【ダイヤのA(エース)act2】最新136話ネタバレ「まだまだ続く夏合宿…エースは誰に?」

ダイヤのA(エース)act2最新136話ネタバレ

description

8月29日発売週刊少年マガジン39号『ダイヤのA(エース)act2』136話「まだまだ続く夏合宿…エースは誰に?」のネタバレ感想やあらすじを掲載しています。今後の展開も予想しているので、興味のある方、ネタバレしてもかまわないよ!という方はぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)act2最新136話ネタバレとあらすじ

136話のネタバレと見所

ベンチ入り1年生、歓迎会?

ゾノ、由井、結城の3人は室内練習場で自主練をしていました。
ゾノ「お前ら もう行くで! 今日は終いや!」
結城「寮だといつもこんな時間まで打ってられるのか 羨ましい!」
ゾノ「お前らまだまだ元気そうやな。メシと風呂済ました後で付き合えや」

ちょうどその頃食事を済ませた奥村、浅田の「食堂居残り組」に御幸が声をかけます。
「今 食事終わったとこか。ちょうどよかった」

二人は、上級生たちがゲームをしている倉持の部屋に連れて来られました
倉持「おっしゃ! スマブラ勝ち抜きやんぞ!」
御幸「せっかくの合宿だしいろんな3年と交流しておくのもいーだろ」
倉持「ベンチ入りした1年がどーゆう奴らか俺らも知りたいしな」

ダイヤのA act2 136話より引用
あとから由井と結城も合流しました。二人はゲームはほとんどやらないようです。
結城「御幸先輩。兄から聞いてます。将棋の腕前はチーム一だと。お手合わせ願えますか?
降谷は3年生の飲み物のパシリを、なぜかすすんでやっていました。
ダイヤのA act2 136話より引用

九重戦の先発は…?

合宿4日目、片岡監督は御幸に週末の試合の先発ピッチャーを告げました。注目の九重戦は沢村が先発するようです。
監督「合宿の疲れがあるのは重々承知。その中でいかに的確な判断と迷いのないプレーが出来るか。過酷なトーナメントに泣き言 言い訳は通用しない!」-。
合宿最終日を迎え、今日も選手たちが元気にグラウンドに向かっていきました。
ダイヤのA act2 136話より引用

ダイヤのA(エース)act2最新136話ネタバレ感想

春市 vs 瀬戸

今年もベンチ入りした1年生たちが上級生の部屋に連れて来られ、恒例の(?)交流会が行われました。今の高校生も「スマブラ」やるんですね。ずいぶん昔のイメージありましたが…。春市はゲームに関しては「鬼」のようで、本人曰く
ゲームは殺(と)るか殺られるか
らしいです。また奥村によると瀬戸もゲームは「神」のようです。同じセカンドということもあってか春市は
神の腕前見せてもらおうか
と瀬戸をライバル視したようです。

エース争い、ここでも勃発?

合宿4日目ともなると、1年生3人は授業中もお構いなく机に突っ伏して熟睡していました。沢村はというと

ここは雪山 ここは雪山。寝たら死ぬ! エースにもなれない!

という意気込みで睡魔に耐えていました。降谷は落とした消しゴムを拾った瞬間に、後ろに座っている沢村の真剣な表情を目撃しました。まるで沢村のエースへの意気込みを感じたかのように、降谷は拾った消しゴムを握りしめていました。近づいてくる(追い越されている?)沢村の足音に危機感を感じたのかもしれません。

ダイヤのA act2 136話より引用

迫る大事な一戦

片岡監督が御幸に週末の試合の先発ピッチャーを告げていました。

土曜日のダブルヘッダーは降谷と川上。
日曜日の菊田戦は金田。そして九重戦は沢村です。

あ、金田はメンバーに選ばれていたんですね。。3年生の川島が選ばれていなかったので2年生の金田もてっきり落選していると思っていましたw
それはさておき、御幸も『九重戦の先発は沢村を選んだか』とやはりこの試合を重要と考えているようです。

同部屋の倉持、沢村は元気にザ・クロマニヨンズの「雷雨決行」を歌っています。

「合言葉はー雷雨ー決行ー!」
「嵐にー船ーを出ーす!」
「引き返す訳にゃいかないぜー!」
「夢がオレたちを見張ってるー!」

世代ではないのによく知ってますねw

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)act2の前話までのあらすじ

135話のあらすじ

135話までのあらすじです。

テストも近い…

合宿3日目となるとメンバーに選ばれた3人の1年生たちは、教室で言葉も発さず、ただただ疲れきっている様子でした。
2年生のクラスでは沢村と降谷が珍しく、眠らずに授業を受けています。
チームを代表する選手が赤点で追試なんて格好つかねぇよ』ー。

加熱するエース争い

練習では沢村と降谷が投球練習を行っています。沢村は『(西邦戦で)前半飛ばしたからって100球程度でバテるのは全身に余計な力が入っているから』と、やる気のない顔から指先だけに力を入れて投げる「脱力投法」を実践するとストレートは138キロをマークしました。御幸は
春からの成長が凄すぎる。ここ最近の安定感も納得の数字だ」
と感心していました。また、由井とバッテリーを組んでいる降谷も148キロをマークし、調子の良さをアピールしていました。

三村の指導

外野での守備練習では、結城のバックホームを見た三村が「三塁コーチャーが回しやすいのは動作が大きく浮いたボールを投げる外野手。肩が強くなくても捕ってからスローイングまでが早い外野手だと回しづらい」と外野手ならではのコーチャー論を交えながら指導していました。

先発は誰だ!?

シャワールームで着替えている樋笠と山口が土日の試合の話をしています。
「やっぱ元プロの指導者が集まってる九重(高校)が一つ抜けてるか…」

じゃあこの試合の先発任されたピッチャーがエースナンバーに一番近いってこと?」-。

かたわらで話を聞いた沢村は、聞かなかったかのように扉を閉めて隠れてしまいました。

背番号発表の日が近づいています。

スポンサーリンク

134話のあらすじ

134話までのあらすじです。

まだ引退したわけじゃない!

ベンチ入りメンバー発表の翌日、チームは早速、夏の合宿に入りました。メンバーに選ばれた3人の1年生、結城、由井、奥村のバッティング練習に、川島や三村、関らメンバーに選ばれなかった選手たちがサポートしています。1年生たちは鋭い打球を飛ばしていました。

『いいよそれで、もっと打て。もっと打って俺らを心から納得させてくれ』-。

おにぎりタイム

また、キャッチャーとしても出場の可能性がある由井と奥村はシートノックに参加し、御幸や沢村たちと細かい投内連携を確認していました。

『基本的な処理から細やかなプレーまで一つずつ潰していく…俺達がこのチームの穴になる訳にはいかない』-。

練習の合間にはマネージャーたちがつくったおにぎりの補食タイムです。結城が見事な食いっぷりを見せる一方、沢村は「スタミナをつけるため」と苦手な納豆を一気にほおばりますが挫折していました。

地獄の夏合宿、始まる

日が暮れて、練習も大詰めのベースランニングが始まりました。まだまだ体力のない1年生たちは、上級生たちにせかされながら何とかついていっています。しかし「ラスト10本!」の掛け声に、おにぎりを食べすぎた結城はやはり限界を迎えてしまいました。。大会直前の夏合宿がスタートです。

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)act2最新136話ネタバレ予想

ダイヤのA(エース)act2最新136話をネタバレ予想!

ダイヤのA(エース)act2最新136話をネタバレ予想しています!興味がある方はぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

エースナンバーは誰の手に!?

どちらが先発?

青道ではいよいよベンチ入りメンバーが発表されましたが、川上も含めて沢村、降谷、誰がエースナンバーを背負うことになったのかはまだ決まっていません。現状、沢村がエース候補筆頭ですが、この週末に行われる練習試合、特に九重高校との試合で先発を任されたピッチャーが最もエースナンバーに近い投手と考えられそうです。

沢村、降谷だけじゃない!

沢村と降谷のエース争いが加熱していますが、3年生の川上も忘れてはいけません。これまでリリーフとして登板することの多かった川上ですが、春の大会以降、先発して完投する機会も増えています。沢村に負けず劣らず、練習試合でも好投を見せているので、川上がエースナンバーを背負うことも考えられそうです。

エースナンバー争いも大詰め!

週末の試合の話を聞いて、沢村は改めて「エースナンバー」というものを意識したようです。その試合までに、もしくはその試合の投球内容で、はたまたその試合で先発を任されなかったことで、沢村の調子は良くも悪くも変化していきそうです。昨年の秋から降谷が背負っていたエースナンバー争いも、いよいよ佳境に入っていきました。
ダイヤのA act2 135話より引用
ポイント

  • 九重高校戦の先発に注目
  • 川上のエースナンバーもあり?
  • 「エース」への意識が沢村の調子を変える?

スポンサーリンク

まだまだ続く夏合宿!

1年生の成長に期待!

夏合宿3日目にして選ばれた3人の1年生たちは、言葉も発さないほど疲れ切っている様子でした。次号も合宿の様子がメインになると思われるので、昨年の沢村、降谷、小湊同様、今年も結城、由井、奥村の3人は相当しごかれることになりそうです。結城はレフトのポジションを麻生から奪うのか、由井や奥村は骨折した小野の穴を埋められるのか注目です。
ダイヤのA act2 134話より引用

沢村が「最強投手」に?

また沢村は、西邦との練習試合でスタミナ切れが原因で、後半多投する予定だった「ナンバーズ」をほとんど投げられませんでした。この合宿ではスタミナの強化を掲げているようなので、大会では終盤でもナンバーズを思い通りに投げられるまでに成長しているかもしれません。これが完成すれば、沢村はダイヤのAの「最強投手」の座も夢ではなさそうです。

ポイント

  • 1年生が夏の戦力になれるのか?
  • ナンバーズ完成で沢村が「最強投手」に?

ダイヤのA(エース)の関連記事

まとめ記事はこちら

おすすめ記事一覧

MAJOR 2ndネタバレ考察

2018年のおすすめ漫画を紹介!

こちらの記事もおすすめです



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です