の由良総合って…どんなチームでしたっけ…何か聞いたことが」-。

なんの巡り合わせか、青道は初戦で由良総合と対戦する可能性が出てきました。

スポンサーリンク

ダイヤのA act2最新141話のネタバレ予想

ダイヤのA act2最新141話のネタバレ予想!

ダイヤのA act2の141話最新をネタバレ予想しています!どんな展開になるのか、管理人の個人的な予想になりますが、興味のある方は読んでみてください!

スポンサーリンク

いよいよ背番号発表!

沢村がエースに?

週末の練習試合も終わり、今後は中間テストをはさみ、いよいよベンチ入りメンバーの背番号が発表されます。注目はやはり沢村、降谷どちらがエースナンバーを背負うか、です。成長著しい沢村は「九重戦の先発を任されたピッチャーが一番エースナンバーに近い」と言われた試合でも、8回2失点の好投でアピールしました。このまま沢村がエースナンバーを託されることになるのでしょうか?

落合コーチのお気に入りは…

しかし、落合コーチは復活を遂げつつある降谷を引き合いに出し、「こういう投手からエースナンバーを剥奪するという事はチーム内外にあらゆる意味を発信することになるから、自分だったら降谷にエースナンバーを託す」と話しました。ただ白龍戦や鳴田工業戦など、片岡監督はここまで強豪校との試合の先発はすべて沢村に託していて、降谷よりも信頼を置いているはずですから、落合コーチの発言に対するリアクションが気になるところです。
ダイヤのA act2 140話より引用

沢村、降谷だけじゃない!

沢村と降谷のエース争いが加熱していますが、3年生の川上も忘れてはいけません。これまでリリーフとして登板することの多かった川上ですが、春の大会以降、練習試合では先発して完投する機会も増えています。沢村に負けず劣らず好投を見せていて、投手陣のリーダー役としても存在感を見せつつあるので川上がエースナンバーを背負う可能性も0ではないと思います。
ポイント

  • 主人公がついにエースに?
  • 落合コーチは降谷推し。片岡監督の決断は?
  • 「エース・川上」のサプライズもあり?

スポンサーリンク

抽選会の結果は?

稲実との対戦はいつ?

夏の大会の抽選会も終わりました。青道は順当にいけば、準決勝で市大三高か薬師、そして1年前同様、決勝で稲実と当たることになりました。日米野球で成宮とバッテリーを組んだ御幸は、成宮の進化に驚きながらも、成宮打ちに自信をのぞかせていました。この夏は1年前のサヨナラ負けのリベンジを果たせるのか注目です。

青道はいきなり苦戦?

ただその前に、注目は初戦で当たる可能性が高い由良総合との対決です。青道で片岡監督の前任だった榊監督がチームの指揮を執っています。1回戦は間違いなく勝ち上がってくるでしょうから、青道はいきなり苦戦を強いられることになるかもしれません。
ダイヤのA act1 325話より引用

ポイント

  • 決勝で1年前の雪辱なるか?
  • 新興勢力「由良総合」が青道を苦しめる?

ダイヤのA act2登場キャラクター

沢村栄純(2年)

物語の主人公。独特のフォームと多彩な変化球「ナンバーズ」で打者を翻弄する。現在はライバル・降谷とエースナンバーを争っている。

降谷暁(2年)

超高校級の怪物投手。バットにも当てさせない豪速球が武器。現在は沢村とエースナンバーを争っている。

御幸一也(3年)

青道の扇の要。抜群のリードで投手からの信頼も厚く、チームの4番打者としても勝負強さを発揮する。

片岡鉄心(監督)

青道の鬼監督。熱いハートでチームを率い、ストイックに勝利を追及する。選手たちの信頼は厚い。

成宮鳴(3年)

青道のライバル・稲実の絶対的エース。他を寄せ付けないオーラと圧巻のピッチングで、チームを勝利に導く。

轟雷市(2年)

無名校の薬師を一躍強豪へと押し上げた怪物スラッガー。本能のままに投手との対戦を楽しんでいる。

天久光聖(3年)

部に戻ってきた市大三高の天才投手。プライドの高い選手だが、投手としての実力は本物。

ダイヤのAの関連記事

まとめ記事はこちら

おすすめ記事一覧

MAJOR 2ndネタバレ考察

2018年のおすすめ漫画を紹介!

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です