【ピンポン】まとめ

ピンポン まとめ

description

名作卓球漫画ピンポン(PING PONG)に関する情報をまとめています。連載期間や作者、登場人物(キャラクター、キャラ)、あらすじやオススメの名場面、名言集やアニメと劇場版、豆知識を掲載しています。是非、ご覧ください!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

連載期間と作者

連載期間

期間 1996年9月1日〜1997年10月1日

作者

  • 松本大洋

登場人物

スマイル(月本誠)

人物

主人公の一人。いつもクールで冷静沈着。子供の頃いじめられていた自分を救ってくれた星野(ペコ)をヒーローのように思っている。卓球は「一生の暇つぶし」。

戦型

右シェイク、F面裏ソフトB面ツブ高、カット主戦型

ペコ(星野ゆたか

人物

主人公の一人。スマイルの幼馴染。お調子者で自信過剰。部活はサボってばかりいる。卓球で「この星の一等賞になりたい」。

戦型

右ペン、表ソフト速攻型

チャイナ(孔文革コンウェンガ

人物

中国人留学生。活躍の場を求めて来日したエリート選手。実力は確かだが、プライドが高いため、日本人選手を見下している。

戦型

右中国式ペン、裏ソフトドライブ攻撃型

ドラゴン(風間竜一)

人物

高校卓球界最強の選手。勝利こそが絶対的使命であると信じている。スマイルの才能に惚れ込み、自分の高校に転校させようとする。

戦型

右シェイク、裏ソフトドライブ主戦オールラウンド型

アクマ(佐久間学)

人物

スマイル、ペコの幼馴染で風間の後輩。努力を惜しまない選手。尊敬する風間に才能を見出されているスマイルに嫉妬している。

戦型

右ペン、表ソフト速攻型

バタフライジョー(小泉丈)

人物

片瀬高校の英語教師で卓球部顧問。昔は無敵の選手だった。スマイルの才能を見抜き、自分の選手になるよう、しつこく追いかけ回している。

▼全登場キャラのまとめ記事はこちら

スポンサーリンク

あらすじ

<第1巻> スマイルvsバタフライジョー

・弱小卓球部に入部したスマイルとペコ。二人を待ち受ける展開とは…。

<第2巻> インターハイ予選開幕

・いよいよ夏のインハイ予選開幕! 練習の成果やいかに…?

<第3巻> 挫折と復活


・もがけ青春! ヒーローの挫折と復活がここに!

<第4巻> インターハイ予選再び


・夏のインハイ予選から1年。成長した二人の再挑戦が始まる。

<第5巻> ヒーロー見参


・ピンチの時には必ず現れる! ヒーローの快進撃を見逃すな!

▼全巻あらすじのまとめ記事はこちら

オススメ名場面

ピンポン星からやって来る!

ピンポンを語るうえで欠かせない名場面がここにはある!
このシーンがあるから今のキャラクターたちの今がある!
管理人が選ぶオススメの名場面は、ペコが本物のヒーローとして復活を遂げる瞬間だ!

▼オススメ名場面のまとめ記事はこちら

キャラクター名言集

地球はまるいぜっ!

「ピンポン」のもう一つの見どころは、登場キャラクターの個性抜群の名言!
管理人が選ぶ各キャラクターの名言ベスト3を、3位から順に発表します!
「名言」は、やはり人々の心を打つからこそ名言と呼ばれるのだ!
気に入った名言は明日から実際に使ってみよう!

▼キャラクター名言集のまとめ記事はこちら

スポンサーリンク

アニメと映画

アニメまとめ

アニメの放映期間

期間 2014年4月~6月

映画まとめ


原作の持つスピリットと高揚感を完全映画化。壮絶な打ち合いが全細胞を加速させる!(監督:曽利文彦)

映画の公開日

公開 2002年7月20日

キャスト一覧

キャラクター キャスト
スマイル
ARATA
ペコ
窪塚洋介
チャイナ
サム・リー
ドラゴン
中村獅童
アクマ
大倉孝二
小泉
竹中直人

豆知識

舞台は江ノ島!

「ピンポン」は神奈川県藤沢市を舞台としているため、江ノ島周辺の実在する場所が、作中のいたる所に登場しているのだ!

▲片瀬東浜海岸。奥には展望台が見える。2003年にリニューアルしているため、形が若干違う。

▲江ノ島エスカーのりば。「エスカー」とは、なんと「エスカレーター」のことである!

▲湘南海岸公園駅(江ノ島電鉄線)。江ノ島駅の隣にある、とてものんびりした場所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です